ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MATRA SIMCA BAGHEERA 1973 FRANCE

MATRA SIMCA BAGHEERA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 21 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.01m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 84HP 4段変速
性能: 最高速180km/h

 

マトラ シムカ バゲーラ フランス

 

 マトラは1969年にクライスラー傘下のシムカと提携します。そこでM530にフォード製エンジンを使っていることが好ましくなくなり、後継車のバゲーラが1973年に登場します。ミッドシップ レイアウトでFRP製ボディという基本スタイルは踏襲していますが、エンジンはシムカ1100用の1.3L(84HP)に変わり、最高速度180km/hの性能でした。

 

 また2+2座の代わりに3人掛けフロントシートという変わった室内レイアウトを採用しています。(左端のシートがドライバー用です) 1.4L(85HP)エンジンを搭載したバゲーラSが1976年に追加され、1978年にはタルボに改名され、1980年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、この時代のソリドは何れも素晴らしい出来映えです。3人掛けフロントシートもちゃんと再現されてます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=645

   

TALBOT MATRA RANCHO 1977 FRANCE

TALBOT MATRA RANCHO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1062 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.32m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 80HP 4段変速
性能: 最高速145km/h

 

タルボ マトラ ランチョ フランス

 

 シムカ1100をベースにした多目的車マトラ シムカ ランチョは1977年に登場しました。見た目は4輪駆動のクロスカントリー車風ですが、中身はシムカ 1100のままですので、普通の前輪駆動車で4輪駆動仕様はありませんでした。ただボディはマトラ得意のFRP製となっていました。1973年の第1次石油ショックの影響でマトラ社がスポーツカー専業メーカーから方向転換しようとしたモデルだそうです。1980年以降はシムカ ブランドの消滅によりタルボ マトラ ランチョと改名され、1983年まで生産されました。

 

 その後マトラはこの多目的車のコンセプトを発展させて、1ボックスタイプの乗用車(ミニ バン)を開発します。マトラはこのミニ バンをルノーと協力して生産することとなり、それが新しいコンセプトの車として大ヒットしたルノー エスパスで1984年のデビューでした。マトラはバゲーラの後継車ムレーナの生産を中止し、エスパスの生産に専念することとなりました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。この一風変わった車をかなり忠実にモデル化しています。同じ型を使ったべレムもあります。これ以外の当時物は、コーギーの1/36、メーベトイ、マッチボックスなどがあります。最近の物ではノレブがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=646

   

 

MATRA SPORT MS630 1969?  FRANCE

MATRA SPORT MS630 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS M595 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 3L 385HP 5段変速
性能: 最高速330km/h
データーベースでマトラのミニカー検索

 

マトラ スポーツ MS630 フランス

 

 マトラはモータースポーツを担当するマトラ スポール(スポーツ)を1964年に設立し、フォーミュラカーとプロトタイプスポーツカーのレースに参戦しました。フォーミュラカーではまずF3にMS1で参戦しすぐにF3選手権を制覇し、F2でもMS7などでヨーロッパ選手権を制覇しました。

 1968年から自社製V型12気筒3Lエンジンを搭載するワークスのMS11とフォード コスワース DFV エンジンを搭載するセミワークスのMS10でF1に参戦しました。MS10はJ.スチュアートのドライブでオランダGPでのF1初優勝を含めて3勝し、上位陣として活躍しています。1969年はセミワークスのみの参戦でしたが、11戦で6勝する圧勝で、J.スチュアートのドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンの2冠を獲得しました。

 

 1969年末にマトラは経営難からクライスラー傘下のシムカと合併し、社名をマトラ シムカに変更しました。これでフォード エンジンが使えなくなり、セミワークスだったマトラ インターナショナルはマトラから独立してティレルとなりました。またワークスは1970年にF1に復帰しますが、成績が振るわず1972年にF1から撤退しました。

 

 

 ルマン制覇を目標にしたプロトタイプスポーツカーレースでは、BRM製V型8気筒2Lエンジンを搭載するMS620で1966年から参戦します。その後1967年にMS630、1968年に自社製V型12気筒3Lエンジン搭載のMS650に発展し1969年ルマンでは4位入賞しました。1970年にMS660に発展し、1972年に登場したMS670はルマンで初優勝し、その後1974年までルマンを3連覇しました。1973年と1974年はメイクスチャンピオンにもなりましたが、1974年をもってマトラはワークス活動から撤退し、技術陣の多くはリジェに移籍しています。

 ミニカーはポリトーイのMシリーズの当時物です。これはオークションで入手した物で、貼られていたゼッケンが剥がされています。MS630は好成績を残したわけではないので、どのレース仕様のモデル化ということはないですが、ロングテールなのでルマン仕様でしょう。実車の平べったいイメージがやや誇張されて再現されています。Mシリーズの後期物ですのであまり凝っていませんが、エンジンなどのメカが再現されています。ポリトーイはMS660もモデル化しています。それ以外の当時物ではソリドのMS10 F1やMS650やMS670などがあります。最近のものでは、イクソのMS670とミニチャンプスのMS670に加えてスパークとビザールがF1やスポーツカーを非常に多くモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1782

   

LIGIER JS2 1971 FRANCE

LIGIER JS2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 818 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.7L 178HP 5段変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでリジェのミニカー検索

 

リジェ JS2 フランス

 

 レーシング ドライバーだったギ リジェ(Guy Ligier)が、スポーツカーを製作するリジェ社を1969年に創業しました。最初の車 JS1はフォード コスワース 1.6Lエンジンをスペースフレームにミドシップ搭載したスポーツカーでした。車名のJSはギ リジェの親友でレース中に事故死したジョー シュレッサーの名前に由来しています。JS1は1970年のルマンに参戦しています。(結果はリタイアですが)

 

 1970年に後継車のJS2が登場します。JS2はマセラティのV型6気筒2.7L(178HP)をミドシップ搭載する2シーター スポーツカーで、プジョーやシトロエンのパーツを多く流用していました。1971年のルマンにリジェ初のレーシングカーJS3で初参戦しています。1972年のルマンからはJS2のレース仕様で出場し、1975年にはフォード コスワース 3Lエンジンを搭載したJS2が総合2位を獲得しています。JS2は1975年まで生産され総生産台数は約200台でした。

 

 

 レース活動を中止したマトラから技術者がリジェに移籍し、マトラ製V型12気筒3Lエンジンを搭載したJS5で1976年からF1に参戦することになりました。JS5は初年度から活躍し、コンストラクターズ5位となりました。1977年にはJS7が登場し、スウェーデンGPで初優勝しています。その後JS9、JS11、JS17、JS19、JS21と発展し、1990年代までF1で活躍しています。

 ミニカーはノレブ(JET CAR)の当時物です。JET CARシリーズはノレブがプラスチック製からダイキャスト製に移行した時期の廉価版ミニカーです。ホイールが安っぽいですが、プロポーションは悪くなく、当時のミニカーとしてはそこそこの出来ばえです。ルマン仕様などバリエーションが数種類あります。JS2はイクソやスパークもモデル化しています。またJS3の当時物ミニカーをソリド、ノレブが出しています。リジェのF1もたくさんモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1783

   

 

FACEL VEGA FV 1955 FRANCE

FACEL VEGA FV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC091 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.5L 180HP 4段変速
性能: 最高速186km/h

 

ファセル ヴェガ FV フランス

 

 ファセル社は第二次大戦前の1939年に実業家ジャン ダニノによって家具や工作機械のメーカーとして設立され、戦後は自動車 メーカーからの委託でボディ生産を行っていました。特に上述のパナールのアルミボディはファセルの収入源でしたが、パナールがボディを内製化したので、ファセルは1954年からその製造設備で自社ブランドの高級車ファセル ヴェガの製造を始めました。

 

 主たる市場は北米で、かつての超高級車ブガッティやドラージュの伝統を背景にした華麗なデザインのボディに、当時最強であったクライスラーのV型8気筒エンジン(4.5L 180HP)を搭載していました。元々家具メーカーだったので、内装などの仕上げは高級で、高性能エンジン搭載で動力性能も高かったようです。ただ操縦性やブレーキ性能に関してはあまり期待できなかったようです。

 

 

 このFVは最初に作られたモデルで、全長が4.6mほどの大型の2ドアクーペです。当時の高級スポーツカー ベンツ 300SLあたりを彷彿させるデザインになっていますが、クロームモールの使い方などがフランス風の感じになっています。

 ミニカーは2005年発売のイクソ製です。このFVが量産品としてモデル化されたのは、これが初めてのはずです。イクソの標準的な出来映えですが、カラーリングなどこの車のイメージをよく再現しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=627

   

FACEL VEGA FACELLIA 1960 FRANCE

FACEL VEGA FACELLIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CIJ 3/3 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒DOHC 1.6L 115HP!) 4段変速
性能: 最高速182km/h

 

ファセル ヴェガ ファセリア フランス

 

 ファセルは北米である程度成功し、続いてさらなる販路拡大を目指して小型高級車の開発に乗り出しました。1960年に登場したファセル ヴェガ ファセリアはファセル ヴェガのイメージを継承し小型化したものでした。ファセリアには独自設計の4気筒1.6LDOHCエンジン(115HP!)が搭載されましたが、このエンジンは信頼性がなくトラブルが多発しました。

 

 その後エンジンをボルボなどに切り替えましたが、ファセリアは信頼を回復することが出来ず、大型のファセル ヴェガも販売不振となり1964年に倒産してしまいました。

 

 

 ミニカーはフランスのCIJ(セーイージー)製の当時物です。50年も前に作られたオリジナル品ですが、CIJが当時いかに高度なミニカーを作っていたかがよく分かると思います。(ハードトップは外せます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=628

   

 

ページ  « 前へ 1...15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25   次へ »