ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SIMCA ARONDE 1954 FRANCE

SIMCA ARONDE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOSTALGIE NO24 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.08m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 42HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでシムカ アロンドのミニカー検索

 

シムカ アロンド フランス 1954

 

 アンリ テオドル ピゴッツィがフランスでフィアットを製造する為1934年に設立したのがSIMCA(Societe Industrielle de Mechanique et de Carrosserie Automobile:自動車車両車体工業会社)でした。最初のシムカはフィアット トポリーノをベースとしたシムカ 5で1936年に登場し、その翌年には508Cベースのシムカ 8が登場しました。シムカ 5と8は第二次大戦後も生産され、8にはシムカが企画したオープンのスポーツモデルも追加されました。

 

 1951年にはフィアット 1100がベースながらシムカの設計による新型のアロンドが登場します。4気筒1.2L(42HP)エンジンはフィアット製ですが、フラッシュ サーフェースを採用したモノコックボディは斬新でした。当時のライバルはまだ戦前型の設計でしたから、アロンドは1Lクラスのファミリーカーとして大ヒットしました。アロンドは基本設計を変えずにハードトップやワゴンなどのバリエーションが追加され1962年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは2003年発売のノスタルジー(イクソ)製で、1954年式となっています。フランス車らしくない無国籍な感じのスタイルがシムカの生い立ちを示しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=629

   

SIMCA (VEDETTE) CHAMBORD 1958 FRANCE

SIMCA (VEDETTE) CHAMBORD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4561 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: V型8気筒 2.4L 80HP 3段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシムカ (ベデット)のミニカー検索

 

シムカ (ベデット) シャンボール フランス 1958

 

 ベデットは合併後にボディを一新し、シムカ トリアノンとして登場します。エンジンはV型8気筒2.3L(84HP)を搭載していました。トリアノンのシリーズにはアロンド用の4気筒1.3Lエンジンを搭載したアリアーヌが追加されました。

 

 また8気筒エンジンを搭載した上級車クラスはワゴンのマーリー、ビューロ、シャンボール、プレジダンスにバリエーション展開されました。いずれもボディ細部が異なるだけの派生車でした。なおシムカの最高級車プレジダンスは、フランス大統領専用車にも採用されています。

 

 

 ミニカーは2000年発売のソリド製で、上級車クラスのシャンボールです。同じ型を使ったプレジダンスもモデル化されています。テールフィンとサイドの塗り分けは同時代の米フォードのフェアレーンとそっくりで、まさに小さなアメリカ車といった感じの車です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=632

   

 

SIMCA OCEANE 1959 FRANCE

SIMCA OCEANE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 110 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 57HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシムカ オセアーヌ(オーシャン)のミニカー検索

 

シムカ オセアーヌ(オーシャン) フランス 1959

 

 1955年にアロンドはマイナーチェンジされました。エンジンは1.3L(48HP)に拡大され、フロントとリアのデザインが変更されました。1957年には2ドアコンバーチブルのオセアーヌ、2ドアハードトップクーペのプランシエル(Plein Ciel)が追加されました。

 

この2つのスポーティ仕様はファセル製の軽快なボディに、57HPにパワーアップされたエンジンを搭載し、最高速は140km/hと高性能になっていました。アロンドは1958年にはエンジンはそのままで、ボディをかなり近代的なスタイルに変えたP60に変わりました。、

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、P60のオセアーヌのモデルです。セダンとは打って変わって、魅力的なスポーツカーであったことが分かります。本来は座席に女性ドライバーが座っているのですが、欠品してます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=630

   

SIMCA 1000 1962 FRANCE

SIMCA 1000 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 519 1/43 88mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 34HP 4段変速/3段半自動変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでシムカ 1000のミニカー検索

 

シムカ 1000 フランス 1962

 

 アロンドの後継として1962年に登場したのが1000でした。1000はシムカとして初のリアエンジン車で、モノコックボディに4気筒1L(34HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速125km/hの性能でした。デザインはごくシンプルで、見た目は同時期に登場したルノー 8と非常に良く似ています。

 

 1000はそのルノー 8同様大ヒットし、大衆車市場をこの2台が席巻しました。ただシムカは大株主フィアットのコントロール下にあり、1000も中身はフィアット600を大きくしたような設計でした。1.1L、1.3Lエンジンが追加されるなどして、1978年まで長く生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。シンプルな作りですが、ディンキー(仏)らしい良いプロポーションで、実車のイメージがよく再現されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=633

   

SIMCA 1000 COUPE 1962 FRANCE

SIMCA 1000 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 73 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.93m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 52HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシムカ 1000のミニカー検索

 

シムカ 1000 クーペ フランス 1962

 

 アロンドのスポーツ仕様の後継として登場したのが1000 クーペでした。ベルトーネのデザインによる美しいクーペスタイルに52HPにパワーアップしたエンジンを搭載し、最高速は140km/hでした。

 

 1967年には1.2L(85HP)の高性能エンジンを搭載し、最高速178km/hと本格派のスポーツカー1200Sに発展します。この1200Sはリアエンジンながら、フロントにラジエータを持つためフロントグリルが付いていました。

 

 

 ミニカーはノレブの当時物でプラスチック製です。この時代のノレブの常でボディが経年変化でやや変形しています。プロポーションはそう悪くないので、ベルトーネによるイタリア的なスタイルが分かると思います。この車でもフィアットの影響力を感じますね。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=634

   

 

SIMCA 1500 1963 FRANCE

SIMCA 1500 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 523 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.58m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 69HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでシムカ 1500のミニカー検索

 

シムカ 1500 フランス 1963

 

  大衆車市場で成功したシムカは、その上のクラスを狙ってアリアーヌの後継車として1300、1500を1963年に登場させました。1300はアロンド用の1.3L(52HP)エンジン、1500は新設計の4気筒1.5L(69HP)エンジンを搭載し、ごく常識的な構成のFR方式の中型車でした。1967年にはボディを小変更して1301、1501となり、1975年まで生産されました。

 

 どちらかというと何の特徴もない平凡な車ですが、長い間生産されていたことからそこそこ成功したのだと思います。どこの国でもこの手の地味な車が結構売れるものです。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。ヘッドライトにラインストーンが使われていて少し豪華に見えます。ディンキー(仏)はこのセダン以外に、ブレーク(ワゴン)も作っています。このワゴンは実車同様にリアシート後部に脚を畳んだピクニック テーブルが組み込まれていて、テーブルを取り出してジオラマ風に並べることができる楽しいギミックもついています。国産ミニカーではセダンとワゴンが両方ともモデル化されることはあまりないのですが、欧州製ミニカーではセダンと合わせてワゴンがモデル化されることが多いです。この手のワゴン車がバカンス シーズンのレジャーによく使われるからだと思います。これ以外のシムカ 1500の当時物ミニカーとしてはノレブやポリトーイがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=635

   

SIMCA 1100 1967 FRANCE

SIMCA 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 164 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 52HP 4段変速
性能: 最高速126km/h
データーベースでシムカ 1100のミニカー検索

 

シムカ 1100 フランス 1967

 

 小型車の前輪駆動化の流れに沿って、シムカ初の前輪駆動車として1100が登場しました。ハッチバックスタイル、4輪独立サスペンション、前輪ディスクブレーキなど時流に先んじた小型車でヒットしました。4気筒1.1L(52HP)エンジンを搭載し、最高速126km/hの性能でした。

 

 なおシムカの大株主であったフィアットがクライスラーに株を売却したことで、1963年にシムカはクライスラー傘下となっていました。1100はフィアットのダンテ ジアコーサ方式の前輪駆動を採用しており、フィアットの影響を受けた最後の車でした。1.2Lや1.3Lエンジンが追加され、1982年まで長い間生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、少し大きめに出来てます。ソリドらしいシャープな仕上がりで、実に良くできています。型番34で高性能版の1100TIもモデル化されています。なおこのミニカーにはホイールが溶けるという問題が発生するものがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=636

   

CHRYSLER (SIMCA) 180 1970 FRANCE

CHRYSLER (SIMCA) 180 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1409 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 97HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速168km/h
データーベースでクライスラー (シムカ) 180のミニカー検索

 

クライスラー (シムカ) 180 フランス 1970

 

 クライスラー傘下となったシムカは1970年からクライスラーフランスと改名されました。クライスラー傘下で最初に開発されたこの車は、クライスラー160/180として1970年に登場しました。4気筒1.6L(80HP)、1.8L(97HP)エンジンを搭載した後輪駆動の中型車で、最高速168km/h(1.8L)の性能でした。

 

 ボディはクライスラーUK(イギリス)のデザインなのでイギリス車的な雰囲気で、およそフランス車とは思えない車です。1973年にはフランス車としては珍しくオートマチック変速機が標準装備された2L(110HP)エンジンが追加され、1980年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキーが倒産する直前の最後のモデルです。あまりプラスチックのパーツを使わず、プロポーション重視のモデル化をするディンキー(仏)の良さが凝縮された素晴らしい出来映えです。実車はあまり魅力が無いのですが、このミニカーは一見の価値があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=637

   

 

CHRYSLER (SIMCA) SHAKE BUGGY BERTONE 1970 FRANCE

CHRYSLER (SIMCA) SHAKE BUGGY BERTONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 189 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 85HP 4段変速
性能: 最高速179km/h
データーベースでバギーのミニカー検索

 

クライスラー (シムカ) シェイク バギー ベルトーネ フランス 1970

 

 クライスラー シェイク バギーは1970年のパリ サロンで公開されたコンセプトカーです。デザインはベルトーネでリアエンジンのシムカ 1200Sをベースにしています。ロールバーに取り付けれらたヘッドライトは1969年に発表されたアウトビアンキ ランナバウトのアイデアを踏襲していますが、こちらは当時流行していたデューンバギーのようなダイナミックなデザインとなっています。この車は市販化されませんでしたが、フロントバンパー、露出したリアエンジン部のリヤバンパー、シート背後のスペアタイヤなど実用性や安全性がかなり考慮されたデザインになっています。  

 

 当時のシムカは1963年にクライスラー傘下となっていましたので、この車の名前はクライスラーとなっています。ベースとなったシムカ 1200Sは、シムカ 1000 クーペの排気量を拡大したものでした。シムカ 1000 クーペ(1961年)もベルトーネがデザインしたもので、その関係でベルトーネにこのバギーのデザインが依頼されたようです。なお名前のSHAKEとは振動の意で、ビーチ バギーの動きを意味しているようです。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドらしいシャープな造形で、実車と同じリアルな不整地用タイヤなど良く出来ています。あまり知られていない車だったので、当時の日本ではミニカーとして人気がなかったようです。ただ欧米ではこの手のバギーは結構人気があったようで、コーギーも当時物ミニカーを出しています。最近のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1817

   

MATRA SIMCA BAGHEERA 1973 FRANCE

MATRA SIMCA BAGHEERA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 21 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.01m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 84HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでマトラ バゲーラのミニカー検索

 

マトラ シムカ バゲーラ フランス 1973

 

 マトラは1969年にクライスラー傘下のシムカと提携しました。そこでマトラ M530にフォード製エンジンを使い続けることが難しくなり、後継車のバゲーラが1973年に登場しました。エンジンをミッドシップ搭載したシャーシにFRP製ボディという基本スタイルを踏襲し、デザインが当時のミッドシップスポーツカーの標準的なスタイルとなりました。エンジンはシムカ 1100用の1.3L(84HP)に変わり、4段変速で最高速度180km/hの性能でした。

 

 一般的な2+2座の代わりに3人掛けフロントシートという変わった室内レイアウトを採用していましたので、当時としては車幅が広い車でした。(左端のシートがドライバー用) 1975年に1.4L(90HP)エンジンを搭載したバゲーラ Sが追加されました。1976年にフロントグリル、前後バンパー、テールライトなどの意匠が大きく変更されII型となりました。1978年にシムカがクライスラーからプジョー傘下に変わりシムカをタルボに改名した為、車名がタルボ マトラ バゲーラとなりました。1980年に後継車のムレーナが登場し、生産中止となりました。総生産台数は約47000台でした。(実車画像→ タルボ マトラ ムレーナ 1980)

 

 

 ミニカーは1973年に発売されたソリドの当時物です。1970年代のソリドのミニカーはほとんどが当時の一級品で素晴らしい出来ばえでした。このバゲーラもプロポーションが正確で、室内などの細部の仕上げもリアルでとても良く出来ています。特徴的なリトラクタブルヘッドライトが可動し、3人掛けフロントシートも再現されてます。 これ以外のバゲーラのミニカーはソリドの別ブランドのべレム製、ノレブの当時物、オートピレンの当時物、オートピレンと同じ型を使ったディンキー スペイン製の当時物、最近の物ではデルプラドの世界の名車シリーズ、ノレブの新製品、ホワイトボックス(イクソ系)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MATRA SIMCA BAGHEERA 1
MATRA SIMCA BAGHEERA 2

 以下は1977年頃に発売されたオートピレン製の当時物 マトラ シムカ バゲーラ (1/43 型番206)の画像です。1974年から数年間スペインのオートピレンはディンキー(仏)のミニカーの一部を製作しており、それはスペイン ディンキーと呼ばれています。そのスペイン ディンキーの型番1454にマトラ シムカ バゲーラがあり、これはそれのオートピレン版です。スペイン ディンキー版との違いはホイールで、こちらはリアルなホイールですが、スペイン ディンキーは車軸が貫通した簡素なホイールです。本家のディンキー(仏)と同じような作風で、実車の雰囲気がうまく再現され、上記ソリド製と同等の良い出来ばえです。ドア開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MATRA SIMCA BAGHEERA 3
MATRA SIMCA BAGHEERA 4

 以下は1973年に発売されたノレブ製の当時物 マトラ シムカ バゲーラ (1/43 型番825)の画像です。ノレブの当時物にはプラスチック製とダイキャスト製がありますが、これはダイキャスト製です。全体的な造形は上記の2台と同等ですが、ホイールが安っぽいです。ドア/リアハッチの開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MATRA SIMCA BAGHEERA 5
MATRA SIMCA BAGHEERA 6

 以下は2002年に発売されたデルプラド製の世界の名車シリーズのマトラ シムカ バゲーラ (1/43 No.72)の画像です。1976年の意匠変更後のII型をモデル化していますので、フロントグリル、独立したバンパー、ロゴ付のテールライトなどが上述の3台とは異なっています。開閉ギミックはありませんが全体的な出来ばえは上述したものと同等レベルで、世界の名車シリーズのなかでは良い出来ばえです。スペインのミニカー付雑誌でこれと同じようなミニカーがあるので、メーカーはアルタヤ(イクソ)だと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MATRA SIMCA BAGHEERA 7
MATRA SIMCA BAGHEERA 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=645

   

 

サラブレッド期 ←  ページ 1  2   次へ »