ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MERCEDES-BENZ W25 1934 GERMANY

MERCEDES-BENZ W25 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPARK S1039 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.04m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 スーパーチャージャー 3.4L 354HP 4段変速
性能: 最高速270km/h以上
データーベースでメルセデス ベンツ W25のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ W25 ドイツ

 

 自動車の歴史にモータースポーツは欠かせないものですが、現在のF1(フォーミュラ1)のような規格化された車(グランプリカー)によるレースが始まったのは1930年代からです。それ以前にも緩い規格はありましたが、1934年に総重量が750kg以下、ボディ全幅850mm以下という規格(エンジンに関しては無制限 俗称:750㎏フォーミュラ)が決まり、1937年まで適用されました。

 それまでSシリーズでレースを席巻してきたメルセデス ベンツはこの規格に対応する車としてW25を開発します。W25は8気筒3.4Lエンジン搭載ながら徹底的な軽量化で重量を750㎏以下に抑え、流線形ボディ、全輪独立サスペンションを採用するなど古典的な設計のSシリーズとは全く異なる画期的な車でした。W25は緒戦から勝利を重ね、1935年には圧倒的な強さをほこり、ドライバーの R.カラッチオラはドライバーズ選手権チャンピオンとなりました。

 

 当時のドイツはヒットラーが率いるナチス党が政権を握っていました。ヒットラーは国威発揚の手段としてモータースポーツを利用することを決め、国策としてベンツとアウトウニオンを援助しました。それゆえ第2次世界大戦前のグランプリレースでドイツ勢は圧倒的な強さを発揮しました。

 

 

 W25のミニカーは最近まで戦前のメルクリン製(とてつもないレア物)しかありませんでした。1980年代に復刻版が作られており、たまにオークションなどに出品されているのは復刻版です。このミニカーはスパーク製で、画像はWEBサイトから借用しました。W25のボディはアルミ地肌の銀色ですが、これはプロトタイプをモデル化しているので白色になっています。なおスパークはW25の速度記録車仕様もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1710

   

MERCEDES-BENZ W125 1937 GERMANY

MERCEDES-BENZ W125 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R070 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 5.6L スーパーチャージャー 592HP 4段変速
性能: 最高速330km/h以上
データーベースでメルセデス ベンツ W125のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ W125 ドイツ

 

 W25のエンジンは徐々に拡大されて、1936年には4.7L(473HP)になりました。総重量を750㎏以内に収める為、エンジンと燃料タンクの重量増加分はシャーシ軽量化(ホイールベース短縮)でカバーされました。この変更はW25の直線性や操縦性を悪化させ、1935年に9勝していたW25が1936年には2勝しか出来ませんでした。

 そこで1937年に登場したのが後継車のW125でした。一新されたシャーシはホイールベースが初期のW25より長く、エンジンは5.6L(592HP)にパワーアップしていました。W125は圧倒的な強さを発揮し、ほとんどのレースの勝利をアウトウニオンと分け合いました。無制限のエンジン規定で開発されたW125は史上最強最速のグランプリカーと呼ばれました。

 

 ミニカーはブルム製で、ブルム初期の1982年頃に発売されました。1937年のイタリアGPで2位となった車(ドライバー H.ラング)をモデル化しています。このGPで優勝したのはR.カラッチオラのW125、3位はアウトウニオン タイプCでした。ブレーキドラムやリアサスペンションアームなどが再現され、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(サイズが1/43より小さめですが) 戦前のメルクリン当時物を除けば、最近までこれがW125の唯一の量産ミニカーでした。最近になってミニチャンプスやシュコーでもモデル化されました。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1711

   

 

MERCEDES-BENZ W154 1938 GERMANY

MERCEDES-BENZ W154 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM S1032 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m? 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 3L スーパーチャージャー 483HP
 5段変速
性能: 最高速309km/h以上
データーベースでメルセデス ベンツ W154のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ W154 ドイツ

 

 1938年に新しい3Lフォーミュラ(過給3L 無過給4.5L 排気量に応じて最低重量400-850㎏)が施行され、それに対応したW154が開発されました。W125をベースにしサスペンションを改良し、エンジンが小さくなった分ボディが低くなり空力的に改善されました。W154も圧倒的に強く主要な6レースで勝利しています。1939年は戦前最後のグランプリシーズンとなり、W154はスーパーチャージャーを2ステージ化してパワーアップし、フロントグリルの形状などを変更したボディが載せられました。この1939年式のW154をW163と呼ぶこともあるようですが、これは厳密には正しくないようです。W154は1939年に5勝しています。

 

 ドイツと同じようにムッソリーニ政権下のイタリアでもグランプリレースを国威発揚に利用していました。ドイツ勢に対抗すべくイタリアは1939年5月のトリポリ GPを自国に有利な1.5Lフォーミュラで行うことを1938年8月に決定します。これに対してメルセデス ベンツは8ヶ月ほどでW165を開発させました。W165はW154のミニチュア版で、ホイールベースが短く、V型8気筒1.5Lエンジン(278HP)を搭載していました。W165はトリポリ GPで1-2フィニッシュし、イタリアの思い通りにはなりませんでした。

 

 

 ミニカーはスパーク製です。画像はWEBサイトから借用しました。1938年のトリポリ GPで優勝した車(ドライバー H.ラング)をモデル化しています。スパークはメルセデス ベンツの特注品としてW25、W125、W154、W154(1939)、W165をモデル化していて、このW154は一般市販されたものです。これ以外のW154のミニカーでは、かなり昔のメルクリンとマーキュリー、ブルムのものがあります。ただしブルムの型番R037、R037B、R175はW154と表記されていますが、実際はW165をモデル化しています。(ミニカーのホイールベースの寸法を実車換算するとW165のサイズにピッタリ合います) ブルム初期のものにはこんな具合に考証がアバウトなものがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1712

   

AUTO UNION TYPE A 1934 GERMANY

AUTO UNION TYPE A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 5031300313 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: V型16気筒 4.36L スーパーチャージャー 295HP 5段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ A ドイツ

 

 1932年にホルヒ、アウディ、DKW、ヴァンダラーの民族系4社は協同でアウトウニオン社を結成します。アウトウニオンは自社を宣伝する為に750㎏フォーミュラ グランプリに出場することを決めました。また前述したようにナチス政権はメルセデス ベンツとアウトウニオンのグランプリレース活動をバックアップしていました。

 アウトウニオンはF.ポルシェ博士(フォルクスワーゲン ビートルの設計者)にレースカーの設計を依頼し、博士はV型16気筒エンジンをリアに搭載する世界初のミッドシップエンジン式レースカーを設計しました。この車はポルシェ博士の頭文字PをつけてPヴァーゲンと呼ばれ、タイプ Aからタイプ Dがありました。

 

 1934年にホルヒの工場でタイプ Aが作られました。最初のレースは1934年のドイツのアヴァス GPで、3位となっています。その後ドイツ GPで初勝利し、スイス GP 優勝、イタリア GP 準優勝などの成績でした。(メインのドライバーはH.スタック)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、アウディの特注品です。画像はアウディのWEBサイトから借用しました。画像で見ただけですが、よく出来ていると思います。これ以外のタイプ Aのミニカーはシュコーの1/24 組立てキットぐらいしかないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1715

   

 

AUTO UNION TYPE B 1935 GERMANY

AUTO UNION TYPE B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM 5031300313 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: V型16気筒 4.95L スーパーチャージャー 375HP 5段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ B ドイツ

 

 1935年 タイプ Bはエンジン排気量を拡大してパワーアップし、ホイールベースを伸ばしトレッドを広げて操縦性を向上させました。またリアサスペンションがリーフからトーションバーに変更されました。タイプ AとBはほとんど同じに見えますが、タイプ Bはコクピット左側のえぐりが深く左右非対称になっています。

 

 1935年はメルセデス ベンツ W25が圧倒的に強かったので、アウトウニオンはあまり活躍できませんでした。主なレース結果は、ドライバー H.スタックがイタリア GPで優勝 ドイツ GPで2位でした。新しいドライバーとしてB.ローゼマイヤーが参入し、彼はスイス GPでは3位となり、シーズン最後のチェコスロバキア GP (マサリク サーキット)で初優勝しています。なおハイパワーエンジンをリアに搭載するアウトウニオンの操縦はきわめて難かしかったとのことです。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、タイプ Aと同じくアウディの特注品です。画像はアウディのWEBサイトから借用しました。同じ型のドイツ GP 準優勝車仕様は一般市販されています。これ以外のタイプ Bのミニカーとしては、コクピットやリアタイヤをカバーした流線形の速度記録車仕様をミニチャンプスとブルムがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1716

   

AUTO UNION TYPE C 1936 GERMANY

AUTO UNION TYPE C 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R038 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: V型16気筒 6L スーパーチャージャー 520HP 5段変速
性能: 最高速340km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ C ドイツ

 

 1936年 タイプ Cは排気量を拡大し過給圧を上げてエンジンを大幅にパワーアップ、さらにホイールベースを伸ばしトレッドを広げて操縦性を向上させました。外観的にはコクピット左右のえぐりが均等になり(レースによって多少異なるが)、フロントノーズの形状が少し変わりました。1937年にはさらに排気量が6.3Lに拡大され、545HPにパワーアップしています。

 

 1936年にはメルセデス ベンツ W25の戦力が落ちたので、アウトウニオンが勝つレースが増えました。メインのGPレースでは、ドイツ、スイス、イタリアで優勝し(ドライバー B.ローゼマイヤー)、それ以外でもトリポリやフェルトベルク(ドイツ ヒルクライム)などで優勝しています。 1937年シーズンには、強いメルセデス ベンツ W125が登場したので、タイプ Cはベルギー GPでの優勝(ドライバー R.ハッセ)以外ではW125の後塵を拝しています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、ブルム初期の1981年頃に発売されました。1936年のドイツ GPまたはスイス GPの優勝車(ドライバー B.ローゼマイヤー)をモデル化しています。ブルムは型番R110でリアにダブルタイヤを履いた仕様もモデル化しています。これ以外ではミニチャンプスのアウディ特注品やドイツ GP仕様、CMCの1/18 超精密モデル、ブッシュの1/87などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1717

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »