自動車歴史 時代/自動車メーカー別 戦後期 イタリア ランボルギーニ ページ 1

ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

LAMBORGHINI 350GT 1963 ITALY

LAMBORGHINI 350GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 539 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.64m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.5L 270HP 5段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでランボルギーニ 350/400のミニカー検索

 

ランボルギーニ 350GT イタリア 1963

 

 イタリアの農機具(トラクター)メーカー ランボルギーニ トラットリーチ社の社長フェルッチオ ランボルギーニは自動車マニアで、高級車を多く所有していましたが何れにも満足していませんでした。彼は自分のフェラーリの修理費用が高額であったことから高級車ビジネスが儲かることに気がつきました。またメカニックであった彼の自分の思いどおりの車を作りたいというロマンもあいまって、スーパーカーを製造するランボルギーニ社を1962年に設立しました。

 

 最初のモデル350GTVの開発はフェラーリ 250GTOの開発を行ったジオット ビッザリーニが行いました。DOHC V型 12気筒3.5L(360HP)エンジンはフェラーリよりも高度な4カム仕様で、サスペンションも4輪ダブルウイッシュボーンとこれもフェラーリを凌ぐ仕様でした。350GTVは1963年にトリノショーに出展されましたが、フランコ スカリオーネのデザインしたリトラクタブル ライトを採用したフロント部分やホットすぎる性能がフェルッチオのお気に召さず、この車は発売されませんでした。

 

 

  最初の市販モデル350GTは350GTVを改良したもので、アルミ製ボディのデザインはトゥーリングがフロント部分を手直し、エンジンは270HPにデチューンされ最高速250km/hの性能でした。1964年から生産を開始し130台ほどが生産されたそうです。

 ミニカーはポリトーイ初期のMシリーズで、素晴らしい出来映えです。特徴的なヘッドライトがやや小さめですが、これはポリトーイの意図的なデフォルメでしょう。(小さめの方がかっこいい?) ポリトーイの魅力はエンジンやサスペンションなどのメカ部分も再現している点ですが、エンジンとそれにつながるエキゾーストパイプ、クランクシャフト、デフが実車同様に3次元的に配置されています。このようなギミックは現在のミニカーが忘れている自動車の本質的なリアリティの追求だとおもいます。(個人的にはワイパーやミラーをリアルに再現することよりも意味があると思っています)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=743

   

LAMBORGHINI 400GT 2+2 1966 ITALY

LAMBORGHINI 400GT 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430103300 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.9L 320HP 5段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでランボルギーニ 350/400のミニカー検索

 

ランボルギーニ 400GT 2+2 イタリア 1966

 

 400GTは350GTのホイールベースを140mm延長して2+2の4座席とし、ルーフラインを変更して全高を高くすることで居住性を向上させた改良型で、1966年に発表されました。見た目の大きな違いとしてはヘッドライトが丸型4灯式に変わっています。

 

 最初から居住性の改良に取り組んだという点に、フェルッチオ ランボルギーニの考え方が反映されているように思います。エンジンは3.9L(330HP)に拡大され、ボディはスチール製に変更され、最高速は250km/hでした。1966年から1968年までに約220台が生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、最近のレベルでモデル化するとこうなるということです。ミニチャンプスは350GTもモデル化しており、ルーフラインの違いはある程度作り分けています。ただホイールベースや全長の違い(1/43サイズで4mmほどになる)は作り分けておらず、この辺は量産ミニカーの限界といったところでしょうか。(最新のミニチャンプスなら作り分けるかもしれませんが、多分高い物になるでしょう)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=744

   

 

LAMBORGHINI MIURA P400 1966 ITALY

LAMBORGHINI MIURA P400 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 161 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.9L 350HP 5段変速
性能: 最高速300km/h?
データーベースでランボルギーニ ミウラのミニカー検索

 

ランボルギーニ ミウラ P400 イタリア 1966

 

 ミウラのプロトタイプはまずシャーシだけが1965年のトリノ ショーに展示されました。V型12気筒エンジンを横置きにミドシップ配置したその構造はレーシングカーそのもので、大きな注目を集めました。翌年のジュネーブ ショーでベルトーネ製(マルチェロ ガン ディーニのデザイン)の華麗なボディを載せたミウラが披露されると、注文が殺到しました。

 

 このミウラという名前は有名な闘牛飼育農場にちなんだものでした。(ランボルギーニのエンブレムは闘牛です) この車はショーカーで完成度が低かったのですが、バックオーダーを解消すべくとりあえず改良しながらP400の生産が始まりました。

 

 

 P400の改良は1971年に発表されたSVまで続けられたそうです。(それまでに600台以上が生産されていますが) SVは3.9L(385HP)エンジンで、最高速は283km/hといった性能でした。 現在でも絶大な人気があるこの車は1973年までに750台ほどが生産されました。

 人気の高いミウラはミニカーもたくさん作られています。(その一部を当方のミウラのページでまとめています) その中から当時物として最高の評価があるソリド製を載せておきます。最近のミニチャンプスの物も良いですが、実車のイメージを強調した独自のデフォルメが施されたこのミニカーも魅了的です。またボディパネルなどが開閉できてエンジン等の造形等を見ることができる点で、昔のミニカーは最近のミニカーにはない違った魅力もあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=745

   

LAMBORGHINI MARZAL BERTONE 1967 ITALY

LAMBORGHINI MARZAL BERTONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 568 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2L 175HP 5段変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでランボルギーニ マルツァルのミニカー検索

 

ランボルギーニ マルツァル ベルトーネ イタリア 1967

 

 ランボルギーニ マルツァルは1967年ジュネーブ ショーで公開されたコンセプトカーです。ベルトーネのマルチェロ ガンディーニのデザインで、広いガラス面積のガルウイング式ドアが大きく開くのが特徴です。ベースとなっているのはミウラで、シャーシを延長して完全な4座の室内を確保しています。エンジンはミウラのV型12気筒の片バンクだけを使った6気筒2Lで、後輪車軸を跨ぐ位置に横置き搭載されています。低いノーズ先端の小さなフロントグリルには6連式角形ヘッドライトが付いています。ルーフはガラスサンルーフで、リアカウルにはハニカム形状の開口部を持つルーバーが付いています。

 

 ドア形状、メーターパネル、シートの座面などに6角形のハニカム形状のモチーフが繰り返して使われているのはショーカーとしてのお遊びです。大きなガルウイング式ドアはショーカーとしてはインパクトがあるのですが、丸見えの室内はプライバシーが全くなく夏場はとても暑くなるでしょうから、実用的ではありません。この車のコンセプトを引き継いで実用的に仕立てたのが、1968年に登場した4座のエスパーダ(エンジンはフロント搭載) でした。

 

 

 ミニカーはポリトーイ製で、1970年に発売されました。廉価版として作られたEXPORTシリーズで、ヘッドライトやテールライトなどの仕上げは簡素ですが、プロポーションはまずまずでホイールはリアルなメタル製です。最大の特徴である大きなドアが可動し、6角形をモチーフにした室内もある程度再現されています。これ以外の当時物としては、同じポリトーイのペニー(1/66)、ディンキー(英)、エディルトイ、サブロン(同じ型でナコラルもあり)、マッチボックスなどがありました。最近の物では、プロバンス ムラージュ(レジン製キット)やホワイトボックスがあります。 以下はポリトーイのマルツァルの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LAMBORGHINI MARZAL BERTONE 1
LAMBORGHINI MARZAL BERTONE 2

 以下は1971年に発売されたサブロンのマルツァル(型番06)の画像です。サブロンのミニカーはゴム タイヤに使われた有機溶剤がホイールを溶かすという問題があり、これも物の見事にホイール全てが溶解しています。ただこの問題さえ除けば、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。ドアとフロント/リアパネルが開閉し、室内やエンジンがそこそこ再現されています。特に6連式角形ヘッドライトが並ぶフロントグリルはポリトーイの物よりも実車の雰囲気をうまく再現しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LAMBORGHINI MARZAL BERTONE 3
LAMBORGHINI MARZAL BERTONE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1818

   

 

LAMBORGHINI ESPADA 1968 ITALY

LAMBORGHINI ESPADA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 587 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.73m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.9L 350HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでランボルギーニ エスパーダのミニカー検索

 

ランボルギーニ エスパーダ イタリア 1968

 

 ミウラと同時期の1968年に登場したエスパーダは、ミウラと同じV型12気筒エンジンをフロントに搭載した4シーターのGTでした。エスパーダという名前はスペイン語で剣の意味で、これも闘牛関係の名前です。ボディ デザインはミウラと同じマルチェロ ガンディーニで、デザイン コンセプトカーのマルツァルのコンセプトを具現化した物でした。V型12気筒3.9L(350HP)エンジンを搭載し、最高速260km/hの性能でした。

 

 ミウラと違って地味なのであまり知られていない車ですが、1978年までに約1200台(当時のランボルギーニとしては多い)が生産されています。1970年にパワーステアリング、1974年にオートマチックが採用され、豪華で居住性の高い高性能GTでした。ランボルギーニの創設者フェルッチオ ランボルギーニはこのような居住性の良い高性能車を作りたかったそうで、実際に彼はエスパーダを愛用していました。(個人的な見解ですが、シンプルなデザインのエスパーダはランボルギーニの中で一番好きな車です)

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物で、1969年に発売されました。プロポーションが抜群で、フロントグリルなどの細部もよく再現され、実に素晴らしい出来ばえです。ドア/ボンネット/リアハッチが開閉し、V型12気筒エンジンも再現されています。ただ実車があまり知られていないので、ポリトーイ初期のMシリーズのなかでもあまり人気がないモデルです。これ以外の当時物ではジク(SIKI)とナコラル(NACORAL)がありました。最近の物では、ミニチャンプス、オートアート、ルックスマート(レジン製)などがあります。 以下はポリトーイのエスパーダの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LAMBORGHINI ESPADA 1
LAMBORGHINI ESPADA 2

 以下は2004年に発売されたミニチャンプスのエスパーダ(型番400103300)の画像です。ミニチャンプスらしい、そつのない良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LAMBORGHINI ESPADA 3
LAMBORGHINI ESPADA 4

LAMBORGHINI ESPADA 5
LAMBORGHINI ESPADA 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=746

   

LAMBORGHINI ISLERO 1968 ITALY

LAMBORGHINI ISLERO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 558 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.9L 350HP 5段変速
性能: 最高速256km/h
データーベースでランボルギーニ イスレロのミニカー検索

 

ランボルギーニ イスレロ イタリア 1968

 

 自動車メーカーのボディ内製化の流れを受けて400GTのボディを担当していたトゥーリング社が1966年に廃業しました。その為400GTは生産中止を余儀なくされ、その後継として1968年に登場したのがイスレロでした。従ってDOHC V型 12気筒3.9Lエンジンやサスペンションは400GTそのままで、ボディはランボルギーニ内製でした。

 

 2+2座GTで性能的にも400GTと同等でした。なおイスレロという名前も、有名な闘牛の名前にちなんでいます。イスレロはこのあまりに平凡なデザインが良くなかったようで、販売不振から1969年には生産中止となり200台程しか生産されていません。

 

 

 ミニカーはポリトーイ製で実車人気を反映して当時物はこれぐらいしかありません。ルーフパネルが厚ぼったいなど実車のイメージがうまく再現されておらず、ポリトーイとしてはぱっとしない出来映えです。2000年以降ではミニチャンプスがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=747

   

 

ページ 1  2  3  4   次へ »