ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

JAGUAR MK II 3.8 1960 UK

JAGUAR MK II 3.8 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 072D 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 220HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速201km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー MK II 3.8 イギリス 1960

 

 1959年にMK Iの改良版MK IIが登場しました。外観はほとんど同じですが、窓枠部分が細くなりウインドー面積が広がり開放的で近代的なキャビンとなりました。またMK IXに搭載されていた6気筒3.8Lエンジン(220HP)が追加され、リアトレッドの拡大などで操縦安定性が改良されました。パワーステアリングや3速自動変速機の設定もありました。

 1960年にジャガーは業績の悪化したディムラーを吸収合併しました。1962年にはMK IIのフロントグリルなどを変え内装を豪華にしたディムラー版の2.5 V8 サルーンが登場しました。ディムラー版はディムラー製のV型8気筒2.5L(140HP)エンジンを搭載し、自動変速機仕様のみで最高速183km/hの性能でした。1963年にはMK IIの発展型のSタイプが登場しました。

 

 1960年代中頃になると売り上げが低迷したため、値段を下げるべく1967年にコストダウンを主体としたモデルチェンジが行われました。このモデルチェンジでMK IIは3.8Lエンジンが外されて名前が240/340に変わり、ディムラー版は250に変わり、1969年まで生産されました。MK IIと240/340の総生産台数は約9万台でした。1968年に実質的な後継車であるXJ6が登場しました。

 

 

 ミニカーは1996年頃に発売されたビテス製です。プロポーションが良く、室内やフロントのジャガーのマスコットなど細かいところも良く再現されていて、かなり良い出来ばえです。ビテスはバリエーションとして3.4、ラリー仕様、ディムラー版の2.5 V8もモデル化していました。MK IIの当時物ミニカーはディンキー(英)、マッチボックスがありました。最近の物では、コーギー、マイスト、ミニチャンプス、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR MK II 1
JAGUAR MK II 2

 以下は1996年頃に発売された同じビテス製のMK II 3.4 1960 (1/43 型番072B)の画像です。アンテナがなくなりフェンダーミラーが追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 3
JAGUAR MK II 4

 以下は2000年頃に発売されたマイスト製のMK II 3.8 (1/43 型番31503G)の画像です。マイストのミニカーは1/18が主流ですが、数種類ほど1/43を販売していました。全体的にやや大げさに丸みが付いたデフォルメがされています。室内のメータ類がそこそこ良く再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 5
JAGUAR MK II 6

 以下は1989年頃に発売されたコーギー製のMK II 3.4 1959 (1/43 型番D700/5)の画像です。マニア向けに古いイギリス車などをモデル化したクラシックカー シリーズの1台です。コーギーらしい作風で、そこそこ良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 7
JAGUAR MK II 8

 以下は2015年頃に発売された国産名車コレクション製のMK II 1960 (1/43 No.250B)の画像です。メーカーはイクソで、イクソのカタログモデルの廉価版で、雑誌付きミニカーとしては結構良く出来ています。ただオーバーサイズで再現されたジャガーのマスコットが少し目立ちすぎです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 9
JAGUAR MK II 10

 ディムラー版 MK IIのミニカー →データーベースでディムラー 2.5 V8のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=804

   

JAGUAR MK X 1961 UK

JAGUAR MK X 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 2700000 1/43 119mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.1m 全幅約1.94m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 255HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速196km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー MK X イギリス 1961

 

 MK IXの後継車としてMK Xが1961年に登場しました。主要な市場であったアメリカの要望を受け、ボディは全長5.1m 全幅1.94mにまで大型化されました。車高は1.38mと低められたので、幅広く低い堂々たるスタイルになりました。丸型4灯式ヘッドライトを採用した独特のフロントはイギリス車らしいエレガントなデザインで、このスタイルはその後のジャガーの基本となりました。サスペンションには4輪独立懸架が採用され、MK IXの3.8L(255HP)エンジンを継承し、4速マニュアルか3速自動変速機仕様で、最高速196km/hの性能でした。

 

  1964年にはエンジンが4.2L(288HP)に拡大され、1966年にはフロントグリルが2分割風に少し変更されて車名が420Gに変わりました。420Gにはホイールベースを延長したリムジーンが追加され、これをベースにして1968年にはディムラー DS420が登場しています。なお前述したMK IIの発展型のSタイプのフロントをMK Xと同じようなデザインにしたモデルが420と言う名前で1966年に登場していますが、これと420Gは全くの別物です。1968年に後継車であるXJ6が登場し、420Gは1970年に生産中止となりました。MK Xと420Gの総生産台数は約24000台でした。

 

 

 ミニカーは2000年頃に発売されたノレブ製です。ノレブは1965年にMK Xの当時物ミニカー(プラスチック製 型番19)を発売していました。以下の画像はその当時物ミニカーの画像ですが、プラスチックの経年劣化でかなり派手に弓なりに変形してます。ノレブは初期に製造していたプラスチック製ミニカーの型を流用して、塗装や仕上げなどをリファインした物を作っていますが、このMK Xもその一つです。

 このMK Xはオリジナルの型をかなり大幅に変更して、ボディの塗装や細部の仕上げに手を掛けることで、元のプラスチック製とは別物のように見える良い出来ばえのミニカーに仕上がっています。さらにサイドウインドーが上下できるギミックを追加しています。(画像のマウスオーバー又はタップで新旧の2台を並べた画像に変わります) なおこのリファイン版もプラスチック製なのですが、経年変化が小さいABS樹脂を使っているようなので18年経過した現在でも目に見える変形はありません。
JAGUAR MK X 2

 以下はリファイン版のフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。画像はサイドウインドーを下げた状態で、左右の4枚を上下にスライドさせることができます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR MK X 1
JAGUAR MK X 2

 以下は1962年に発売されたディンキー(英)の当時物のMK X (1/46 型番142)の画像です。1960年代のビンテージミニカーですから素朴な作りです。トランクの開閉ギミック付で、トランク内にはおまけの旅行鞄が収まっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK X 3
JAGUAR MK X 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=805

   

 

JAGUAR E TYPE 1961 UK

JAGUAR E TYPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 3016 1/18 255mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 265HP 4段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでジャガー E タイプのミニカー検索

 

ジャガー E タイプ イギリス 1961

 

  XKシリーズの後継車として1961年に登場した2シーターのスポーツカーがE タイプでした。当時ジャガーはC タイプD タイプがレースで活躍していたので、その関連でE タイプと名付けられました。ロングノーズ/ショートデッキのスポーツカーのお手本のようなボディは実にかっこいいです。(現代的な感覚では無駄が多いですが) エンジンはMK II 3.8と同じDOHC 6気筒3.8L(265HP)を搭載し、4輪独立懸架サスペンション、4輪ディスクブレーキ、4段変速で最高速は240km/hと高性能でした。

 

 当初はオープンのロードスターとクーペの2タイプでした。ロングノーズの華麗なデザインで高性能ながら安価であったE タイプは人気を博し、アメリカなどで大ヒットしました。ただ初期のE タイプはスポーツカーとしては良かったのですが、フルシンクロではない変速機、居住性が悪いバケットシート、内装に使われた高級感がないアルミパネルなどが不評でした。1964年のマイナーチェンジで、エンジンが4.2Lに拡大されトルクがアップし、変速機がフルシンクロ化され、ブレーキが改良され、問題のあったシートなどの内装も見直されました。 続きは→E タイプ 2+2

 

 

 人気の高いE タイプのミニカーはたくさんあります。最初に紹介するのは1986年頃に発売されたBブラーゴ製の1/18です。Bブラーゴは1976年に登場した大スケールミニカーの先駆メーカーで、同社の標準は1/24だったのですが、これはダイヤモンドシリーズと称する1/18で、1/24よりも仕上げレベルを上げたものでした。左ハンドルですので、輸出仕様の初期型をモデル化しています。ボンネット/ドア/トランクが開閉し、エンジン/サスペンションや室内などが再現されています。特にアルミパネルのセンターパネルやメーターパネルなどの内装はよく再現されています。 以下はフロント/リアの拡大画像とドアを開いた室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR E TYPE 1
JAGUAR E TYPE 2

 以下はボンネットを開いたエンジンルームの画像と底板部分のエンジン/変速機/サスペンションの画像です。ボンネットは後部下側に固定用のバンドが付いていて、このロックを外して開くのですが、実車のロックはこのような方式ではありません。前輪は操舵可能で、ステアリングホイールと連動しています。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 3
JAGUAR E TYPE 4

 E タイプの当時物としてはディンキー、コーギー、マッチボックス、スポットオン、テクノ、ノレブなどがありました。当時物ではないですが古いものでは、ポリトーイ、Bブラーゴ、エリゴール、ボックス モデル、ベスト モデルなどがあり、最近の物では京商、オートアート、シュコー、イクソ、オックスフォードなど非常にたくさんあります。 以下は1961年頃に発売されたテクノの当時物のE タイプ (1/43 型番927)の画像です。テクノのミニカーは簡単に分解/組立てができる構造となっているものが多いのですが、これもそれが可能です。その為金属製パーツが多く頑丈にできています。ボンネット/ドア/トランク開閉のフルギミックでさらに前輪操舵も可能となっています。ギミックがてんこ盛りの上にプロポーションが良く、エンジン/室内などの細部も良く再現されていて当時物ミニカーとして一級品の素晴らしい出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 5
JAGUAR E TYPE 6

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームとリアの拡大画像です。 。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 7
JAGUAR E TYPE 8

 以下は1990年頃に発売されたボックス モデルのE タイプ (1/43 型番8460)の画像です。少し前のミニカーでギミックはありませんが、実車の雰囲気が良く再現されていると思います。なおワイパーが3連式になっていることはこのミニカーで知りました。ボックス モデルはクーペやレース仕様など数種類をモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 9
JAGUAR E TYPE 10

 以下は2001年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズののE タイプ (1/43 No.1)の画像です。世界の名車シリーズの創刊号のミニカーでしたので、このシリーズの中でも結構良い出来ばえのミニカーに仕上がっていると思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 11
JAGUAR E TYPE 12

 以下は1986年に発売されたエリゴールのE タイプ (1/43 型番1152)の画像です。ヘッドライトが黄色なので、フランス仕様をモデル化しています。エリゴールのミニカーはノレブのプラスチック製ミニカーの型を流用したものが多いので、これもノレブの型を流用した物と思ってそのように記載しました。ところがこれは同じフランスのMINIALUXE製のE タイプを流用したものだというご指摘をこの記事を見た方から掲示板経由でいただきました。書籍とWEB上の画像でこれと同じ仕様のMINIALUXE製のロードスター(型番S-15)があることが分かりましたので、これはMINIALUXE製の型を流用しているようです。エリゴールはクーペ(型番1153)もモデル化していて、そちらは同じMINIALUXE製のクーペ(型番S-16)を流用しているようです。ボンネット/トランク開閉のギミック付で、当時物ミニカーとしては良く出来ています。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 11
JAGUAR E TYPE 12

 以下は1990年に発売されたマッチボックス ディンキーのE タイプ (1/43 型番DY18)の画像です。マッチボックス傘下で一時的に復活したディンキー ブランドがマニア向けに作ったディンキー コレクション シリーズの1つです。右ハンドル仕様でディンキーの復刻版的なミニカーだと思いますが、そこそこ良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 13
JAGUAR E TYPE 14

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=806

   

JAGUAR E TYPE 2+2 1966 UK

JAGUAR E TYPE 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 335 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4.2L 265HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでジャガー E タイプのミニカー検索

 

ジャガー E タイプ 2+2 イギリス 1966

 

 ジャガー E タイプには1966年にホイールベースを延長しルーフラインを変更して+2座を確保した2+2が追加されました。このホイールベースの延長により3段自動変速機が搭載できるようになり、居住性の改良とあいまってE タイプはさらに人気が高まりました。 1968年にはアメリカの安全基準に合わせてヘッドライトのカバーが無くなり、バンパーが大型化されるなどの変更が行われ、シリーズ 2になりました。同時に3本だったワイパーが一般的な2本に変わりました。またエンジンは排ガス対策で230HPぐらいまで性能が落ちました。

 

 1971年には排ガス対策で低下していた性能を回復させる為に新開発したV型12気筒5.4L(272HP)エンジンを搭載したシリーズ 3が登場しました。クーペが廃止されて、ロードスターと2+2の2タイプとなりました。外観ではフロントグリルに格子が付き、前後のホイールアーチーには太くなったタイヤに合わせてフレアーが追加され、全体的に迫力が増したスタイルになりました。オイルショックでスポーツカーの需要が減り1975年に生産中止となりました。E タイプの総生産台数は約72000台でした。後継車は1975年に登場したXJSでした。

 

 

 ミニカーは1968年に発売されたコーギーの当時物です。全長を短くし幅を広くしたコーギー流のデフォルメがされていて、実車とは少しプロポーションが違っています。スケールモデル的な観点からは今ひとつなのですが、当時のコーギーが得意としたギミックを楽しめるミニカーとしては傑作ミニカーと言って良いと思います。1970年にはホイールをフリーホイールに変更してドア開閉ギミックを外した仕様変更品(型番374)に変わりました。なおこのミニカーのギミックの詳細はこちらのページでご覧ください。→ジャガー E タイプ 2+2のギミック 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネット開閉/テールゲート開閉ギミック画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR E TYPE 2+2 1
JAGUAR E TYPE 2+2 2

 E タイプのミニカーはたくさんあるのですが、E タイプ 2+2のミニカーはあまりなくて、上記コーギー以外ではディンキーの当時物、ジクの当時物、最近の物でスパーク、オックスフォードぐらいしかありません。以下は1968年に発売されたディンキー(英)のE タイプ 2+2 (1/43 型番131)の画像です。プロポーション的にはコーギーとは逆にやや全長が大きめに出来ていて、金属パーツのバンパーなどディンキーらしいやや武骨な作風になっています。なおこれは1975年に購入した物なので型番は同じですが、ホイールがフリーホイール化されている仕様変更品です。(ホイール以外は初期型と同じようです) ボンネット/ドア/テールゲートが開閉するフルギミック仕様です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 2+2 3
JAGUAR E TYPE 2+2 4

 以下はボンネットを開いたエンジンルーム/テールゲートの画像とコーギーのE タイプ 2+2と並べた比較画像です。実車を正確に1/43で縮小すると全長109mmX全幅38㎜となりますが、ディンキーのミニカーは全長112mmX全幅38㎜、コーギーは全長107mmX全幅39㎜となっています。全幅はあまり変わりませんが、全長はコーギーは短めで、ディンキーは長めになっています。当時のミニカーは玩具でしたから同じ車をモデル化しても、こんな具合に違いがあり、メーカーごとの個性がありました。どちらが実車のイメージに近いかという観点では、ディンキーのほうが上かなと思いますが、玩具としては凝ったギミックの付いたコーギーのほうが面白いとも思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 2+2 5
JAGUAR E TYPE 2+2 6

 以下は1988年に発売されたボックス モデルのE タイプ クーペ (1/43 型番131)の画像です。これは2+2ではなくクーペです。少し前のミニカーでギミックはありませんが、実車の雰囲気が良く再現されていると思います。上記の2+2のミニカーのサイドビューと比較してみると、クーペと2+2のキャビン部分の形状が異なることがわかります。ボックス モデルはクーペやレース仕様など数種類をモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE COUPE 5
JAGUAR E TYPE COUPE 6

 以下は1995年頃に購入したベスト モデルのE タイプ クーペ (1/43 型番PROM10)の画像です。これも2+2ではなくクーペです。ベスト モデルはボックス モデルから分離したブランドなので、上述したボックス モデルのE タイプ クーペと基本的には同じものです。なおこのミニカーはイタリアのブランド BBRの10周年記念の特注品として作られたものです。イタリアのアスカリ トロフィー レースの参加車をモデル化しているようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE COUPE 7
JAGUAR E TYPE COUPE 8

 以下は2014年に発売された国産名車コレクションのE タイプ クーペ (1/43 No.217)の画像です。これも2+2ではなくクーペです。メーカーはイクソで、イクソのカタログモデルの仕上げを簡略化したものだと思います。雑誌付きミニカーとしては標準的な出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE COUPE 9
JAGUAR E TYPE COUPE 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=807

   

 

JAGUAR XJ12 1979 UK

JAGUAR XJ12 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 96 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型12気筒 5.3L 287HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速236km/h
データーベースでジャガー XJ6/12のミニカー検索

 

ジャガー XJ12 イギリス 1979

 

 1966年にジャガーは民族資本系グループのBMC(ブリティッシュ モーター コーポレーション)と合併し、BMH(ブリティッシュ モーター ホールディングス)が設立され、その2年後にはローバーも参入しBMLC(ブリティッシュ レイ ランド モーター コーポレーション)に発展しました。

 1968年にジャガーの新型としてXJシリーズが登場しました。最初に設定されたXJ6はMK IIの発展型の420の後継車で、デザインは独特の顔つきを持つMK X(420G)のイメージを引き継いだものでした。ボディはMK IIよりも少し大きくなり、DOHC 6気筒2.8L(180HP)/4.2L(245HP)エンジンを搭載し、3速自動変速機および4速マニアルで、最高速199km/h(4.2L)の性能でした。

 

 1972年にはMK Xの発展型の420Gの後継車となるXJ12が登場しました。XJ6と同じボディなのでMK Xに比べるとサイズが小さくなりました。V型12気筒5.4L(253HP)エンジンを搭載し、3速自動変速機で、最高速223km/hの性能でした。XJシリーズは好評を博し、このスタイルはその後長い間継承されました。1972年にロングホイールべース仕様のXJ6L/XJ12Lが設定されました。

 

 

 1973年にアメリカの安全基準を満たすためにバンパーが変更されてシリーズ IIとなりました。1975年に標準ホイールベースが廃止されて全てロングホイールベースとなりました。XJ6は2.8Lエンジンが廃止されて3.5L(163HP)エンジンに切り替わりました。 1979年のマイナーチェンジでシリーズ IIIとなり、フロントフェンダーにウインカー追加、屋根の形状変更、バンバー/フロントグリル/リアライトの意匠が変更されました。 1981年に12気筒エンジンが高効率(HE)タイプに改良され、その後もクルーズコントロールなどの電子制御装備が追加されるなどの改良が行われました。1986年に2代目XJシリーズのXJ40系にモデルチェンジし、丸型4灯式ヘッドライトによる独特の顔つきが角形ヘッドライトのモダンなものに変わりました。なお12気筒エンジン搭載のXJ12だけは1992年まで生産されました。初代XJシリーズの総生産台数は約30万台でした。

 ミニカーは1979年に発売されたソリド製の当時物です。1979年式ですがテールライトの形状からXJ12 シリーズ IIをモデル化しています。プロポーションが良くソリドらしいシャープな造形で当時のミニカーとして良く出来ています。XJシリーズの当時物の1/43ミニカーは少ないので、これは貴重な存在です。ソリド以外の初代XJシリーズの当時物ミニカーはポリトーイのXJ12 1/25と1/43、トミカ ダンディのXJ6L、マッチボックスのXJ6 1/36などがありました。最近の物では、バンガーズのXJ6、ブレキナのXJ6 1/87、ヘルパのXJ12 1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR XJ12 1
JAGUAR XJ12 2

 以下は1978年に発売されたトミカ ダンディのXJ6L (1/49 型番DF01)の画像です。全長約5mのロングホイールベース版をモデル化していますので、側面を見るとリアドアが大きくなっていることがわかります。縮尺が1/49と中途半端で、フロントの造形があまりリアルでないので今一つの出来ばえです。ボンネットとドアが開閉できます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR XJ6 1
JAGUAR XJ6 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=808

   

JAGUAR XJ12C SERIES II 1975 UK

JAGUAR XJ12C SERIES II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400130460 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型12気筒 5.3L 287HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速236km/h
データーベースでジャガー XJ6/12のミニカー検索

 

ジャガー XJ12C シリーズ II イギリス 1975

 

 ジャガー XJシリーズは1973年のマイナーチェンジで、シリーズ IIとなりました。(フロントのウインカーがバンパー下に移動しました) 1975年のマイナーチェンジでXJ6は2.8Lエンジンが廃止されて3.5L(163HP)エンジンに切り替わりました。それと同時にピラーレスハードトップの2ドアクーペ XJ6C/12Cが追加されました。優雅で美しいスタイルのクーペボディには、セダンのXJシリーズにはない魅力がありました。エンジンはXJ6Cが6気筒4.2L、XJ12CがV型12気筒5.3Lを搭載していました。

 

 XJシリーズのディムラー版にもクーペが追加され、そちらは6気筒がソブリン クーペ、12気筒がソブリン ダブルシックス クーペでした。1975年にXJ-Sが発売され、XJ クーペは1977年に早々と生産中止となりました。ディムラー版も含めて約1万台しか生産されていないXJ クーペは希少な車でした。なおXJ クーペはすべてレザートップ風のビニールレザー処理がされていました。(1970年代の日本車にもビニールレザー処理が流行ったことがありました) これはBピラーがないXJクーペの大きな屋根が変形しやすく、当時の塗装だけではクラックが発生したからだそうです。またこの屋根は水漏れや風切り音の問題もあったそうです。

 

 

 ミニカーは2005年に発売されたミニチャンプス製です。独特のフロントと美しいクーペスタイルがうまく再現され、室内などの細部もリアルでかなり良い出来ばえです。(2005年頃のミニチャンプスの1/43ミニカーは第一級品の出来ばえでした) ただこれはビニールレザートップになっていないのでそこが今一つです。 ミニチャンプスはセダンのXJ12もモデル化しています。XJクーペの当時物としてはコーギーの1/36とディンキーの1/36ぐらいしかありません。最近の物でもネオ(レジン製)のXJ6C 1/18とスパーク(レジン製)のレース仕様ぐらいで、実車同様にミニカーも少ないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR XJ12C SERIES II 1
JAGUAR XJ12C SERIES II 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1307

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »