ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

VOLVO 480 TURBO 1988 SWEDEN

VOLVO 480 TURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AHC (DOORKEY) 483 1/43 99㎜

 

ボルボ 480 ターボ スウェーデン 1988

 

 ボルボ初の前輪駆動車 480 1985年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 120HP 5段変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでボルボ 480のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1515

   

VOLVO 240 GL WAGON 1993 SWEDEN

VOLVO 240 GL WAGON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 293 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.72m
エンジン 変速機:  V型6気筒 2.7L 148HP 5段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでボルボ 240/260シリーズのミニカー検索

 

ボルボ 240 GL ワゴン スウェーデン 1993

 

 140/160シリーズの後継として240/260シリーズが1974年に登場しました。基本設計は前シリーズを踏襲していますが、1972年に発表した安全実験車「VESC」に使われた安全対策(衝撃吸収ゾーン拡大など)を採用しています。240シリーズは4気筒2L(82HP)/2.1L(97HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速160km/h(2.1L)の性能でした。260シリーズはプジョー/ルノー/ボルボが共同開発したPRV V型6気筒2.7L(148HP)エンジンを搭載し、5段変速で最高速185km/hの性能でした。どちらも2/4ドアセダン、5ドアエステートワゴンがありました。

 

 240には1981年にターボ仕様の240ターボが追加され、この車はツーリングカーレースで活躍しています。260シリーズにはリムジンタイプの264TEやベルトーネ製クーペの262Cも追加されました。
 260シリーズは1982年まで、240シリーズは1993年まで生産されました。260シリーズあたりで「エステートのボルボ」という評価が確立しました。なおボルボの車名は最後の文字がドア数を示していましたが、1980年以降は0に統一されました。またDLがスタンダードの意で、デラックスはGLとなります。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクション(イクソ製)で、2017年に発売されました。240シリーズの最終モデルである1993年式をモデル化しています。イクソはプレミアムXブランドで240 ワゴンを発売していますが、これはそれを流用した物です。内装などの仕上げを簡略化してありますが、それ以外はプレミアムXと同じです。「煉瓦」と呼ばれた角張った独得のボディが良く再現されていて、上々の出来ばえです。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO 240 GL WAGON 1
VOLVO 240 GL WAGON 2

 240/260シリーズの当時物ミニカーは、ノレブのJET CARシリーズ、マッチボックスのキングサイズ、ディンキーの1/35などがありました。ボルボのワゴン人気を反映してワゴンが多くモデル化されています。最近ではミニチャンプスがセダン、ワゴン、DTM仕様など約20種類、オートアートの1/18、オックスフォードの1/76、レジン製ではネオやマトリックスなどがあります。1970年代後半のディンキーのミニカーは1/35と中途半端なサイズで、コストダウンで簡素化された出来の良くないものがほとんどでした。その為この頃から大人のコレクターはディンキーから離れていきました。ただ当時のミニカーはどこのブランドも似たような有様で、ミニカー冬の時代でした。以下はそのディンキーの265 DL(型番122)の画像です。大柄で雑な作りですが、今となっては当時を思い出して懐かしくもあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO 265 GL WAGON 1
VOLVO 265 GL WAGON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=889

   

 

VOLVO 850 1993 SWEDEN

VOLVO 850 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430171400 1/43 110㎜

 

ボルボ 850 スウェーデン 1993

 

 240シリーズの後継車 850シリーズ 1992年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.66m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 5気筒 2.4L 144HP 5段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでボルボ 850シリーズのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1516

   

VOLVO S40 1996 SWEDEN

VOLVO S40 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430071501 1/43 104㎜

 

ボルボ S40 スウェーデン 1996

 

 440/460/480シリーズの後継車 S40/V40 1995年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.9L 140HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでボルボ S40/V40のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1517

   

VOLVO S60 2000 SWEDEN

VOLVO S60 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS (430171260) 1/43 107㎜

 

ボルボ S60 スウェーデン 2000

 

 850後継車であったS70の後継車 S60 2000年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: DOHC 5気筒 2.4L 170HP 6/5段変速/5段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでボルボ S60/V60のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1518

   

 

VOLVO XC60 T6 2017 SWEDEN

VOLVO XC60 T6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO 03672R 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 4気筒 2L ターボ+スーパーチャージャー 320HP 8段自動変速 4WD
性能: 最高速224km/h
データーベースでボルボ XCのミニカー検索

 

ボルボ XC60 T6 スウェーデン 2017

 

 ボルボ初のコンパクトSUV XC60は2009年に登場しました。ステーションワゴンのXC70をベースとしており、XC70のフロントのイメージを引き継いで高い車高ながらクーペのようなスタイルをしたSUVです。エンジンは4気筒2L、5気筒2L/2.5L、6気筒2.9L/3.2L、4気筒2L ターボ ディーゼル、5気筒2.4L ターボ ディーゼルなどで、駆動方式は前輪駆動と4輪駆動(パートタイム)がありました。高級なSUVとして上質な内装を備え、死角となった後続車の警告や低速での追突を回避するオートブレーキシステムなどのボルボらしい安全装備が標準装備されていました。2009年にはボルボのベストセラーモデルとなりました。

 

 2017年に2代目にモデルチェンジしました。大型化されたボディは最近のSUVに共通するデザインながら、「トールハンマー」と称するLED式デイタイム ランニング ライト付のヘッドライトとテールゲートまで回り込んだリアライトでボルボの個性を出しています。エンジンは4気筒2L ガソリン ターボ/ディーゼル ターボで、スーパーチャージャー付もあります。また後輪を電気モーターで駆動するプラグイン ハイブリッド仕様もあります。安全装備は運転支援機能が大幅に追加され、レベル2の自動動運転システムを実現しています。それらの先進技術が評価されて、2017年の日本 カー オブ ザ イヤーを受賞しています。これは2013年のフォルクスワーゲン ゴルフ VIIに次ぐ外国車として2台目の受賞となります。

 

 

 ミニカーは京商製で、2018年に発売されました。ガソリンエンジンの高性能版のT6をモデル化しています。プロポーションが良く、特徴的なヘッドライト/テールライトなどの細部もうまく再現してあり、良い出来ばえです。京商の1/43が外国車をモデル化するのはベンツなどの高級車がほとんどなのですが、このボルボ XC60は日本 カー オブ ザ イヤーを受賞したから(販促品として?)モデル化したのでしょう。なお2018年7月現在で、ボルボ XC60 2代目のミニカーはこれしかないようです。初代XC60はノレブやMOTORARTがモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO XC60 1
VOLVO XC60 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1940

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2