ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BENTLEY MK VI 1950 UK

BENTLEY MK VI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS052 1/43 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.88m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 4.3L 132HP 4段変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでベントレー MKのミニカー検索

 

ベントレー MK VI イギリス 1950

 

 1946年に登場した戦後型ベントレー MK VIはその1年後に発表されることになっていたロールス ロイス シルバー レイスのベントレー版で、ホイールベースが短縮されて、エンジンがチューンアップされていました。なおこの時代の高級車のボディはコーチビルダーが架装していましたが、このベントレー MK VIにはメーカー標準のスチール製ボディが設定されていました。

 

 この標準ボディを設定するやり方はロールス ロイスにも波及しました。これはアメリカ市場でのコンパクトセダンの需要に対応したものでした。標準ボディ設定によって低コスト化されたベントレー MK VIのロールス ロイス版が検討され、それがロールス ロイス シルバー ドーン(DAWN:夜明け)として1949年に発表されました。1952年にシルバー ドーンがマイナーチェンジされた際にシルバー ドーンは名前を変えませんでしたが、ベントレー MK VIはベントレー R タイプに名前が変更されてモデルチェンジとなりました。ベントレー MK VIの総生産台数は約5200台でした。

 

 

 ミニカーはイクソのミュージアムシリーズで、2014年に発売されました。良くできたマスコットの付いたフロントグリルやヘッドライト類など、このシリーズに共通するレベルの高い仕上がりです。この時代のイギリス高級車のデザインを代表する車として嬉しいモデル化でした。ベントレー MK VIのミニカーは最近までウエスタンモデル(ホワイトメタル製)の物しかなかったのですが、最近になってオックスフォードの1/43と1/76、マトリックス(レジン製)などで20種類ほどがモデル化されました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY MK VI 1
BENTLEY MK VI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1622

   

BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 1955 UK

BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY13 1/43 126mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.25m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: 6気筒 4.6L 150HP 4段変速/(4段自動変速)
性能: 最高速182km/h
データーベースでベントレー R タイプのミニカー検索

 

ベントレー R タイプ コンチネンタル イギリス 1955

 

 1952年にロールス ロイス シルバー ドーンがマイナーチェンジしました。兄弟車であったベントレー MK VIもマイナーチェンジとなりましたが、こちらはベントレー Rタイプ(又はMK VI Rタイプ)と名前を変えました。エンジンが4.3Lから4.6L(132HP)に拡大されシャーシも改良されました。標準スチール製ボディは全長が少し長くなり、トランクが大きくなりました。

 

 R タイプにはベントレーのスポーティさを追求したコンチネンタルというモデルが追加され、H.J.マリナー製の華麗なファーストバック クーペ ボディが架装されました。エンジンは圧縮比を高めて150HPにチューンされており、重量も10%程軽量化されていました。その結果最高速は180km/hを越え「サイレント スポーツカー」と称されたコンチネンタルは戦後ベントレーの傑作車として知られています。コンチネンタルにはH.J.マリナー製クーペ以外にもパークウォードなどがボディを架装していました。1955年にロールス ロイス シルバー ドーンがシルバー クラウドにモデルチェンジした際に、ベントレー R タイプはS タイプにモデルチェンジしました。R タイプの総生産台数は約2300台(コンチネンタルは約200台)でした。

 

 

 ミニカーはマッチボックスがディンキー ブランドで1993年頃に発売したものです。コレクター向けのミニカーで、灯火類の表現などが往年のディンキー風のややレトロな作風になっていますが、当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえでした。特にコンチネンタルの古典的で伸びやかなファーストバックがうまく再現され魅力的なミニカーに仕上がっています。これ以外のR タイプのミニカーは、ミニチャンプスの1/43と1/18のコンチネンタル、ウエスタン モデル(ホワイトメタル製)のセダンとコンチネンタル、スパーク(レジン製)のセダンなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 1
BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 2

 以下は2004年頃に発売されたミニチャンプス製のコンチネンタル 1954年(1/43 型番436139420)の画像です。灯火類や室内などの細部がリアルなミニチャンプスらしい素晴らしい出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 1
BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 2

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。フロントグリル上のエンブレムとマスコットは実に良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 1
BENTLEY R TYPE CONTINENTAL 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=788

   

 

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 1957 UK

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139550 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.38m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.9L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでベントレー S シリーズのミニカー検索

 

ベントレー S1 タイプ コンチネンタル フライング スパー イギリス 1957

 

 前述したロールス ロイス シルバー クラウド Iのベントレー版のS1は1955年に登場しました。ロールス ロイスとベントレーは基本的に同じ性能になりましたが、2ドア クーペやオープンのドロップヘッド クーペを架装したベントレ コンチネンタルだけは圧縮比を高めてパワーアップがされていてスポーティになっていました。このフライイング スパー(飛翔する拍車)と名付けられたモデルは、H.J.マリナー製のコンチネンタル クーペのデザインを生かして4ドア化したものでした。アルミ製のボディは手作りで標準のS タイプより豪華な内装に仕立てられた特別なモデルでした。

 

 フライング スパーは当時最も高速でかつ最も高価な4ドアサルーンでした。前述したロールス ロイス シルバー クラウド Iと比べてみると、リアフェンダーあたりのデザインが少し違っていますが、これはフライイング スパーがコーチビルダーによる特別なデザインであったからです。なおこの頃にはセダンにコーチビルダー製のボディが架装されることは少なくなり、ほとんどがロールス ロイス内製の標準ボディとなりました。

 

 

 1959年にS1はエンジンをV型8気筒6.2Lに変更されてS2(シルバー クラウド IIの兄弟車)となりました。S1の総生産台数は約3500台でした。(その中でコーチビルダー製のボディは約500台) 1962年には4灯式ヘッドライトを採用しボディが全面的に変更され、エンジンが少しパワーアップされたS3(シルバー クラウド IIIの兄弟車)となりました。S2の総生産台数は約2200台でした。1965年にS3からT シリーズ(シルバー シャドウの兄弟車)にモデルチェンジしました。S3の総生産台数は約1600台でした。

 ミニカーは2007年に発売されたミニチャンプス製です。ミニチャンプスの箱には1955年式と表示されていますが、フライング スパーが登場したのは1957年ですから、1957年式とするのが正しいでしょう。ミニチャンプスらしいそつのない出来ばえで、フロントグリルや室内などの細部が良く再現されています。これ以外のベントレー S タイプの当時物ミニカーはコーギーのS2、スポットオンのS2、ディンキーのS2などがありました。最近の物では、べレムのS1、フランクリン ミントの1/24のS1、ミニチャンプスのS2、オックスフォードのS1、スパーク(レジン製)のS1とS3、ネオ(レジン製)のS3などがあります 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 1
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 2

 以下は1961年に発売されたコーギー製の当時物 S2 コンチネンタル スポーツ サルーン 1956年(1/50 型番224)の画像です。1/50と少しサイズが小さいですが、ヘッドライトだけではなくリアライトにもダイヤカットガラスを使うなど凝った作りです。トランク開閉と前輪操舵ギミックも付いています。前輪操舵ギミックの詳細はこちら→前輪操舵ギミックのページ (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 3
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 4

 以下は1986年に発売されたべレム(ソリド)製のベントレー S1 1956年(1/43 型番V311)の画像です。ソリドのシルバー クラウド II(型番115)の型をリファインしフロントグリルなどを変更してS1に仕立てています。経年変化でサスペンションがへたったので車高が下がりすぎています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 5
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=790

   

BENTLEY T1 BERLINE 1975 UK

BENTLEY T1 BERLINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1048 1/43 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.8L (180HP) 4/3段自動変速
性能: 最高速(190km/h)
データーベースでベントレー Tシリーズのミニカー検索

 

ベントレー T1 ベルリーナ イギリス 1975

 

 1965年にベントレー S3はシルバー シャドウの兄弟車として、T1にモデルチェンジしました。これ以前のベントレーはロールス ロイスよりも少しスポーティという違いがありました。しかしこの世代から性能的な違いはなくなり、ロールス ロイスとベントレーの違いはフロントグリルとそこに付くエンブレム(マスコット)だけとなりました。実質的な違いが無くなったので、それまではベントレーの生産台数の方が多かったのですが、T シリーズではシルバー シャドウの1/5以下となってしまいました。なおこの頃にはコーチビルダーがボディを架装することはほとんどなくなりました。

 

 1971年にベントレー T1の2ドアサルーンとコンバーチブルは内装を豪華にしてコーニッシュの名前で発売されました。ロールス ロイスでも同時にロールス ロイス コーニッシュが発売されました。1977年のマイナーチェンジでシルバー シャドウはII型となり、全自動エアコン、フロントのエアダム スカート、安全基準対応の5マイルバンパーを標準装備するようになりました。ベントレーにも同じ変更が行われてT2となりました。1980年にロールス ロイス シルバー シャドウがシルバー スピリットへモデルチェンジし、ベントレー T2はミュルザンヌにモデルチェンジしました。ベントレー Tシリーズの生産台数は約2400台でした。

 

 

 ミニカーはエリゴール製で1981年頃に発売されました。特別に凝ったところはありませんが、当時のミニカーとしてはリアルな造形で良く出来ていました。右ハンドルながらライトはフランス車仕様で黄色になっています。エリゴールにはフロントグリルを変えたシルバー シャドウ(型番1047)もありました。なお初期のエリゴールのミニカーはノレブのプラスチック製ミニカーの型を流用したものが多いのですが、これもノレブの型番33を流用したものだと思われます。(ただしエリゴールはダイキャスト製です) これ以外のベントレー Tシリーズのミニカーはコーギーの当時物、オックスフォードの1/76、スパーク(レジン製)のT1/T2などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/トランク/エンジンルームの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY T BERLINE 1
BENTLEY T BERLINE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=797

   

BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 2003 UK

BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
LE MANS COLLECTION 12 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.64m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒4L ツインターボ 615HP 6段自動変速
性能: 最高速350km/h
データーベースでベントレー スピード 8のミニカー検索

 

ベントレー スピード 8 #7 ルマン 優勝 イギリス 2003

 

 ベントレーは1920年代にベントレー 3Lなどでルマンで5勝していますが、1931年にロールス ロイス社に買収されたことでレース活動から撤退しました。1998年にベントレーはフォルクスワーゲン傘下となったことでレース活動に復帰し、2001年から2003年までにルマン優勝を目指す「ルマン参戦3ヵ年計画」が立案されました。この計画に沿って開発されたプロトタイプレーシングカーがベントレー スピード 8です。基本的な構造は同じフォルクスワーゲン グループのアウディのルマンカーアウディ R8Cをベースにしています。エンジンもアウディ R8と同じDOHC V型8気筒3.6Lツインターボ(600HP)を搭載していました。

 

 2001年にベントレーは71年ぶりにEXP スピード 8でルマンに復帰しました。最終結果は3位で表彰台に上りました。2002年ルマンにはエンジンを4Lに拡大したスピード 8で参戦し、1-3位を独占したアウディ R8に次ぐ4位となりました。2003年ルマンはアウディがワークス チームで参戦しなかったので、スピード 8が実質的にフォルクスワーゲン グループのワークスとなり、1-2位でフィニッシュし通算6度目の優勝を遂げました。ベントレーの「ルマン参戦3ヵ年計画」は計画通りに達成されました。(これは簡単なことではありません 凄いです)

 

 

 ミニカーは2019年に発売されたルマン24時間レースカーコレクションで、メーカーはスパークの関連会社です。2003年ルマンで優勝した7号車をダイキャスト製でモデル化しています。雑誌付きのミニカーながらもエッティング材のワイパーやホイールなどがリアルで細かいところまでデカールがきちんと貼られているなどかなり良い出来ばえです。これ以外のスピード 8のミニカーはイクソの2001/2003年型、オートアートの1/18の2002年型、ミニチャンプスの2002/2003年型、スパーク(レジン製)の2003年型などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 1
BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1969

   

 

BENTLEY ARNAGE T 2003 UK

BENTLEY ARNAGE T 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139070 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.93m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.8L ツインターボ 458HP 4段自動変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでベントレー アルナージのミニカー検索

 

ベントレー アルナージ T イギリス 2003

 

 1980年にロールス ロイス シルバー シャドウがシルバー スピリットにモデルチェンジしたのに合わせて、ベントレー T2は後継車のミュルザンヌにモデルチェンジしました。ミュルザンヌにはその後、装備を簡略化したエイト(後にブルックランズ)、ターボでパワーアップしたターボ R、ターボのないSなどが設定されました。ミュルザンヌをベースにしたクーペタイプのコンチネンタル Rが1991年に追加され、そのコンバーチブル仕様のアズールが1995年に追加されました。

 

 1998年にロールス ロイス(ベントレー)の売却に関してフォルクスワーゲンとBMWが争った結果、ロールス ロイスはBMW傘下、ベントレーはフォルクスワーゲン傘下となりました。したがって従来のロールス ロイスのスポーティ版がベントレーといった関係が無くなりました。その1998年にロールス ロイス シルバー セラフが登場しましたが、これに合わせてベントレーもミュルザンヌ ターボ Rがアルナージにモデルチェンジしました。

 

 

 ロールス ロイス シルバー セラフとベントレー アルナージはまだ姉妹車でしたので、外観はよく似ています。当初のエンジンはBMW製DOHC V型8気筒4.4L ツインターボ (354HP)で、これはグリーンレーベルと呼ばれ、2000年には無くなりました。1999年にターボ R用だったロールス ロイス製 V型8気筒6.8L ターボ (405HP)エンジンを搭載したレッドレーベルと呼ばれるモデルが追加され、レッドレーベルは2002年にツインターボ化したアルナージ Rとなり、さらに458HPにパワーアップしたアルナージ Tも登場しました。2005年にはオープンカー仕様のアズールが追加されました。

 ミニカーは2004年に発売されたミニチャンプス製のアルナージです。ミニチャンプス絶頂期のモデルですから、全般的にレベルが高い仕上げでかなり良く出来ています。この当時のミニチャンプスのミニカーはサイドウインドーが開いているものが多いです。その理由は室内の内装仕上げに手をかけているので、それが良く見えるようにサイドウィンドーにひと手間かけて開いた状態にしているのです。(このベントレーはそれほど凝った仕上げではありませんが) 内装の仕上げが落ちるにつれて、サイドウィンドーは閉じた状態の物が多くなっていきました。 なおこのベントレーで少し仕上げを変えればロールス ロイスも作れそうですが、ライセンスの関係なのかミニチャンプスはシルバー セラフを作っていません。これ以外ではフランクリンミントの1/24や京商の1/64があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY ARNAGE T 1
BENTLEY ARNAGE T 2

 1980年代以降のベントレーはコンチネンタル、ミュルザンヌ、アズールやレースカーのスピード 8などをミニチャンプスや京商などがモデル化していています。ベントレーのミニカーの検索 → データーベースでベントレー(1980年以降)のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1337

   

BENTLEY CONTINENTAL GT 2003 UK

BENTLEY CONTINENTAL GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139021 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.82m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: DOHC W型12気筒 ツインターボ 6L 560HP 6段自動変速
性能: 最高速320km/h
データーベースでベントレー コンチネンタルのミニカー検索

 

ベントレー コンチネンタル GT イギリス 2003

 

 前述したベントレー ミュルザンヌのクーペ コンチネンタル Rの後継車がコンチネンタル GTで2003年に登場します。フォルクスワーゲンがベントレーを買収したことで、ベントレーはロールス ロイスの姉妹車ではなくなったので、大きな丸型4灯ヘッドライトを持つ独自の迫力あるデザインに様変わりしました。2+2のシートを持つ4シータークーペで、内装は従来通りの本革などを使った豪華なものでした。フォルクスワーゲン製のW型12気筒6L ツインターボ(560HP)エンジンを搭載し、マニュアルモード付き6段自動変速で、フルタイム4WDです。

 

 2005年に4ドア版の派生車フライングスパーが登場します。フライングスパーの名前は1950年代のS1 コンチネンタル以来の復活となりました。2006年に電動ソフトトップを装備したオープンカーのGTCが追加されました。2007年にエンジンを610HPにパワーアップしたGTスピード、2009年にそのオープン仕様GTCスピードが追加されました。2009年にはさらに630HPにパワーアップしボディを軽量化したスーパースポーツ、2010年にそのオープン仕様が追加されました。2011年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2004年に発売されたミニチャンプス製です。実車の迫力あるスタイルがよく再現された素晴らしい出来ばえです。また全開になったウインドーから見える室内はメーターなどがリアルに再現されています。これが発売された当時はミニチャンプスの絶頂期で、年間500種類以上の新製品が発売されていました。コンチネンタル GTはフライングスパー、GTC、スーパースポーツなど 1/43、1/18、1/64で約30種類もモデル化されています。これ以外では京商が1/64で、スーパースポーツやレース仕様のGT3をモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY CONTINENTAL GT 1
BENTLEY CONTINENTAL GT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1338

   

 

ページ 1