ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL TIGRA A 1994 GERMANY

OPEL TIGRA A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4094 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L 90HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでオペル ティグラのミニカー検索

 

オペル ティグラ A ドイツ 1994

 

 1994年にオペル コルサ Bをベースにした小型クーペとしてティグラ Aが登場しました。車体の割に大きな曲面ガラス製のリアハッチを持つかっこいいデザインでした。ただこのクーペスタイルのせいで後席は実用最低限のサイズで、2+2の乗車定員でした。(後席を倒してラゲッジスペースにすることができました) エンジンはコルサ Bの高性能版GSiと同じDOHC 4気筒1.4L/1.6L(106HP)が搭載されました。

 

 高性能版1.6Lの最高速度は203km/hとコルサ B GSiより速く、これはハイギヤレシオとボディの空力効果によるものでした。またサスペンションのセッティングはロータスが関与しており、結構本格的なスポーツ仕様だったようです。イギリスではヴォクスホール ティグラ、オーストラリアではホールデン ティグラ、南米ではシボレー ティグラとして販売されました。 2001年まで生産され、総生産台数は約25万台でした。2004年には後継車のティグラ ツイントップが登場しました。(実車画像→ オペル ティグラ ツイントップ 2004)

 

 

 ミニカーは1996年に発売されたシュコー製の当時物です。ガマ ブランドがシュコーに変わった頃の物で全体的な出来ばえは良くなったのですが、ガマ時代には付いていたドア開閉などのギミックがなくなってしまいました。ギミックをやめるということは値段が同じぐらいですので、実質的な値上げでもありました。なおこの頃からミニカー化する際の自動車会社のライセンス許諾が厳しくなってきたこともあり、当時物ミニカーはこのシュコー製しかないようです。当時物以外ではヘルパの1/87があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL TIGRA 1
OPEL TIGRA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1210

   

OPEL VECTORA B 1995 GERMANY

OPEL VECTORA B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4161 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.48m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 170HP 
5段変速/4段自動変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでオペル ベクトラのミニカー検索

 

オペル ベクトラ B ドイツ 1995

 

 オペル ベクトラの2代目ベクトラ Bが1995年に登場しました。先代をさらに洗練させたスタイリッシュなデザインですが、その分個性がなくなったようにも思います。前輪駆動車で、ボディ形式は4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴンのキャラバン(1996年に追加)の3タイプでした。当初のエンジンは4気筒1.6L/1.8L/2L、DOHC V型6気筒2.5L、4気筒1.7Lターボ ディーゼル(日本のイスズ製)でした。

 

 1999年のモデルチェンジで、フロント/リアの意匠が小変更されました。エンジンは4気筒2Lが2.2Lに、6気筒2.5Lが2.6L、1.7Lディーゼルが2L/2.2L(オペル製)に変更されました。イルムシャーがチューンしたDOHC V型6気筒2.5L(195HP)エンジンを搭載し、エアロパーツを装備した高性能版 i500が1998年に設定されました。イギリスではヴォクスホール ベクトラ、オーストラリアではホールデン ベクトラ、ブラジルではシボレー ベクトラとして販売されました。ベクトラ Bの販売は好調で、2002年にベクトラ Cにモデルチェンジしました。(実車画像→ オペル ベクトラ C)

 

 

 ミニカーは1996年に発売されたシュコーの当時物です。シュコーはこの頃にブランド名がガマからシュコーに切り替わりました。シュコー ブランドになって仕上げレベルはガマより一段と良くなり、このベクトラ Bも全体的によく出来ています。ただしドア開閉などのギミックがなくなりました。なおこのレベルになるとヘッドライト背面の下地が見えているのはいまいちです。シュコーは5ドアハッチバクとキャラバンもモデル化していました。ミニカー化するライセンス認証の関係で、シュコー以外の当時物はなかったようです。レース仕様車はライセンス認証が別のようで、オニキスやミニチャンプスが20車種ほどをモデル化しています。当時物以外ではヘルパの1/87、国産名車コレクション(イクソ製)、ミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」のNo.69などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL VECTOR B 1
OPEL VECTOR B 2

 以下は2017年に発売された国産名車コレクション製のオペル ベクトラ B (1/43 No.291)の画像です。メーカーはイクソで、このシリーズの標準的な良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL VECTORA B 3
OPEL VECTORA B 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1206

   

 

OPEL SINTRA 1997 GERMANY

OPEL SINTRA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4293 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 201HP 4段自動変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでオペル シントラのミニカー検索

 

オペル シントラ ドイツ 1997

 

 GMがヨーロッパ市場向けに製造したミニバン(MPV) オペル シントラが1997年に登場しました。この車はアメリカではGM シボレー ベンチャーとして販売された車のショートホイールベース版で、後ドアは両側スライド式、3列シートの5-8人乗りでした。エンジンはオペル製が使われ4気筒2.2L、V型6気筒3L、4気筒2.2L ターボ ディーゼルがありました。(実車画像→ GM シボレー ベンチャー)

 

 シントラはアメリカ工場で製造された為か、オペル車としては完成度が低く、競合他社のフォルクスワーゲン シャランなどに較べて品質が劣ると評価されました。イギリスではヴォクスホール シントラとして販売されましたが、こちらも評判は悪かったようです。そんなわけでシントラは販売不振で、1999年に早々と生産中止となりました。後継車としてアストラ Gをベースに開発されたミニバン ザフィーラ(ZAFIRA)が1999年に登場しました。(実車画像→ オペル ザフィーラ 1999)

 

 

 ミニカーは1997年に発売されたシュコー製の当時物です。シュコーは1970年代に一度倒産しましたが、1990年代にブランドが復活しました。新生シュコーは深みのある高品質な塗装による独特の雰囲気がある作風で、同じドイツ製でも無機質な感じがするミニチャンプス製と較べると、個人的には好ましい作風だと思います。このシントラもプロポーションが良く内装などの細部もリアルで良く出来ています。シュコーはプロモーション用特注品でヴォクスホール シントラもモデル化しています。実車が不人気だったことを反映して、シントラのミニカーはこれしか無いようです。今後 新規にシントラがモデル化されることはないでしょうから、このミニカーは車種的に貴重かも? 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL SINTRA 1
OPEL SINTRA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1209

   

OPEL ASTRA G HATCHBACK 1998 GERMANY

OPEL ASTRA G HATCHBACK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCUCO 4361 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.11m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 100HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速188km/h
データーベースでオペル アストラのミニカー検索

 

オペル アストラ G ハッチバック ドイツ 1998

 

 オペル アストラの2代目アストラ Gは1998年に登場しました。先代のシンプルな造形から少し個性的なデザインに変わりました。ボディ形式は5ドアハッチバック、4ドアセダン、5ドアワゴン(キャラバン)、2ドアクーペ(2000年追加 ベルトーネのデザイン)、2ドアカブリオレ(2001年追加 ベルトーネのデザイン)と多く、特にハッチバックのデザインはユニークです。エンジンも4気筒1.2L/1.4L/1.6L/1.8L/2L、4気筒1.7L/1.2Lディーゼルとたくさんありました。(実車画像→ オペル アストラ G カブリオレ 2001)

 

 2001年以降に全エンジンが新型に変わり、性能が向上しました。2001年にスポーツ仕様にDOHC 4気筒2.2L(147HP)エンジンが追加されました。2002年のマイナーチェンジで、フロント/リアのライトなどの意匠が少し変更されました。OPC(オペル パフォーマンス センター)が開発した高性能車(従来はGSi)の第一弾がアストラ G OPCで、DOHC 4気筒2L(160HP)エンジンを搭載し2002年に登場しました。またクーペにV型8気筒4Lエンジン(キャディラック製)を搭載したレースカーで2000年からDTMに参戦し、初年度にはマニファクチャーズタイトルを獲得しています。2004年にアストラ Hにモデルチェンジしました。(実車画像→ オペル アストラ H 2004)

 

 

 ミニカーは1999年に発売されたシュコー製の当時物です。シュコーは1970年代に一度倒産しましたが、1990年代にブランドが復活しました。深みのあるしっかりした塗装で、リアルながらも少し癖のある独特の作風が新生シュコーの特徴です。このアストラ Gも個性的なデザインがうまく再現されていて良く出来ています。シュコーはセダンとキャラバンもモデル化しています。これ以外のアストラ Gのミニカーはミニチャンプスのクーペとカブリオレがありますので、オペルがライセンス供与でシュコーとミニチャンプスにミニカーを作り分けさせたのだと思われます。なおV8 クーペ レース仕様はミニチャンプスとシュコー(1/43と1/87)で約60種類もモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL ASTRA G HATCHBACK 1
OPEL ASTRA G HATCHBACK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1211

   

OPEL ASTORA H TWINTOP 2006 GERMANY

OPEL ASTORA H TWINTOP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 403045633 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.48m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 170HP 6段変速
性能: 最高速224km/h   
データーベースでオペル アストラのミニカー検索

 

オペル アストラ H ツイントップ ドイツ 2006

 

 オペル アストラの3代目 アストラ Hが2004年に登場しました。先代の個性的なデザインを踏襲していましたが、すこし大人しいデザインになりました。当初は5ドアハッチバックと5ドアワゴンだけでしたが、2005年に3ドアハッチバック(GTC)、2006年に格納式ハードトップを持つ2ドアカブリオレ、2008年にノッチバックの4ドアセダンが追加されました。4気筒1.4L-2Lガソリンエンジンと4気筒1.3L-1.9Lディーゼルエンジンが搭載され、2005年に設定されたDOHC4気筒2Lターボ(240HP)エンジンを搭載する高性能版の3ドアハッチバック OPCは6段変速で最高速244km/hと高性能でした。

 

 2007年のマイナーチェンジで、フロント/リアの意匠が少し変更されました。2010年まで生産され、後継車のアストラ Jにモデルチェンジしました。(Hの次はIですが、Iは1と混同されやすいのでJとなりました) アストラ HはGMグループの世界戦略車でしたので、サターン(北米)/シボレー(南米)/ホールデン(オーストラリア)/ヴォクスホール(イギリス)版の姉妹車があり、世界中で販売されヒットしました。(実車画像→ オペル アストラ J 2009)

 

 

 ミニカーは2007年に発売されたミニチャンプス製の当時物で、2ドアカブリオレのツイントップをモデル化しています。これはオペル ディーラ向け特注品でオペルのロゴが付いた外箱に入っていました。ミニチャンプスらしいそつのない作りで、室内もリアルに再現されていて良く出来ています。ミニチャンプスは5ドアハッチバックや3ドアクーペ(GTC)やOPCもモデル化しています。なお特注品ではないミニチャンプス標準品のツイントップの型番は400045630ですが、型番の最初の3桁が433と403の場合は、1/43の特注品のようです。(ただし例外もあるようです) ミニカーのライセンス供与の関係でミニチャンプス以外のアストラ Hのミニカーはほとんどなく、シュコーのOPC(1/24)ぐらいしかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL ASTORA H TWINTOP 1
OPEL ASTORA H TWINTOP 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1642

   

 

OPEL INSIGNIA OPC 2009 GERMANY

OPEL INSIGNIA OPC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 450742100 1/43 mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.83m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.8L ターボ 320HP 6段自動変速 4WD
性能: 最高速250km/h  
データーベースでオペル インシグニアのミニカー検索

 

オペル インシグニア OPC ドイツ 2009

 

 ベクトラの3代目ベクトラ Cは2002年に登場します。上級車のオメガが2003年に廃止されることが予定されており、ボディを大きくしてオメガのユーザーを引き受けることになりました。その為、デザインもやや大人しくなっています。ボディタイプは4ドアセダン、ワゴン、5ドアハッチバック(GTSと称す)がありました。エンジンは4気筒1.6L/1.8L/2L/2.2L、6気筒2.8L/3.2L、4気筒2L/V型6気筒3Lターボ ディーゼルなどがありました。2003年に派生車種としてワゴンをロングホイール化したシグナムが登場しました。2006年に吊り目ヘッドライトでフロントを新しくした後期型に変わりました。

 

 ベクトラ C/シグナムの後継車としてインシグニアが2008年に登場しました。(オペルは良く名前が変わります) このクラスの高級車に共通するデザインですが、大きなV字型のグリルが特徴です。(ヴォクスホール版のインシグニアもほぼ同じデザイン) ボディタイプはセダン、5ドアハッチバック、ワゴン(スポーツ ツアラー)がありました。当初のエンジンは4気筒1.6L/1.8L/2Lターボ、V型6気筒2.8L、4気筒2Lターボ ディーゼルなどがありました。2009年にV型6気筒2.8Lターボ(320HP)エンジンを搭載して4WD化した高性能版のOPCが追加されました。2013年のマイナーチェンジでヘッドライト形状などフロントが変わりました。2009年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 

 ベクトラ Cのミニカーはシュコーの前期/後期型、ミニチャンプスのDTM仕様、リーツェなどたくさんあります。→ データーベースでオペル ベクトラのミニカー検索
 画像のインシグニアはシュコー製でバンパーにインテークがある高性能版OPCをモデル化しています。(画像はシュコーのWEBサイトから拝借) プロモーションの権利がミニチャンプスからシュコーに変わったようで、ミニカーはシュコーが独占しています。(ミニチャンプスはすっかり影が薄くなりました) なお2003年のコンセプトカーはノレブがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1368

   

OPEL ASTORA K 5-DOOR 2015 GERMANY

OPEL ASTORA K 5-DOOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS  1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L ターボ 150HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速216km/h   
データーベースでオペル アストラのミニカー検索

 

オペル アストラ K 5ドア ドイツ 2015

 

 アストラの4代目 アストラ J 2009年に登場
 当初は5ドアハッチバックのみ、2010年にスポーツツアラー(ワゴン)、2011年に3ドアクーペ GTCを追加 2013年にツイントップ(カブリオレ)の後継車 カスケーダ(CASCADA)がアストラ シリーズから独立して登場

 アストラの5代目 アストラ K 2015年に登場
 5ドアハッチバックとワゴンの構成 2016年度 EU カー オブ ザ イヤー受賞

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、これはオペル ディーラ向け特注品のようです。(画像はWEBサイトから借用しました) アストラ Jのディーラ向け特注品はミニチャンプスが担当していましたが、アストラ Kでもミニチャンプスが一部を担当しているようです。最近のミニチャンプスはF1以外はやる気がないようですので、これがカタログモデルで発売されることは期待薄です。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1688

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4