ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

COOPER T53 F1 1961 UK

COOPER T53 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R300 1/43 83㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.5L 240HP 4段変速
性能: 最高速282km/h
データーベースでクーパーのミニカー検索

 

クーパー T53 F1 イギリス

 

 1959年シーズンを席巻したT51の改良型T53が1960年に登場します。T53は新しい鋼管フレーム構造で、T51より低くスマートになりました。リアサスペンションはT51のリーフスプリングからコイルスプリングに変わりました。デビュー戦は1960年のモナコGP(ドライバー B.マクラーレン)で2位でした。1960年シーズンは10戦中6勝の成績で、コンストラクターズとドライバーチャンピオンを連覇しました。

 

 クーパーの大活躍でロータスフェラーリがミッドシップ方式のマシンを開発し、クーパーの優位性は失われました。1961年からF1の排気量が1.5Lに変わり、T55が登場します。T55はイタリアGPで3位となりましたが、それ以上の成績は上げていません。1962年にはT60が登場し、モナコGPで久しぶりの優勝(ドライバー B.マクラーレン)をしています。1963年にはT66が登場しますがほとんど活躍していません。

 

 

 ミニカーはブルム製で、2000年頃に発売されました。1960年イギリスGPの優勝車(ドライバー J.ブラバム)をモデル化しています。リアのコイルスプリングがそれらしく再現されているなど、そこそこの良い出来ばえです。ブルムはT53を4種類モデル化しています。それ以外のT53のミニカーではディンキーの当時物や、シュコーの1/18、スパークなどがあります。T66をポリトーイ(プラスチック製)がモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1748

   

COOPER T81 MASERATI F1 1966 UK

COOPER T81 MASERATI F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI GS6 1/43? 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 12気筒 3L 360HP 5段自動変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでクーパーのミニカー検索

 

クーパー T81 マセラティ F1 イギリス

 

 1965年にクーパー社はチップステッド モーター グループ(外車輸入会社)の傘下となりましたが、レース活動は続けていました。1966年にF1の排気量が3L(過給1.5L)に変わり、マクラーレンの3Lエンジンを搭載したT81が登場しました。T81は当時主流であったモノコック構造をクーパーとして初めて採用していますが、あまり熟成されていない設計でした。それでも1966年メキシコGPでの優勝(ドライバー J.サーティース)や、1967年南アフリカGPでの優勝(ドライバー P.ロドリゲス)でやや往年の勢いを盛り返しました。ただこの勢いは続かず結局1968年限りでレース活動から撤退しました。

 

 クーパーの名前が今も残されているミニ クーパーは、BMCとクーパーの協力で1961年に登場しました。優れた操縦性のミニ クーパーは、モンテ カルロ ラリーで1964/1965/1967年に優勝しています。またクーパーはJ.ブラマム、B.マクラーレン、S.モスなど優れたドライバーを輩出しています。ミドシップ方式の確立、小さな町工場がレーシングカーを製作する「バックヤードビルダー」というスタイルの確立、ブラバムやマクラーレンといったイギリスのコンストラクターを生み出したことなど、クーパーは1960年代のF1に多大な功績を残しました。

 

 

 ミニカーはコーギー製の当時物です。これはフォルクスワーゲン T1とセット販売された物で、単品(型番156)で販売されたものと同じです。1966年メキシコGP 優勝車をイメージしているようです。50年も前のミニカーとしては良く出来ています。このミニカーにリアスポイラーとステアリング操作ギミックを付けた物も後に販売されました。これ以外の当時物ではT81かどうかは怪しいですが、ポリトーイ(PENNY)やガマがあります。最近のものではスパークがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1749

   

 

BRM P57 F1 1962 UK

BRM P57 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R322 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 1.5L 190HP 6段自動変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでBRMのミニカー検索

 

BRM P57 F1 イギリス

 

 BRMはBritish Racing Motorsの略で、ERAを退社したレイモンド メイズなどを中心に1945年に設立されました。ERAと同じくGPレースにイギリス製マシンで参戦する為、イギリスの自動車関連会社の協力を求めました。最初に開発されたタイプ 15(P30)はBRM製の極めて高出力/高回転のスーパーチャージャー付V型16気筒1.5L(500-600HP/12000rpm)エンジンを搭載していました。タイプ 15は1951年イギリスGPでデビューし5位となっていますが、それ以上の成績はあげていません。複雑なエンジンに問題が多かったようです。

 

 1952年からF2規格のGPレースとなり、タイプ 15は使えなくなりました。チームはアルフレッド オーウェン卿に買収され、新たに開発した4気筒2.5Lエンジンを搭載したタイプ 25(P25)が1955年に登場しました。P25のデビュー戦は1956年イギリスGPで、結果はリタイヤでした。その後P25は熟成されて徐々に競争力を上げ、1959年オランダGPで初優勝します。1960年にBRM初のミドシップ方式のP48が登場しますが、この車は信頼性に乏しく1勝もできませんでした。

 

 

 1961年にF1の排気量が1.5Lに変わり、BRMはエンジンの開発が間に合わずコベントリー クライマックス製エンジンを搭載したP48/57が登場します。P48/57は熟成不足で1勝もできませんでした。1962年に新開発したV型8気筒1.5Lエンジンを搭載したP57(P578)が登場します。P57のデビュー戦は1962年オランダGPでG.ヒルのドライブで優勝しています。このシーズンにG.ヒルは4勝してチャンピオンドライバーとなり、BRMは初のコンストラクターズ チャンピオンを獲得しました。

 その後P57はP26/P261に発展し、BRMは1965年までライバルのロータスと競いあうトップチームとして活躍しました。1966年からF1の排気量が3Lとなり、BRMはP83用として水平対向8気筒エンジンを2段重ねしたH型16気筒3Lエンジンを開発しますが、このエンジンは失敗作で成績が低迷します。1968年にV型12気筒3Lエンジンを開発し1970年代前半には勢いを盛り返しますが、1977年にF1から撤退しました。なおBRM製エンジンはロータス、クーパー、マクラーレンなどに供給されていました。

 ミニカーはブルム製で、2001年頃に発売されました。1962年オランダGPのでデビュー戦優勝車(ドライバー G.ヒル)をモデル化しています。特徴的な排気菅などのエンジン部分もそこそこに再現され、良い出来ばえです。エンジン部分が異なるバリエーションもあります。当時物ミニカーではコーギーとポリトーイ(プラスチック製)がP25をモデル化しており、P57はソリド、ディンキー、マッチボックス、ポリトーイ(プラスチック製)がモデル化しています。当時のBRM F1の人気がうかがえます。最近のものでは、スパークがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1756

   

YELLOW SUBMARINE ’THE BEATLES’ 1968 UK

YELLOW SUBMARINE ’THE BEATLES’ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI CC05403   135mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 実在しないので不詳
エンジン 変速機:   
性能:   
データーベースでイエロー サブマリンのミニカー検索

 

イエロー サブマリン ’ビートルズ’ イギリス

 

 ビートルズは1960年代に世界中を熱狂させたロックバンドです。そのビートルズの11作目のアルバムであるイエロー サブマリンは1969年に発売され、1968年に製作されたアニメ映画イエロー サブマリンのサウンドトラック版でもありました。アニメ映画イエロー サブマリンはビートルズのメンバーが登場するおとぎ話で、その話の中に題名となっているイエロー サブマリン(黄色の潜水艦)が登場します。

 このイエロー サブマリンのモデル(ミニカー?)はコーギー製で、映画とタイアップして1969年に発売されました。実在する潜水艦ではないのでアニメを参考にしたコーギーの創作物で、ハッチを開くとビートルズのメンバーが顔を出すなどのコーギーらしいギミックが付いた楽しいモデルに仕上げられています。(フロントのハッチはコーギーがギミック用に追加したと思われます)

 

 最初のオリジナルモデル(型番803)は1969年から1972年まで販売され、約4万台以上が売れました。(当時のコーギーとしてはあまり売れていない部類) その後1996年に型番CC05401、1999年に型番CC05403、2008年に型番BT78211で復刻版が販売されています。復刻版はオリジナルとハッチの色が違うなど少し変更されていますが、基本的な部分はオリジナルとほぼ同じものです。また型番CC05404でギミックを簡略化してサイズを一回り小さくしたモデルが2000年に発売されています。

 

 

 当方の所有する物は1999年発売の2回目の復刻版で、これにはビートルズのフィギュア(メタル製で高さ約54㎜ 約1/32サイズ)が付属しています。5250台の限定版で当時の値段は8000円と結構高い物でした。以下このイエロー サブマリンのギミックについて簡易動画で説明します。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします) まずは前後ハッチの開閉です。ハッチ下の左側面の黒のレバー(オリジナルは無塗装の金属肌)を下に押すとハッチが開いてメンバーが顔を出します。フロントハッチの先頭にいるのがリンゴ スター、その後ろがジュージ ハリスン、リアハッチで左側を向いて眼鏡を掛けているのがジョン レノン、その後ろがポール マッカートニーです。

YELLOW SUBMARINE
YELLOW SUBMARINE 2

 次は潜望鏡の回転です。ボディ下に車輪が付いていて、ボディを押すと車輪と連動して潜望鏡が回転します。最後はこの限定版の箱の画像で、左側にフィギュアが付属しています。フィギュアはイエロー サブマリンのレコード ジャケットのイラストをモデルにしているようで、イラストと同じ服装をしています。左から順にジョン、ポール、ジョージ、リンゴです。
YELLOW SUBMARINE 3
YELLOW SUBMARINE 4

 ビートルズが当時使っていたサイケデリックな模様のロールス ロイスやミニもミニカーになっています。それ以外にもビートルズ関連のミニカーは結構あります。
データーベースでビートルズ関連のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1901

   

 

 

ページ  « 前へ 1...20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30