ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 1955 GERMANY

MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 51008 1/43 67㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.82m 全幅約1.25m
エンジン 変速機: 2サイクル単気筒 191cc 10HP 4段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースでメッサーシュミット (自動車)のミニカー検索

 

メッサーシュミット カビネンローラー KR200 ドイツ 1955

 

 ドイツの航空機メーカー メッサーシュミット社は第2次大戦後に航空機の製造が禁止された為、同社の技術者であったフリッツ フェンド(Fritz Fend)が設計した超小型車を製造することにしました。敗戦後のドイツには、BMW イセッタゴッゴモビルなどの超小型車が登場しましたが、このメッサーシュミット KR200 カビネンローラーもその仲間でした。なおカビネンローラーとは「キャビンのついたスクーター」という意味です。

 

 KR200はまるで戦闘機のように開閉するキャノピーを持った前後タンデム2人乗りの後輪駆動3輪車で、小さなタイヤは戦闘機の後輪を流用したといわれています。エンジンは空冷2サイクル単気筒191cc(10HP)で、約240Kgの軽量ボディ故、最高速90km/hが可能だったようです。(こんな車に乗って90km/hで走ると怖いと思いますが) 画像の幌仕様以外に透明プレクシグラス製ハードトップ仕様と屋根のないスポーツ仕様のロードスター(KR201)もありました。

 

 

 1956年に航空機の製造が許可されたメッサーシュミット社は、KR200の製造をフリッツ フェンドが設立したFMR社(Fahrzeug Maschinenbau GmbH Regensburg:リーゲンスブルグ車両製作有限会社)に引き継ぎました。ただその後もKR200はメッサーシュミットの名前のままで生産されました。FMR社は1958年にKR200をベースにして、エンジンを500㏄(19.5HP)に拡大し車幅を少し広げて後輪を2輪に変更した高性能版(最高速130km/h)のFMR KT500 (当初はタイガーという名前でした)を登場させました。戦後しばらくして経済が復興すると、この類の超小型車は魅力がなくなり次第に売れなくなり、1964年にKR200は生産中止となりました。KR200/KR201の総生産台数は約4.2万台、TG500は約300台でした。

 ミニカーは1994年頃に発売されたドイツのガマ製です。実車が小さいので全長67㎜のずいぶんかわいいミニカーですが、小さいながらも凝ったつくりになっています。キャノピーが開閉し室内のバイクのようなバーハンドルや小さなタイヤなどがしっかり作り込まれています。ガマはハードトップ仕様やTG500もモデル化しています。ガマ以外ではキラルの当時物の1/35、ビテスのKR200/TG500、ブッシュの1/87、シュコーの1/18、オックスフォードの1/76と1/18などがあります。 以下はガマのKR200のフロント/リアの拡大画像と俯瞰/キャビンを開いた室内の画像です。正面中央に付いている3文字のロゴはFMR社のロゴです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 1
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 2

 以下はガマのバリエーションでハードトップ仕様のKR200(1/43 型番51007)の画像です。上述したKR200とほぼ同じで、透明のハードトップを取付けています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 3
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 4

 以下は1992年に発売されたビテスのKR200(1/43 型番680)の画像です。このKR200の正面中央に付いているロゴはメッサーシュミット社のロゴです。なおサンスター傘下となったビテスは2010年頃にこのKR200を少しリファインして再生産しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 5
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 6

 以下は1992年に発売されたビテスのTG500 タイガー(1/43 型番684)の画像です。TG500では正面中央に付いているロゴがメッサーシュミットではなくFMRの3文字のロゴに変わっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MESSERSCHMITT   
 TIGER TG500 1
MESSERSCHMITT TIGER TG500 2

 以下はキラル(QUIRALU)の当時物のKR200(1/35 型番無し)の画像です。キラルは1950年代のフランスのメーカーでオリジナルは1958年に発売されました。これは1990年頃に発売された復刻版で、オリジナルではありません。50年も昔のビンテージ物のミニカーながらプロポーションはしっかりしていて良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 7
MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=546

   

BORGWARD ISABELLA 1954 GERMANY

BORGWARD ISABELLA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SE MODEL  1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでボルグワルドのミニカー検索

 

ボルグワルド イザベラ ドイツ 1954

 

 カール ボルグワルドが1920年に設立したボルグワルド社は、ハンザ(HANSA) ロイト(LLOYD)社、ゴリアート(GOLIATH)社などを合併し、ハンザ、ロイト、ゴリアートを生産するボルグワルド グループを戦前に作り上げました。第二次世界大戦中は軍用トラックや爆薬運搬車(ゴリアート)などを製造していました。

 

 1949年には戦後型のボルグワルド ハンザ1500が登場しました。フラッシュサーフェスの最新デザインを採用したボディは当時としては斬新でした。1954年にはボルグワルドとしてもっとも有名な車イザベラが登場しました。モノコックボディに全輪独立懸架を持つ進歩的な車で、4気筒1.5L(60HP)エンジンを搭載し、最高速は135km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーはフランスのSE MODELというブランドの物です。作風や箱が最近のソリドに似ているのでソリドに関係するメーカーのようです。プロポーションがしっかりしていてなかなかの出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=548

   

 

BORGWARD ISABELLA COUPE TS 1954 GERMANY

BORGWARD ISABELLA COUPE TS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (FR) 549 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 75HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでボルグワルドのミニカー検索

 

ボルグワルド イザベラ クーペ TS ドイツ 1954

 

 イザベラにはクーペ、カブリオレ、ワゴンが追加され、また高性能版(75HP)のエンジンが搭載されるなどして、フォルクスワーゲンやオペルよりも高級な乗用車として人気があったそうです。1954年頃からレースに参入し、1955年のミッレ ミリアでクラス優勝するなどある程度の成果を上げました。

 

 さらに1955年には6気筒2.3Lエンジンを搭載する高級車ハンザ 2400まで登場させました。しかしボルグワルド車の躍進もここまでで、主力のイザベラが旧態化すると販売不振で資金繰りが悪化し、高級車路線も成功せず1961年に倒産しました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で高性能版クーペTSのモデルです。フォルクスワーゲンのカルマン ギア クーペのような古典的なスポーツカースタイルで当時はかっこよかったのでしょう。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=549

   

LLOYD 600 ALEXANDER TS 1958 GERMANY

LLOYD 600 ALEXANDER TS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 2202 1/43 78mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.36m 全幅約1.41m
エンジン 変速機: 2気筒 596cc 25HP 4段変速
性能: 最高速107km/h
データーベースでロイトのミニカー検索

 

ロイト 600 アレクサンダー TS ドイツ 1958

 

 ロイトは1906年に設立されたドイツの自動車会社で、1914年にハンザ社と合併しハンザ ロイトとなり、1929年からはボルグワルド社の傘下となっています。ロイトの車としてよく知られているのは第二次大戦後の1950年から発売された超小型の前輪駆動車です。空冷2気筒293ccエンジン(10HP)を搭載した全長3.2mの300というモデルは、当時の社会情勢に見合った車だったのでよく売れたそうです。

 

 その後1953年に2気筒386㏄(13HP)エンジン搭載の400、1956年に2気筒250cc(11HP)エンジン搭載のの250、1955年に2気筒596㏄(19HP)エンジン搭載の600が登場しました。600は4人乗り2ドアセダンで、3段変速で最高速97km/hの性能でした。1957年に600に上級車の600 アレクサンダーが設定されました。外観はほとんど同じですがリアにトランクリッドが追加され、4段変速仕様になっていました。1958年にはエンジンを25HPにパワーアップしたアレクサンダー TSが追加されました。(アレクサンダー TSはフロントグリルが少し変更されて差別化されていました) 600は1961年まで生産され、総生産台数は約18万台でした。

 1959年には全長3.8mで4気筒897cc(38HP)エンジンを搭載した小型車アラベラが発売されました。親会社のボルグワルド社は1961年に倒産しましたが、アラベラは在庫部品で1963年まで生産されたそうです。

 

 

 ミニカーはシュコー製で1995年に発売されました。一番高性能なアレクサンダー TSをモデル化しています。同じシュコー製のゴッゴモビルと同様に小さいながらも良くできてます。全体のスタイルは普通の自動車のような形をしていますが、ボディが小さい分やたらにタイヤが大きく見えます。(ミニカー自体もタイヤが少し大き目でややアンバランスな感じがします) 前開きのドアが開閉でき室内がそこそこ再現されています。フロントウインドウの右隅に小さなミラーが付いていますが、これはミニカーの箱に添付されていて自分で取り付けるものです。(取付けは結構面倒です) これ以外のロイトのミニカーはテクノの当時物、ジク(SIKU)の当時物、最近の物ではネオ(レジン製)の300/600バン/アラベラ、BUBの600 バンなどがあります 以下はフロント/リアの拡大画像とドアを開いた室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LLOYD 600 1
LLOYD 600 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=550

   

 

GLAS GOGGOMOBIL T250 1955 GERMANY

GLAS GOGGOMOBIL T250 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 2073 1/43 65㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.9m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2ストローク2気筒 247cc、14HP 4段変速
性能: 最高速72km/h
データーベースでゴッゴモビルのミニカー検索

 

グラース ゴッゴモビル T250 ドイツ 1955

 

 1895年に創立したドイツの老舗農機具メー カーであったグラース社は、第2次大戦後にスクーター市場に進出しました。1951年にイタリアのピアッジオ社のベスパによく似た125㏄エンジンを搭載したゴッゴローラーという名前のスクーターを開発し販売しました。このゴッゴという名前は創立者ハンス グラースの孫の愛称にちなんだものでした。

 スクーターがヒットしたことで、1955年にゴッゴモビルという名前の超小型車を開発し4輪車市場に進出しました。ゴッゴモビル T250はリアに空冷2ストローク2気筒247cc 14HPエンジンを搭載した超小型の4座セダンでした。ゴッゴモビルには296㏄エンジンのT300、385㏄エンジンのT400、クーペのTS、商用バンのトランスポーターのバリエーションがありました。1957年には600㏄/700ccエンジンを搭載した少し大きなサイズのゴッゴモビル T600/T700(イザール ISARD)が追加されました。当時のドイツには似たような超小型車(メッサーシュミットロイトなど)がありましたが、ゴッゴモビルはオーソドックスな設計で実用性が高く成功を収めました。1969年まで生産され、総生産台数は約28万台でした。

 

 さらに1962年には4気筒1Lエンジンを搭載したグラース 1004を開発し本格的な乗用車市場へも進出しました。この車はイタリアのピエトロ フルアによるセンスの良いデザインでした。その後もグラースの上級指向は続き、BMWクラスの中級車にまで進出しますが、さすがにそのクラスでは苦戦が続きました。1965年にはメルセデス ベンツに肩を並べる高性能GTカーの2600 V8(V型8気筒2.6Lエンジン搭載)まで発表しますが、これが最後の花となり、結局経営が行き詰まり1966年にBMWに吸収合併されました。

 

 

 ミニカーは1995年に発売されたシュコー製です。実車の雰囲気が良く再現された良い出来ばえで、小さいながらも非常に凝った作りとなっています。前開きのドアが開閉でき室内がそこそこ再現され、リアのフードを開くと簡単な造形ですがエンジンも付いています。 小さなドアミラーが付いていますが、これはミニカーの箱に添付されていて自分で取り付けるものです。これ以外のゴッゴモビルのミニカーはジク(SIKU)の当時物の1/60のセダンとクーペ、最近の物ではブレキナの1/87、BUB プレミアムクラシックスのセダン/カブリオレ/バン(トランスポーター)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とドアを開いた室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GLAS GOGGOMOBILE T250 1
GLAS GOGGOMOBILE T250 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=506

   

NSU PRINZ IV 1961 GERMANY

NSU PRINZ IV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 9630 1/46 76㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 2気筒 598cc  30HP 4段変速
性能: 最高速122km/h
データーベースでNSU プリンツのミニカー検索

 

NSU (エヌ エス ウー) プリンツ IV ドイツ 1961

 

 NSU (エヌ エス ウー)社のNSUとは、所在地のNeckarsulm(ネッカーズルム)に因んだ名前で、20世紀初頭から小型車を生産していました。第二次大戦前にはオートバイ製造に軸足を移し、軍用の無限軌道オートバイとして有名なケッテンクラートはNSU社の製品でした。戦後の1958年に自動車製造を再開し、プリンツ Iを発表しました。プリンツ Iは空冷2気筒583cc (20HP)エンジンをリアに搭載した全長3m程の4座席の小型車でした。

 

 プリンツ Iは1959年にシンクロメッシュギアボックスを採用してプリンツ IIとなり、1960年にはエンジンを30HPにパワーアップしてプリンツ IIIとなりました。1961年にやや大きなボディに空冷2気筒598cc (30HP)エンジンを搭載したプリンツ IVに発展しました。プリンツ IVは小型車ながらコイルスプリングの全輪独立懸架サスペンションで走行性に優れていて、かなり人気があったようです。上級車としてボディを大型化し4気筒1Lエンジんを搭載した1000が1964年に追加されました。

 

 

 ミニカーは1964年に発売されたドイツのガマの当時物です。実車が小さいうえに縮尺が1/46なのでずいぶん小さなミニカーです。ビンテージ物のミニカーですので素朴な出来ですが、プロポーションは正確にできています。こんなミニカーでも屋根がスライドするギミックが付いているのが当時のミニカーらしいところです。 NSU プリンツの当時物ミニカーはジク(SIKU)、ソリド、スポットオンがありました。最近の物ではノレブ、ブッシュの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と屋根が開くギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NSU PRINZ 4 1
NSU PRINZ 4 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=531

   

 

ページ  « 前へ 1...32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  ...48 次へ »