ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BUGATTI T41 ROYALE COACH KELLNER 1932 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE COACH KELLNER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA (IXO)  1/43 

 

ブガッティ T41 ロワイヤル コーチ ケルネル (5号車) フランス 1932

 

 5号車はパリのケルネル社で2ドアセダンが架装されブガッティ家が所有していました。戦後にアメリカのカニンガム氏が購入し長く保有していました。その後は日本のコレクターが保有していたこともありましたが今はブガッティのブランドを持つVW社が保有しているそうです。

 

 この車も最近まではミニカーがありませんでしたが、2008年ごろにフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズのNo.45でモデル化されました。画像はWEBのカタログから拝借しました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 12.7L 290HP 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=248

   

BUGATTI T50 COUPE 1932 FRANCE

BUGATTI T50 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 48 1/43 140mm

 

ブガッティ T50 クーペ フランス 1932

 

 T41 ロワイヤルは別格ですが、当時のブガッティのカタログモデルのトップがT50です。ブガッティで初めてDOHCを採用した8気筒 4972ccエンジンで最高速175km/hの高性能スポーツカーです。ボディは色々あったのでしょうが、長男ジャンのデザインによる極端に寝かされたフロントスクリーンが特徴的なこの車が有名です。

 

 ミニカーはリオ製で、フロントスクリーンなど側面からみると独創的なデザインがよく分かります。昔のミニカーなので赤と黒の塗り分け部分があまりきれいでは無いのが惜しいです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 5L 200HP 3段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでブガッティ T50のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=250

   

 

BUGATTI T41 ROYALE LIMOUSINE PARKWARD 1933 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE LIMOUSINE PARKWARD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA (IXO)  1/43 

 

ブガッティ T41 ロワイヤル リムジン パークウォード (4号車) フランス 1933

 

 4号車はイギリスのフォスター大佐が購入し、イギリス的な落ち着いたパークウォード社製のリムジーンボディが載せられました。マスコットも象ではなくロールス ロイスのフライイング レディが付いていたそう?です。この車は現在1号車と同じフランスの国立自動車博物館に収められています。

 

 この車は最近まではミニカーがありませんでしたが、2008年ごろにフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズのNo.48でモデル化されていました。画像はWEBのカタログから拝借しました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 12.7L 290HP 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=247

   

BUGATTI T41 ROYALE BERLINE DE VOYAGE 1933 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE BERLINE DE VOYAGE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT PW07 1/43 145mm

 

ブガッティ T41 ロワイヤル ベルリーヌ ド ヴォワイヤージュ (6号車) フランス 1933

 

 6号車は長男ジャンがデザインした格調高いクラシックなボディが載せられました。この車も5号車同様ブガッティ家からアメリカのカニンガム氏が購入し、その後ハラーコレクションなどを転々とし今はアメリカのコレクターが保有しているそうです。

 

 ミニカーはフランクリンミントのもので同じ車種をモデル化したリオ製よりボンネットが短くなっているなど感じが違います。(実車の写真をみるとフランクリンミントのほうが雰囲気がでています)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 12.7L 290HP 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=249

   

BUGATTI T59 1933 FRANCE

BUGATTI T59 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R041 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L スーパーチャージャー 250HP 4段変速
性能: 最高速240km/h?
データーベースでブガッティ T51/T54/T59のミニカー検索

 

ブガッティ T59 フランス 1933

 

 1920年代のレーシングカーT35の後継車として、T51が1931年に登場します。T51のエンジンはT35BのOHC 3バルブ8気筒2.3Lスーパーチャージャー(150HP)エンジンをDOHC 2バルブに変えて160-180HPにパワーアップしたものでした。外観的には、T51はT35とほぼ同じでした。1932年に排気量を4.97L(250HP以上)に拡大し、ホイールベースを長くしたT54が登場します。なおT51/T54は単座ではなく助手席の付いた2座のマシンでした。

 

 1934年から始まる750㎏フォーミュラーに向けて、ブガッティ最後のグランプリカーとなったT59が開発されました。1933年のスペインGPには改良したT54のシャーシにDOHC 8気筒2.8Lスーパーチャージャー エンジンを搭載したT59が登場しています。(結果は4位) 1934年には排気量を3.2L(250HP)に拡大し、フランスGPで4位となっています。T59は美しいデザインのマシンでしたが、強いドイツ勢に対して総合的な競争力で劣っていました。

 

 

 そこで単座化などシャーシを軽量化し、T50の5Lエンジンをベースとする4.7L(402HP)/4.4L/3L(275HP)エンジンを搭載した3タイプの改良型T59/50Bが1936年から作られました。(外観も大幅に変わっています) ただ基本設計が古いシャーシでは、このハイパワーを生かすことができませんでした。当時のブガッティは財政的に困窮しており、レースの予算は主にT57G(タンク)を有するスポーツカーレースに向けられてました。その為T59はこれ以上改良されることはなく、あまり活躍できませんでした。

 ミニカーはブルム製で、1981年頃発売されました。1933年式とゼッケンからたぶんスペイン GPに出場した車(クラッシュしている)をモデル化しているのだと思われます。1981年当時のミニカーとしては良くできています。コクピットが2座仕様で、左側にはカバーが掛かっていますのがわかります。ブルムは5種類ほどのバリエーションを作っています。T51は古いマッチボックスのモデルがあり、T54はミニチャンプスのロードスターがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1751

   

 

BUGATTI T57 GALIBIER 1935 FRANCE

BUGATTI T57 GALIBIER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS058 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速153km/h?
データーベースでブガッティ T57のミニカー検索

 

ブガッティ T57 ギャリビエ フランス 1935

 

 T57は1934年に発表された3Lクラスのツーリングカーで、約700台が生産され、ブガッティとして最もたくさん販売されたモデルでした。エンジンはレースカー T59でも使われたDOHC 直列8気筒 3.3L(135HP)を搭載しています。4ドアセダンや2ドアクーペのボディが架装され、デザインはE.ブガッティの長男ジャンが担当し芸術的才能を発揮しています。なおギャリビエ(GALIBIER)とはセダンタイプにつけられた名前です。

 

 T57の発展型としてT57C、T57S、T57SCなどがあります。T57Cはレース仕様で、エンジンをスーパーチャージャーで160HPにパワーアップしています。T57Cに流線型のカバーをつけたレーシングカー T57Gは「タンク」という名前で呼ばれルマンで優勝しています。T57Sはホイールベースを短くしたスポーツ仕様で、T57SCはT57Sをスーパーチャージャーで175-200HPにパワーアップしています。また自動車デザインに多大な影響を与えた特徴的なスタイルのアトランティックやその発展型アトランテなども有名です。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2015年に発売されました。T57のセダン(クーペではない)をモデル化したのは量産ミニカーでは初めてのはずで、その意味で非常に貴重なミニカーです。プロポーションがよく、実車の雰囲気をうまく再現しています。スポークホイール、フロントグリルの赤いエンブレム、リアのライセンスプレート、内装など細部もそこそこよくできています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1617

   

BUGATTI T57S 1936 FRANCE

BUGATTI T57S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R170-03 1/43 105mm

 

ブガッティ T57S フランス 1936

 

 T57Sはシャーシが短いT57のスポーツモデルで、オープンやクーペタイプのボディが載せられました。この車もそれらの一つですが、前後のホイールがフルスパッツで覆われています。当時のフランス車によく見られるデザインですが、私はこの優雅な感じが好きです。(実用的にはタイヤ交換などが大変だったと思いますが)

 

 ミニカーはブルムの初期物です。白のボディと赤く塗られたリアのスペアタイヤカバーのカラーリングが魅力的です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 170HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでブガッティ T57のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=253

   

BUGATTI T57S ATLANTIC 1936 FRANCE

BUGATTI T57S ATLANTIC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS023 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 170HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでブガッティ アトランテ/アトランティックのミニカー検索

 

ブガッティ T57S アトランティック フランス 1936

 

 T57は1934年に発表された3Lクラスのツーリングカーで、約700台が生産され、ブガッティとして最もたくさん販売されたモデルでした。エンジンはレースカー T59で使われたDOHC 直列8気筒 3.3L(135HP)を搭載しています。4ドアセダンや2ドアクーペのボディが架装されました。 T57Sはシャーシが短いスポーツタイプで、それに一風変わったデザインの流線型クーペボディを載せたのがアトランティックでした。エンジンは170HPにパワーアップされていて、最高速200km/hを越える当時のスーパーカーでした。

 

 アトランティックのボディの中央にある背びれのような部分は、左右のボディパネルをリベット止めしている接合部で、この部分のデザインが独特の迫力を生み出しています。現在の車も側面と屋根の接合部が左右に2カ所あり見えないように隠していますが、この車は接合部を外部に出して独特の迫力あるデザインとして成立させています。フロントスクリーンも2分割されていますので、ワイパーも変わった配置になっています。

 

 

 ミニカーはイクソのミュージアムシリーズで、2009年に発売されました。特徴的なボディの雰囲気が良く再現されていて、リアルなワイヤースポークホイール、エッチングパーツを使ったボンネットのルーバーやワイパー、そこそこ再現した室内など細部も良く仕上げてあります。最近までアトランティックの量産ミニカーはブラーゴの1/24、ブルムの1/43と後述するリオぐらいしかありませんでした。最近になってこのイクソ(ホワイトボックスも同じ)やオートアートの1/18、CMCの1/18、レジン製ではミニチャンプス、ルックスマート、マトリックスなどでモデル化されました。

 以下はイクソのアトランティックのフロント/リアの拡大画像とリアパネル/室内の拡大画像です。リアウインドー下の丸いカバー部分はスペアタイヤ収納部です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1
BUGATTI T57SC ATLANTIC 2

 以下はブルムのアトランティック(型番R087)の画像です。1983年に発売されたブルム初期の少し古いミニカーですので、最新のイクソ製に比べるとやや見劣りしますが、それでも実車の雰囲気はうまく再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T57SC ATLANTIC 3
BUGATTI T57SC ATLANTIC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=254

   

 

BUGATTI T57G LE MANS WINNER 1937 FRANCE

BUGATTI T57G LE MANS WINNER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO LMC040 1/43 112mm

 

ブガッティ T57G ルマン 優勝車 フランス 1937

 

 上述した「タンク」で1937年のルマンで優勝したのがこの車です。ボディ全体が流線型になっており馬蹄形のフロントグリルとライトの位置がブガッティらしさを残しています。1939年にもスーパーチャージャー付きのT57Cをベースにした車が優勝しています。なお長男ジャンがこのT57Cのテスト中に事故死してしまいその後のブガッティはその輝きを失ってしまいました。

 

 ミニカーはイクソ製 グリルの中のライト、右側側面の赤いランプ、ワイヤーホイールの表現など細かい部分がよく作り込まれています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 200HP 4段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでブガッティ T57のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=252

   

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1938 FRANCE

BUGATTI T57SC ATLANTIC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 78 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 195HP 4段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでブガッティ アトランテ/アトランティックのミニカー検索

 

ブガッティ T57SC アトランティック フランス 1938

 

 T57は1934年に発表された3Lクラスのツーリングカーで、約700台が生産され、ブガッティとして最もたくさん販売されたモデルでした。エンジンはレースカー T59で使われたDOHC 直列8気筒 3.3L(135HP)を搭載しています。4ドアセダンや2ドアクーペのボディが架装されました。 T57Sはシャーシが短いスポーツタイプで、それに一風変わったデザインの流線型クーペボディを載せたのがアトランティックでした。エンジンは170HPにパワーアップされていて、最高速200km/hを越える当時のスーパーカーでした。

 

 T57SCはエンジンにスーパーチャージャーを追加して195HPにパワーアップした高性能版です。外観は前述したT57Sとほとんど同じですが、ライトがより低い位置に埋めこまれています。このアトランティックのクーペボディはリアにスペアタイヤを格納するスペース(丸いカバー部分)があるので、リアの窓は位置が高く小さいです。たぶん後方はほとんど見えなかったと思います。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1983年頃に発売されました。ボディは特徴的な背びれがややオーバーに表現され、シャーシ/サスペンションなどの構造がリアルに再現されています。またスペアタイヤカバーが外せるようになっていて、中にはスペアタイヤが収めてあります。1/43サイズより全長が長めにできていてボディが少し細長く誇張されていますが、全体的な雰囲気の再現は秀逸だと思います。アトランティックの1/43量産ミニカーとしては、最近までこのリオがベストの出来ばえでした。最近になってイクソやミニチャンプスからもモデル化され、それらはスケールモデル的な正確さではリオより優れています。ただシャーシの構造やエンジンを再現しているという点ではリオのミニカーにもまだ十分魅力があります。 以下はリオのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像/スペアタイヤカバーを取り外した画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1
BUGATTI T57SC ATLANTIC 2

 以下は底板のシャーシ/サスペンション部の画像とボンネットを外した状態のエンジンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T57SC ATLANTIC 3
BUGATTI T57SC ATLANTIC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=255

   

 

ビンテージ期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3   次へ » → 戦後期