自動車歴史 時代/自動車メーカー別 サラブレッド期 イタリア アルファ ページ 1

ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA ROMEO 8C 2300 1931 ITALY

ALFA ROMEO 8C 2300 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R077 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 2336cc 142HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでアルファ ロメオ 8Cのミニカー検索

 

アルファ ロメオ 8C 2300 イタリア 1931

 

 1750でイタリア国内のスポーツカーレースを制覇したアルファは国際レースに進出するため、1930年に新しい8気筒エンジンの8C 2300を開発しました。6C 1750には4座のツーリングカー(セダン)がありましたが、8C 2300は2座のスポーツカーだけでした。エンジンも軽合金製のレーシングカー並の設計となっていて、ノーマルタイプでも142HP 175km/hの高性能車でした。ただシャーシは6C 1750とほぼ同じなので見た目はほとんど変わりません。

 

 ミニカーはブルムの初期物の8C 2300で、1982年に発売されました。前述した6C 1750と比べると、リアのスペアタイヤカバーの上に整流板のような羽がありグリルが黒いなどの違いがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とコクピット部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

 

 

 

ALFA ROMEO 8C 2300 1
ALFA ROMEO 8C 2300 2

 以下は同時期に発売されたミッレ ミリア仕様(型番R078)の画像です。1932年のミッレ ミリアの優勝車をモデル化しています。赤いカバーを付けた3連のヘッドライトはレース仕様の定番です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO 8C 2300 MILLE MIGLIA 1932 1
ALFA ROMEO 8C 2300 MILLE MIGLIA 1932 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=301

   

ALFA ROMEO 8C 2300 LE MANS 1931 ITALY

ALFA ROMEO 8C 2300 LE MANS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO LM1931 1/43 100㎜

 

アルファ ロメオ 8C 2300 ルマン イタリア 1931

 

 8C 2300は狙いどうりに国際レースで圧倒的な強さを発揮します。特にすごいのはベンツ、ブガッティ、ベントレーなどの強力なライバルがいるなかで1931年から4年間連続してルマンで優勝していることです。なお当時のルマンの規定で4座が要求されていた為、この8C 2300だけは2+2のルマン仕様のボディとなっています。

 

 ミニカーはイクソ製で、1931年のルマン優勝車です。+2の座席がカバーで覆われていてボディが少しだけ長くなっています。ヘッドライトに赤いカバーが付いているのは当時のレース仕様なのでしょう。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 2336cc 
性能: 
データーベースでアルファ ロメオ 8Cのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=302

   

 

ALFA ROMEO P3 1932 ITALY

ALFA ROMEO P3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 5 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 2.7L スーパーチャージャー 215HP 4段変速
性能: 最高速232km/h
データーベースでアルファ ロメオ P2/P3のミニカー検索

 

アルファ ロメオ P3 イタリア 1932

 

 P2の後継としてヤーノが開発したP3(ティーポ B)はグランプリカー(現F1)の最高傑作といわれています。エンジンは8C用を2654ccに拡大したもの(215HP)で最高速232km/hの性能でした。P3の最大の特徴は左右の後輪を2本のドライブシャフトで独立して駆動していることで、2本のドライブシャフトの間にドライバーのシートを収めることで重心を低くしていました。

 

 1932年のイタリア GP 優勝を皮切りに、P3はほとんど向かうところ敵なしの状態で、この勢いは1934年の新フォーミュラー レギュレーション発効まで続きました。1934年のレギュレーション変更に対応して、エンジンが2.9L(255HP)に拡大されました。1934年もP3は大半のレースに勝利しましたが、後半になるとドイツのメルセデス ベンツ/アウトウニオンが台頭してきます。1935年になると、ヨーロッパ選手権(全7戦)でP3はドイツ勢(6戦を優勝した)に対抗できなくなりました。ただドイツ GP(ヨーロッパ選手権 7戦のひとつ)ではエンジンを3.2L(265HP)に拡大したP3が、T.ヌヴォラーリのドライブで優勝して、強いドイツ勢に一矢を報いました。

 

 

 ミニカーはリオの初期物で、1962年に発売されました。60年以上も昔に作られたミニカーとは思えないほど、結構リアルで良い出来ばえです。またミニカーをひっくり返すとエンジンやサスペンションが再現されていて、簡単な造形ですがドライブシャフトがちゃんと2本付いています。リオはP3のミニカーを20種類ほどモデル化していますが、量産ミニカーではリオ以外はP3をモデル化していません。(ライセンスの関係でしょうか? NEOのレジン製など少量生産品ならありますが) 以下はリオ初期のP3のフロント/リアの拡大画像とコクピット/リア車軸部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO P3 1
ALFA ROMEO P3 2

 以下は1980年に発売されたリオのP3 タルガ フロリオ(型番70)とP3 ダブル ホイール仕様(型番71)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO P3 3
ALFA ROMEO P3 4

 以下は1995年に発売されたリオのP3 スクーデリア フェラーリ(型番SL007/P)の画像です。1935年のドイツ GPで優勝した車とドライバーのT.ヌヴォラーリのセット物です。スクーデリア フェラーリ(アルファ ロメオのセミワークス レーシングチーム)ではリア サスペンションを改造しているのですが、ミニカーでもちゃんとリア サスペンションが変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO P3 5
ALFA ROMEO P3 6

 以下は2006年に発売されたリオのP3 テストカー(型番4005/1)の画像です。この頃にはリオはM4傘下のブランドに変わりましたが、昔の型を流用して再生産されたものです。ボンネットのルーバーに墨入れされ、スポーク ホイール、コクピット内造形、フロントグリルのアルファのエンブレムなどがリアルにリファインされています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
 
ALFA ROMEO P3 7
ALFA ROMEO P3 8

 以下は2009年に発売されたリオのP3 B タルガ フロリオ(型番4256)の画像です。これもM4のブランドに代わってから再生産されたもので、1935年のタルガ フロリオ仕様です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO P3 9
ALFA ROMEO P3 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=303

   

ALFA ROMEO 16C BIMOTORE 1935 ITALY

ALFA ROMEO 16C BIMOTORE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOPMODEL 71 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.33m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: DOHC 16(8x2)気筒 5.8(2.9x2)L スーパーチャージャー 540HP 4段変速?
性能: 最高速320km/h
データーベースでアルファ ロメオ ビモトーレのミニカー検索

 

アルファ ロメオ 16C ビモトーレ イタリア 1935

 

 GPレースで圧倒的に強かったP3も、1934年から始まった新しい規定のフォーミュラ 750(重量750kg以下)ではナチス ドイツが国策で後押しするメルセデス ベンツ W25などのドイツ勢に圧倒されるようになります。そこで当時アルファ ロメオのワークス チーム(スクーデリア フェラーリ)を監督していたエンツォ フェラーリが開発したのが、16C ビモトーレでした。ビモトーレという名前は2つのエンジンという意味で、コックピットの前後に8気筒エンジンを搭載し、2倍のパワーで後輪を駆動します。2つのエンジンは長いクランクシャフトで連結され、その中間からP3独特の2つのドライブシャフトを介して左右のタイヤを駆動しています。(複雑な構造です)

 

 1935年のテストでは最高速321.5Kmを記録しており、確かに早かったのですが、名ドライバー T.ヌヴォラーリをしても操縦が難しかったそうです。さらに当時の細いタイヤがハイパワーに耐えられず、その為タイヤ交換に時間を取られることも問題でレースでは活躍できませんでした。結局P3の後継はティーポ Cとなりました。

 

 

 ミニカーは1997年頃に発売されたトップモデルの物でレジン製です。ボディ後端のリアのエンジン始動用のクランクハンドル、リアの右サイドから出る2本目の排気管が2つのエンジンを搭載していることを示しています。量産ミニカーはトップモデルしかなく、バリエーションが数種類あります。(戦前のメルクリンのミニカーもありますが、それは別格です) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO 16C BIMOTORE 1
ALFA ROMEO 16C BIMOTORE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1300

   

 

ALFA ROMEO 8C 2900B 1938 ITALY

ALFA ROMEO 8C 2900B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R139-04 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 2.9L スーパーチャージャー 180HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでアルファ ロメオ 8C 2300のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 8C 2300B イタリア 1938

 

 前述したようにGPカーでは、メルセデス ベンツやアウトウニオンのドイツ勢に対抗できなくなったので、アルファ ロメオは国内のスポーツカーレースに軸足を移します。6C、8Cで確立したスポーツカーレースでの優位を維持するために開発されたのが8C 2900Aで、1935年に登場しました。エンジンはGPカー ティーポ B用の8気筒エンジンを220HPにディチューンして搭載していました。この車は1936年と1937年のミッレ ミリアで優勝しています。

 

 8C 2900Bは8C 2900Aのエンジンを180HPにディチューンした市販スポーツカー(当時のスーパーカー)で、1937年に登場しました。2900Aのホイールベース(2718㎜)より長いのですが、ショートホイールベース(2799㎜)のコルト(CORTO)とロングホイールベース(3000㎜)のルンゴ(LUNGO)の2タイプがあり、ほとんどはトゥリングがボディを架装していました。市販車ながらもショートホイールベースのレース仕様が1938年のミッレミリアで、ロング ホイールベースのレース仕様が1947年のミッレミリアで優勝しています。8C 2900Bはたった30台ほどしか生産されていません。

 

 

 ミニカーはブルム製、2003年頃に発売されました。8C 2900B スパイダーをモデル化しています。もともとは1987年に黒のボディカラーでモデル化されていたのですが、これはフロント グリルのエンブレム印刷などをリファインして再発売された物です。1980年代のミニカーですのであまり細かいところはリアルではないですが、実車の雰囲気はそこそこうまく再現しています。ただライト下のシール部は本来はグリルなので、そこはちゃんとした開口部にしてほしかったですが。。ブルムはミッレ ミリア仕様も作っています。 以下はイクソのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO 8C 2900B 1
ALFA ROMEO 8C 2900B 2

 以下は1987年に発売されたブルムの8C 2900B ミッレ ミリア 1938年(型番R141)の画像です。赤いカバーの付いたヘッドライトは当時のレース仕様車によくみられます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO 8C 2900B MILLE MIGLIA 1
ALFA ROMEO 8C 2900B MILLE MIGLIA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=304

   

ALFA ROMEO 8C 2900B LUNGO SPIDER 1938 ITALY

ALFA ROMEO 8C 2900B LUNGO SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS002 1/43 118mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 2.9L スーパーチャージャー
 180HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでアルファ ロメオ 8C 2900のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 8C 2900B ルンゴ スパイダー イタリア 1938

 

 前述したようにGPカーでは、メルセデス ベンツやアウトウニオンのドイツ勢に対抗できなくなったので、アルファ ロメオは国内のスポーツカーレースに軸足を移します。6C、8Cで確立したスポーツカーレースでの優位を維持するために開発されたのが8C 2900Aで、1935年に登場しました。エンジンはGPカー ティーポ B用の8気筒エンジンを220HPにディチューンして搭載していました。この車は1936年と1937年のミッレ ミリアで優勝しています。

 

 8C 2900Bは8C 2900Aのエンジンを180HPにディチューンした市販スポーツカー(当時のスーパーカー)で、1937年に登場しました。2900Aのホイールベース(2718㎜)より長いのですが、ショートホイールベース(2799㎜)のコルト(CORTO)とロングホイールベース(3000㎜)のルンゴ(LUNGO)の2タイプがあり、ほとんどはトゥリングがボディを架装していました。市販車ながらもショートホイールベースのレース仕様が1938年のミッレミリアで、ロング ホイールベースのレース仕様が1947年のミッレミリアで優勝しています。8C 2900Bはたった30台ほどしか生産されていません。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2006年に発売されたミュージアムシリーズの初期の物です。実車画像参照リンク先の2900B ルンゴ スパイダーを忠実にモデル化しています。ボディと共色のバンパー、リアフェンダーのクロームモールのスパッツ、小さなテールライトなどがよく再現されています。ヘッドライトが少しお辞儀しているのは、愛嬌があるのでよしとしましょう。これ以外の8C 2900のミニカーは約30数種類あります。レース仕様ではミッレ ミリア仕様をブルムとトゥルー スケールが、ルマン仕様(リタイヤしてますが)をミニチャンプスがモデル化しています。CMCの1/18 超精密モデルの8C 2900Bではレースカーだけではなくエンジン単体やフレームを再現したものがあります。 以下はイクソのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO 8C 2900B LUNGO SPIDER 1
ALFA ROMEO 8C 2900B LUNGO SPIDER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1634

   

 

ページ 1  2   次へ »