ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL GT 1968 GERMANY

OPEL GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 171 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでオペル GTのミニカー検索

 

オペル GT ドイツ 1968

 

 1965年のフランクフルト ショーで発表されたオペルのコンセプトカー「グランツーリスモ クーペ」はその空力的なデザインが好評でした。オペルは自社のスポーツイメージをアップさせる為、3年後にこのコンセプトカーを「GT」の名で市販しました。エンジンはカデットの4気筒1.1L(60HP)/1.9L(90HP)でしたが、空気抵抗の少ないボディ故に最高速185km/h(1.9L)とカデットよりも高性能でした。 本格的なスポーツカーではありませんでしたが、シボレー コルベットのような見た目のかっこよさから、スペシャリティカーとして成功しました。

 

 ミニカーはソリドの当時物で、ソリド最盛期の傑作モデルの一つです。全体的に実にシャープな造形で、横に回転する独特のリトラクタブル ライトのギミックはスムーズに動作します。(厳密なことをいうと、ソリドはフロントのウインカーを表現していませんが、それもデフォルメの類と考えます) これ以外の当時物としては、ディンキー(仏)、ノレブ、ガマなどがありました。最近では、ミニチャンプス、シュコー、ビテス、国産名車コレクションなどがあります。

 

 

 以下はフロントのヘッドライト開閉ギミックとドア開閉ギミックの画像です。ヘッドライトもドアも可動部隙間が小さなチリ合わせで仕上がっていることが分かると思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL GT 1
OPEL GT 2

 以下はガマ(型番9830)の画像です。ガマもヘッドライト開閉ギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL GT 3
OPEL GT 4

 以下はディンキー(仏 型番1421)と国産名車コレクションの画像です。ディンキーはテールに荷物積載用のラックが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL GT 5
OPEL GT 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=561

   

OPEL DIPLOMAT B 1969 GERMANY

OPEL DIPLOMAT B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430046070 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.92m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 230HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでオペル ディプロマットのミニカー検索

 

オペル ディプロマット B ドイツ 1969

 

 オペルの上級車カピタン(カピテーン)/アドミラル/ディプロマットは1969年に2代目タイプBにモデルチェンジしました。先代より少し小さくなり、カピタン/アドミラルは先代のスタイルの継承でしたが、ディプロマットは当時のアメリカ車などで流行した縦長のヘッドライトを採用しています。タイプBは後輪サスペンションにド ディオン アクスルを採用し、操縦性や乗り心地を改善しています。エンジンは6気筒2.6L/2.8LとV型8気筒4.6L/5.4Lでした。

 

 販売不振のカピタンは1970年に生産中止となりました。V型8気筒搭載のディプロマットはメルセデス ベンツ(W116)に匹敵する性能があり、ロングホイールベース版も設定していました。ただやはりオペルがこのクラスでメルセデス ベンツに対抗するのは難しく、アドミラル/ディプロマットは、1978年に後継車セネターに変わりました。(カピタン/アドミラル/ディプロマットの名前が消えました) なおディプロマットをベースとした2ドアクーペ 'ビッター CD'が1973年にドイツのビッター(BITTER)社から少数販売されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。フロントグリルはうまく出来ているのですが、サイドビューではキャビン部分が少し大きすぎてアンバランスに見えます。ミニチャンプスはカピタン B/アドミラル B/ビッター CDもモデル化しています。これ以外ではブレキナのカピタン B/ディプロマット B(最後の4気筒ディプロマットでアドミラルと同じ外観) 、シュコーのアドミラル B、ネオのビッター CDなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1192

   

 

OPEL MANTA SR 1970 GERMANY

OPEL MANTA SR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 188 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでオペル マンタのミニカー検索

 

オペル マンタ SR ドイツ 1970

 

 イメージアップの第2弾としてGTに続き1970年に登場したのが、スポーティな外観のマンタで、ヨーロッパ フォードのカプリに対抗する車でもありました。エンジンはカデット用の4気筒1.2L、1.6L、1.9Lで、最高速は170km/h(1.9L)でした。翌年にはマンタをベースにした4ドアセダンのアスコナが登場し、カデットの上級車であったオリンピアに取って代わります。

 

 カデットからディプロマットまでフルラインの車種を揃えたオペルは、当時のドイツではフォルクスワーゲンと互角の販売シェアを持っていました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、上記のGT同様にシャープな出来映えです。マットブラックのボンネット、フォグラングなどは高性能版SRの仕様だと思います。型番188Rで、ラリー仕様もモデル化されていますが、そちらは結構レア物です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=562

   

OPEL REKORD D 1972 GERMANY

OPEL REKORD D 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS (MINI AUTO) 310 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 100HP 4段変速
性能: 最高速162km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード D ドイツ 1972

 

 1972年にレコードはタイプDに変わりました。このタイプDはディーゼルエンジン車の意に取られるので、レコード IIと表記されることもあります。当時のGMの1971年式ビュイック リビエラのような直線を基調としたスクエアなデザインになりました。エンジンは1.7L(83HP)、1.9(97HP)L、2L(100HP)の3種類で、2.1L(60HP)のディーゼルエンジンも初めて設定されました。

 

 ボディタイプはセダン、ワゴン、クーペがありました。スポーティな上級仕様車 コモドールもほとんど同じデザインでタイプBにモデルチェンジし、6気筒2.5L(130HP)エンジンを搭載していました。コモドールは1973年から2.5Lが2.8L(160HP)エンジンに切り替わりました。

 

 

 ミニカーはチィス(ミニオート)の当時物で、当時のミニカーとしては良くできています。レコード Dは2010年にミニチャンプスがモデル化していますが、当時物は少なくてこれ以外では、ポリスティルの1/43のELシリーズ、シュコーの小スケール物ぐらいしかありません。最近の物では、ミニチャンプスでセダン/クーペ/キャラバン(ワゴン)が揃っており、ヴィーキングのセダンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=563

   

OPEL KADETT C 1973 GERMANY

OPEL KADETT C 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 452 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 52HP 4段変速
性能: 最高速144km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット C ドイツ 1973

 

 1973年にカデットはタイプCに変わりました。このモデルはGMの世界戦略車で、イギリスのヴォクスホール シェヴェット、アメリカのシボレー シェヴェット、日本のイスズ ジェミニとボディを共有する兄弟車でした。エンジンは1.2L(52HP)で、最高速142km/hの性能でした。(ジェミニは1974年に1.6L(94HP)エンジンで登場し後に1.8L(103HP)が追加されています。)

 

 1975年にはマンタ用の1.9L(105HP)を搭載した高性能版のGT/Eが追加されました。ボディタイプはセダン、ワゴン、クーペがありました。

 

 

 ミニカーはディテールカー製で1990年代に作られた物です。ウエストラインより上の造形は良くできているのですが、下半分が大きめでプロポーションが悪いです。カデット Cも当時物のミニカーは少ないです。ソリドのGT/E(ラリー仕様)ぐらいしか思いつきません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=564

   

 

OPEL ASCONA B 1976 GERMANY

OPEL ASCONA B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 517 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.32m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速167km/h
データーベースでオペル アスコナのミニカー検索

 

オペル アスコナ B ドイツ 1976

 

 カデットとレコードの間を埋める車として、アスコナ(初代 A)が1970年に登場しました。前述したマンタをベースにした2/4ドアセダン、3ドアワゴンで、エンジンはマンタと同じ4気筒1.6L/1.9Lでした。

 マンタとアスコナは1975年に2代目Bタイプにモデルチェンジします。アスコナはレコード Dと同じようなイメージのシンプルなデザインで、マンタはGMのシボレー モンザに似た個性的でスポーティなデザインでした。アスコナのエンジンは4気筒1.6L/1.9L/2L、4気筒2Lディーゼル、マンタのエンジンも同じですが、ディーゼルがありません。

 

 マンタ/アスコナはGMグループの世界戦略車で、イギリスではヴォクスホール キャバリアとして販売されました。1979年にグループ 4(ラリー)のホモロゲーション用にオペル初のDOHCエンジン(4気筒2.4L 144HP)を搭載した400がその名のとおり400台限定生産されました。400は1982年のモンテ カルロで優勝するなどラリーで活躍しています。前輪駆動化された3代目 アスコナ Cが1981年に登場すると、ラリー車はマンタをベースにしたマンタ B 400に切り替わりました。

 

 

 アスコナ Aの当時物ミニカーはありません。最近の物では、シュコーやミニチャンプスがあります。画像のアスコナ Bはオートピレン製の当時物です。後輪サスペンションがへたって、やや尻下がりになっています。オートピレンは他社のコピー物が多いのですが、これはオートピレンのオリジナルでスペイン ディンキーとしても発売されました。アスコナ Bの当時物としてはビテスやポリスティルのB 400のラリー仕様など結構あります。マンタ Bの当時物ではビテス初期のマンタ B 400があります。最近の物では、アスコナ Bはシュコーやネオ、マンタ Bはシュコーやミニチャンプスがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1193

   

OPEL REKORD E 1977 GERMANY

OPEL REKORD E 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 893 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.60m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 100HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速173km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード E ドイツ 1977

 

 レコードは1977年にタイプE(E1)に切り替わります。個性的だった先代のフロントを空力的に有利なスラントノーズに変えています。(ちなみにデザインは日本人の児玉英雄氏) ボディタイプはクーペがなくなり、2/4ドアセダン、ワゴン/バンの設定でした。当初のエンジンは4気筒1.7L/1.9L/2Lと4気筒2.1Lディーゼルでした。先代ではレコードのスポーツ仕様だったコモドールもタイプCに切り替わり、6気筒2.5L(115HP)エンジンを積むレコードの豪華仕様となりました。

 

 レコード Eはイギリスではヴォクスホール カールトンとして販売されました。1982年のマイナーチェンジで、フロント/リアの意匠が変わり、よりスムーズな外観を持つ後期型(E2)に変わりました。後期型では1.7Lと2.1Lディーゼルが、1.8L 2.2Lディーゼルに変更され、1984年に2.2Lエンジンが追加されました。1986年のモデルチェンジで、オメガに名前が変わり、オペルの主力モデルだったレコードの名前は消滅しました。

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。フロントグリル/バンパー一体式など倒産したシュコーの作風を引き継いでおり、ダイキャスト肉厚の薄いシャープな仕上がりです。ガマはバンパーやグリルを変更した後期型(E2)もモデル化しています。ガマ以外の当時物は無いようです。最近の物では、シュコーやブレキナがあります。またネオがコモドール Cをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1196

   

OPEL MONZA 1978 GERMANY

OPEL MONZA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 448 1/25 185㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 180HP 4段変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでオペル セネター/モンザのミニカー検索

 

オペル モンザ (モンツァ) ドイツ 1978

 

 1978年に登場したセネター Aは、オペルの旗艦アドミラル/ディプロマットの後継車です。構造的にはレコード Eをベースにしてボディを拡大したものです。デザイン的にもレコード Eのスタイルを継承しています。4気筒2L、6気筒2.5L/2.8L/3Lエンジンが搭載されました。

 

 セナター Aのクーペ仕様がモンザ Aで、セダンよりホイールベース/全長が短縮されており、大きなリアハッチを持つ大胆なファーストバックスタイルは初代コモドール クーペをモダンにしたデザインと言えます。6気筒2.8L/3Lエンジンを搭載し3L搭載車は当時のオペル最速の車で、ベースのセナターともどもオペル初の全輪独立サスペンションを採用していました。

 

 

 1982年のマイナーチェンジで後期型となり、フロントグリルやリアの意匠が変わりました。4気筒2L/2.2Lエンジンが追加され、6気筒エンジンもパワーアップしています。セネターはイギリスではヴォクスホール ロイヤル (モンザはロイヤル クーペ)としても販売されました。1987年まで生産されたモンザは一代限りの車でした。(2013年にコンセプトカーとして名前が復活してますが)

 ミニカーはガマの当時物で1/25サイズです。この時代の大スケールミニカーは、1/43を単に大きくしただけの物が多く、このモンザもプロポーションなどは悪くないのですが、やや大味なミニカーです。ガマはモンザの後期型とセネター Aの前期型/後期型も1/25でモデル化しています。モンザの当時物ではメーベトイがあり、セナター Aの当時物にはコーギーの1/36があります。セネター Aとモンザの最近の物では、シュコーとミニチャンプスがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1202

   

 

OPEL KADETT D 1979 GERMANY

OPEL KADETT D 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 890 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 75HP 5段変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット D ドイツ 1979

 

 カデットは1979年に5代目タイプDにモデルチェンジしました。1974年に発売されたフォルクスワーゲン ゴルフの大ヒットを受けて、カデットも前輪駆動方式の2ボックス車として大きく変わりました。ただ外観は2ボックス車としてよくあるスタイルで平凡な感じがします。3ボックスの2/4ドアセダンと3/5ドアワゴンが設定されました。エンジンは4気筒1.2L/1.3Lで、前輪駆動車用自動変速機は開発が遅れ1981年に追加されました。

 

 カデット Dはイギリスではヴォクスホール アストラとして発売されました。1981年に1.6L(90HP)、1982年に1.6L(54HP)ディーゼルエンジンが追加されました。1983年に1.8L(115HP)エンジンを搭載しエアロパーツを装着した高性能版 GT/E(最高速185km/h)が追加されました。

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。テールライトの塗装が省かれていているのがいまいちですが、そこそこの出来映えです。当時物はこれしか無いようです。最近の物では、ミニチャンプスの3ドアと5ドアワゴンがあります。先代のCはミニカーがたくさんあるのですが、このDは何故か人気が無いようで、ミニカーが少ないです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1194

   

OPEL ASCONA C SEDAN 1981 GERMANY

OPEL ASCONA C SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1140 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 90HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでオペル アスコナのミニカー検索

 

オペル アスコナ C セダン ドイツ 1981

 

 アスコナの3代目タイプCは1981年に登場しました。オペルとしてはカデット Dに次ぐ2番目の前輪駆動車でした。大きめの角形ヘッドライトとスラントノーズを採用したごくシンプルなデザインです。カデットをベースにしており、パーツの多くを共有していました。ボディ形式には2/4ドア3ボックスセダンと5ドアハッチバックがありました。当初のエンジンは4気筒1.3L/1.6Lと4気筒1.6Lディーゼルでした。

 

 アスコナ CはGMグループの世界戦略車(Jカー)で、姉妹車にはイスズ アスカ、ヴォクスホール キャバリア、シボレー モンザなどがありました。1982年に4気筒1.8Lエンジン、1986年に4気筒2L(113HP)エンジン搭載の高性能版GTが追加されています。1984年のマイナーチェンジでフロントグリルなどの意匠が小変更されました。見た目が無国籍で癖が無いのが良かったのか、この車はドイツのベストセラーにもなっています。アスコナは1988年の後継車ベクトラ登場で名前が消えました。

 

 

 ミニカーはこれもガマの当時物です。フロントノーズ部分がやや平板な感じですが、そこそこの出来映えです。ガマはハッチバックもモデル化しており、この頃のオペルはガマが精力的にモデル化しています。実車と違ってミニカーでは人気が無いのかこれ以外の当時物がなく、最近の物でもネオのカブリオレ(ディーラー経由の特注仕様)があるだけです。(ミニチャンプスもモデル化していない)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1195

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »