ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ 500K ROADSTER 1934 GERMANY

MERCEDES-BENZ 500K ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT EY72 1/24 210㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 8気筒 5L 100HP過給時160HP 4/5段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 380K/500K/540Kのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 500K ロードスター ドイツ

 

 ポルシェ博士が設計したスポーツカー Sシリーズの後継車Kシリーズの380K(8気筒3.8L 90HP過給時140HP)は1933年に登場し、翌年には500K(5L 100HP過給時160HP)、1936年には540K(5.4L 120HP過給時180HP)と排気量を拡大していきました。(KはKOMPRESSOR:過給器付の意です) 全輪独立懸架、全輪サーボ付油圧ブレーキなど先進的な技術が使われ、380Kの最高速は145km/h、500Kの最高速は160km/h、540Kのの最高速は170km/hと当時最も高価で高性能な車でした。

 

 Kシリーズには2/4ドアサルーン、4座クーペ、2座ロードスターなどのボディが架装されましたが、派手な2座ロードスターが一番良く知られています。なおSシリーズはレーシングカーとしても活躍したのですが、Kシリーズは高級ツーリングカーでレースで使われることは無かったようです。380Kは約150台、500Kは約300台、540Kは約400台が生産されました。

 

 

 ミニカーは1/24サイズのフランクリン ミント製で、1986年にフランクリン ミントの通信販売だけで販売されました。当時の価格は18000円(現在の感覚では約4万円相当)と高価でした。500Kでも一番派手な2座のロードスターをモデル化しています。ドア/ボンネットなどが開閉し、サイズが大きいので細部まで精密に再現されていて、非常に素晴らしい出来ばえです。現在の1/18の精密ミニカー(オートアートなど)と比較しても、ほぼ同じぐらいの精密さです。現在ではプラスチックが使われることが多いサスペンションなどのメカ部分のパーツがダイキャスト製なので、その分だけ質感がリアルでなおかつ頑丈にできています。なお閉じた状態の幌(軟質プラスチック製)も付属しており、側面画像のように取り付けることができます。

 この500Kは現在も続くフランクリン ミントのプレシジョン モデル(ダイキャスト製精密モデル)の最初のモデルでした。当時の大スケールミニカーは1/43を大きくしただけの雑な作りのものが多かったのですが、この500Kはそれらとは別格の出来ばえで非常に高く評価され、少なくとも数万台は販売されたはずです。この成功はその後のプレシジョン モデルのシリーズ化につながりました。プレシジョン モデルは主に1/24サイズのクラシックカーが中心で、現在までに約1000種類ほどがモデル化されています。(1/43や1/18もあります) いずれも少し高価ですが、ドアなどの可動部が多く、エンジン/シャーシ/サスペンションなどのメカ部分も再現した極めて精密なものです。1990年代半ばまでは精密な大スケールミニカーといえば、フランクリン ミントがベストでしたが、その後オートアートなどの安価なミニカーが登場しその座を奪われました。またプレシジョン モデルは部品点数の多い精密なミニカーを中国で生産するといった生産方式の先がけとなりました。

 以下この時代を先取りした精密なミニカーの詳細を画像で紹介します。まずはフロント/リアの拡大画像と、室内の拡大画像です。現在の感覚ではフロントグリルや内装は格別に精密とは言えませんが、前輪のサスペンションは現在のミニカーと遜色ないぐらいリアルです。ドアは後ろをヒンジとする前開きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 1
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部とランブルシート(折畳式補助席)の画像です。エンジンは結構リアルに出来ています。ランブルシートにはリアの左側リアフェンダー上にあるステップに足を掛けて乗り込みます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 3
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 4

 以下はボディの底のシャーシ/サスペンションと前輪のステア動作の画像です。(ハンドル操作で前輪をステア出来ます) サスペンションなどに金属パーツを使っているので、質感がリアルで簡単には壊れないぐらい頑丈です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 5
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1939

   

MERCEDES-BENZ 500K COUPE (W29) AUTOBAHN KURIER 1935 GERMANY

MERCEDES-BENZ 500K COUPE (W29) AUTOBAHN KURIER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS021 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.17m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: 8気筒 5L 160HP 5段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 380K/500K/540Kのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 500K クーペ (W29) アウトバーン クリエール ドイツ

 

 ポルシェ博士が設計したスポーツカー Sシリーズの後継車Kシリーズの380K(8気筒3.8L 90HP過給時140HP)は1933年に登場し、翌年には500K(5L 100HP過給時160HP)、1936年には540K(5.4L 120HP過給時180HP)と排気量を拡大していきました。(KはKOMPRESSOR:過給器付きの意です) 全輪独立懸架、全輪サーボ付油圧ブレーキなど先進的な技術が使われ、380Kの最高速は145km/h、500Kの最高速は160km/h、540Kのの最高速は170km/hと当時最も高価で高性能な車でした。

 

 Kシリーズには2/4ドアサルーン、4座クーペ、2座ロードスターなどのボディが架装されましたが、派手な2座ロードスターが一番良く知られています。なおSシリーズはレーシングカーとしても活躍したのですが、Kシリーズは高級ツーリングカーでレースで使われることは無かったようです。380Kは約150台、500Kは約300台、540Kは約400台が生産されました。

 ここで紹介する500K クーペはアウトバーンを使って高速(最高速160km/h)で移動することを想定した車で、「アウトバーン クリエール(アウトバーンの急使)」と呼ばれていました。V字に折れたウインドースクリーン、スパッツの付いたリアフェンダー、滑らかに後方に伸ばされたキャビンなど当時最新の流線形スタイルでした。数台しか作れらなかったようで、当初のエンジンは500Kの8気筒5L(160HP)、後に540Kの8気筒5.4L(180HP)でした。

 

 

 ミニカーはイクソ製です。元々はフランスのミニカー付き雑誌「Mercedes-benz Collection」のNo.20として作られた物ですが、イクソのカタログ モデルとして発売されたこの型番MUS021は細部の仕上げがレベルアップされています。プロポーションが良く、エッチング材を使ったフロントグリルなど細部も良く再現されています。ベンツのKシリーズのミニカーのほとんどは見栄えがする540Kのロードスターですので、この一風変わった500Kのクーペは目新しさがあって面白いと思います。(ホワイトボックス ブランドでもモデル化されていますが、同じミニカーの仕様変更品です) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 500K (W29) Autobahn-Kurier 1
MERCEDES-BENZ 500K (W29) Autobahn-Kurier 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1304

   

 

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER (W29) 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER (W29) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CURSOR 878 1/50? 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 8気筒 5.4L 180HP 4/5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 380K/500K/540Kのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 540K ロードスター (W29) ドイツ

 

  ポルシェ博士が設計したスポーツカー Sシリーズの後継車Kシリーズの380K(8気筒3.8L 90HP過給時140HP)は1933年に登場し、翌年には500K(5L 100HP過給時160HP)、1936年には540K(5.4L 120HP過給時180HP)と排気量を拡大していきました。(KはKOMPRESSOR:過給器付きの意です) 全輪独立懸架、全輪サーボ付油圧ブレーキなど先進的な技術が使われ、380Kの最高速は145km/h、500Kの最高速は160km/h、540Kのの最高速は170km/hと当時最も高価で高性能な車でした。

 

 Kシリーズには2/4ドアサルーン、4座クーペ、2座ロードスターなどのボディが架装されましたが、派手な2座ロードスターが一番良く知られています。なおSシリーズはレーシングカーとしても活躍したのですが、Kシリーズは高級ツーリングカーでレースで使われることは無かったようです。380Kは約150台、500Kは約300台、540Kは約400台が生産されました。

 ミニカーはドイツのカーソル製で材質はプラスチックです。ダイムラー ベンツ社のプロモーション モデルとして企画されたシリーズ物の一つで、1970年代に発売されました。V字型のスクリーンとその横についたランプなど実車の特徴的な部分が良く再現されています。1970年代に作られたミニカーとしては、非常に良くできていました。(参照→カーソルのミニカー一覧)

 

 

 これ以外の540Kのミニカーとしては、マッチボックスのYシリーズやイクソ、最近ではネオやマトリックスのレジン製などがあります。イクソの540Kは元々はフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」(No3)用として作られた物で、それをリファインしてカタログモデルとして発売されました。以下はそのイクソ(型番MUS001)の画像です。540K ロードスターの1/43量産ミニカーとしては、これが現在のベストだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 1
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 2

 以下はマッチボックス(型番Y20)の画像です。ランブルシート(折畳式補助席)が開くギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 3
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=221

   

MERCEDES-BENZ 540K CABRIOLET 1939 GERMANY

MERCEDES-BENZ 540K CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 67 1/43 124㎜

 

メルセデス ベンツ 540K カブリオレ ドイツ

 

 540Kの価格は当時の一般的な車の10倍以上もしたので、生産台数は少なくユーザーは王侯貴族など一部の富裕層でした。また540Kがレースに使われることもなかったようです。

 

 ミニカーはロードスターとは違ってフォーマルな感じがする4座のカブリオレです。長いボンネットやフェンダラインが緩やかに下がっていくリアエンドなど、現在の車にはないこの時代特有の優雅なデザインです。特に後方からみたスタイルは私のお気に入りです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m
エンジン 変速機: 8気筒 5.4L 180HP 4/5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 540Kのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=222

   

 

MERCEDES-BENZ 170V 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 170V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 28502 1/43 99mm

 

メルセデス ベンツ 170V ドイツ

 

 ベンツも上記のような高級車ばかり作っていた訳ではありません。1931年に発表された170はベンツとしては大衆向けの小型車でした。6気筒1.7L(32HP)の小さなエンジンで最高速90km/hの性能でした。6気筒エンジンと全輪独立懸架の採用がベンツらしいところです。1936年に170Vに発展しエンジンが4気筒1.7L(38HP)に変わりボディは丸みを帯びた近代的なデザインになります。(170VのVはドイツ語 VIER(4の意)の略)

 

 ミニカーは2005年頃発売されたサンスター傘下のビテス製で、170Vのリムジーネ(セダン)です。前後のドアのヒンジがセンターにあるので逆観音開きとなっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 38HP 4段変速
性能: 最高速108km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 170Vのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=223

   

MERCEDES-BENZ 170V 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 170V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 167 1/43 99mm

 

メルセデス ベンツ 170V ドイツ

 

 当時のベンツのラインアップとしては170の上に1936年発表の中級車230(6気筒)、その上に1937年発表の320(6気筒)がありました。また170より小さい130Hというベンツとしては風変わりな車(リアエンジンで後のVWビートルに似ています)もありました。

 

 ミニカーは1985年頃に発売された初期のビテス製で、屋根の後半部が幌になっています。ドイツではこのボディ形式がタクシーとして使われることが多かったそうです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 38HP 4段変速
性能: 最高速108km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 170Vのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=224

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »