ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CHRYSLER SIMCA 1308GT 1975 FRANCE

CHRYSLER SIMCA 1308GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 39 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 85HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでクライスラー シムカ 1308のミニカー検索

 

クライスラー シムカ 1308GT フランス 1975

 

 1300、1500の後継車として1307/1308/1309が1975年に登場しました。クライスラー欧州が開発した最初の車で、1100と同じ横置きエンジンの前輪駆動方式を採用し、1307は1.3L、1308は1.4L(85HP)、1309は1.6Lエンジンでした。180と違ってデザイン的にはフランス車的なハッチバックスタイルで、イギリスではクライスラー アルパインという名前で販売されました。時流に乗ったデザインで1976年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しており、クライスラーの欧州戦略車としてそこそこのヒットとなりました。

 

 米国クライスラーの経営危機でクライスラー欧州は1978年にプジョー/シトロエン傘下に身売りされ、ブランド名がタルボ(英語ではタルボット)に変わりました。1307/1308/1309は1979年にフロントがスラントノーズにマイナーチェンジされますが、その際にタルボ1510と名前を変え、1986年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、1308の最上級車1308GTをモデル化しています。ソリドのシャープな造形がこの車のデザインによくマッチしています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=638

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2