ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT 504 CABRIOLET 1969 FRANCE

PEUGEOT 504 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1423 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 90HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでプジョー 504のミニカー検索

 

プジョー 504 カブリオレ フランス 1969

 

 504にもピニンファリーナのデザインによる美しい4座クーペと2+2座カブリオレが1959年に追加されました。ホイールベースがセダンより短く、フロントグリルが角形4灯のヘッドライトに変えられるなど、スポーティなスタイルとなっています。

 

 このクーペとカブリオレには1975年にルノー、ボルボと共同開発したV型6気筒2.7L(136HP)エンジンが搭載されるようになり、最高速185km/hと高性能になっています。

 

 

 カブリオレもディンキー(仏)の当時物です。特徴的なフロントグリルがうまく再現されていて、セダン以上に出来が良いモデルだと思います。またハンドルと連動する凝った前輪操舵ギミックが付いていて、ディンキーの意気込みが感じられます。なおクーペは1980年頃にソリドがラリー仕様として、モデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=622

   

PEUGEOT 304 1969 FRANCE

PEUGEOT 304 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1428 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでプジョー 304のミニカー検索

 

プジョー 304 フランス 1969

 

 1969年に304が登場しました。基本設計は204と同じでホイールベース、トレッドはそのままでボディサイズが大きくなっています。フロントグリルに504のイメージをかぶらせた204の高級版といったものでした。、エンジンは1.3L(65HP)で、4段変速、最高速150km/hの性能でした。

 

 ブレーク、クーペ、カブリオレのバリエーションがありましたが、フロントグリルとエンジンが違うだけで他は204と同じでした。1977年に204が生産中止となった後は、204の1.1Lエンジンと1.4Lディーゼルエンジンが追加され、1980年まで生産されました。

 

 

  ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。204と並べてみると、キャビン部分が同じでトランクスペースが長くなっていることが分かります。(ルノーの8と10の関係と同じ) 透明プラスチックの黄色いライトがフロントグリルのリアリティを向上させています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=623

   

 

PEUGEOT 104 1972 FRANCE

PEUGEOT 104 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 12 1/43 83mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.62m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 45HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプジョー 104のミニカー検索

 

プジョー 104 フランス 1972

 

 1972年にプジョーの小型大衆車104が登場しました。204と同じ横置きエンジンの前輪駆動車で、プジョー初の2ボックススタイルを採用していました。ピニンファリーナがデザインしたボディは小さいながらも上品でセンスの良いデザインでした。当初はトランクリッドがある4ドアセダンのみでしたが、1974年にホイールベースを短縮した2ドアクーペが設定されました。このクーペは104のスポーツ仕様というよりは、ルノー 5に対抗するハッチバック車という位置づけでした。またプジョーが1974年に吸収合併したシトロエンの小型車シトロエン LNは、この104 クーペをベースにした姉妹車でした。

 

 当初は4気筒1L(45HP)エンジンを搭載し、4段変速、最高速135km/hの性能でした。1976年に4気筒1.1L(66HP)エンジンを搭載する高性能版クーペ ZSが追加されました。1977年に4ドアセダンは5ドアハッチバックに変更され、エンジンが204と同じ1.1L(50HP)に拡大されました。1979年にセダン/クーペに1.4Lエンジンが追加され、その後もマイナーチェンジが行われ1988年まで生産されました。総生産台数は約160万台で、後継車は1991年に登場した205でした。

 

 

 ミニカーは1972年に発売されたソリド製の当時物です。プロポーションは良いのですが、テールライトの塗装処理がされていないなど仕上げが簡素化されているのが残念です。この当時のソリドはコストのかかる手作業の塗装処理を省略してコストダウンしていました。 これ以外の104のミニカーはノレブ初期の当時物(プラスチック製とダイキャスト製)と2013年発売の104 クーペ Z、ポリトーイの当時物の1/43と1/25 などがあります。フランスのミニカー付雑誌「PEUGEOT COLLECTION」のNo.45ではクーペ ZS2 (ZSの高性能版) 1979がモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT 104 1
PEUGEOT 104 2

 以下は1977年に発売されたポリトーイ製の当時物 プジョー 104 (1/25 型番S18)の画像です。ポリトーイのSシリーズ(1/25)は大スケールミニカーのパイオニアで、同シリーズ初期の数点は精密な作りで当時としては非常に良く出来ていました。このプジョー 104はシリーズ初期物よりは少しレベルが落ちますが、ボンネット/4ドア開閉のフルギミックでエンジンや室内も当時のミニカーとしては結構リアルに仕上げられています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 104 3
PEUGEOT 104 4

 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネット/ドア開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 104 5
PEUGEOT 104 6

 以下は1973年に発売されたノレブ製のJETCARシリーズの当時物 プジョー 104 (1/43 型番826) の画像です。ノレブは型番188でプラスチック製も発売していますが、これはそれのダイキャスト版です。見た目の良くないホイールが今一つですが、4ドアが開閉するギミック付で当時の安価なミニカーとしては良く出来ていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 104 7
PEUGEOT 104 8

 以下は1978年に発売されたソリドの当時物 プジョー 104 クーペ (1/43 型番81)の画像です。高性能版のZSをモデル化しています。室内後部にロールケージが取り付けられていますが、これはラリー仕様車としてモデル化されたからです。(ラリー仕様のデカールが貼付されたものもありました) 実車同様に同じ型を使ってグリルだけを変えたシトロエン LNも作られています。 なおシトロエン LNにはロールケージは付いていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 104 ZS 1
PEUGEOT 104 ZS 2

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 104 ZS 3
PEUGEOT 104 ZS 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=624

   

PEUGEOT 604 1975 FRANCE

PEUGEOT 604 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 40 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.72m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.7L 136HP 5段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでプジョー 604のミニカー検索

 

プジョー 604 フランス 1975

 

 プジョーが1975年に発表した戦後初の6気筒車が604で、ルノー、ボルボと共同開発したV型6気筒2.7L(136HP)エンジンを搭載していました。エンジン以外は全輪独立サスペンションなど504の設計を踏襲していて、ボディはごくオーソドックスな3ボックスセダンですが、ピニンファリーナ デザインで品があります。

 

 2.8L(155HP)エンジンや、4気筒2.3Lディーゼル ターボ エンジンが追加され、この車をベースにしたストレッチドリムジーンが大統領車として使われました。プジョーにとって高級車市場への足がかりとなったモデルで、1985年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。直線で構成されたピニンファリーナ デザインが正確に再現され、焦茶や濃緑など落ち着いたカラーリングが施されたこのミニカーは、実車のイメージをよく表現しています。ソリドの10シリーズの傑作モデルです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=626

   

PEUGEOT 305 1977 FRANCE

PEUGEOT 305 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 90 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 78HP 5段変速
性能: 最高速155km/h  
データーベースでプジョー 305のミニカー検索

 

プジョー 305 フランス 1977

 

 304の後継車として305が1977年に登場しました。3桁車名の末尾に5が付いた最初の車でした。304よりボディは少し大きくなり、ピニンファリーナのデザインはシンプルながらセンスの良いものです。エンジンは4気筒1.3L/1.5Lで、304と同じ変速機の上にエンジンを横置きするイシゴニス式の前輪駆動車でした。当初のボディタイプはセダンのみで、先代のようなクーペやカブリオレはありません。

 

 1979年に4気筒1.5Lディーゼル エンジン、1980年にワゴン(ブレーク)追加されました。1982年のマイナーチェンジでは、1.6L(80HP)エンジンをダンテ ジアコーサ式で横置き搭載するGTが追加されました。1984年には4段自動変速仕様が設定され、4気筒1.9L(105HP)エンジンをダンテ ジアコーサ式に搭載するGTXが登場しました。305のシャシーはグループ内のシトロエン BXのベースにもなりました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、全体的なプロポーションは良いのですが、フロントのヘッドライト周りの繊細な感じが今一つです。当時物ではノレブ(JET-CAR)があり、こちらのほうがフロントの雰囲気はうまくできています。他にはメーベトイ、マッチボックス(KING SIZE 1/39?)などがあります。最近の物では、ノレブの新しい物があります。

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1147

   

 

PEUGEOT 505 1979 FRANCE

PEUGEOT 505 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 889 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 96HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速164km/h
データーベースでプジョー 505のミニカー検索

 

プジョー 505 フランス 1979

 

 504の後継車として505が1979年に登場しました。少し大きくなったボディはやはりピニンファリーナのデザインで、504の吊り目のヘッドライトを踏襲して、よりシンプルで美しくなっています。基本的な構造も504を踏襲した4輪独立サスペンションを持つ後輪駆動車です。当初のエンジンは4気筒1.8L(90HP)/2L(ルノーとボルボとの共同開発のPRVエンジン)、4気筒2.3L(70HP)ディーゼルでした。セダンとブレーク(ワゴン)がありました。ブレークには3列シートで8人乗りのファミリアーレが設定されました。

 

 1980年にディーゼルエンジンにターボ仕様が追加され、1982年に4気筒2.2L(90HP)エンジン、1984年以降にはその燃料噴射仕様やターボ仕様が追加されました。1986年には生産中止となった604の後継としてV型6気筒2.8L(170HP)エンジンを搭載する505 V6も登場しました。1990年の605の登場で、生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはノレブの廉価版JET CARシリーズの物です。ホイールが安っぽいですが、プロポーションは悪くありません。当時はどこのメーカーもこのような廉価版ばかりでした。これ以外の当時物は、ソリド(廉価版 VEREM版もありそちらはホイールがまともになってます)、コーギーの1/36などがあります。最近の物では、ノレブの新しい物があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1148

   

PEUGEOT 205 GTI 1984 FRANCE

PEUGEOT 205 GTI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1508 1/43 87㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.71m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 105HP 5段変速
性能: 最高速192km/h  
データーベースでプジョー 205のミニカー検索

 

プジョー 205 GTI フランス 1984

 

 104の後継車として 205が1983年に登場します。ピニンファリーナが関与したデザインは先代より丸みを帯びた物になっています。104と同じイシゴニス方式の横置き前輪駆動車です。当初は5ドアのみで、エンジンは4気筒1L/1.1L/1.4L(60HP)の3タイプでした。1985年にはこのクラスとしては高級な4段自動変速仕様の1.6L(80HP)エンジンや1.8L(60HP)ディーゼルエンジンが追加されました。

 

 1984年に3ドアが追加され、同時に1.6L(105HP)エンジンを搭載しサスペンションを固めた高性能版のGTIが設定されました。GTIのエンジンは1987年には1.9L(120HP)にパワーアップしています。1986年にピニンファリーナがデザインと製造を担当するロールバーが付いたカブリオレ CTIが追加されました。

 

 

 グループBのラリー選手権に参戦するために、DOHC ターボ 4気筒1.8L(200HP)エンジンをミッドシップ搭載し、四輪駆動化した205 ターボ 16が開発され、ホモロゲーション用に200台が市販されました。205 ターボ 16は見た目は205ですが、中身は全くの別物です。実際のワークスカーは400HP以上のハイパワーで、ラリーで圧倒的な戦闘力がありました。プジョーはこのラリー参入の大成功でプジョー車のスポーツイメージを高めました。

 ミニカーはソリドの当時物です。最初(型番1349)はフリーホイールが付いた廉価版でしたが、これは後から発売されたHI-FIシリーズでホイールはましになっています。GTIということでフロントバンパー下の補助灯は再現されていますが、サイドを一周するサイドモールは無いので中途半端です。その他の当時物としてはブラーゴ(1/25、1/43)やビテスの205 ターボ 16やそのラリー仕様があります。最近の物では、ノレブ、ミニチャンプス、バンガーズなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1149

   

PEUGEOT 309 STYLE 1987 FRANCE

PEUGEOT 309 STYLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA11607A 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.05m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 54HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでプジョー 309のミニカー検索

 

プジョー 309 スタイル フランス 1987

 

 プジョー傘下のタルボにてオリゾンの後継車が205をベースに開発されていました。タルボ ブランドが廃止されることになり、開発された車はプジョー 309として1987年に登場しました。プジョーの命名規則では車格として305の後継で306となる車でしたが、生粋のプジョー車ではない生い立ちから309と命名されたのでした。後付けしたようなリアハッチ部分などがプジョーらしくないのもピニンファリーナのデザインではないことが原因です。205ベースの前輪駆動車で、当初は5ドアハッチバックのみで、エンジンは205と同じ4気筒1L/1.1L/1.4L/1.9L(108HP)、4気筒1.9Lディーゼルでした。

 

 1987年に3ドアハッチバックが追加され、燃料噴射式1.9L(130HP)エンジンを搭載する高性能版のGTIも登場しました。1989年のマイナーチェンジで、内装やフロントグリル/リアエンドの意匠が変更されました。この際に、DOHC 16バルブ4気筒1.9L(160HP)エンジン搭載のGTI 16、4気筒1.8Lターボディーゼルエンジンも追加されました。1993年に後継車の306が登場しました。

 

 

 当時物のミニカーは無く、画像はバンガーズ製で2014年に発売されました。名前のスタイルとは一番ベーシックな仕様を示します。バンガーズはコーギーのブランドですが、老舗だけあって優れたダイキャスト型職人がいるようで、どのモデルも良い出来映えです。最近はワイパーなどにエッチングパーツを使うようになり、仕上げレベルが上がっています。値段がリーズナブルで、現在の量産ミニカーではコスパが最高だと言っていいでしょう。バンガーズはGTIもモデル化しており、他にはノレブもあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1226

   

 

PEUGEOT 605 1990 FRANCE

PEUGEOT 605 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1516 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.73m 全幅約1.80m
エンジン 変速機: V型6気筒 3L 200HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでプジョー 605のミニカー検索

 

プジョー 605 フランス 1990

 

 604の生産中止から5年後の1990年に後継車605が登場します。同じピニンファリーナのデザインですが、直線的な604のデザインから、吊り目の顔を持つ空力を考慮したものに変わっています。PSAグループ内のシトロエン XMとシャーシを共有し、横置きエンジンの前輪駆動車となりました。ボディ形式はセダンのみで、最上級車に相応しい豪華な内装や装備でした。当初のエンジンは4気筒2L(130HP)、V型6気筒3L(170HP)とそのDOHC版(200HP)、4気筒2.1Lターボディーゼルでした。

 

 2Lエンジンにはターボ仕様やDOHC仕様が追加され、4気筒2.5Lターボディーゼルエンジンも追加されました。1998年にはV型6気筒エンジンがPRV製からルノーと共同開発した新型に変わりました。1995年のマイナーチェンジで後期型となり内外装が小変更されました。初期の605はサスペンション制御などの先進装備に問題があり後期型で改良されましたが、それが尾を引いて販売は低調でした。1999年に後継の607にモデルチェンジします。(なお606は存在せず欠番になっています)

 

 

 ミニカーはソリド製で、当時物はこれしかありません。ソリドのHI-FIシリーズで安価ですのであまり細かい仕上げはされていませんが、プロポーションは良いです。(ドアの立てつけが悪いのはソリドらしくないですが) ソリドはデーラー特注品で1/18もモデル化しているようです。最近の物ではノレブの1/43があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1228

   

PEUGEOT 106 ROLAND-GARROS 1993 FRANCE

PEUGEOT 106 ROLAND-GARROS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE L035 1/43 84㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.56m 全幅約1.58m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 75HP 5段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでプジョー 106のミニカー検索

 

プジョー 106 ローラン ギャロス フランス 1993

 

 104の後継は205でしたが、205は大きくなり過ぎたのでより小さい車として106が1991年に登場しました。(105は欠番です) デザインは205のフロントを継承し、キャビン部分を大きく開放的にしたような感じです。横置きエンジンの前輪駆動車で、当初は3ドアハッチバックのみでした。当初のエンジンは4気筒1L/1.1L/1.4L(75HP)で、高性能版として4気筒1.4L(98HP)エンジン搭載のXSiがありました。

 

 1992年に5ドアハッチバック、4気筒1.5Lディーゼルエンジンが追加されました。1993年に4気筒1.3L、XSi用の1.6L(103HP)エンジンが追加されました。1994年にラリー用のベース車両として1.3L(100HP)(後にDOHC 1.6Lに変わる)エンジン搭載の106 ラリーが設定されました。1996年のマイナーチェンジで、フロント/リアの意匠が変更され、高性能版XSiがDOHC 4気筒1.6L(118HP)エンジン搭載のS16に変わりました。2004年まで長期にわたり生産され、107にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテス製の当時物です。ローラン ギャロスというのは全仏オープンテニスが開催される場所で、その名前を付けた限定車をモデル化しています。実車に即したカラーリングで、かなり良い出来映えです。XT(ベーシック仕様)、XSi、ラリー仕様など数4種類のバリエーションがあります。最近の物ではノレブの5ドアやイクソのラリー仕様などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1229

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3   次へ »