ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

JENSEN FF 1966 UK

JENSEN FF 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINK(UK) 153 1/40 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.3L 283HP 3段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでジェンセンのミニカー検索

 

ジェンセン FF イギリス

 

 アランとリチャードのジェンセン兄弟が1934年に設立したジェンセン モー ターズ社は、最初はモーリスなどの大衆車向けに特注のボディを製造していました。アメリカの映画俳優クラーク ゲーブルの注文で製作したフォード V8のスペシャル ボディが評判となり、その車をベースにした車に自社の名前を付けて1935年に発売しました。当時のジェンセン社への注文は商用車(トラック、バス)が多く、1939年には「JNSN 」という商用車ブランドを起ち上げ、戦争中は軍用車の製造を行っていました。

 

 戦後の1950年にインターセプターという名前の高級スポーツカーを発表します。オースチン シアーライン(SHEERLINE)をベースにした車で6気筒4L(130HP)エンジンを搭載し、最高速164km/hの性能でした。

 

 

 1953年にはFRP製のクーペボディを持つ541が登場し、1962年にCV8に切り替わりました。CV8はクライスラー製のV型8気筒6L(150HP)エンジンを搭載し、最高速は190km/hと高性能でした。1966年にCV8の後継として2代目インターセプターが登場します。カロッツェリア トゥーリングがデザインしたハッチバッククーペボディーにV型8気筒6.3L(283HP)エンジンを搭載し、最高速は222km/hの性能でした。インターセプターをベースにしてフルタイム4WDシステムと世界初のダンロップ製アンチロック ブレーキ システム(ABS) を採用した画期的なGTカーのFFも同時に発売されました。インターセプターは1974年にコンバーチブル仕様も追加されました。1970年代の石油危機による需要低迷でジェンセン社は1976年に倒産し、インターセプターは約6500台(FFは約300台)が生産されました。

 ミニカーはディンキーの当時物で、FFをモデル化しています。1/40とやや大きめにモデル化されていることもあって、堂々たるサイズの素晴らしい出来映えで、ディンキー最盛期の傑作です。ジェンセンはミニカーが少なく、当時物はスポットオンが541をモデル化しているぐらいです。最近ではインターセプターをオックスフォードやネオがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=879

   

MORGAN 4/4 SERIE II 1956 UK

MORGAN 4/4 SERIE II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 054B 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.66m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 32HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでモーガンのミニカー検索

 

モーガン 4/4 シリーズ II イギリス

 

 モーガン社は1920-30年代にサイクルカーの3輪スポーツカーで成功した、少量生産のスポーツカーメーカーです。1936年にはサイクルカーのエンジンを使った4輪車の4/4が登場しました。4/4は水冷4気筒1.1L(34HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速128km/hの性能でした。4/4は4シータ版や幌付クーペが追加され、1.2L(39HP)エンジンに変更されるなどして、第二次大戦を挟んで1949年までに約1000台弱が生産されました。

 

 1950年に4/4の後継としてスタンダード製2.1L(59HP)エンジンを搭載しボディを少しモダンにしたプラス4が登場します。この車は4段変速で最高速145km/hと高性能でした。プラス4はエンジンをトライアンフ製2L(101HP)に強化するなどして1968年まで生産されました。プラス4の後継として登場したプラス8はローバーのV型8気筒3.5L(160HP)エンジンを搭載し最高速210km/hとさらに高性能でした。プラス8はエンジンを4.6L(220HP)までパワーアップし2003年まで生産されました。

 

 

 1955年には市場の要望に応えてフォード製1.2L(32HP)エンジンをプラス4に載せた4/4がシリーズIIとして復活しています。シリーズIIは1960年にフォード製OHV1L(34HP)エンジンに変えてシリーズIIIとなります。その後も4/4は、エンジンが色々と変わっていますが、古典的なボディなど基本設計は変わらないまま現在も生産されています。(2013年現在はフォードの4気筒1.6L(110HP)エンジン搭載で最高速185km/h) なお見た目だけではなくボディや内装などの製造も、昔ながらの職人による手作業で行われているそうです。

 ミニカーはビテス製で、1996年頃に発売されました。4/4のミニカーはあまりなく、このビテス製が今でもベストの出来映えです。当時のビテスはやたらとバリエーションが多く、この4/4も15種類以上のバリエーションがあります。モーガンのミニカーとしてはデルプラド製のプラス4、ホンウェル製のプラス8、京商の1/18の4/4などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=880

   

 

AC COBRA 427 1965 UK

AC COBRA 427 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4533 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 390HP 4段自動変速
性能: 最高速262km/h
データーベースでAC コブラのミニカー検索

 

AC コブラ 427 イギリス

 

 AC社の歴史は1905年に発売したAUTO CARRIERという名前の3輪商用車から始まりました。この車は荷馬車に変わる運搬手段として好評を博し、AUTO CARRIER社が設立されました。その後この車をベースにした4輪車を開発し、自社開発した6気筒エンジン搭載車も発売しました。1922年にAC CARS社と改名し、1930年代には優れた小型スポーツカーとして地位を確立し、レースでも「エース」という名前の車が活躍しました。

 

 第二次大戦後1947年に6気筒2Lエンジン搭載車を発売し、1953年にロードスターのエースが登場し翌年にはそのクーペ仕様のエースカ(ACECA)が登場します。この車のレース仕様がエース ブリストルで、イギリスのブリストル社の6気筒2Lエンジンを搭載していました。この車はルマンなどのレースに出場しており、アメリカでのレース活動に注目したレーシングドライバーのキャロル シェルビーがこの車にフォードのV型8気筒4.2Lエンジンを搭載することを提案しAC コブラの開発が始まりました。

 

 

 ハイパワーエンジン対応で、リアデフ、サスペンション、ブレーキなどが強化され、1962年にコブラが完成しました。初期型のコブラ 260はV型8気筒4.2L(264HP)エンジンを搭載し、その後のコブラ 289は4.7Lエンジンを搭載していました。1965年のコブラ 427は7L(390HP)を搭載し太いタイヤを収める為、フェンダーが大きく膨らんだ派手なボディとなりました。(同じ7Lでパワー控えめ廉価版 428もあった) 自身の名前を冠したシェルビー AC コブラはアメリカのレースにデビューしその圧倒的なパワーで注目を浴び、1963年からルマンを筆頭とする耐久レースにも参戦しています。アメリカの安全基準に適合できなくなり1968年頃に生産中止となりました。

 ミニカーはソリド製で、1993年頃に発売されました。427のダイナミックなボディが良く再現され、メッキされたバンパーや排気管など特徴的なパーツをうまくまとめています。(ドア開閉ギミック付) コブラのミニカーはたくさんあります。派手なボディの427のモデルが多いですが、260や289やレース仕様も有ります。当サイトにはコブラのミニカーをまとめたページがありますので、興味があればご覧ください。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1341

   

GP BEACH BUGGY 1968 UK

GP BEACH BUGGY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 381 1/45 68㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.2L 65HP 4段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでバギーのミニカー検索

 

GP ビーチ バギー イギリス

 

 バギー(BUGGY CAR)とは、主に砂浜や砂漠などの悪路踏破性を重視した軽量な自動車です。海辺のレジャーに使用するビーチ バギー、砂漠走破用のサンド バギー、雪路走破用のスノー バギーなどの種類があります。ビーチ バギーで一番有名なのはデューン バギーと呼ばれたメイヤーズ マンクス(MEYERS MANX)で、1960年代のアメリカでサーファーなどに絶大な人気がありました。メイヤーズ マンクスはB.メイヤーがフォルクスワーゲン ビートルのシャーシのホイールベースを短くして、そこにグラスファイバー製のボディを載せたカスタムカーでした。メイヤーズ マンクスは他のカスタムカー ビルダーにコピーされよく似た亜流がたくさんありました。

 

 メイヤーズ マンクスの人気はヨーロッパにも波及しました。イギリスのGP SPEED SHOP(貿易商?)はメイヤーズ マンクスをイギリスの道路環境に合わせて改良し、GP ビーチ バギーとして販売しました。この車は当時のロンドンの若者にかっこいい車とみられてヒットしたそうです。本家のメイヤーズ マンクスとの意匠権争いに勝ったので、GP(Grand Prixの略)というブランドでの商売が出来たようです。ロングホイールベース仕様が追加され、1980年代初めまで人気があったそうです。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で1970年に発売されました。イギリスで人気があったGP ビーチ バギーをモデル化しています。メイヤーズ マンクスとはフロントパネルの形状などが違っているようですが、私にはどこがどう違うのか明確にはわかりません。当時のミニカーとしては普通の出来ばえで、流行だったスピードホイール仕様なのがいまいちです。屋根に積んでいるサーフボードは取り外しができます。(取り外した状態)ただ取り付けるときに少し力を入れすぎると、サーフボードを固定するレール部分が画像のように切れてしまいます。同じ当時物でディンキー(英)製もあり、それもGP ビーチ バギーの派生車かもしれません。メイヤーズ マンクス(デューン バギー)はポリトーイやオートピレンの当時物、最近の物ではNEOやBOSモデルなどのレジン製があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1826

   

 

VANWALL F1 1957 UK

VANWALL F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R199 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2.5L 285HP 5段自動変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでバンウォール F1のミニカー検索

 

バンウォール F1 イギリス

 

 ベアリング会社バンダーベル(VANDERVELL)社の創業者トニー バンダーベルはレースマニアでBRM(British Racing Motors)を支援していました。その後彼はフェラーリのレースカーを購入して改良し、自社のベアリングの商標シンウォール(THINWALL)を冠した「Thinwall Special」の名前でレースに参加するようになりました。1954年にレースカー製作に乗り出し、バンダーベルとシンウォールを合成したバンウォールという名前をレースカーに付けました。

 

 最初のバンウォールは、バイクで有名なノートン社の4気筒2Lエンジンをクーパー社のシャーシに搭載したもので、1954年に登場しました。当初は勝てませんでしたが、シャーシをロータス社のコーリン チャップマンの協力で改良しエンジンを2.5Lに拡大するなどして競争力を上げていきました。1956年のベルギー GPでは4位となり、結果を出しました。

 

 

 1957年にスターリング モスがドライバーに加わり、イギリスGPで初勝利を挙げました。その後のペスカーラ(イタリア)、イタリアGPでも優勝し、フェラーリマセラティを脅かす存在となりました。1958年にはS.モスとT.ブルックスが共に3勝して、シリーズ11戦中6勝の成績でコンストラクターズ チャンピオンとなりました。ただこの頃にトニー バンダーベルが健康を害したことで、レース活動は1958年限りとなりました。バンウォールの活躍はクーパー、BRM、ロータスなどのイギリス勢が台頭する先駆けとなりました。

 ミニカーはブルム製で、1993年頃に発売されました。1957年ペスカーラGPの優勝車(ドライバー S.モス)をモデル化しています。実車参照画像(1958年イタリアGP)と見比べると、年式は違っていますが、実車の雰囲気がそこそこうまく再現されています。これ以外のミニカーとしてはディンキー、コーギー、ソリドなどがありますが、いずれも古い当時物で当時のバンウォールの人気が高かったことがわかります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1744

   

COOPER T51 F1 1960 UK

COOPER T51 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R278 1/43 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.5L 240HP 4段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでクーパーのミニカー検索

 

クーパー T51 F1 イギリス

 

 クーパーの歴史は自動車修理工場を営むクーパー父子が、1946年にレーシングカーを製作したことから始まります。最初に開発されたクーパー 500はオートバイの単気筒500㏄エンジンをミドシップ搭載するF3マシンでした。この車はF2クラスに匹敵する性能があり、大ヒットしました。ミドシップ方式で操縦性が優れていたのでしょうが、この方式を採用したのは単に後輪をチェーン駆動するのに最適だったからだそうです。戦前にアウトウニオンがミドシップ方式を採用していましたが、当時のハイパワーエンジン主体のマシンではその真価がわからなかったのでした。

 

 1950年にはF3マシンとしてFIAに認証されますが、F3ではクーパーが圧倒的に強くレースが成立しなかったようです。ブリストルの6気筒2Lエンジンをフロントに搭載するF2マシン T20が1952年に登場します。(この時はまだミドシップ方式の優位性に気づいていなかった) T20はF2規格で行われた1952-53年グランプリのプライベーター用マシンとして使われました。

 

 

 1957年にクライマックス製 DOHC 4気筒2Lエンジンをミドシップ搭載するT43が登場し、クーパーはワークスとしてF1に参戦します。デビュー戦の1957年モナコGPでは6位で、1958年アルゼンチンGPで初優勝(ドライバー S.モス)します。これはリアエンジン車によるF1初勝利でした。T43はサスペンションを改良したT45に変わり、1959年にエンジンを2.5Lに拡大したT51が登場します。1959年シーズンのクーパーは9戦中5勝して、初のコンストラクターズ選手権を獲得し、J.ブラバムがドライバー選手権を得ました。

 ミニカーはブルム製で、1997年頃に発売されました。1959年モナコGP優勝車(ドライバー J.ブラバム)をモデル化しています。ブルムもこのころになると、初期の物よりレベルの高い出来ばえとなりました。(ウインドーの取り付けが浮いてますが、押さえれば治ります) クーパー初期のF2はテクノ、ソリド、ディンキー、ポリトーイなどの老舗ブランドが揃って当時物をだしていることで、当時の人気がうかがえます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1747

   

 

ページ  « 前へ 1...20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   次へ »