ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PRINCE (NISSAN) GLORIA (S40) SUPER 6 1963 JAPAN

PRINCE (NISSAN) GLORIA (S40) SUPER 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43568 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.65m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 105HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでプリンス グロリアのミニカー検索

 

プリンス (日産) グロリア S40型 スーパー6 日本

 

 1962年にボディを近代的に一新した2代目グロリアが登場しました。ボディを一周するモールを特徴とする、フラットデッキ スタ イルは当時のGM シボレー コルベアーに良く似ています。(モールが多用されているのはやや時代遅れですが) シャーシ構造は先代をベースにしており、エンジンは4気筒1.9L(94HP)で改良されています。4段変速で最高速145km/hの性能でした。ステーションワゴンや商用バンの設定がありました。

 

 翌年には6気筒2L(105HP)G7型SOHCエンジンを搭載したスーパー6が追加されました。国産量産乗用車としては初のSOHCエンジンで、以後他社も高性能なSOHCエンジンを搭載するようになりました。

 

 

 1964年にスーパー6をベースとした上級車グランド グロリア(S44P型)が発売されました。西陣織の内装など内外装を豪華にし、エンジンは G7型を元に排気量を拡大した2.5L(130HP)G11型で、最高速170km/hの性能でした。プレジデントクラウン エイトセンチュリーなどが官公庁の公用車として使われていましたが、特にグロリアは宮内庁御用達で各皇族が愛用されていました。ホイ ールベースを少しだけ延長したグランド グロリアの特注仕様車が少数製作されており、今上天皇(当時は皇太子)が愛用されていました。ただ標準仕様のグロリアは営業的にはクラウンやセドリックのようには売れなかったようです。

 ミニカーはエブロ製です。特徴的なフロントグリルやモール、細いピラーのキャビンがよく再現されていて、かなり良い出来映えです。当時物としてはダイヤペット(ブロンズ仕様の復刻品)とモデルペットが有ります。最近ではファインモデル(アンチモニー製)やトミカ リミッテド、エブロの型を流用した国産名車コレクションからもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=921

   

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (S5) 2000GT 1965 JAPAN

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (S5) 2000GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPAN CAR COLLECTION (NOREV) 45 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.06m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 125HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでプリンス スカイラインのミニカー検索

 

プリンス (日産) スカイライン S5型 2000GT 日本

 

 スカイラインの2Lクラスがグロリアに移行したので、2代目スカイラインは小型大衆車として開発され1963年に登場しました。オーソドックスな設計で当初は4ドアセダンとワゴン(バン)の設定があり、4気筒1.5L(70HP)OHVエンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/hの性能でした。ボディはフロントグリルなどがグロリアのデザインに準じた物でアメリカ車風です。

 

 1964年の日本グランプリに出場する為にグロリアの2Lエンジンを搭載したレース仕様車が開発され、GT-IIクラスでポルシェ 904に次いで2位になりました。 この車をベースにして1965年に2000GT-A(105HP)と2000GT-B(125HP)が発売されました。2000GT-Bは最高速180km/hと本格的なスポーツカーで、後のGT-Rに繋がる車でした。

 

 

 プリンス自動車は上記グロリアの販売が思わしくなく資金繰りが悪化して、1965年に日産自動車との合併を発表します。(1968年に合併完了) 当時のスカイラインのレースでの活躍で合併後もプリンスの名声は残ったのですが、合併後に発売した3代目スカイラインが大ヒットしたことを考えると、合併しなくてもやっていけた可能性もあったと思います。

 当時物のミニカーとしては、ミクロペットとその型を引き継いだダイヤペットがありますが、どちらもレア物です。ダイヤペットは1977年に10周年記念モデルとして復刻版をコレクター向けにプレゼントしています。またカドーが1980年に2000GT-Bをアンチモニー製でモデル化しています。最近ではエブロが2000GT-Bをモデル化しており、なかなか良い出来映えです。画像はそのエブロの型を流用したと思われる国産名車コレクション製です。他には、トミカ リミッテドが1500と2000GT-Bレース仕様を出しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=922

   

 

NISSAN (DATSUN) SUNNY 1000 (B10) 1966 JAPAN

NISSAN (DATSUN) SUNNY 1000 (B10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 2 1/43 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.82m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 56HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速135km/h
データーベースで日産 サニーのミニカー検索

 

日産 サニー 1000 B10型 日本

 

 ブルーバードより小型のモデルが無かった日産が、1Lクラスに進出したのがサニーで、1966年に登場しました。サニーという名前は発売前の車名公募キャンペーンで選ばれました。欧州で大成功したオペル カデットの影響を受けているとウイキペディアに書かれていますが、確かにシンプルなデザインのボディなど良く似ています。エンジンは新規に開発された4気筒1L(56HP)のA型で、3段AT/4段変速で、最高速135km/hの性能でした。

 

 発売当初の販売は好調でしたが、半年ほど後に発売されたトヨタ カローラの排気量が100cc大きくやや豪華に見えることから、販売ではカローラに抜かれてしまいました。確かに今見てもサニーの方がシンプルな分だけ、やや見劣りする気がします。(ここら辺がトヨタらしいところです) 当初は2ドアセダンだけでしたが、4ドアセダン、2ドアクーペ、バン、トラックが追加されました。

 

 

 当時物のミニカーとしてはダイヤペットのセダンとクーペ、トミカ初期のクーペがあります。画像は国産名車コレクション製で、このシリーズでは良い出来ですが、エブロの型を流用していると思われます。またトミカ リミッテドでは4ドアと2ドアのセダンがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=923

   

NISSAN (DATSUN) SUNNY TRUCK (B120) 1971 JAPAN

NISSAN (DATSUN) SUNNY TRUCK (B120) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 27 1/43 89mm

 

日産 サニー トラック B120型 日本

 

 サニー 2代目(B110)のピックアップトラック 1971年 登場
サニー 2代目のモデルチェンジ後も、国内向けは1994年、海外向けは2008年までマイナーチェンジを繰り返し長期間生産 サニトラの愛称で呼ばれた

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 64HP 3/4段変速
性能: 最高速140km/h?
データーベースで日産 サニーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1563

   

 

NISSAN (DATSUN) BLUEBIRD (510) 1967 JAPAN

NISSAN (DATSUN) BLUEBIRD (510) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 226 1/40 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 92HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ブルーバード 510型 日本

 

 3代目のブルーバード 510型は1967年に登場しました。1Lクラスの顧客をサニーに任せることになったので、ブルーバードは大型化されました。「スーパーソニックライン」と称する直線を生かしたシャープなボディは旧型のイメージを一新する斬新な物でした。新開発された4気筒1.3L(72HP)/1.6L(92HP)のL型エンジンを搭載し、3段AT/4段変速で、最高速160km/h(1.6L)の性能でした。日産初の全輪独立懸架を採用するなど高度な内容の車で、この時代の国産車の最高傑作といわれ、国内外で大ヒットしました。(個人的にも素晴らしい車だったと思います)

 

 当初の2/4ドアセダン、4ドアワゴン/バンの設定に、1968年には2ドアクーペが追加されました。1970年のマイナーチェンジで1.3Lを1.4L(85HP)に拡大し、1.8L(110HP)エンジンを搭載する高性能版の1800SSSが追加されています。1970年のサファリラリーで総合優勝し、日本車の評価を高めたことも特筆すべき快挙でした。

 

 

 歴史的な名車ですからミニカーもたくさんあります。当時物としてはダイアペットの4ドアセダン(前期型と後期型)とSSS クーペ、トミカ初期物のSSSクーペがあります。画像はダイヤペットのセダン(後期型)で、ややシャープさが足りないもののまずまずの出来映えになっています。最近ではファインモデル(アンチモニー製)のセダン、エブロの2/4ドアセダンとそのサファリ ラリー仕様、京商のポリストーン製クーペ、国産/日産名車コレクションの4ドアセダン、小スケールではトミカ リミッテドの4ドアセダンとクーペ、コナミの絶版名車(1/64)の4ドアセダンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=924

   

NISSAN LAUREL (C30) 1967 JAPAN

NISSAN LAUREL (C30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 185 1/40 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.31m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 100HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースで日産 ローレルのミニカー検索

 

日産 ローレル C30型 日本

 

 ブルーバードの上級車ローレルは1967年に登場しました。バンなどの商用車を設定しない個人向け高級車(ハイオーナーカー)というジャンルはこの車が国産初でした。ブルーバードとそっくりなデザインですが、ボディは全長/全幅ともに一回り大きくなっています。エンジンはスカイラインS5型用のエンジンをパワーアップした4気筒SOHC1.8L(100HP)G18型エンジンを搭載し、スカイライン C10型と共通の全輪独立懸架を採用し、3段AT/4段変速で最高速165km/hの性能でした。

 

 1970年に2L(120HP)のG20型エンジンを搭載した、センターピラーレスの2ドアハードトップが追加されました。このハードトップは実にかっこいいデザインでした。1970年のマイナーチェンジで後期型となり、1971年にはセダンにも2Lエンジンが設定されました。

 

 

 ミニカーはダイアペットの当時物のアンチモニー製で、上記ブルーバードより一回り大きくできてます。プロポーションが良く、非常にシャープな仕上がりとなっている秀作です。(ボンネットとトランクの開閉ギミックも付いていますが、立て付けも良好) ダイヤペットはこれ以外にもダイキャスト製でセダンハードトップもモデル化しています。(ミニカーが多いと言うことは実車に人気があった証しです) 当時物としてはトミカの初期物(ハードトップ)があり、最近ではトミカ リミッテドと国産名車コレクションからセダンがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=925

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...20 次へ »