ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA ROMEO 6C 2500 FRECCIA D'ORO 1947 ITALY

ALFA ROMEO 6C 2500 FRECCIA D'ORO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 403120483 1/43 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.92m 全幅約1.95m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2443cc 90HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでアルファ ロメオ 6Cのミニカー検索

 

アルファ ロメオ 6C 2500 フレッチア ドーロ イタリア

 

 第二次大戦中アルファ ロメオは軍需品の生産に従事し、戦火でほとんどの工場を失いました。戦後の1946年には戦前型そのままの6C 2500(6気筒2.5L(90HP)DOHCエンジン搭載)の生産が始まり、1948には社名をS.A. Alfa Romeo.からALFA ROMEO S.p.Aに改めました。なおアルファ ロメオは戦前に国有公社化されていましたが、その体制は1986年にフィアット傘下となるまで続きました。

 

1947年には6C 2500を改良したフレッチア ドーロ(FRECCIA D'ORO:金の矢)が登場します。フレッチア ドーロは戦前型よりホイールベースが長く、剛性を向上させる為にフラッシュサーフェースを採用したセダンボディをフレームに溶接していました。

 

 

 このフレッチア ドーロ以外にもピニンファリーナやトゥリングなどのカロッツェリアが華麗なボディを架装した6C 2500 スポルト、ツーリスモなどが1952年まで生産されました。戦前のアルファ ロメオは少量生産の高性能車メーカーでしたが、戦後の6C 2500はその路線の最後を飾る車となりました。この後アルファ ロメオは時代の変化に対応し、高性能なツーリングカーを量産し比較的低価格で提供するといった新路線に転換しました。

 ミニカーはミニチャンプス製です。実車が全長5mほどの大柄な車ですので、ミニカーも結構でかいです。トゥリング製の豪奢なボディを渋い濃紺のカラーリングでうまく再現しています。アルファの象徴である細い盾型のフロントグリルはこの6C 2500から続いている訳です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=686

   

ALFA ROMEO 1900 1950 ITALY

ALFA ROMEO 1900 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R089 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでアルファ ロメオ 1900のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 1900 イタリア

 

 戦後の新路線に沿って1950年に登場したのが1900でした。1900はモノコック構造の4ドアボディに4気筒1.9L(80HP)DOHCエンジンを搭載し、4段変速で最高速150km/hの性能でした。戦前のアルファ ロメオほど高性能ではありませんが、1900は当時の2Lクラスとしては最速でした。価格はフィアット1900の1.5倍と低価格でしたので、この車は大成功しました。

 

 1951年には100HPにパワーアップしたTIが追加され、1953年には2L(90/115HP)に排気量が拡大されました。スプリント クーペやカブリオレも追加され、1958年までに約17000台が生産されました。

 

 

 ミニカーはブルム製です。メッキパーツだけのフロントグリル部分はやや古くさい作風ですが、まあまあの出来です。当時物のミニカーとしてはディンキー(英)のクーペ、マーキュリーのセダンがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=687

   

 

ALFA ROMEO 159 1951 ITALY

ALFA ROMEO 159 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400511224 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 1.5L 425HP スーパーチャージャー 4段変速
性能: 最高速300km/h以上
データーベースでアルファ ロメオ 158/159のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 159 イタリア

 

 戦前のグランプリレースで大活躍したP3の後継車として1935年のティーポ C、1938年(3Lフォーミュラ)の308/312/316が続きましたが、ナチス政権がバックアップする強いドイツ勢には対抗できませんでした。1937年に1.5Lフォーミュラ用としてDOHC 8気筒1.5L スーパーチャージャー(195HP)エンジンを搭載する158(アルフェッタ)が開発されました。 この車は1.5Lフォーミュラで行われた1939年のトリポリ GPでドイツ勢に勝つことを期待されていたのですが、結局3位で終わりました。ただこの車はこのクラスのレースでは活躍し、1940年のトリポリGPでは1-3位を独占しています。

 

 終戦後の1947年に新しいフォーミュラ(過給1.5L 無過給4.5L)が施行されました。アルファロメオは戦時中密かに動態保存されていた158を改良して参戦し良い成績をあげます。1949年はレースに不参加でしたが、1950年から始まったF1世界選手権に350HPにパワーアップした158で参戦します。1951年にはリアサスペンションをド ディオンアクスルに変更し、過給圧を上げて425HPにパワーアップした159が登場しました。

 

 

 158は戦前のドイツ勢をも上回る圧倒的な強さを誇り、1950年には出場した11レース全てで勝利し、初代ドライバーチャンピオンをG.ファリーナが獲得しています。またレースの平均速度も戦前のドイツ勢より早くなっていました。1951年にはフェラーリ 375がライバルとして登場しましたが、159が6勝をあげて世界選手権を獲得しています。残念なことにアルファ ロメオは資金難のため1951年を最後にF1から撤退しました。スーパーチャージャー式エンジンの時代は159とともに終わり、その後1970年代まで自然吸気式エンジンの時代が続きました。

 ミニカーはミニチャンプス製で、2007年頃発売されました。1951年 スイス GP 優勝車(ドライバー J.M.ファンジオ)をモデル化しています。最盛期のミニチャンプスのミニカーで、ボンネットのルーバー(墨入れ処理)、サスペンションのアームコクピット内部などが非常にうまく再現されています。ミニチャンプスはイギリス GPなど数種類をモデル化しています。それ以外のミニカーでは、メーベトイやマーキュリーの158、ブルムの158と159などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1720

   

ALFA ROMEO C52 DISCO VOLANTE SPIDER 1952 ITALY

ALFA ROMEO C52 DISCO VOLANTE SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BIZARRE BZ251 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.95m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 158HP 4段変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでアルファ ロメオ ディスコ ボランテのミニカー検索

 

アルファ ロメオ C52 ディスコ ボランテ スパイダー イタリア

 

 戦前のGPカー158(アルフェッタ)は、戦時中密かに動態保存されていました。戦後これを改造してアルファ ロメオは1946年にGPレースに復帰しました。戦前の強敵ドイツ勢の不在などもあって、アルファ ロメオは圧倒的な強さを示し、158を発展させた159などで1951年まで勝利を重ねました。しかしながら、戦後の新路線に沿ってアルファ ロメオは1951年を最後にGPレースから撤退しました。

 

 GPレースから撤退したものの、スポーツカーレースには未練が残るアルファ ロメオは新しいレーシングカー 1900 C52を試作しました。この車は側面の形状が当時世間を騒がしていたUFOを思わせることから「ディスコ ボランテ(空飛ぶ円盤)」と呼ばれました。上記の1900をベースにしていて、エンジンは2L(158HP)までチューンされ最高速は220km/hでした。ただこの車は競争力不足ということで試作だけで終わりました。

 

 

 ミニカーは一風変わった車種をモデル化するビザール製です。この車の特徴である膨らんだボディが非常にうまく再現されています。この車は量産ミニカーでは、今までモデル化されていませんでした。最近はこの手のマニアックな車もどんどんモデル化されるいい時代ですが、財布には厳しいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=688

   

 

ALFA ROMEO GIULIETTA SPRINT 1954 ITALY

ALFA ROMEO GIULIETTA SPRINT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BANG 7151 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.98m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.3L 78HP 4段変速
性能: 最高速172km/h
データーベースでアルファ ロメオ ジュリエッタのミニカー検索

 

アルファ ロメオ ジュリエッタ スプリント イタリア

 

 1900で成功したアルファ ロメオは、より小型でスポーティな1.3Lのジュリエッタを1954年に登場させます。このジュリエッタという名前はシェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」にちなんだものです。ジュリエッタはまずクーペボディのスプリントから登場しました。

 

 シャーシやサスペンションは1900を小さくしたもので、新設計の軽合金製4気筒1.3L(78HP)DOHCエンジンを搭載し、4段変速で最高速172km/hと極めて高性能でした。価格は上級車1900スプリントの約半値で、圧倒的な人気となりました。

 

 

 ミニカーはバン製で、1997年頃発売された物ですが、結構細かいところまで良く作ってあります。イタリアのメーカーはかっこよくデフォルメするのが得意です。この辺は生真面目な作りのミニチャンプスなどが、まだかなわないところです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=689

   

ALFA ROMEO GIULIETTA BERLINA 1955 ITALY

ALFA ROMEO GIULIETTA BERLINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 118 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.3L 53HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでアルファ ロメオ ジュリエッタのミニカー検索

 

アルファ ロメオ ジュリエッタ ベルリーナ イタリア

 

 ジュリエッタのベルリーナ(セダン)は1955年に発表されました。ホイールベースは同じですが、全長と全高を大きくして5人乗りのキャビンを作り出しています。エンジンは53HPにディチューンされ、最高速は135km/hとなっていました。1957年には65HPにパワーアップしたTIが追加され、このTIは8万台以上も売れました。

 

このジュリエッタ シリーズの大ヒットで、アルファ ロメオはイタリア第2位のメーカーに成長していきました。後継車のジュリアが登場した1962年の翌年の1963年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1995年頃に発売されました。兄弟会社ブルムの1900とよく似た雰囲気の出来映えで、やや大きめにできてます。バリエーションでテールライト部分が変更されたTI仕様もあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=690

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »