ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

LANCIA LYBRA 1999 ITALY

LANCIA LYBRA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1555 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC 5気筒 2L 154HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでランチア デドラ/リブラのミニカー検索

 

ランチア リブラ イタリア 1999

 

 1989年にランチア デルタのセダンタイプであるプリズマの後継車としてデドラ(DEDRA)が登場しました。テーマと同じような雰囲気のデザインで、4ドアセダンと5ドアステーションワゴンがありました。フィアット グループのアルファ ロメオ 155とシャーシを共有する横置きエンジン前輪駆動車で、エンジンは4気筒1.6L、DOHC 4気筒1.8L/1.8Lターボ、4気筒1.9Lディーゼルがありました。1999年まで生産されました。(実車画像→ ランチア デドラ 1989)

 

 デドラの後継車として1999年にリブラが登場しました。1998年に発表されたノスタルジックな雰囲気のコンセプトカー ディアロゴスを下敷きにした独特のデザインでした。シャーシは大ヒットしたアルファ ロメオ 156を流用していましたが、サスペンションは専用設計の4輪独立でした。内装などは高級車ランチアのブランドイメージに沿った上品なものだったようです。ボディは4ドアセダンと5ドアステーションワゴン エンジンはDOHC4気筒1.6L(103HP)/1.8L、5気筒2L、4気筒1.9L/5気筒2.4L(134HP)ターボディーゼルなどがありました。 2000年にDOHC 5気筒2.4L(170HP)エンジンを搭載した高性能版プロテクタが追加されました。リブラはランチアの自信作だったようですが、期待したほどは売れなかったようです。2005年に生産中止となり一代限りの車でした。

 

 

 この時期のイタリア車はミニカー化されている車種が少なく、ランチア デドラのミニカーは2014年頃になってやっと「ランチア ストーリー コレクション」の No.27でワゴンがモデル化されました。リブラのミニカーは2000年に発売されたソリドの当時物です。この時期のソリドの型番1500番台のミニカーは手ごろな値段(定価約2000円)ながら、レベルの高い出来ばえの物が多かったです。これもその一台で、プロポーションが良く室内などの細部も値段以上のリアルな仕上がりでかなり良く出来ています。これ以外のリブレのミニカーは出来ばえが今一つのように思われるマジョレットの1/43ぐらいしかないので、ソリドのリブレは車種的に貴重です。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LANCIA LYBRA 1
LANCIA LYBRA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1280

   

LANCIA THESIS 2001 ITALY

LANCIA THESIS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV  1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.89m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 215HP 
 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速234km/h
データーベースでランチア カッパ/テージスのミニカー検索

 

ランチア テージス イタリア 2001

 

 2001年にランチア カッパの後継車としてテージスが登場しました。販売不振だったカッパとは少し違う雰囲気の車に変わりました。独特のフロントは1998年に発表されたコンセプトカー ディアロゴスのデザインがそのまま使われていました。このデザインは1950年代の名車アウレリアあたりをモチーフにしたノスタルジックな物でしたが、個人的にはあまり高級な感じがしません。ボディは4ドアセダンのみで横置きエンジンの前輪駆動車、ダンパー制御機能付サスペンションを採用したシャーシは専用で開発されました。エンジンはDOHC 5気筒2.4L/2Lターボ(185HP)、DOHC V型6気筒3L(215HP)、5気筒2.4L(150HP)ターボディーゼルが搭載されました。(DOHC V型6気筒3L(230HP)が後に追加された)

 

 ランチアの最高級車として上質な内装仕上げで、レーザーで先行車を検出するクルーズコントロールなどの先進機器を装備していました。イタリアでは政府の公用車として採用され、全長5.5mほどにホイールベースを延長したストレッチリムジンが大統領専用車やローマ教皇専用車として使われました。一般受けしないデザインの為か、テージスはカッパよりも販売が低調で、2009年に生産中止となりました。(後継車は2011年に登場したテーマ 2代目)

 

 

 ミニカーは2010年に入手したノレブ製です。イタリアのミニカー付雑誌「ランチア ストーリー コレクション」 No.13用として作られた物の色違いのようです。(私はWEBオークションで入手しました) ミニカーの出来ばえは雑誌に付くミニカーとして標準的なものです。ノレブはカタログモデルとして型番780001でも発売しており、そちらは室内が彩色されるなど仕上げが良くなっています。テージスの量産ミニカーは現時点(2020年)でこのノレブ製だけしかないようで、実車同様にミニカーでも人気が無いようです。  以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LANCIA THESIS 1
LANCIA THESIS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1315

   

 

LANCIA DELTA III 2008 ITALY

LANCIA DELTA III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MONDO MOTORS 53112 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L ターボ 150HP 6段変速/6自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでランチア デルタのミニカー検索

 

ランチア デルタ III イタリア 2008

 

 デルタの2代目が1993年に登場しました。初代のデザインを踏襲した3/5ドアハッチバックスタイルで、フロントがカッパと同じような顔つきになっています。初代デルタのセダン仕様だったプリズマの後継車デドラ(1989年)とシャーシを共有する横置きエンジンの前輪駆動車で、エンジンは先代とほぼ同じでした。初代デルタの高性能版インテグラーレが1995年まで併売されていたので、デルタ2代目はその陰に隠れて目立たない存在の車でした。1999年に生産中止となりました。

 

 デルタの3代目が2008年に登場しました。コンセプトカー ディアロゴスから始まったランチアの新しい顔が、高級車らしい雰囲気に発展しました。この上品な感じのするクーペスタイルの5ドアハッチバックは良いデザインだと思います。従来のデルタよりボディはかなり大きくなり、車の性格は高級セダン志向に変わりました。先代と同じ横置きエンジンの前輪駆動車で、エンジンは当初は4気筒1.4L/(120-150HP)ターボと4気筒1.6L(120HP)ターボディーゼルで、後に1.8L(200HP)ターボと1.9L/2Lターボ ディーゼルなどが追加されました。

 

 

 内装は本革シートなど豪華で、電動パワステによる車線維持システムや縦列駐車の支援システムなど先進的な装置も充実していました。2011年のマイナーチェンジでフロントグリルがクライスラー風のグリルに変更されました。2011年以降にイギリスではクライスラー デルタとして販売されました。2014年に生産中止となりましたが、後継車は今のところ出ていません。

 ミニカーはイタリアのモンドモータース製で、2009年に発売されました。モンド モータースはイタリアの玩具メーカーのブランドで、2006年頃から比較的安価な1/43、1/24。1/18のダイキャスト製ミニカーを発売しています。このデルタも定価約1000円と安価ですが、プロポーションが良くカラーリングがきれいで、値段を考えるとお買い得のミニカーです。(もちろん内装などは省略されてますが) デルタ 3代目のこれ以外のミニカーはノレブしかありません。なおデルタ 2代目は量産ミニカーがありません(少量生産のレジン製がありますが)、実車の人気がなかったからでしょう。以下はフロントとリアの拡大画像です。

LANCIA DELTA III 1
LANCIA DELTA III 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1538

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3