ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

RENAULT CLIO I 1990 FRANCE

RENAULT CLIO I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1519 1/43 87㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.72m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 80HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでルノー クリオのミニカー検索

 

ルノー クリオ I  フランス 1990

 

 ルノー シュペール 5の後継車としてクリオが1990年にデビューしました。基本的な構造は先代と同じで、横置きエンジンの前輪駆動車でした。3/5ドアのハッチバックボディは大きくなり、ウエッジシェイプのきいたデザインとなりました。当初のエンジンは1.1L/1.2L/1.4L/1.7Lガソリンと1.9Lディーゼルでした。1991年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 1991年にDOHC16バルブ1.6L(137HP)エンジンを搭載する高性能版(最高速203km/h)の16Sが設定されました。1993年にはこれをベースにしてエンジンを2Lに拡大したラリー仕様ウィリアムズも設定されました。1994年と1996年のマイナーチェンジでフェイズ II、IIIとなり、外観などが少しづつ変わりました。クリオはヨーロッパ全体で好調な販売を続け、1998年にクリオ IIに切り替わりました。なおクリオは日本国内では、ホンダが持つ商標の関係で、ルーテシアという名前で販売されています。

 

 

 ミニカーは1991年に発売されたソリド製の当時物です。このソリドの型番15**のシリーズは定価2000円ほどのどちらかというと廉価版のミニカーながら、往年のソリドらしいシャープな造形で細部もそこそこリアルで良く出来ています。ソリドは高性能版の16Sとウィリアムズもモデル化していました。またこの型を使って別ブランドのべレムで5ドアもモデル化していました。これ以外の当時物ミニカーはBブラーゴがありました。最近の物ではユニバーサルホビー、ノレブ、ヘルパ、イクソのラリー仕様などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT CLIO 1
RENAULT CLIO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1142

   

RENAULT ESPASE II 1991 FRANCE

RENAULT ESPASE II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1522 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.8L 153HP 5段変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでルノー エスパスのミニカー検索

 

ルノー エスパス II フランス 1991

 

 ルノー エスパス 初代はプジョー傘下のマトラがランチョの後継車として開発した車でした。しかしプジョーが商品化を中止した為、ルノーにて商品化されて1984年に発売されました。当時はこのようなタイプの車がなく、全く新しいコンセプトの車としてヒットし、ミニバンという新ジャンルを確立しました。なお1982年発売の日産 プレーリーはこの車のコンセプトを先取りしていて、エスパスの誕生にはプレーリーが大きく影響していました。(実車画像→ ルノー エスパス 1984)

 

 スチール製モノコックとFRPパネルを組み合わせたボディ構造は、ランチョを踏襲していました。室内は3列シート(定員7名)で、2/3列目はリクライニングや取り外しが可能で、多彩なシートレイアウトができました。ドアはスライドではなく普通の4ドア+ハッチバックでした。エンジンを縦置きする前輪駆動車で、当初は4気筒2Lガソリン、その後2.2Lガソリン、2.1Lディーゼルターボが追加されました。1988年のマイナーチェンジでスラントノーズの後期型となり、フルタイム4WD方式のクワドラが追加されました。

 

 

 1991年にシャーシはそののままで、内外装を変更した2代目エスパス IIにモデルチェンジしました。ボディは大きくなり、全体的に丸みが付きました。ボディと一体化したサイドミラーのデザインがユニークで、全体的な雰囲気は1990年に登場したトヨタ エスティマ 初代に似ていました。

 ミニカーは1991年に発売されたソリド製の当時物でエスパス 2代目をモデル化しています。定価2200円程の安価なミニカーですが、Aピラー根元から突き出した特徴的なサイドミラーや3列シートの室内などなかなかよく出来ています。ソリドの別ブランドのべレムでは同じ型を使ったタクシーなどがありました。これ以外のエスパス 2代目のミニカーではスパーク(レジン製)がウィリアムズ ルノー F1のエンジンをミドシップ搭載したコンセプトカー エスパス F1をモデル化しています。なおエスパス 初代の当時物ミニカーはありませんでしたが、2004年頃にユニバーサルホビー、2016年にノレブがモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT ESPASE II 1
RENAULT ESPASE II 2

 以下は1992年に発売された上記ソリド製のバリエーションでエスパス 2代目 1992 アルベールビル冬季オリンピック 記念仕様 (1/43 型番1522)の画像です。フランスで開催された1992 アルベールビル冬季オリンピックの公式スポンサーであったルノーの特注品です。同オリンピックのロゴなどのデカールが貼ってあり、専用の箱に入っていました。(上記のエスパスの約2倍の定価4000円と高かったです) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT ESPASE II 31
RENAULT ESPASE II 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1143

   

 

RENAULT TWINGO 1993 FRANCE

RENAULT TWINGO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 035C 1/43 79㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.43m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 55HP 5段変速
性能: 最高速150km/h  
データーベースでルノー トゥインゴのミニカー検索

 

ルノー トゥインゴ フランス 1993

 

 30年以上もの長期間生産された小型車ルノー 4の後継として開発されたのがトゥインゴで1993年に登場しました。3ドアハッチバックで極端にノーズが短く、ユーモラスな顔つきのフランスらしいセンスの良いデザインでした。1985年発表のホンダ トゥデイ初代を参考にしたといわれており、そういわれると似てますが、実物は全長/全幅が一回り大きいので室内も広く日本の軽自動車とは全くの別物でした。(実車画像→ ホンダ トゥデイ 1985)

 

 エンジンを横置き搭載する全前輪駆動車で、当初のエンジンは4気筒1.2Lで、1997年にOHC4気筒1.1Lに変わり、2001年にはDOHC 16バルブの高性能版も追加されました。電子制御クラッチによる自動MT変速機が設定され、さらにトルコン式3段自動変速も追加されました。1998年のマイナーチェンジでカラードバンパーを採用し灯火類が意匠変更され、これ以後を後期型としています。細かなマイナーチェンジを繰り返して2007年まで生産され、2代目にモデルチェンジしました。総生産台数は約260万台でした。(実車画像→ ルノー トゥインゴ 2007)

 

 

 ミニカーは1993年に発売されたビテス製です。ビテス最盛期のミニカーで、実車の雰囲気がよく再現され、カラフルなシート柄など室内細部の仕上げも凝っていて素晴らしい出来ばえです。プロモーション用にも使われたようでカラーバリエーションが多くありました。これ以外のトゥインゴの当時物ミニカーはソリド(別ブランドのべレムも含む)がありました。最近の物ではノレブの1/43と1/18、ヘルパの1/87、ホンウェル(カララマ)の1/72と1/43などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT TWINGO 1
RENAULT TWINGO 2

 以下は1997年頃に発売された同じビテス製の当時物 トゥインゴ (1/43 型番035S)の画像です。上記のバリエーションの一つで、スライディングルーフがなく、内装がカラフルなベネトン仕様となっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT TWINGO 3
RENAULT TWINGO 4

 以下は1993年に発売されたソリド製の当時物 トゥインゴ (1/43 型番1530)の画像です。プロポーションが良くソリドらしいそつのない造形で良い出来ばえです。これもカラーバリエーションが多かったです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT TWINGO 5
RENAULT TWINGO 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1144

   

RENAULT SAFRANE BITURBO 1993 FRANCE

RENAULT SAFRANE BITURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 041CB 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.73m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: V型6気筒ツインターボ 3L 268HP 
 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでルノー サフランのミニカー検索

 

ルノー サフラン ビターボ フランス 1993

 

 ルノーの最上級車ルノー 25の後継車サフランが1992年に登場しました。5ドアハッチバックの高級車というスタンスは変わっていませんが、デザインはかなり3ボックスセダン的になっていました。ルノー 25では縦置きだったエンジンが一般的な横置きとなりました。当初のエンジンは4気筒2L/2.2L、V型6気筒3L(170HP)、4気筒2.1Lターボディーゼルを搭載していました。

 

 1993年にはV型6気筒エンジンをツインターボで280HPに強化し4WD化したビターボが追加されました。本革シートでエアサスペンションを装備した豪華仕様のバカラ(後にイニシアルに改称)も設定され、大統領公用車にも採用されました。1996年のマイナーチェンジでフロントグリルが変更された後期型となり、ボルボ製の5気筒2.5L(170HP)エンジンや4気筒エンジンの16バルブ化などが行われ、ビターボは廃止されました。1998年まで生産され、2001年に登場したベルサティスが後継車となりました。

 

 

 ミニカーは1994年に発売されたビテスの当時物です。高性能版のサフラン ビターボをモデル化しています。この当時はビテスの最盛期で新製品が次々と発売されそのバリエーション展開も多かったです。このサフランは全体的なプロポーションが良く、メーターなどの内装やバリエーション展開した細部の仕上げレベルも高くかなり良い出来ばえでした。ビテスはこれ以外にもバカラや後期型のイニシアルなど10数種類ほどのバリエーション展開をしています。プロモーション用に使われたことでバリエーション展開が多かったのだと思いますが、少しやり過ぎたことが2000年頃のビテスの経営破綻につながったように思います。 ビテス以外のサフランのミニカーはユニバーサルホビーとノレブがあります。なおユニバーサルホビーはビテスの型を流用しているようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT SAFRANE BITURBO 1
RENAULT SAFRANE BITURBO 2

以下は1994年に発売された同じビテス製の当時物サフラン V6 RXE 1993 (1/43 型番041AA)の画像です。V型6気筒エンジンを搭載した上級グレードのRXEをモデル化しています。上記ビターボとはフロントグリルやバンパーが違っていてリアウイングが付いてません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT SAFRANE RXE 3
RENAULT SAFRANE RXE 4

以下は1994年に発売された同じビテス製の当時物サフラン バカラ 1993 (1/43 型番041BA)の画像です。これは豪華仕様のバカラをモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT SAFRANE BACCARA 5
RENAULT SAFRANE BACCARA 6

 以下は1997年に発売された同じビテス製の当時物サフラン イニシアル 1997 (1/43 型番083B)の画像です。バカラの後期型であるイニシアルをモデル化しています。フロントグリルとバンパーが後期型に変わっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT SAFRANE INITIALE 7
RENAULT SAFRANE INITIALE 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1145

   

RENAULT LAGUNA V6 TXE 1994 FRANCE

RENAULT LAGUNA V6 TXE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 040B 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: V型6気筒 3L 170HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速212km/h  
データーベースでルノー ラグナのミニカー検索

 

ルノー ラグナ V6 TXE フランス 1994

 

 ルノー 21の後継車としてラグナが1993年に登場しました。ボディは5ドアハッチバックのみで、フロントノーズなど上級車サフランとよく似たデザインとなっていました。ルノー 21ではエンジンの横置き/縦置きがありましたがラグナでは横置きに統一され、当初のエンジンは4気筒1.8L/2.0LとV型6気筒3L、4気筒2.2Lディーゼルがありました。ルノー 21のような4WD仕様は設定されず、1995年にワゴンのスポーツツアラー(ネバダ)が追加されました。

 

 1995年にボルボ製DOHC 5気筒2Lエンジン、1996年にディーゼルターボが追加され、1997年に6気筒エンジンがDOHC化されました。1998年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠を変更した後期型になり、DOHC4気筒1.6L/1.8Lエンジンなどが追加されました。2000年にラグナ 2代目にモデルチェンジしました。(実車画像→ ルノー ラグナ 2000)

 

 

 ミニカーは1995年に発売されたビテスの当時物です。前述したサフランと同様にプロポーションが良く室内など細部の仕上げレベルも高く当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。さらにこのラグナにはドア/ボンネットの開閉ギミックが付いていて、エンジンも結構リアルに再現されています。ビテスはこれ以外にもネバダ、BTCCレース仕様、後期型などのバリエーションを出しています。また同じグループ内のオニキスでもレース仕様を出しています。それ以外のラグナのミニカーはヘルパ、ユニバーサルホビーの後期型などがあります。 以下はフロント(ボンネット開閉)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT LAGUNA V6 TXE 1
RENAULT LAGUNA V6 TXE 2

 以下は1996年頃に発売されたビテス製のルノー ラグナ ネバダ (ブレーク) 2.0 TXE (1/43 型番053A)の画像です。上記のバリエーションでこれも良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT LAGUNA NEVADA 1
RENAULT LAGUNA NEVADA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1146

   

 

RENAULT MEGANE COUPE 16V 1996 FRANCE

RENAULT MEGANE COUPE 16V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 063C 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 110HP 5段変速
性能: 最高速195km/h  
データーベースでルノー メガーヌのミニカー検索

 

ルノー メガーヌ クーペ 16V フランス 1996

 

 ルノー 19の後継車としてメガーヌが1995年に登場しました。フロントノーズなど前述した上級車ラグナと同じようなデザインですが、より曲線的なラインで構成されていました。19のシャーシをベースにした横置きエンジンの前輪駆動車で、当初は5ドアハッチバックと2ドアクーペのみでした。当初のエンジンは4気筒1.4L/1.6L/2L(全てにDOHC仕様有り)と4気筒1.9Lディーゼル(ターボ有り)がありました。衝突安全ボディ、プリテンショナー付シートベルト、運転席エアバッグなどクラストップの安全装備を売り物にしていました。

 

 1996年に4ドアセダン、クーペをベースにしたドイツのカルマンが手掛けた電動式ソフトトップを持つクーペ カブリオレ、派生車のミニバンであるセニックが追加されました。1998年には5ドアワゴンが追加され、多彩なバリエーション展開がされました。1999年のマイナーチェンジで、フロントグリルやリアライトの意匠が変更された後期型(フェーズ II)となりました。クーペをベースにしたラリー仕様のマキシが1999年のFIAヨーロッパラリー選手権で優勝しています。2002年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1997年に発売されたビテスの当時物です。前述したビテス製のラグナと同じく当時のミニカーとして非常に良い出来ばえでした。ボンネット開閉ギミック付でエンジンがそこそこリアルに再現され、室内では柄が付いたシートなど細かいところも凝っています。当時のビテスはバリエーションが多くこれ以外にもセダン、カブリオレ、さらにマイナーチェンジ後のセダン、クーペ、カブリオレ、ブレークもモデル化していました。 ビテス以外のメガーヌ 初代のミニカーは同じビテス グループのオニキスのレース仕様、アンソンのクーペ、レース仕様、カブリオレ 1/18などがあります。 以下はフロント(ボンネット開閉)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT MEGANE COUPE 16V 1
RENAULT MEGANE COUPE 16V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1316

   

RENAULT SPORT SPIDER 1996 FRANCE

RENAULT SPORT SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 070D 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.79m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 150HP 5段変速
性能: 最高速210km/h   ミドシップ横置エンジン
データーベースでルノー スポール スパイダーのミニカー検索

 

ルノー スポール スパイダー (スピダー) フランス 1996

 

 ルノー スポール スパイダー (スピダー)はルノーのスポーツ部門であるルノー スポールが開発した初の市販車で1995年に発表され1996年に一般市販されました。元々はフランス国内でルノーが開催するワンメイクレース「スパイダートロフィー」用のレースカーとして開発された車でしたので、ボディは屋根のないスパイダー仕様のみでデザイン的にもレースカーそのものの斬新なものでした。ドアは手前に跳ね上げる方式で、公道走行に必要な保安部品しか装備しておらず、パワステやオーディオはおろか当初はフロントウィンドーさえも付いていませんでした。1997年にはフロントウィンドーとワイパーを備えた仕様が追加されました。

 

 シャーシは角断面のアルミ材を溶接して組み上げたスペースフレーム構造で、ボディはFRP製でした。エンジンはメガーヌのDOHC4気筒2L(150HP)を横置きでミドシップ搭載し、サスペンションは前後ともレースカーと同じダブルウィッシュボーン式でした。レース仕様のエンジンは210HPまでチューンされていて、イギリスなどで開催されたヨーロッパのワンメイクレースでも活躍したようです。1999年まで生産され、総生産台数は約1800台でした。

 

 

 ミニカーは1997年頃に発売されたビテスの当時物です。フロントウィンドーのない初期型をモデル化しています。シンプルなスタイルがうまく再現され、室内もそこそこリアルで良い出来ばえです。ビテスはフロントウィンドーの付いたタイプも型番V98033でモデル化しています。これ以外のスポール スパイダーのミニカーはビテスと同じグループのオニキスのレースカー仕様、アンソンの1/18、デルプラドの世界の名車シリーズ、ノレブなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT SPORT SPIDER 1
RENAULT SPORT SPIDER 2

 以下は2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズのルノー スパイダー 1995 (1/43 No.38)の画像です。上記のビテス製とほとんど同じですので、ビテスがOEMした物のようです。安価な雑誌付きミニカーですので、コスト低減で内装の仕上げは簡略化されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT SPORT SPIDER 3
RENAULT SPORT SPIDER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1529

   

RENAULT KANGOO I 1998 FRANCE

RENAULT KANGOO I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE V98061 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.04m 全幅約1.67m 全高1.86m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 75HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速155km/h  
データーベースでルノー カングー Iのミニカー検索

 

ルノー カングー I フランス 1998

 

 小型商用車のルノー 4 フルゴネットやその後継車のエクスプレスに変わる車として、カングーが1997年に登場しました。(実車画像→ ルノー エクスプレス 1985) カングーはクリオ Iのシャーシをベースにしてホイールベースを延長していました。エクスプレスは乗用車とボディ前半分を共有していましたが、カングーは4/5ドア(商用3ドア)ハッチバックの専用ボディでした。ただ乗用車仕様のカングーと商用車仕様のカングー エクスプレスがあり、乗用車としても通用する走行性能/装備となっていました。エンジンは4気筒1L/1.2L/1.4L/DOHC 1.6L(95HP)、4気筒1.5L/1.9Lディーゼルがありました。

 

 カングーには両側スライドドア仕様、車高を高くしたパンパ(PAMPA)、四輪駆動仕様の4X4、荷室部分を延長したマキシ、ピックアップトラック仕様、アジア地域向けの3列シート7人乗りなどのバリーエーションが追加されました。2003年のマイナーチェンジで、グリル/リアの意匠を変更しフェーズ IIになりました。2007年に2代目のカングーが登場しましたが、2010年まで生産されました。カングーは乗用車としての機能性が評価され大ヒットし、その後シトロエン ベルランゴやフォルクスワーゲン キャディ IIIなど同じようなジャンルの車が登場することになりました。(実車画像→ ルノー カングー II 2007シトロエン ベルランゴ 1996フォルクスワーゲン キャディ III 2003)

 

 

 ミニカーは1998年に発売されたビテスの当時物です。同じビテスのメガーヌなどの解説で記載したように、この当時のビテスのミニカーは非常に出来が良かったです。このカングーも全体的にレベルの高い出来ばえで室内などの細部の造形がリアルで、さらに立て付けの良いドア開閉ギミックも付いています。(本物同様のナンバープレートが付いているのも凝ってます) ビテスはこれ以外にもパンパや商用車のエクスプレスもモデル化しています。ビテス以外ではソリド/べレムの商用車、ノレブの4X4と商用車、リーツェの商用車などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT KANGOO 1
RENAULT KANGOO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1318

   

 

RENAULT CLIO II 1.6 16V 1999 FRANCE

RENAULT CLIO II 1.6 16V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VMC044 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 110HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速193km/h  
データーベースでルノー クリオのミニカー検索

 

ルノー クリオ II 1.6 16V フランス 1999

 

 クリオの2代目が1998年に登場します。初代の基本デザインを継承しつつ、ボディ全体に丸みが付きヘッドライトも丸い物になっています。ボディは3/5ドアハッチバックで、当初のエンジンは4気筒1.2L/1.4L/1.6L、4気筒1.9Lディーゼルがありました。前述したメガーヌ同様に安全性向上に力を入れており、サイドエアバッグや後席中央3点式シートベルトなどが採用されました。

 

 1999年に1.4L/1.6LエンジンにDOHC仕様が追加され、DOHC 2L(169HP)エンジンを搭載し各部をチューンしたRS(ルノー スポール)も追加されました。さらにDOHC V型6気筒3L(230HP)を後席部分にミドシップ配置したかつての5 ターボのような最強仕様のルノー スポール V6も追加されました。(さらにレース車用のベースとしてはトロフィーもあった) 2001年のマイナーチェンジでフロントグリル/リアの意匠を変更しフェーズ IIになりました。2004年のマイナーチェンジでフロントの意匠が小変更されてフェーズ IIIとなり、2005年に3代目が登場した後も2012年まで生産されました。2代目クリオは世界中で大ヒットしました。

 

 

 ミニカーはビテスの当時物で、この頃のビテスはいずれも出来が良いですが、これも実車の雰囲気が良く再現されています。細かい点ではEU仕様のナンバープレートが付いているのは珍しく、ナンバーが付いているとよりリアルな感じがします。ビテス以外ではユニバーサルホビーがフェーズ IIの高性能版やラリー仕様、イクソのラリー仕様、ノレブのフェーズ IIの5ドア、ブラーゴなどがあります。

RENAULT CLIO II 1.6 16V 1
RENAULT CLIO II 1.6 16V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1317

   

RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 1999 FRANCE

RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 7711210648 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.17m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 140HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速196km/h  
データーベースでルノー セニックのミニカー検索

 

ルノー メガーヌ セニック 2.0 16V フランス 1999

 

 メガーヌの派生車としてミニバンのメガーヌ セニックが1996年に登場しました。MPV(ミニバン)の元祖であるエスパスの小型版といった位置づけで、後部シートのスライド/脱着などが可能でした。この当時のルノーに共通するフロントのデザインで、大きな6ライトウインドーを持つボディとなっています。エンジンはメガーヌとほぼ同じで、4気筒1.8L/2.0LとV型6気筒3L、4気筒2.2Lディーゼルがありました。メガーヌと同時に1997年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞し、ミニバンとしては初の受賞でした。

 

 1999年のマイナーチェンジでフロント/リアライトの意匠が変更され後期型(フェーズ II)となりました。また名前からメガーヌが外れ単にセニックとなりました。2000年にシュタイア プフ製のビスカスカップリング式センターデフによる4?駆動システムを採用し車高を上げた4WD仕様のRX4が設定されました。セニックは当初の予想以上に大ヒットし、その影響でシトロエン クサラ ピカソ、オペル ザフィーラ、フィアット ムルティプラなどの似たようなジャンルの車が次々と開発されることになりました。2003年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテスの当時物で、マイナーチェンジ後の1999年式のモデルです。前述したメガーヌ同様に良くできています。これはディーラー特注品で、ルノーのロゴ付専用紙箱に収まっています。ビテスは初期型もモデル化しています。ビテス以外では、マイナーチェンジ後をユニバーサルホビーがモデル化しており、それと同じ型ではないかと思われるノレブのディーラー特注品などがあります。

RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 1
RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1319

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5   次へ »