ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL REKORD A 1963 GERMANY

OPEL REKORD A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 542 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード (レコルト) A ドイツ

 

 カデットに引き続き中型車レコードも1963年にデザインを一新し、レコード Aとなりました。カデットと同じようなシンプルで直線的なデザインで、オペルとして統一されたスタイルとなっています。カデットと同様に初めは2ドアだけでしたが、1964年にルーフを変えた2ドアクーペと4ドアが追加されています。

 

 エンジンは4気筒の1.5L(55HP)、1.7L(60HP)の2種類で、最高速は1.7Lで135km/hでした。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。この当時のディンキー(仏)はグリルやバンパーが銀の塗装処理となっていて見た目は素朴な出来映えですが、プロポーションは極めて正確な作りとなっています。子供向けのおもちゃでしたが、当時から既にコレクターを念頭に置いたミニカーでもありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=557

   

OPEL REKORD B 1965 GERMANY

OPEL REKORD B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 9620 1/46 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード (レコルト) B ドイツ

 

 1965年にレコードは新型エンジンを搭載し、フロントグリルを角形ヘッドライトに一新したレコード Bに変わりました。OHVからOHCに変わったエンジンは1.5L(60HP)、1.7L(75HP)、1.9L(90HP)の3種類で、大幅に性能が向上しました。

 

 さらにカピタン用のOHV6気筒2.6L(100HP)エンジンを搭載したレコード 6も追加されました。私がオペルを知るようになったのはこのあたりからで、この角形ライトがオペルの顔としてなじみがあります。

 

 

 ミニカーはガマの当時物で、1/43よりやや小振りに出来ています。この時期のガマはスケールが一定していないのがいまいちですが、プロポーションは悪くありません。上記のレコード Aと比べるとライトなどが変わっていますが、ボディの基本は同じであることが分かると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=558

   

 

OPEL COMMODORE COUPE 1967 GERMANY

OPEL COMMODORE COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1420 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 130HP 4段変速、3/2段自動変速
性能: 最高速180km/h

 

オペル コモドール クーペ ドイツ

 

 レコードは1967年にリアのサスペンションを改良し、流行のコークボトル ラインを採用したアメリカ車風のボディを載せたレコード Cに発展しました。またオールズモービル トロネードのようなファーストバック スタイルのクーペも追加されました。

 

 レコルトの内外装を高級にした上級グレードはコモドール(提督)と名付けられ、上級車用の6気筒2.5L(130HP)エンジンが搭載されました。

 

 

ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。レザートップ風の塗装を施してコモドールの最上級車クーペ GSをモデル化しています。同じモデルで塗装を変えたレコード クーペもあります。実車同様に兄弟車を作り分けたのは、このミニカーあたりが最初だったように思います。(画像をクリックするとレコード クーペに変わります)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=559

   

OPEL ADMIRAL 1964 GERMANY

OPEL ADMIRAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 513 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 100HP 4段変速/2段自動変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでオペル アドミラルのミニカー検索

 

オペル アドミラル ドイツ

 

 上級車カピタンも1964年に角形ヘッドライトを持つスクエアなボディに変わりました。同じボディで、内外装を高級にした上級グレードには戦前の高級モデルであったアドミラル(海軍大将)の名前が復活しました。カピタン、アドミラルは全長約5mの大型車で、6気筒2.6L(100HP)エンジンを搭載していました。

 

 また同じボディにV型8気筒4.6L(190HP)エンジンを搭載した最上級車、ディプロマット(外交官)も設定されました。なおディプロマットはメルセデス ベンツ 600と同じぐらいの高いステータスが合ったそうですが、オペルのブランド力ではメルセデス ベンツとは勝負にならず、あまり売れなかったようです。

 

 

 このミニカーもディンキー(仏)の当時物です。ライトが黄色に着色されているのはフランス仕様ということです。まだプラスチックのパーツなどを使っていない素朴な出来ですが、プロポーションはしっかりしています。ディプロマットのミニカーでは、ポリトーイ初期のMシリーズの物があり、これもかなり良い出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=560

   

 

OPEL DIPLOMAT B 1969 GERMANY

OPEL DIPLOMAT B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430046070 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.92m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 230HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでオペル ディプロマットのミニカー検索

 

オペル ディプロマット B ドイツ

 

 オペルの上級車カピタン(カピテーン)/アドミラル/ディプロマットは1969年に2代目タイプBにモデルチェンジしました。先代より少し小さくなり、カピタン/アドミラルは先代のスタイルの継承でしたが、ディプロマットは当時のアメリカ車などで流行した縦長のヘッドライトを採用しています。タイプBは後輪サスペンションにド ディオン アクスルを採用し、操縦性や乗り心地を改善しています。エンジンは6気筒2.6L/2.8LとV型8気筒4.6L/5.4Lでした。

 

 販売不振のカピタンは1970年に生産中止となりました。V型8気筒搭載のディプロマットはメルセデス ベンツ(W116)に匹敵する性能があり、ロングホイールベース版も設定していました。ただやはりオペルがこのクラスでメルセデス ベンツに対抗するのは難しく、アドミラル/ディプロマットは、1978年に後継車セネターに変わりました。(カピタン/アドミラル/ディプロマットの名前が消えました) なおディプロマットをベースとした2ドアクーペ 'ビッター CD'が1973年にドイツのビッター(BITTER)社から少数販売されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。フロントグリルはうまく出来ているのですが、サイドビューではキャビン部分が少し大きすぎてアンバランスに見えます。ミニチャンプスはカピタン B/アドミラル B/ビッター CDもモデル化しています。これ以外ではブレキナのカピタン B/ディプロマット B(最後の4気筒ディプロマットでアドミラルと同じ外観) 、シュコーのアドミラル B、ネオのビッター CDなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1192

   

OPEL GT 1968 GERMANY

OPEL GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 171 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでオペル GTのミニカー検索

 

オペル GT ドイツ

 

 1965年のフランクフルト ショーで発表されたオペルのコンセプトカー「グランツーリスモ クーペ」はその空力的なデザインが好評でした。オペルは自社のスポーツイメージをアップさせる為、3年後にこのコンセプトカーを「GT」の名で市販しました。エンジンはカデットの4気筒1.1L(60HP)/1.9L(90HP)でしたが、空気抵抗の少ないボディ故に最高速185km/h(1.9L)とカデットよりも高性能でした。 本格的なスポーツカーではありませんでしたが、シボレー コルベットのような見た目のかっこよさから、スペシャリティカーとして成功しました。

 

 ミニカーはソリドの当時物で、ソリド最盛期の傑作モデルの一つです。全体的に実にシャープな造形で、横に回転する独特のリトラクタブル ライトのギミックはスムーズに動作します。(厳密なことをいうと、ソリドはフロントのウインカーを表現していませんが、それもデフォルメの類と考えます) これ以外の当時物としては、ディンキー(仏)、ノレブ、ガマなどがありました。最近では、ミニチャンプス、シュコー、ビテス、国産名車コレクションなどがあります。

 

 

 以下はフロントのヘッドライト開閉ギミックとドア開閉ギミックの画像です。ヘッドライトもドアも可動部隙間が小さなチリ合わせで仕上がっていることが分かると思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL GT 1
OPEL GT 2

 以下はガマ(型番9830)の画像です。ガマもヘッドライト開閉ギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL GT 3
OPEL GT 4

 以下はディンキー(仏 型番1421)と国産名車コレクションの画像です。ディンキーはテールに荷物積載用のラックが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL GT 5
OPEL GT 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=561

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »