ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL CORSA A SR HATCHBACK 1983 GERMANY

OPEL CORSA A SR HATCHBACK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1159 1/43 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.62m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 70HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでオペル コルサのミニカー検索

 

オペル コルサ A SR ハッチバック ドイツ 1983

 

 フォルクスワーゲン ポロに対抗するオペルの小型前輪駆動車としてコルサ Aが1982年に登場しました。主要なパーツは上級車で前輪駆動化されたカデット Dから流用し、デザイン的にもカデット Dを小さくしたようなスタイルでした。ボディ形式は3ドアハッチバックと2ドアセダンで、1985年に5ドアハッチバックと4ドアセダンが追加されました。当初のエンジンは4気筒1L(45HP)/1.2L(55HP)/1.3L(70HP)がありました。

 

 1987年に4気筒1.5L(50HP)ディーゼルエンジンが追加され、後にターボ仕様も追加されました。1988年に4気筒1.6L(100HP)エンジン搭載の高性能版GSI(最高速188km/h)が登場しました。1987年と1990年のマイナーチェンジで、フロントグリル、ヘッドライト、バンパーなどの意匠が変わりました。GMグループのヴォクスホールではノバ(NOVA)の名前でも販売されました。1993年に2代目のコルサ Bにモデルチェンジしました。総生産台数は約300万台でした。

 

 

 ミニカーは1983年に発売されたガマ製の当時物です。1983年に追加されたバンパーに補助ランプが付いているスポーティ仕様のSRをモデル化しています。フロントグリル/ヘッドライト/バンパーを一体成型する1970年代のシュコーの作風をガマなどが継承していたので、この時代のドイツ車のミニカーはいずれも似たような造りでした。ただこの作風は当時のドイツ車をモデル化するのにはうまく合っていて、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。ドア/ハッチバックの開閉ギミック付です。ガマは2ドアセダンもモデル化していました。コルサ Aの当時物ミニカーはガマしか無いようです。当時物以外では、ミニチャンプスのハッチバック、シュコーのハッチバック、バンガーズのヴォクスホール版 ノバ ハッチバック、ヘルパのSRなどがあります。 以下はフロントの拡大画像とリア/ハッチバック開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL CORSA A SR HATCHBACK 1
OPEL CORSA A SR HATCHBACK 2

 以下は1983年に発売されたガマ製の当時物 オペル コルサ A 2ドア セダン (1/43 型番1158)の画像です。上記のバリエーションで、ノッチバックの2ドアセダンをモデル化しています。ドア/トランクの開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL CORSA A 2-DOOR SEDAN 1
OPEL CORSA A 2-DOOR SEDAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1197

   

OPEL KADETT E HATCHBACK GLS 1984 GERMANY

OPEL KADETT E HATCHBACK GLS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1195 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 75HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット E ハッチバック GLS ドイツ 1984

 

 オペル カデットの6代目カデット Eが1984年に登場しました。ライバルのフォルクスワーゲン ゴルフなどに倣って空力を考慮した思いっきり角の丸まったスタイルに変わりました。その為空気抵抗係数(Cd値 0.32)は他社より優れていたのですが、室内が狭く感じられたようです。ボディタイプは3/5ドアハッチバック、4ドア3ボックスセダンと3/5ドアワゴン(キャラバン)でした。内容的には先代同様で、エンジンも先代の4気筒1.2L/1.3L/1.6Lと4気筒1.6Lディーゼルが搭載されました。1985年のEU カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 1986年には4気筒1.8L(115HP)エンジン搭載の高性能版(最高速203km/h)のGSiが追加され、1988年にはオペル初の量産DOHC 4気筒2L(156HP)エンジン搭載のGSi 16Vも追加されました。1987年にはイタリアのベルトーネが製作する2ドアカブリオレも追加されました。1989年のマイナーチェンジでフロントグリル部分が小さくなり、エンジンが1.4L/1.8L/2Lに拡大されました。1991年のモデルチェンジで車名がアストラに変更され、カデットの名前は消滅しました。カデット Eの総生産台数は約370万台でした。

 

 

 ミニカーは1984年に発売されたガマの当時物です。角が丸められた空力ボディがうまく再現され、樹脂製バンパーが実車同様にリアルに仕上げられています。ウィンドーなどの透明プラスチックが薄い青色に着色されているのは当時のガマの特徴です。ドア/ハッチバックの開閉ギミック付です。ガマは3ボックスセダン、キャラバン、グリルが変更された後期型の3ドアハッチバック GSi、GSI コンバーチブルをモデル化していました。このようなバリエーション展開もこの当時のミニカーならではのことでした。当時物ミニカー以外では、ミニチャンプスの3ドアハッチバック、キャラバン、カブリオレ、ヘルパの5ドアハッチバックなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL KADETT E HATCHBACK GLS 1
OPEL KADETT E HATCHBACK GLS 2

 以下は1989年に発売されたガマ製のオペル カデット E GSI 1989 (1/43 型番1122)の画像です。上記のバリエーションでグリルが変更された後期型の高性能版GSIをモデル化しています。ドア/ハッチバックの開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL KADETT E GSI 1
OPEL KADETT E GSI 2

 以下は1989年に発売されたガマ製のオペル カデット E GSI ラリー仕様 (1/43 型番1120)の画像です。上記GSIのバリエーションでラリー仕様となっています。具体的にどのレース仕様のモデル化という訳ではないようです。なおLUKとは自動車部品メーカー LINTREX社のブランドで高性能なクラッチなどで知られているようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL KADETT E GSI RALLY 1
OPEL KADETT E GSI RALLY 2

 以下は1989年に発売されたガマ製のオペル カデット E コンバーチブル (1/43 型番1135)の画像です。これもカデット Eのバリエーションで、グリルが変更された後期型のコンバーチブル(正式な名前はカブリオレ)をモデル化しています。ベルトーネ製のカブリオレですが、ドイツ流の分厚い幌なので折り畳んでもかさばっています。オープンカーなので室内の造形が良く分かりますが、ボディを大幅に変更した為か、開閉ギミックを止めています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL KADETT E CABRIOLET 1
OPEL KADETT E CABRIOLET 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1200

   

 

OPEL OMEGA A 1986 GERMANY

OPEL OMEGA A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1130 1/43 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 177HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでオペル オメガのミニカー検索

 

オペル オメガ A ドイツ 1986

 

 オペル オメガ Aはレコード Eの後継車として1986年に登場しました。オペルの主力として先進技術を盛り込んで開発された後輪駆動車で、1987年EU カー オブ ザ イヤーを受賞しています。空力を考慮したデザインで、空気抵抗係数Cd値 0.28と優れていました。サスペンションは4輪独立方式、液晶表示メーターや車載自己診断システムなどの先進電子機器が採用されていました。ボディはセダンとキャラバン(ワゴン)がありました。当初のエンジンは4気筒1.8L/2LL、6気筒3L、4気筒2.3Lディーゼルがありました。

 

 1988年に足回りを強化した高性能版3000が設定され、1989年にはエンジンがDOHC化(204HP)されました。DTMレース用のエボリューション 500やロータスがチューンしたDOHC 6気筒3.6L(377HP)ツインターボエンジンを搭載するロータス オメガといった特注車もありました。1991年のマイナーチェンジで、カラードバンパーが採用され前後パネルの意匠が変わりました。イギリスではヴォクスホール カールトン(CARLTON)、ブラジルではシボレー オメガとしても販売されました。1994年にオメガ Bにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1987年に発売されたガマの当時物です。空力に優れたデザインの実車の雰囲気をうまく再現していて、当時のミニカーとして良く出来ていました。ただまだこの当時はドアミラーを再現していないので、今見るとそれに少し違和感があります。ドア開閉ギミック付です。ガマはリアスポイラーが付いた3000もモデル化していました。これ以外のオメガ Aのミニカーはミニチャンプスがエボリューション 500のストリート仕様/レース仕様を十数種類、バンガーズが3000、スパークがロータス オメガをモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL OMEGA A 1
OPEL OMEGA A 2

 以下は1988年に発売された上記ガマ製のバリエーション オペル オメガ A 3000 (1/43 型番1131)の画像です。高性能版3000のモデル化で、フロントグリルが変更されリアスポイラーが追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL OMEGA A 3000 1
OPEL OMEGA A 3000 2

 以下は1993年に発売されたミニチャンプス製の オメガ A 3000 エボリューション 500 ストリート (1/43 型番430004002)の画像です。ミニチャンプスの初期物で、DTMレース用のオメガ A 3000 エボリューション 500のストリート仕様をモデル化しています。ミニチャンプスらしいそつのない良い出来ばえです。左ドアミラーが欠品しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL OMEGA A 3000 EVOLUTION 1
OPEL OMEGA A 3000 EVOLUTION 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1203

   

OPEL SENATOR B 1987 GERMANY

OPEL SENATOR B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1133 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 177HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでセネター/モンザのミニカー検索

 

オペル セネター B ドイツ 1987

 

 オペル セネターの2代目セネター Bは1987年に登場しました。前年に登場したオメガ Aをベースにしてホイールベースを延長し居住性を向上させていました。ボディ形式は4ドアセダンのみで、キャラバン(ワゴン)が設定されていないのも最上級車ゆえでした。空力に優れたデザインの後輪駆動車ながら、ライバルの前輪駆動車アウディ 100よりも室内が広かったそうです。当初は6気筒2.5L/3Lエンジンを搭載していました。上級仕様のCDは豪華な内装で電子制御サスペンションやクルーズコントロールなどの先進機器を装備していました。

 

 1989年に3LエンジンがDOHC化(204HP)され、1990年に2.5Lは2.6Lに変わりました。イギリスではヴォクスホール セネターとしても販売されました。中身が実質的にはオメガ Aであったことから6気筒版のオメガ Aとユーザーがかぶり、販売はあまり振るわなかったようです。1994年にオメガ Bが登場した際に、オメガに統合されて最上級車セネターの名前は消えました。セネター Bの総生産台数は約7万台でした。 (この当時のオペルはやたらと車名が変わっていたのですが、車を売るのにはマイナス要因だったと思います)

 

 

 ミニカーは1988年に発売されたガマ製の当時物です。フロントグリル造形や滑らかなボディ造形など実車の雰囲気がうまく再現されていて良く出来ていました。同じガマ製のオメガ Aのミニカーと並べてみると、オメガ Aをベースにしていることがわかります。ドア/トランク開閉ギミック付です。実車の人気を反映しているのか、セネター Bの当時物ミニカーはこれしか無いようです。当時物以外のミニカーでもNEO(レジン製少量生産)とミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」のNo.58(イクソ ALTAYA製)でモデル化しているぐらいです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL SENATOR B 1
OPEL SENATOR B 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1199

   

OPEL VECTORA A 1988 GERMANY

OPEL VECTORA A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1161 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 115HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速198km/h
データーベースでオペル ベクトラのミニカー検索

 

オペル ベクトラ A ドイツ 1988

 

 1988年にオペル アスコナの後継車ベクトラ Aが登場しました。カデット Eと同じ空力を考慮した丸みのあるデザインを採用しさらに洗練されていました。(アウディ 80と同じ空気抵抗係数Cd値0.29でした) 前輪駆動車でボディ形式は4ドアセダンと5ドアハッチバックがありました。エンジンは4気筒1.4L/1.6L/1.8L/2L、DOHC 4気筒2L、4気筒1.7Lディーゼル(非過給/ターボ 日本のイスズ製)がありました。

 

 ベクトラ Aにはオペル初のフルタイム4WDシステム(プラネタリーギヤ+ビスカスカップリング方式)を搭載した4X4が設定されました。DOHCエンジン搭載車は後輪リアサスペンションがセミトレ式に変更されており、1992年にはターボ仕様が追加されました。1992年のマイナーチェンジで、フロントグリルやリアの意匠が変更され、V型6気筒2.5L(170HP)エンジンが追加されました。イギリスではボクスホール キャバリアとして販売されました。1995年にベクトラ Bにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1989年に発売されたガマ製の当時物です。フロントグリルやボディ全体の造形が実車の雰囲気をうまく再現していて良く出来ています。ガマはこの頃からそれまでの特徴であった薄い青に着色されたウインドーが未着色になり、ドアミラーが再現され、フロント周りの造形などがよりリアルになってきました。ドア/トランク開閉ギミック付です。ガマはバリエーションでハッチバックもモデル化しています。ライセンスの関係だと思いますが、ガマ以外の当時物ミニカーはありませんでした。当時物以外では、バンガーズのセダンがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とトランク開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL VECTOR A 1
OPEL VECTOR A 2

 以下は1989年に発売されたガマ製の当時物 オペル ベクトラ A ハッチバック (1/43 型番1162)の画像です。上記のバリエーションです。ドア/ハッチバック開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL VECTOR A HATCHBACK 1
OPEL VECTOR A HATCHBACK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1205

   

 

OPEL CALIBRA 1989 GERMANY

OPEL CALIBRA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1138 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 150HP 5段変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでオペル カリブラのミニカー検索

 

オペル カリブラ ドイツ 1989

 

 スペシャルティーカー オペル マンタの後継車として、カリブラが1989年に登場しました。基本設計はベクトラ Aをベースにしていました。細長いヘッドライトが特徴的な非常に流麗なデザインで、空気抵抗係数Cd値は0.26と非常に低かったです。(当時の量産車では最小でした) 見た目重視のデザインのように見えますが居住性は悪くなかったようです。エンジンはSOHC/DOHC 4気筒2L、前輪駆動車でビスカスカップリング方式のフルタイム4WDも選択できました。

 

 1991年にターボ仕様(204HP 最高速245km/h)、1994年にDOHC V型6気筒2.5L(170HP)エンジンが追加されました。このV型6気筒エンジン搭載車をベースにしたレースカーはDTMに参戦しています。ヴォクスホール(イギリス)、シボレー(南米)、ホールデン(オーストラリア)でもカリブラとして販売されました。1997年まで生産され総生産台数は約24万台で、結構人気があったようです。後継車はアストラ Gのクーペでした。

 

 

 ミニカーは1990年に発売されたガマの当時物です。実車の流麗なスタイルがうまく再現されていて良く出来ています。ドアとハッチバックが開閉するギミック付です。ガマは1/24サイズでもモデル化しています。ガマ以外のカリブラのミニカーはシュコー(ガマ製とよく似ているので同じ型かもしれません)、ヘルパの1/87、デルプラドの世界の名車シリーズ、ミニチャンプスではノーマルとDTM仕様が40車種ほどもあります。またドイツのミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」のNo.16(イクソ ALTAYA製)でもモデル化されています。 以下はフロントの拡大画像とハッチバック開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL CALIBRA 1
OPEL CALIBRA 2

 以下は2001年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズのオペル カリブラ 1995 (1/43 No.33)の画像です。メーカーは不詳ですが、プロポーションが良くこのシリーズのミニカーとしては良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL CALIBRA 1
OPEL CALIBRA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1208

   

OPEL ASTRA F SEDAN 1991 GERMANY

OPEL ASTRA F SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1002 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 115HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速207km/h
データーベースでオペル アストラのミニカー検索

 

オペル アストラ F セダン ドイツ 1991

 

 1991年にオペル カデット Eの後継車アストラ Fが登場しました。先代のカデットはヴォクスホール アストラの姉妹車だったのですが、この世代でアストラに名前を統一したわけです。この為アストラはカデット Eに続くタイプ Fからスタートしています。スタイルは洗練されたセンスの良いものとなり、狭いといわれた室内も改善されました。ボディ形式は4ドアセダン、3/5ドアハッチバック、キャラバン(ワゴン)、バンがありました。当初のエンジンは4気筒1.4L/1.6L/1.8L/2L、4気筒1.7Lディーゼルがありました。

 

 カデット時代から続く高性能版のGSiは、DOHC 4気筒2L(136HP)エンジンを搭載していました。1993年には先代のカデット同様にベルトーネ製のカブリオレが追加されました。1994年のマイナーチェンジで、グリル/ライト/バンパーの意匠が変更されました。GMグループの世界戦略車としてヴォクスホール(イギリス)、ホールデン(オーストラリア)、 シボレー(南米)などでも販売され、非常に多くのバリエーションがありました。全世界での総生産台数は約270万台と大成功しました。1998年にアストラ Gにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1992年に発売されたガマ製の当時物です。プロポーションが良く実車の雰囲気がうまく再現されています。このミニカーはガマからシュコーにブランドが移行する少し前の物ですが、この時点で塗装やフロントグリルの造形などの出来が後のシュコー ブランド並みにかなり良くなっています。ドア/トランクの開閉ギミック付です。ガマは3ドア、GSi、キャラバンもモデル化しています。ライセンスの関係でガマ以外のアストラ Fの当時物ミニカーは無いようです。当時物以外では、イクソのラリー仕様やリーツェのキャラバン 1/87などがあります。 以下はフロントの拡大画像とトランク開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL ASTRA F SEDAN 1
OPEL ASTRA F SEDAN 2

 以下は1991年に発売されたガマ製のオペル アストラ F 3ドア (1/43 型番1001)の画像です。上記のバリエーションで、ドア/ハッチバックの開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL ASTRA F HATCHBACK 1
OPEL ASTRA F HATCHBACK 2

 以下は1992年に発売されたガマ製のオペル アストラ F 3ドア GSI (1/43 型番1013)の画像です。上記のバリエーションで高性能版のGSIのモデル化です。フロントグリル/バンパーが変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL ASTRA F GSI 1
OPEL ASTRA F GSI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1201

   

OPEL FRONTERA A SPORT 1991 GERMANY

OPEL FRONTERA A SPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1003 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.21m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 115HP 5段変速 4WD
性能: 最高速158km/h
データーベースでオペル フロンテラのミニカー検索

 

オペル フロンテラ A スポーツ ドイツ 1991

 

 オペルのSUV(Sport Utility Vehicle:スポーツ用多目的車) フロンテラ A(初代)が1991年に登場しました。スポーツというサブネームのついた3ドアピックアップ(FRP製ハードトップ付)と、全長の長い(4.67m) 5ドアワゴンの2タイプがありました。スポーツには開閉可能なソフトトップを取り付けることでオープンカーにもなりました。駆動方式は4WDでエンジンは4気筒2L/2.4L、4気筒2.3Lターボ ディーゼル(100HP)を搭載していました。

 

 この車は日本のイスズのMU(ミュー)(3ドア)とMU(ミュー) ウィザード (5ドア)のライセンス生産で、GMグループのヴォクスホールやホールデン、シボレー(ブラジル)ブランドでも販売されていました。国内でもホンダにOEMで納入され、ジャズという名前で販売されました。(実車画像→ イスズ MU 1989) 1995年のマイナーチェンジで、内装やサスペンションが変更されました。1996年にはDOHC 4気筒2.2Lと、2.5Lターボ ディーゼルエンジンが追加されました。1998年に初代同様にイスズのライセンス生産である2代目のフロンテラ Bにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1992年に発売されたガマの当時物です。プロポーションが良く、この時代のミニカーとしてはよく出来ていました。ドア開閉ギミック付で、室内もそこそこ再現されています。ガマは全長の長い5ドアワゴンもモデル化していました。当時あまり人気のなかったSUV車はほとんどミニカー化されなかったので、ガマ以外のフロンテラ Aの当時物ミニカーはありません。当時ガマはオペルのミニカーを一手に引き受けていたようで、実車のプロモーション用としても使われたと思います。なおイスズ ミューも含めてフロンテラのミニカーは現時点(2020年)でもガマ製以外はありませんので、車種的には貴重であるといえます。なお欧州のミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」ではフロンテラ A ワゴンのポリス仕様と消防車仕様がモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL FRONTERA A SPORT 1
OPEL FRONTERA A SPORT 2

 以下は1992年に発売されたガマ製のオペル フロンテラ A 5ドア ワゴン (1/43 型番1004)の画像です。上記のバリエーション的なミニカーですが、ボディ後半は全くの別物で、全長の長い5ドア ワゴンをモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL FRONTERA A WAGON 1
OPEL FRONTERA A WAGON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1207

   

 

OPEL CORSA B 1993 GERMANY

OPEL CORSA B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 51005 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 60HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでオペル コルサのミニカー検索

 

オペル コルサ B ドイツ 1993

 

 1993年にオペル コルサは2代目コルサ Bにモデルチェンジしました。先代とは打って変わって曲面を多用した愛嬌のあるデザインに変わりました。(デザインは日本人デザイナーの児玉英雄氏) ボディ形式は3/5ドアハッチバックだけで、先代のようなセダンはありませんでした。当初のエンジンは4気筒1.2L(45HP)/1.4Lと4気筒1.5L(68HP)ターボディーゼルで、高性能版GSi(最高速192km/h)にはDOHC 4気筒1.6L(109HP)エンジンが搭載されました。

 

 1997年にエンジンが新開発の3気筒12バルブ1L(45HP)とそれの4気筒版16バルブ1.2L(65HP)と4気筒1.7L(60HP)ディーゼルに切り替わりました。1997年のマイナーチェンジでフロント/リア/サイドモールディングの意匠が変わりました。GMグループのヴォクスホールではコルサ、日本ではトヨタでコルサという名前が既に使われていたのでヴィータ(VITA)として発売されました。2000年にコルサ Cにモデルチェンジしました。(実車画像→ オペル コルサ C 2000)

 

 

 ミニカーは1994年に発売されたガマの当時物です。ガマが自社ブランドをシュコーブランドに変えつつあった時期に作られたミニカーで、シュコー流のシャープな良い出来ばえになっています。ドアが開閉するギミック付です。ガマは5ドアもモデル化していました。当時このミニカーは実車販促プロモーション用にも使われたと思われるので、ライセンスの関係で当時物ミニカーはガマ製しか無いようです。当時物以外でも一般量産品ではヘルパの1/87ぐらいしかありません。なおドイツのミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」でコルサ AとBをモデル化しているのを見つけました。(たぶんイクソ製です) このミニカー付雑誌のシリーズにはコルサ以外にも面白い車種があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL CORSA B 1
OPEL CORSA B 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1198

   

OPEL OMEGA B MV6 1994 GERMANY

OPEL OMEGA B MV6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4023 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.79m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 210HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速243km/h
データーベースでオペル オメガのミニカー検索

 

オペル オメガ B MV6 ドイツ 1994

 

 オペル オメガの2代目オメガ Bが1994年に登場しました。先代よりもさらに空力的に洗練されたデザインとなっていました。上級車のセネターと統合されオペルの最上級車となったので、ボディは大きくなりました。ボディ形式はセダンとキャラバン(ワゴン)がありました。当初のエンジンは4気筒2L(DOHC版は136HP)、新型のDOHC V型6気筒2.5L/3L、6気筒2.5Lターボ ディーゼルがありました。

 

 1999年の大幅なマイナーチェンジで、フロントグリル、バンパー、リアライト、内装などの意匠が変更され最上級車らしさが増しました。4気筒は2.2Lに変わり、2001年に6気筒も2.6L/3.2Lに、ディーゼルもBMW製に変わりました。イギリスではヴォクスホール カールトン、アメリカではキャディラックの小型版のカテラ(CATERA)としても販売されました。オメガ Bの販売は芳しくなく、2003年に生産中止となり、オペルはこのクラスの市場から撤退しました。(実車画像→ GM キャディラック カテラ 1997)

 

 

 ミニカーは1995年に発売されたシュコーの当時物です。オメガ Bの最上級仕様 MV6をモデル化しています。このミニカーが発売された頃にブランドがガマからシュコーに変わりました。プロポーションが良くフロントグリルの雰囲気などもうまく再現出来ていて、当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえでした。ただガマ ブランドの頃には付いていたドア開閉ギミックはなくなりました。シュコーはキャラバン、レース仕様のV8 スターもモデル化していました。ライセンスの関係だと思いますが、シュコー以外のオメガ Bのミニカーはヘルパの1/87ぐらいしかありません。なおコルサ Bの解説でも記載しましたが、オメガ Bはドイツのミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」のNo.29でモデル化されています。(たぶんイクソ製です)  以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL OMEGA B MV6 1
OPEL OMEGA B MV6 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1204

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »