ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

NISSAN CEDRIC HARDTOP 280E BROUGHAM (430) 1979 JAPAN

NISSAN CEDRIC HARDTOP 280E BROUGHAM (430) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1535 (G131) 1/40 122mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.83m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 145HP 3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア 430型のミニカー検索

 

日産 セドリック ハードトップ 280E ブロアム 430型 日本

 

 1979年にセドリックは5代目(グロリア6代目)に切り替わりました。上述した他の車と同様に、セドリックも直線的でシンプルなデザインとなりました。エンジンは先代と同じ6気筒2/2.8L(145HP)と4気筒2/2.2L(60HP)ディーゼルで、、3/4段ATと5/4段MT変速で、最高速180Km/hの性能でした。4ドアセダン、4ドアハードトップ、5ドアワゴン(バン)が設定され、2ドアハードトップが無くなりました。

 

 6気筒2.8L(91HP)ディーゼルエンジン、乗用車として国産初の2Lターボ(136HP)エンジンが追加され、1980年にマイナーチェンジしています。エンジンや変速機のコンピュータ制御が拡大されつつあった時期でした。

 

 

 430型セドリックのミニカーはたくさんあります当時物のミニカーとしてはトミカ のセダン、トミカ ダンディのセダン、ダイヤペットのハードトップがあります。画像のダイヤペットはフロントグリルのリアリティが向上するなど、全体的に非常にレベルの高い仕上がりとなっています。(多分プロモーション用として使われたと思われます) 最近ではトミカ リミッテドで前期型と後期型のセダン(グロリアもある)、アドバンスピリットのセダン、国産名車コレクションのセドリック、日産名車コレクションのセドリックグロリア、アオシマのコールドキャスト製の西武警察パトカーなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=948

   

NISSAN SIVLVIA HARDTOP 2000 (S110) 1979 JAPAN

NISSAN SIVLVIA HARDTOP 2000 (S110) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1512 (G125) 1/40 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 120HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースで日産 シルビアのミニカー検索

 

日産 シルビア ハードトップ 2000 S110型 日本

 

 1979年に3代目シルビアが姉妹車ガゼールを伴って登場しました。先代より大きくなり、直線的なデザインに角形4灯式ヘッドライトという流行のデザインになりました。シャーシはA10型バイオレットをベースにしており、4気筒1.8L(105HP)/2L(120HP)Z型を搭載し、3段AT/5MTで最高速は180Km/h(2L)の性能でした。

 

 当初はノッチバックのハードトップ クーペだけでしたが、1979年にハッチバックのクーペが追加されました。1981年のマイナーチェンジで1.8Lターボが追加され、1982年にスカイラインRSと同じ2Lターボを搭載したRSも追加されました。この車をベースにWRCのグループBカーとして、2.4LのFJ型エンジンを搭載した240RSが1982年に設定されレースで活躍しています。先代は人気がなかったですが、110型は姉妹車のガゼールのオープンカーがTVドラマの西部警察に使われるなど、そこそこヒットしました。

 

 

 当時物のミニカーは、ダイヤペットとトミカがあります。画像のダイヤペットは全体的なプロポーションは良いのですが、メッキパーツで表現したヘッドライトがあまりそれらしく見えないなど今ひとつの出来映えです。最近の物では、国産名車コレクション、トミカ リミッテド、コナミの後期型RS、DISMの後期型RSなどがあります。ガゼールの当時物はありませんが、最近ではアオシマの西部警察オープンカー、国産名車コレクション、日産名車コレクション、DISMの後期型RSなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=949

   

 

NISSAN BLUEBIRD HARDTOP SSS TURBO (910) 1980 JAPAN

NISSAN BLUEBIRD HARDTOP SSS TURBO (910) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1549 (G140) 1/40 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8Lターボ 135HP 5段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ブルーバード ハードトップ SSS ターボ 910型 日本

 

 ブルーバードの6代目が1980年に登場します。先代よりさらにシンプルで無駄な飾りのないボディに、大型の角形2灯式ヘッドライトを組み合わせています。610型から始まった6気筒エンジン搭載を止め、4気筒1.6L/1.8L/2L(120HP)Z型エンジンを搭載し、3段AT/5MTで最高速は170Km/h(2L)の性能でした。当初は4ドアセダン、2ドアハードトップ、後にワゴン(バン)、4ドアハードトップが追加されました。

 

 6気筒系エンジンを止めたブルーバードの基本に返った設計方針と、品の良いデザインが評価されて、2年間ほどベストセラー車となるなどブルーバードとしては久々の大ヒットとなりました。1980年に1.8Lターボと2Lディーゼルが追加され、1982年のマイナーチェンジで内外装が変更され、同年に1.6/1.8LがCA型に変更されました。なおアメリカ向けのマキシマには6気筒2.4LのL型エンジンが設定されていました。ターボ過給のエンジンが人気を呼んだ時期でした。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、これもメッキで表現されたヘッドライトが貧弱で、車高が高すぎるなどプロポーションがいまひとつで実車とは違った感じになっています。当時物ではトミカのセダンもあります。最近の物では、アオシマの4ドアハードトップ(コールドキャスト製)、日産名車コレクションの4ドアハードトップがあります。なおレース仕様がトミカ リミッテド、エブロ、 TRUE SCALEから出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=950

   

NISSAN LEOPARD 2800X (F30) 1980 JAPAN

NISSAN LEOPARD 2800X (F30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1588 (G2) 1/40 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.63m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 145HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースで日産 レパードのミニカー検索

 

日産 レパード 2800X F30型 日本

 

 廃止された6気筒版ブルーバード(910型)の後継として、高級スペシャリティカーのローレルが1980年に登場しました。北米向け910型のマキシマをベースにした設計で、広いリアウインドー、大きく傾斜したスラントノーズなどダイナミックなデザインが特長でした。4気筒1.8L(115HP)Z型、6気筒2/2.8L(145HP)のL型エンジンを搭載し、3段AT/5MTで最高速は180Km/h(2.8L)の性能でした。

 

 デジタルメーターやドライブコンピュータなどの先進電子装備を備えた高級車でした。4/2ドアハードトップの2タイプがあり、姉妹車として角型4灯ヘッドライトのレパード TR-X(トライエックス)も登場しました。

 

 

 1981年に2Lターボエンジンが追加され、1982年のマイナーチェンジでは何故か2.8Lエンジンが廃止されています。1981年に同じコンセプトでDOHC2.8L(170HP)のハイパワーエンジンを搭載したトヨタ ソアラが登場し、レパードはエンジン性能で見劣りする存在となりました。1984年に6気筒3Lターボ(230HP)が追加されましたが、時既に遅く人気を挽回することはできませんでした。

 あまり人気がなかったレパードの当時物ミニカーはこのダイヤペットしかないようです。12番工場製で特徴的なデザインがうまく再現され、かなり出来のよいミニカーに仕上がっています。トミカ リミッテドからレパード 4ドアとそのTR-X仕様が出ています。最近ではHI-SPEEDが2ドアをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=951

   

 

NISSAN PRAIRIE 1982 JAPAN

NISSAN PRAIRIE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1623 (G22) 1/40 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.09m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 100HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースで日産 プレーリーのミニカー検索

 

日産 プレーリー 日本

 

 1982年に登場したプレーリーは、現代のミニバンの元祖と考えられるユニークな車でした。高い車高と低い床で広い室内を確保し、そこに3列シート(回転対座シート付)を配して8人乗りを可能としながら、セダン並の操縦性を持っていました。最大の特長はセンターピラーのないスライドドアを両サイドに採用し、後席への乗り降りを容易にしたことでした。これらの構造は、現在のミニバンに通じるもので、当時としては革新的なものでした。

 

 1981年にモデルチェンジしたオースタ/スタンザ(FF車)をベースにして開発され、4気筒1.5L/1.8L(100HP)エンジンを搭載し、3段ATと5/4段MT変速で、最高速160km/hの性能でした。

 

 

 1985年にマイナーチェンジされ、ボディが補強され2Lエンジン搭載のパートタイム4WD車が追加されました。この車のコンセプトは高く評価されたのですが、地味なデザイン、重い車体ゆえの低い走行性能、センターピラーレス構造による車両剛性の不足などが災いし、商業的には成功しませんでした。コンセプトは良かったのですが、技術的にも時代的にも登場時期が早すぎた車ということになりました。

 画像はダイヤペットの当時物ミニカーです。この頃のダイヤペットは基本的なプロポーションがしっかりしており、このプレーリーも実車のイメージをよくとらえています。 昔のミニカーゆえスライドドアが開くので、この車のコンセプトがよく分かります。(ヘッドライトがリアライトと同じ黄色なのはご愛嬌ですが)それ以外の当時物としてはトミカ ダンディ製のプレーリーもあります。なおフランスのソリドも輸出仕様車をモデル化していますが、日本製乗用車のモデル化は非常に珍しいことで、この車のコンセプトが高く評価された証拠です。同じようなコンセプトのルノー エスパス(1984年)にも影響を与えたものと思われます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=952

   

NISSAN PULSER EXA 1982 JAPAN

NISSAN PULSER EXA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION 26 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.13m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 95HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースで日産 パルサーのミニカー検索

 

日産 パルサー エクサ 日本

 

 チェリー F IIの後継車として、1978年にパルサーが登場します。当初はファストバックの4ドアセダンのみでしたが、3ドアハッチバック/クーペ、バン、5ドアハッチバックが追加されました。4気筒1.2/1.4L(80HP)のA型エンジンを横置配置する前輪駆動車で、3段ATと5/4段MT変速、最高速160km/hの性能でした。

 

 1982年にパルサーは2代目(N12型)に切り替わります。3/5ドアハッチバック、4ドアセダン、2ドアノッチバッククーペの構成で、リトラクタブル ヘッドライトを持つクーペはエクサというサブネームがつけられました。スラントノーズに角ばった台形デザインのスタイルは当時の大衆車の流行に沿ったものでした。4気筒1.3/1.5L(95HP)のE型エンジンを横置配置する前輪駆動車で、3段ATと5/4段MT変速で、最高速165km/hの性能でした。

 

 

 パルサーはヨーロッパ市場にチェリーの名前で、アメリカ市場にはクーペのエクサで、さらにアジア市場など世界各国に輸出されました。また日産とアルファ ロメオとの技術提携により、アルファ スッドの水平対向エンジンを搭載してアルファ ロメオ アルナ(ARNA)という名前でイタリアで生産されましたが、結局この提携はうまくいかなかったようです。このからみで国内の5ドアハッチバックにミラノという名前のグレードもありました。

パルサーのセダン系のミニカーは初代も2代目も無いようです。エクサのみがトミカの当時物でモデル化されています。画像のエクサは日産名車コレクションで最近モデル化されたものでノレブ製です。ノレブ製と明記されているだけあって、プロポーションがよく赤/黒の塗り分けも実車どうりで、かなり良い出来栄えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=953

   

 

 

ページ  « 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  ...19 次へ »