ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DAF 32 DAFFODIL 1965 NETHERLAND

DAF 32 DAFFODIL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 508 1/43 84㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.61m 全幅約1.44m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 750cc 26HP 無段変速機
性能: 最高速105km/h
データーベースでDAFのミニカー検索

 

DAF 32 ダフォディル オランダ

 

 1949年から商業車の生産を始めたオランダのヴァン ドールネ自動車会社(Van Doorne's Aanhangwagen Fabriek)の略称がDAFで、1958年には乗用車DAF 600を発表しました。この車は空冷水平対向2気筒590cc(19HP)エンジンをフロントに搭載し後輪を駆動する4人乗りの小型車でした。

 

 DAF社はベルトとプーリーによる無段変速機「CVT」を実用化したことで有名ですが、このCVTによる変速システム「バリオマチック」がこの小型車にも採用されていました。前後進の切換えレバーとアクセルだけの簡単操作で、この車は人気を博しました。無段変速で最高速90km/hの性能でした。

 

 

 1962年にはエンジンを750ccに拡大し最高速が105km/hに向上し、名前をDAF 30としました。1963年にDAF 31、1965年にはフロントグリルを変更しDAF 32、1967年にDAF 33と発展し、1974年頃まで生産されました。30シリーズは20万台以上が生産され、好評だったようです。

 ミニカーはディンキー(仏)製で、ダフォディルとは高級版に付けられた名前です。シンプルな作りですが、ディンキー(仏)はプロポーションがしっかりしていますので、実車の雰囲気を感じさせる出来映えのミニカーとなっています。これ以外の当時物としてはオランダのミニカーブランド「LION TOYS」が33をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=887

   

DAF OSI CITY CAR 1966 NETHERLAND

DAF OSI CITY CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 283 1/43? 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 750cc 26HP 無段変速機
性能: 最高速 不詳
データーベースでDAFのミニカー検索

 

DAF OSI シティカー オランダ

 

 DAF OSI シティカーは1966年のトリノショーで公開された、シティカーのプロトタイプです。オランダのDAFがイタリアの自動車雑誌「QUATTRORUTE」との共同企画で開発し、イタリアのカロッツェリア OSI(Officine Stampaggi Industri)のセルジオ サルトレッリがデザインしています。DAF 32をベースにしているので、操作が簡単なベルトとプーリーによる無段変速機「バリオマチック」が使われています。第二次大戦後にはBMW イセッタゴッゴモビルなどの超小型車が登場しましたが、1950年代後半にはフィアット 500BMC ミニといった新世代の小型車が登場し、この車もその流れを受けて開発されたようです。

 

 この車の最大の特徴はドアで、運転席の右側はスライドドア、左側はセンターピラーのない観音開きドア、さらに荷物用のハッチバックドアもついています。このようなドア構成になっているのは、狭い場所に駐車した場合に乗り降りし易いからでしょう。(タクシーとして使うことも想定していたようです) 現在の小型車でセンターピラーのないスライドドア仕様が増えていますから、この車はそれを先取りしていたと言えるでしょう。都市の駐車スペースの問題を解決できる小型のシティカーはたびたび提案されています。(1973年のミニッシマなど) ただ実際に個人が所有する車は様々な用途で使われるので、用途限定のシティカーが製品化されて成功したことはなく、このDAF シティカーも製品化されていません。(良く似た車が商用バンのDAF KALMARとして製品化されていますが)

 

 

 ミニカーはコーギー製の当時物で、1971年に発売されました。コーギーはこのミニカーの縮尺を公表しておらず、実車の正確な寸法も分からないので縮尺が不明なのですが、おそらく1/43だと思います。実車の画像と見比べてみると、実車よりも全長が短め(チョロQ的に)にデフォルメされているようです。コーギーは親しみ易いスタイルにデフォルメすることがありますが、それはコーギーのミニカーの個性でもありました。(昔のミニカーはスケールモデルではなく、子供向けの玩具でしたから)

 外形はデフォルメしていますが、この車の最大の特徴であるドア構成についてはお得意のギミックで巧みに再現しています。このサイズのミニカーにドア/ボンネット開閉などのフルギミックを採用している物は他にもあります。ただこのDAF シティカーのように建付けが良くスムーズに動作する物は少なく、コーギーの技術力が優れていたことを示しています。ただコーギーでも技術的にかなり難しかったようで、コストも高いものについたようです。なお屋根が黒の結晶塗装風になっていますが、これはルーフ左端のスライドドアのレールを目立たなくする為に敢えて採用しているのだと思います。DAF シティカーのミニカーはこれしかありません。このミニカーは約47万台が売れ、当時のコーギーでも標準以上の販売数量だったようです。以下ドアなどの開閉ギミックを簡易動画でお見せします。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします)

daf citycar door1
daf citycar door2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1899

   

 

MONTEVERDI 375L 1969 SWISS

MONTEVERDI 375L 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 190 1/42 117mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.2L 345HP 4段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでモンテヴェルディのミニカー検索

 

モンテヴェルディ 375L スイス

 

 モンテヴェルディは元レーシング ドライバーでスイスの高級車ディーラーの経営者であったペーター モンテヴェルディが起こした小規模な高級車メーカーでした。最初の市販車は1967年に発表した2座クーペの375Sで、自製のシャーシにクライスラー製のV型8気筒7.2L(345HP)エンジンを搭載し、イタリアのカロッツェリア フィッソーレがボディを架装していました。

 

 375Sは全長4.8mの大柄なボディながら定員は2名で、4段変速で最高速245km/hの性能でした。ホイールベースを延長して2+2座とした375Lやそのコンバーチブルのパームビーチ、4ドア5座のリムジーンの375/4などが追加されました。1977年頃まで少数が生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。全盛期のディンキーの傑作の一つで、全長4.8mの流麗なクーペが見事に再現されています。この手のかっこいい車はミニカーにすると実に見栄えが良いです。最近ではNEOがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=896

   

MONTEVERDI HAI 450 1970 SWISS

MONTEVERDI HAI 450 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 347 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 450HP 5段変速
性能: 最高速295km/h
データーベースでモンテヴェルディのミニカー検索

 

モンテヴェルディ ハイ 450 スイス

 

 モンテヴェルディ ハイはフェラーリなどのスーパーカーに対抗できる高性能車として企画され、1970年に発表されました。レースカー並みのチューブラ フレームに当時最強であったクライスラーのヘミ エンジンV型8気筒7L(450HP)をミドシップ搭載し、最高速295km/hと思惑どうりの高性能でした。デ トマソ マングスタに似た低い車高の迫力あるボディは自社デザインで、カロッツェリア フィッソーレが架装していました。ただフェラーリよりも高価で、ほとんど売れなかったようです。

 

 モンテヴェルディはその後レンジローバーのような高級4WDのサファリや、メルセデス ベンツ Sクラスのような高級セダンのシエラ、ティアラなどを発表しましたが、1982年頃に活動を停止しているようです。

 

 

 ミニカーはオートピレンの当時物です。オートピレンはどこかのメーカーのコピーが多いのですが、これは独自開発したようです。同時期のメーベトイの作風に良く似た感じですが、シャープな造形で良くできています。なおこの車も最近NEOがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=897

   

 

TRABANT P601 1988 GDR

TRABANT P601 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 640 1/43 82mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.56m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 2サイクル空冷2気筒 595cc 23HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでトラバントのミニカー検索

 

トラバント P601 東ドイツ (現ドイツ)

 

 第二次大戦後ドイツは1989年まで東西に分かれていましたが、その東ドイツの国営企業(VEB)のザクセンリンク社が生産していた大衆車がトラバントでした。ザクセンリンク社は戦前のアウトウニオン社の旧工場を引き継いでおり、その為この車は戦前に発表された前輪駆動のDKW F1をベースにしています。2サイクル空冷2気筒500ccエンジンを横置きに搭載した前輪駆動の4人乗り小型車で、最初のモデルP50は1958年に登場しました。

 

 1962年に600ccのP60、1964年にP601に発展しました。P601の車体の一部はFRP製で600kgと軽量で、エンジン出力は23HP、ノンシンクロの4段変速で最高速は100km/hでした。1991年までほとんど変更されないままで約300万台が生産されました。冷戦終結後に、その古くさいスタイルで東ドイツの共産主義体制を象徴するものとして有名になりました。

 

 

 ミニカーはビテス製で、東西ドイツが統一された1990年にその記念としてモデル化されたものでした。安っぽいホイールに手抜きの内装仕上げと、いかにもそれらしい感じでモデル化されています。作られた時代の空気を反映している当時物ミニカーの代表といえるでしょう。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=898

   

WARTBURG 312 CABRIOLET 1966 GDR

WARTBURG 312 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430015934 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 2サイクル3気筒 900cc 40HP 4段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでワルトブルグのミニカー検索

 

ワルトブルグ (ヴァルトブルク) 312 カブリオレ 東ドイツ (現ドイツ)

 

 上述のトラバント同様に戦前のDKWをベースとしてトラバントより大きな中型車として開発されたのが、ワルトブルグです。こちらは東ドイツの国営企業(VEB)のアイゼナハー社が生産しており、最初のモデル 311(4ドア セダン)は1956年に発表されました。2サイクル水冷3気筒900cc(40HP)エンジンを縦置きに搭載した前輪駆動の4人乗り小型車で、4段変速で最高速は115km/hでした。

 

 戦前のBMWなどの技術が生かされていて、同時代の西側諸国の車に比しても見劣りしない性能の車でした。1962年にはエンジンを1L(52HP)にアップし、クーペ、カブリオレ、2座ロードスター、ワゴンなどが追加され、1960年代には西ドイツやアメリカなどに輸出されました。1966年頃までに約25万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、331の改良型である312のカブリオレをモデル化しています。発表された時代を考えると、かなりかっこいい車だったことがうかがえます。当時物のミニカーはありませんが、実車の人気が高かったことを反映して、ワルトブルグのミニカーは最近になって結構作られています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=899

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3   次へ »