ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT 203 DECOUVRABLE 1949 FRANCE

PEUGEOT 203 DECOUVRABLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4547 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 42HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでプジョー 203のミニカー検索

 

プジョー 203 デクヴェラブル フランス 1949

 

 第二次大戦後のプジョーは戦前型の202だけをしばらく生産していました。1949年に戦後型として新設計の203が登場しました。203は4気筒1.3L(42HP)エンジンを搭載した後輪駆動の中型車で、4段変速で最高速120km/hの性能でした。デザイン的にはフロントグリルが戦前のシボレーあたりのアメリカ車によく似たスタイルで、あまりフランス車らしくありません。

 

 203は丈夫で経済的なことから人気がありました。1955年に後継車の403が登場した後も廉価版として1960年まで生産され、総生産台数は約50万台でした。画像はボディ側面はそのままで、屋根だけが幌になっているデクヴェラブルという形式のオープンカーで、少量生産されたモデルです

 

 

 ミニカーは1997年頃発売のソリド製です。安価故にあまり細かいパーツなどは付いていませんが、プロポーションがしっかりしていて壊れる心配のない良心的なミニカーです。なお普通のセダンもソリド(4546)から出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=613

   

PEUGEOT 203 COUPE 1954 FRANCE

PEUGEOT 203 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 45105 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 42HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでプジョー 203のミニカー検索

 

プジョー 203 クーペ フランス 1954

 

 プジョーは1965年に小型車の204を登場させていますが、それまでは203とその後継車403の中型車1車種だけで商売をしていました。それにもかかわらず、プジョーはフランスの自動車メーカー第3位の地位を維持していました。(1位はルノー、2位はシトロエン)その間車の改良はしていますが、外観などはほとんど変えていません。

 

 昔のフランス車というと、シトロエンのようなユニークな車を想像しますが、実際はプジョーのようなオーソドックスな車がやはりよく売れたということです。その証拠にシトロエンはプジョーに1974年に吸収合併されて今はPSAグループとなっています。2座席の2ドアクーペで、カブリオレもありました。性能的にはセダンと同じですが、見た目はおしゃれです。プジョーは今でも魅力的なクーペやカブリオレがありますが、これは昔からの伝統です。

 

 

 ミニカーは上記ソリド製のバリエーションです。ソリドはカブリオレ、ファミリアーレ(ワゴン)、コマーシャル(バン)もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=614

   

 

PEUGEOT 403 1956 FRANCE

PEUGEOT 403 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC107 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 57HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプジョー 403のミニカー検索

 

プジョー 403 フランス 1956

 

 1955年に203の後継車403が登場します。基本的な構成は203と同じですが、フェンダーを一体化したフラッシュサーフェースの近代的なモノコックボディで一回り大きくなりました。4気筒1.5L(57HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速度135km/hの性能でした。デザインはプジョーらしいごくオーソドックスなものです。

 

 1958年には電磁式自動クラッチを採用した変速機が追加され、翌年には当時としては珍しい1.8L(48HP)のディーゼルエンジンが搭載されました。

 

 

 当時物ミニカーとしてはディンキー、ソリッド、キラルなどがありますが、いずれもかなり古いもので持っていません。画像は2007年発売のイクソ製です。ボンネットの先端に付いているライオンのマスコットがそれらしく再現されているなど、細かいところまで良くできています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=615

   

PEUGEOT 403 CABRIOLET 1957 FRANCE

PEUGEOT 403 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VEREM 313 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 57HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプジョー 403のミニカー検索

 

プジョー 403 カブリオレ フランス 1957

 

 プジョーの伝統で、403にもしゃれたデザインの2座の2ドア カブリオレとカブリオレのボディにハードトップをつけたクーペ、ブレーク(ワゴン)がありました。403のカブリオレはTVドラマ「刑事コロンボ」でコロンボの愛車として登場し一躍有名になりました。この車は1959年式という設定で、そのポンコツ具合がいい味をだしていました。

 

 ミニカーはベレム製で1992年頃のものです。ソリド初期の100シリーズ型番108の型を流用して作られています。たぶん「刑事コロンボ」のヒットにからめてキャラクターものとしてモデル化したのでしょう。

 

 

 なおドアに例のコートが掛けてあり、愛犬「ドッグ」が後席に乗っているコロンボ仕様の403がエリゴールの LEADERというブランドから出ています。このミニカーはエリゴールのモデルをまとめてあるこのサイト(ページの下のあたり)でみることが出来ます。塗装がきれいな点が似てませんが、おもしろいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=616

   

 

PEUGEOT 404 1960 FRANCE

PEUGEOT 404 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 553 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 69HP 4段変速
性能: 最高速143km/h
データーベースでプジョー 404のミニカー検索

 

プジョー 404 フランス 1960

 

 1960年に最初の4シリーズとして403の後継車404が登場します。404の最大の特徴はボディデザインをピニンファリーナが手がけたことで、ランチア フラミニアなどに代表される直線を基調にした美しいデザインでした。1.6L(69HP)に拡大されたエンジンは、フェンダーより低いボンネットを実現する為45度傾けて搭載されていました。

 

この後1995年の406まで、プジョーはピニンファリーナがデザインするようになり、このセンスの良いデザインがプジョーの特徴となっていきました。燃料噴射仕様エンジンや1.8Lディーゼルエンジンが追加されて、1978年まで長期にわたり生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。塗装の艶がなくなっているので見た目が良くないですが、プロポーション的には良くできています。低いボンネット、ルーフ後端とそれにつながるテールフィンなどピニンファリーナ スタイルがよく捉えられています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=617

   

PEUGEOT 404 CABRIOLET 1962 FRANCE

PEUGEOT 404 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 528 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 69HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでプジョー 404のミニカー検索

 

プジョー 404 カブリオレ フランス 1962

 

 404にも2+2座の2ドアカブリオレ、2ドアクーペが1962年に追加され、さらに全長の長いブレークも追加されました。404はラジアル タイヤを前提にしたサスペンション設定など足回りも優れており、その証拠に1966年から3年連続してサファリ ラリーで優勝しています。

 

 また2L(88HPの)ディーゼルエンジンを搭載した404カブリオレの改造車が速度記録を樹立するなど、プジョーはこの当時からディーゼルエンジンに力を入れていました。なおプジョーは現在でもディーゼルエンジンのトップメーカーで、2009年のルマンではディーゼルの908 HDi FAPが優勝しています。

 

 

 ミニカーはディンキーの当時物です。上記のセダンより5年ほど後の1966年に作られていますので、ドアとボンネットが開閉できるギミックが付けられ、ラインストーンを使ったライト、ドライバーフィギュア付きと凝った作りとなっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=618

   

 

ページ 1  2  3  4  5   次へ »