ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ SSKL 1931 GERMANY

MERCEDES-BENZ SSKL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 79 1/43 105㎜

 

メルセデス ベンツ SSKL ドイツ

 

 SSKLはSSKの純粋なレーシングバージョンでファクトリーチーム用に数台のみが製作されました。SSKLのLはドイツ語のLeicht(軽いの意)で、徹底的な軽量化をするためにフレーム各部に開けられた軽減穴がSSKLであることを示しています。

 スーパーチャージャーを大型化して過給圧を上げベンゾール系燃料を使い最高出力300HP 235km/hの性能で、当然各種レースに勝ち続けました。こんな細いタイヤの車で300HPもあったのですから、とてもすさまじい操縦性であったと思います。 

 

 ミニカーはリオ製で、今でもSSKLでは最高の出来栄えのミニカーといえるでしょう。(SSKなら2008年発売のIXO製がありますが)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 4250㎜ 全幅 1700㎜
エンジン 変速機: 6気筒 7.1L 300HP 4段変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでメルセデス ベンツ SSKLのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=216

   

MERCEDES-BENZ 770K 1930 GERMANY

MERCEDES-BENZ 770K 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX (DINKY) YY053/SA-M 1/48 120㎜

 

メルセデス ベンツ 770K ドイツ

 

 1930年に国家元首用の最上級高級車770K「グロッサー メルセデス」が発表されます。Kは過給器(コンプレッサ)付きエンジンを意味し 8気筒 7.66L 150HP(過給時200HP)で160km/hの性能です。このような高級車にも過給器を付けてしまうところがベンツのすごいところです。この車は日本の宮内庁にも納入され御料車として使用されています。

 

 ミニカーはディンキーのブランドが併記されたマッチボックスです。Aピラーのすぐ下についている銀色の部品は腕木式方向指示器のようです。(腕木式が分からない人はWEBで調べてみて)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: 8気筒 7.66L 150HP(過給時200HP) 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 770Kのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=217

   

 

MERCEDES-BENZ 460 NURBURG PULLMAN (W08) 1931 GERMANY

MERCEDES-BENZ 460 NURBURG PULLMAN (W08) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS020 1/43 125㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.38m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: 8気筒 4.6L 80HP 4段自動変速
性能: 最高速100km/h

 

メルセデス ベンツ 460 ニュルブルク プルマン (W08) ドイツ

 

 1926年にダイムラー社とベンツ社が合併して、ダイムラー ベンツ社となりました。メルセデスはダイムラー社のブランド名で、この時点でメルセデス ベンツというブランドが出来ました。合併直後にダイムラーの技術部長であったF.ポルシェ博士の下で、新しいツーリングカーが作られました。6気筒2Lエンジンを搭載するシュトゥットガルト と6気筒3.1Lエンジンを搭載するマンハイムで、それぞれの名前はダイムラーとベンツの本拠地に因んでいました。

 

 それらの上級車としてベンツ初の8気筒エンジン(4.6L 80HP)を搭載した、460 ニュルブルクが1928年に登場します。全長4.9mの大型リムジーンで、1930年に770K グロッサー メルセデスが登場するまではベンツの最高級車でした。1931年に5L(100HP)エンジンが搭載できるようホイールベースが拡大されて500 ニュルブルクとなり、最終的には単に500の名前で1939年までに約4000台が生産されました。この車はビンテージ期にもエリゴールのミニカーで紹介していますが、この画像の460は1931年式ロングホイールベース版です。当時の最先端の技術が採用されており、ローマ教皇用に特別に製作された特注車もありました。

 

 

 ミニカーはイクソ製です。元々このミニカーはミニカー付き雑誌「MERCEDES-BENZ COLLECTION」用に作られたモデルですが、このイクソのカタログモデルでは細部の仕上げがレベルアップしています。フロント グリル(Nurburgのロゴ付)、2重構造のフロントウインドー、リアのトランクなど良く再現してあります。またベージュと茶のツートンカラーもベンツ博物館の実車に即したカラーリングです。ただフェンダー部分がプラスチック製で軽いのがいまひとつです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1303

   

MERCEDES-BENZ SS (W06) 1933 GERMANY

MERCEDES-BENZ SS (W06) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA VOITURES CLASSIQUES (IXO) 30 1/43 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 7L 170/225HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでメルセデス ベンツ SSのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ SS (W06) ドイツ

 

 1926年にダイムラー社とベンツ社が合併して、ダイムラー ベンツ社となりました。合併前にダイムラーの技術部長であったF.ポルシェ博士は、スーパーチャージャー付4気筒エンジンのレースカータルガ フロリオを開発し、この車をベースとして6気筒6Lエンジン搭載の高性能なツーリングカー メルセデス 24/100/140HP(課税馬力/実馬力/過給馬力)が登場しました。この車のホイールベースを短縮し、エンジンを強化したスポーツカー メルセデス 24/110/160HPは「Kヴァーゲン」と呼ばれました。(KはKurz:短いの意) それをさらに発展させたのが「Sヴァーゲン」(SはSportの意)で、後のSシリーズの最初のモデルとなります。

 

 代表的なモデルは1926年の6気筒6.8L(120HP/過給時180HP)エンジンを搭載したSやその後継の1928年のSS(Super Sportの略)で、ビンテージ期の車としてSSを紹介しています。SSは当時最強のスポーツカーで、実車は100台ほどしか生産されていません。 画像のミニカーはモデル化した実車がはっきりしないのですが、1933年式なのでSSの最終型と思われます。 6気筒7L(170HP/過給時225HP)の高性能エンジンを搭載し、最高速185km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUESシリーズ」のもので、オークションで入手しました。出来映えはこのシリーズの標準的なもので、室内もある程度再現されています。特に気に入っているのはこの銀と黒のツートンカラーでこの車にぴったりです。イクソのカタログモデル(型番MUS044)としても発売されていますが、そちらは地味な灰色でいまいちです。SSのミニカーはソリド(VEREMも含む)とマッチボックスの古いものしかありませんでしたので、このイクソのSSはうれしいモデル化です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1306

   

 

MERCEDES-BENZ 130H (W23) 1934 GERMANY

MERCEDES-BENZ 130H (W23) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS026 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.05m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 26HP 4段自動変速
性能: 最高速92km/h

 

メルセデス ベンツ 130H (W23) ドイツ

 

 1929年に起こった大恐慌による世界的不況の時代背景の下、1934年のベルリン ショーで発表されたメルセデス ベンツの小型大衆車が130Hでした。130HのHはドイツ語のheckmotorのHでリアエンジン、排気量はベンツ車として最小の1.3Lと、従来のベンツとは異質の車でした。リア車軸より後ろに置かれたエンジンは水冷4気筒1.3L(26HP)、4段自動変速で最高速92km/hの性能でした。

 

 130Hは6気筒エンジンを積む170の7割ほどの価格(それでもオペルなどより高かった)で、2ドアセダンとカブリオレがありました。130Hは1935年までに約4300台が生産され、1936年にエンジンを170Vと同じ4気筒1.7Lエンジンに変更した170Hに切り変わりました。この時代の1.3Lのリアエンジン車といえば、フォルクスワーゲン ビートルが思い起こされますが、130Hはビートルの生みの親であるF.ポルシェ博士がベンツに在籍中に開発されています。130Hとビートルは内部構造がよく似ていることから、ポルシェ博士が開発に関与していたようです。

 

 

 ミニカーはイクソのミュージアム シリーズの物です。元々はアルタヤ(ALTAYA)のミニカー付雑誌「MERCEDES-BENZ COLLECTION」(No41 黒と青のツートンカラー) 用に作られたものでした。細かな灯火類や金具などがきちんと再現されていて、赤/黒のツートンカラーも綺麗です。130Hはベンツ車の歴史を知るうえで重要な車ですが、量産ミニカーはこれしかなくその点で貴重なミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1301

   

MERCEDES-BENZ 150 SPORT ROADSTER 1935 GERMANY

MERCEDES-BENZ 150 SPORT ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCEDES-BENZ COLLECTION ALTAYA (IXO) 17 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 55HP 4段自動変速
性能: 最高速125km/h

 

メルセデス ベンツ 150 スポーツ ロードスター ドイツ

 

 150は前述した130Hをベースにして開発された2シーター クーペ/ロードスターで、ごく少数が生産されました。私の持つ古い資料では、この車のシャーシは130Hと同じで、後車軸より後ろにエンジンが配置されていると記載されていました。今回この車についてWEBなどで調べたところ、エンジンがミドシップ配置されていたことが分かりました。(WEB上の解説ページ) つまりこの車は世界初のミッドシップ式エンジンのスポーツカーだったことになります。

 

 130Hと同じエンジン配置にしてはリアシートの後ろのスペースが大きすぎるようには思っていたのですが、ミドシップ配置であったことが分かり納得しました。またエンジンも排気量の拡大だけではなくバルブがサイドからオーバーヘッドに変更され55HPの高出力で、かなり本格的なスポーツカーを目指していたようです。ただこの時代に価格が130Hの倍もする小型スポーツカーを買うような人はおらず売れませんでした。

 

 

 ミニカーはイクソ製で元々はミニカー付き雑誌「MERCEDES-BENZ COLLECTION」(アルタヤ)用に作られた物(ボディカラーは赤)で、これはその色違いとなります。またイクソのミュージアム シリーズでは型番MUS018(ボディカラーは銀で仕上げがレベルアップしている)で発売されています。グリルの無いフロント、スリット/開口部のあるリアの造形、サイドのスペアタイヤなど実車がよく再現されています。130H同様に150もこれが初めての量産ミニカーであり、ベンツ車の歴史を知る上で貴重なミニカーとなります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1302

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »