ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 2003 UK

BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
LE MANS COLLECTION 12 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.64m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒4L ツインターボ 615HP 6段自動変速
性能: 最高速350km/h
データーベースでベントレー スピード 8のミニカー検索

 

ベントレー スピード 8 #7 ルマン 優勝 イギリス 2003

 

 ベントレーは1920年代にベントレー 3Lなどでルマンで5勝していますが、1931年にロールス ロイス社に買収されたことでレース活動から撤退しました。1998年にベントレーはフォルクスワーゲン傘下となったことでレース活動に復帰し、2001年から2003年までにルマン優勝を目指す「ルマン参戦3ヵ年計画」が立案されました。この計画に沿って開発されたプロトタイプレーシングカーがベントレー スピード 8です。基本的な構造は同じフォルクスワーゲン グループのアウディのルマンカーアウディ R8Cをベースにしています。エンジンもアウディ R8と同じDOHC V型8気筒3.6Lツインターボ(600HP)を搭載していました。

 

 2001年にベントレーは71年ぶりにEXP スピード 8でルマンに復帰しました。最終結果は3位で表彰台に上りました。2002年ルマンにはエンジンを4Lに拡大したスピード 8で参戦し、1-3位を独占したアウディ R8に次ぐ4位となりました。2003年ルマンはアウディがワークス チームで参戦しなかったので、スピード 8が実質的にフォルクスワーゲン グループのワークスとなり、1-2位でフィニッシュし通算6度目の優勝を遂げました。ベントレーの「ルマン参戦3ヵ年計画」は計画通りに達成されました。(これは簡単なことではありません 凄いです)

 

 

 ミニカーは2019年に発売されたルマン24時間レースカーコレクションで、メーカーはスパークの関連会社です。2003年ルマンで優勝した7号車をダイキャスト製でモデル化しています。雑誌付きのミニカーながらもエッティング材のワイパーやホイールなどがリアルで細かいところまでデカールがきちんと貼られているなどかなり良い出来ばえです。これ以外のスピード 8のミニカーはイクソの2001/2003年型、オートアートの1/18の2002年型、ミニチャンプスの2002/2003年型、スパーク(レジン製)の2003年型などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 1
BENTLEY SPEED 8 #7 LE MANS WINNER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1969

   

 

ページ  « 前へ 1  2