ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL OLYMPIA 1951 GERMANY

OPEL OLYMPIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430040404 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 37HP 3段変速
性能: 最高速 不明
データーベースでオペル オリンピアのミニカー検索

 

オペル オリンピア ドイツ 1951

 

 1920年代に小型車ラウプフロッシュで成功したオペルは中大型車への進出を目指し、1931年にGMと提携しGM傘下となりました。1930年代にオペルはヨーロッパ有数の自動車メーカーに成長しました。1930年代後半のモデル構成はラウプフロッシュの最終型P4とカデットの小型実用車が中心で、上級小型車のオリンピア、中型車のカピタンも揃えていました。第2次大戦が始まるとGMは撤退し、オペルはナチ政権の命令で軍用車の生産体制に組込まれていきました。(実車画像→ オペル P4 1935) (実車画像→ オペル カデット 1938)

 

 戦後オペルの工場は一時的にソ連に接収されていましたが、GMが経営権を取り戻し、1947年に戦前モデルの生産を再開させました。最初に生産されたのは4気筒1.5L(37HP)エンジンを搭載した上級小型車オリンピアでした。1935年に登場したオリンピアは1936年のベルリン オリンピックにちなんで命名された車で、4気筒1.3Lエンジンを搭載していました。1937年のマイナーチェンジでエンジンが1.5Lに拡大されフロント周りの意匠が新しくなりました。生産が再開されたのはこの戦前型で、1950年のマイナーチェンジでラジエターグリル全体が横に拡大されてよりモダーンなデザインとなりました。1950年から1953年まで生産され、総生産台数は約16万台と大成功でした。1953年にオリンピアはオリンピア レコードという名前に変わり、フェンダーが一体化されたフラッシュサーフェース ボディの戦後型に変わりました。(実車画像→ オペル オリンピア レコード 1953)

 

 

 ミニカーは2007年に発売されたミニチャンプス製です。戦後型のマイナーチェンジでラジエターグリルが拡幅された1951年式をモデル化しています。デザイン的には戦前型のアメリカ車に良く似ています。ミニチャンプスらしいそつのない良い出来ばえで、フロントグリルや室内などの細部も良く再現されています。戦前型も含めてこれ以外のオリンピアのミニカーは同じミニチャンプスのカブリオレ仕様、ブッシュの1/87、ホワイトボックスのセダン/バンなどがありますが、1930年代のオペル車はミニカーが少ないです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL OLYMPIA 1
OPEL OLYMPIA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=551

   

OPEL KAPITAN 1951 GERMANY

OPEL KAPITAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430043300 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 58HP 3段変速
性能: 最高速 不明
データーベースでオペル カピタンのミニカー検索

 

オペル カピタン (カピテーン) ドイツ 1951

 

 上述したオリンピアの再生産に続き、1948年に戦前型のカピタンも再生産が開始されました。第2次世界大戦直前の1939年に登場したカピタンは6気筒2.5L(55HP)エンジンを搭載した中型車で、当時のオペルの最上級車でした。ボディは同じGMグループ内のオールズモビルなどとよく似たデザインで、フェンダー先端に埋め込まれた独特な形状のヘッドライトが特徴でした。なお車名のカピタン(キャプテン:艦長の意)は現在ではカピテーンと表記するのが正しいようですが、私にはしっくりこないので昔流にカピタンと記載しています。(実車画像→ オペル カピタン 1939)

 

 カピタンの再生産も戦前型そのままのモデルからはじまりましたが、戦後の資材不足で特徴的だったヘッドライトは一般的な丸形に変更されました。1951年のマイナーチェンジでフロントグリルが変更され、トランクスペースが大型化し、エンジンが58HPにパワーアップされました。1953年にオリンピアが戦後型に変わりましたが、同時にカピタンもフラッシュサーフェース ボディの戦後型に変わりました。戦前型カピタンの戦後の総生産台数は約8万台でした。戦後型カピタンは1953年から1958年まで生産され、後継車のカピタン P1にモデルチェンジしました。総生産台数は約15万台でオリンピア同様にこの車もヒットしました。(実車画像→ オペル カピタン(戦後型) 1953)

 

 

 ミニカーは1996年に発売されたミニチャンプス製です。戦後型のマイナーチェンジでフロントグリルが変更された1951年式をモデル化しています。これも前述したオリンピアと同様でミニチャンプスらしいそつのない良い出来ばえで、OPELの赤いロゴがついたフロントグリルや室内などの細部も良く再現されています。これ以外の戦前型カピタンのミニカーはイクソとその別ブランドのホワイトボックスの1950年式、シュコーのモンテ カルロ ラリー仕様などがあります。なおイクソは特徴的なヘッドライトを持つ1939年式もモデル化しています。(イクソが両方ともモデル化したのは、1939年式は1950年式より格段にかっこいいからです) 戦後型カピタンはジク(SIKU)の当時物、シュコー、ブレキナの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL KAPITAN 1
OPEL KAPITAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=552

   

 

OPEL REKORD P1 1958 GERMANY

OPEL REKORD P1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430043201 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 45HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード (レコルト) P1 ドイツ 1958

 

 前述したように戦前に登場したオペル オリンピアは戦後の1953年にフラッシュサーフェースボディの戦後型に変わり、名前がオリンピア レコードに変わりました。1957年にレコードの2代目としてオリンピア レコード P1が登場しました。ボディが大型化し、側面まで回り込んだラップラウンド ウインドウ、サイドのモールディング、テールフィンなど当時のアメリカ車風のデザインが採用されました。オペルはGM系列でしたので、当時のシボレーなどとよく似ていました。全長約4.4mの中型車で4気筒1.5L(45HP)エンジンを搭載し、最高速は128km/hの性能でした。

 

 当初は2ドアセダンだけでしたが、1958年に4ドアセダンと3ドアワゴン/バンが追加されました。同時に1.2Lエンジン搭載の廉価版オリンピアが追加されました。1959年に標準モデルの名前はオリンピアが外れて単にレコードに、廉価版オリンピアは1200に変更されました。1959年に1.7L(55HP)エンジンが追加されました。1960年に後継車のレコード P2が登場し1962年まで生産されました。レコード P1は大ヒットし総生産台数は約30万台でした。(実車画像→ オペル レコード P2 1960)

 車名の読み方ですが、現在はレコルトと呼ぶのが一般的なようですが、私は昔風の英語読みのほうがなじんでいるので当サイトではレコードと記載しています。

 

 

 ミニカーは2001年頃に発売されたミニチャンプス製です。ミニチャンプスらしいそつのない良い出来ばえで、灯火類や室内などの細部もリアルです。(インパネのメーター形状も分かります) ミニチャンプスはワゴンのキャラバンもモデル化しています。実車は平凡なセダンですから、ドイツ本国以外ではあまり売れないミニカーだと思います。ただこのような地味な車もきちんとモデル化してくれるのがミニチャンプスの良いところでした。(最近はそうでもないので過去形としました) これ以外のレコード P1のミニカーはジク(SIKU)の当時物、ガマの当時物、テクノの当時物、ブレキナの1/87などがあります。オリンピア レコードのミニカーはテクノの当時物、ジクの当時物、ブレキナの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL REKORD P I 1
OPEL REKORD P I 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=553

   

OPEL KAPITAN P2 1960 GERMANY

OPEL KAPITAN P2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 177 1/48? 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.83m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 90HP 4/3段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでオペル カピタンのミニカー検索

 

オペル カピタン (カピテーン) P2 ドイツ 1960

 

 前述したように1958年にオペル レコード P1が登場し、レコードの上級車のカピタンも1958年に同じようなラップラウンド ウインドウを持つデザインに変更され、カピタン P1となりました。カピタン P1は全長約4.76mの大型車で6気筒2.5L(80HP)エンジンを搭載し4段変速で最高速は142km/hの性能でした。わずか1年ほど生産されただけで1959年にカピタン P2にモデルチェンジしました。総生産台数は約3.4万台でした。(実車画像→ オペル カピタン P1 1958)

 

 1959年にカピタン P2が登場しました。ボディが大きくなり、フロントグリルが横幅全体に広がり、ルーフが角ばったデザインとなりました。エンジンは6気筒2.6L(90HP)に拡大され、4段変速で最高速は150km/hに向上しました。1960年にGM製3段自動変速機が設定されました。1964年に後継車のカピタン A/アドミラル Aが登場し、生産中止となりました。総生産台数は約14万台でこのクラスのオペル車としては大ヒットでした。

 車名の読み方ですがカピタン(キャプテン:艦長の意)は現在ではカピテーンと表記するのが正しいようですが、私にはしっくりこないので当サイトでは昔流にカピタンと記載しています。

 

 

 ミニカーは1961年に発売されたディンキー(英)製の当時物です。公称スケールの1/43より少し小さめに出来ているようです。60年も昔に作られたミニカーですのでフロントグリルや灯火は銀色塗装処理の素朴な作りですが、プロポーションがしっかりしていて、カピタン P2の特徴であるフロントグリルや角張ったルーフがきちんと再現されています。当時のミニカーとしては素晴らしい出来ばえだったはずです。 これ以外のカピタン P2のミニカーはノレブ初期のプラスチック製当時物、ジク(SIKU)の当時物、ポリトーイ初期のプラスチック製、ミニチャンプス、ブレキナの1/87などがあります。カピタン P1のミニカーはブレキナの1/87、スターライン、NEO(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL KAPITAN P II 1
OPEL KAPITAN P II 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=554

   

OPEL KADETT A 1962 GERMANY

OPEL KADETT A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 540 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 993cc 40HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット A ドイツ 1962

 

 戦前のオペルはラウプフロッシュで成功した小型車に強いメーカーで、1936年には4気筒1Lエンジンを搭載する小型車のカデット 初代が登場しました。しかし戦争で生産設備を失ったことで、カデットの生産をすぐに再開できませんでした。1962年にオペルはフォルクスワーゲン ビートルという強力なライバルが育った小型車市場にカデットを復活させました。戦後型カデット Aはごくオーソドックスな設計で、新設計の4気筒1L(40HP)エンジンを搭載し約670kgの軽量ボディゆえに4段フルシンクロ変速機で、最高速120km/hの性能でした。ボディデザインも近代的ながらも簡潔なものでした。

 

 当初の2ドアセダンに、1963年には高級仕様のL、3ドアワゴンのキャラバン、ルーフの形状を軽快にしたクーペが追加されました。クーペには48HPにパワーアップしたエンジンが搭載されました。カデットはライバルのフォルクスワーゲン ビートルに対してモダンなデザインと水冷エンジンによる暖房が効くという長所がありました。カデットは成功し、1965年に2代目のカデット Bにモデルチェンジするまでに60万台以上を販売しました。

 

 

 ミニカーは1963年に発売されたディンキー(仏)製の当時物です。1960年代のミニカーですから素朴な作りですが、ディンキー(仏)らしいスケールモデル的な良い出来ばえです。ドアのサイドウィンドーが上下にスライドするギミックが付いています。これ以外のカデット Aの当時物ミニカーはジク(SIKU)、テクノ、ポリトーイがありました。当時物以外ではミニチャンプスのセダンとキャラバン、ブレキナのセダン/キャラバン/クーペ 1/87、スターラインのクーペなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL KADETT 1
OPEL KADETT 2

 以下は1960年代に発売されたテクノ製の当時物 オペル カデット A (1/40? 型番724)の画像です。全長が100㎜ほどですので1/40ぐらいの縮尺で出来ています。ヘッドライトが大き目ですが、プロポーションは良く上記ディンキー(仏)と同等の出来ばえです。トランク開閉ギミック付で、トランク内にはスペアタイヤが積まれています。なおテクノは前輪がステアするギミックを特徴としていましたが、このカデットでは前輪の車軸全体が左右に回転する構造になっています。この構造はディンキーの前輪操舵ギミックと同じようなものです。(参照ページ→ 前輪操舵ギミックの比較) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL KADETT 3
OPEL KADETT 4

 以下は2001年頃に発売されたミニチャンプス製の オペル カデット A (1/43 型番430043004)の画像です。ミニチャンプスらしいそつのない良い出来ばえで、灯火類や室内などの細部もリアルに再現されています。小さなフェンダーミラーも実車に忠実に出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL KADETT 5
OPEL KADETT 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=555

   

 

OPEL REKORD A 1963 GERMANY

OPEL REKORD A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 542 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード (レコルト) A ドイツ 1963

 

 カデットに引き続き中型車レコードも1963年にデザインを一新し、レコード Aとなりました。カデットと同じようなシンプルで直線的なデザインで、オペルとして統一されたスタイルとなっています。カデットと同様に初めは2ドアだけでしたが、1964年にルーフを変えた2ドアクーペと4ドアが追加されています。

 

 エンジンは4気筒の1.5L(55HP)、1.7L(60HP)の2種類で、最高速は1.7Lで135km/hでした。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。この当時のディンキー(仏)はグリルやバンパーが銀の塗装処理となっていて見た目は素朴な出来映えですが、プロポーションは極めて正確な作りとなっています。子供向けのおもちゃでしたが、当時から既にコレクターを念頭に置いたミニカーでもありました。

OPEL REKORD A 1
OPEL REKORD A 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=557

   

OPEL ADMIRAL 1964 GERMANY

OPEL ADMIRAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 513 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 100HP 4段変速/2段自動変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでオペル アドミラルのミニカー検索

 

オペル アドミラル ドイツ 1964

 

 上級車カピタンも1964年に角形ヘッドライトを持つスクエアなボディに変わりました。同じボディで、内外装を高級にした上級グレードには戦前の高級モデルであったアドミラル(海軍大将)の名前が復活しました。カピタン、アドミラルは全長約5mの大型車で、6気筒2.6L(100HP)エンジンを搭載していました。

 

 また同じボディにV型8気筒4.6L(190HP)エンジンを搭載した最上級車、ディプロマット(外交官)も設定されました。なおディプロマットはメルセデス ベンツ 600と同じぐらいの高いステータスが合ったそうですが、オペルのブランド力ではメルセデス ベンツとは勝負にならず、あまり売れなかったようです。

 

 

 このミニカーもディンキー(仏)の当時物です。ライトが黄色に着色されているのはフランス仕様ということです。まだプラスチックのパーツなどを使っていない素朴な出来ですが、プロポーションはしっかりしています。ディプロマットのミニカーでは、ポリトーイ初期のMシリーズの物があり、これもかなり良い出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=560

   

OPEL REKORD B 1965 GERMANY

OPEL REKORD B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 9620 1/46 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード (レコルト) B ドイツ 1965

 

 1965年にレコードは新型エンジンを搭載し、フロントグリルを角形ヘッドライトに一新したレコード Bに変わりました。OHVからOHCに変わったエンジンは1.5L(60HP)、1.7L(75HP)、1.9L(90HP)の3種類で、大幅に性能が向上しました。

 

 さらにカピタン用のOHV6気筒2.6L(100HP)エンジンを搭載したレコード 6も追加されました。私がオペルを知るようになったのはこのあたりからで、この角形ライトがオペルの顔としてなじみがあります。

 

 

 ミニカーはガマの当時物で、1/43よりやや小振りに出来ています。この時期のガマはスケールが一定していないのがいまいちですが、プロポーションは悪くありません。上記のレコード Aと比べるとライトなどが変わっていますが、ボディの基本は同じであることが分かると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=558

   

 

OPEL KADETT B COUPE RALLY 1967 GERMANY

OPEL KADETT B COUPE RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 9651 1/45? 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット B クーペ ラリー ドイツ 1967

 

 1965年のBタイプへのモデルチェンジでカデットはボディが一回り大きくなり、エンジンも1.1L(45/55HP)に強化されました。また4ドアセダンとファーストバックのクーペも追加されました。1967年にはエンジンやサスペンションを強化したラリー仕様が追加され、このモデルでオペルはラリーに進出しています。

 

 また1968年にはカデットのデラックス仕様としてオリンピアが追加され、上級車レコードの1.7L(75HP)、1.9L(90HP)エンジンを搭載したモデルも登場し、カデット シリーズは幅広いバリエーションを持つようになります。

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。プロポーションはまあまあのレベルで、ボンネットの艶消し黒塗装とサイドのストライプは実車に即したものです。底板に1/45と刻印されてますが、実際は1/43ぐらいの大きさに出来てます。

OPEL KADETT B COUPE RALLY 1
OPEL KADETT B COUPE RALLY 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=556

   

OPEL COMMODORE COUPE 1967 GERMANY

OPEL COMMODORE COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1420 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 130HP 4段変速、3/2段自動変速
性能: 最高速180km/h

 

オペル コモドール クーペ ドイツ 1967

 

 レコードは1967年にリアのサスペンションを改良し、流行のコークボトル ラインを採用したアメリカ車風のボディを載せたレコード Cに発展しました。またオールズモービル トロネードのようなファーストバック スタイルのクーペも追加されました。

 

 レコルトの内外装を高級にした上級グレードはコモドール(提督)と名付けられ、上級車用の6気筒2.5L(130HP)エンジンが搭載されました。

 

 

ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。レザートップ風の塗装を施してコモドールの最上級車クーペ GSをモデル化しています。同じモデルで塗装を変えたレコード クーペもあります。実車同様に兄弟車を作り分けたのは、このミニカーあたりが最初だったように思います。(画像をクリックするとレコード クーペに変わります)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=559

   

 

サラブレッド期 ←  ページ 1  2  3  4   次へ »