ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES SIMPLEX 26/40HP 1902 GERMANY

MERCEDES SIMPLEX 26/40HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 29 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 車重 約950kg
エンジン 変速機: 4気筒 6.8L 40HP/1100rpm 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速85km/h
データーベースでメルセデス ジンプレックスのミニカー検索

 

メルセデス ジンプレックス 26/40HP ドイツ 1902

 

 前述したようにメルセデスという名前がつけられたレーシングカー 35HPが活躍したことで、ダイムラー社の車はメルセデスと呼ばれるようになりました。当時のチーフエンジニアのヴィルヘルム マイバッハはメルセデス 35HPの改良に着手し、1902年にメルセデス ジンプレックスと呼ばれる新型車が登場しました。ジンプレックス(SIMPLEX)とは英語のSIMPLE(簡潔)で、シフトチェンジのクラッチ操作を簡単にするなどして操作を簡素したことを意味する名前でした。ジンプレックスには4気筒4L(20HP)/5.3L(32HP)/6.8L(40HP)のエンジンを搭載する3モデルがありました。"

 

 6.8L(40HP)エンジン搭載のジンプレックス 26/40HPは当時の最上級車で、それ以前のメルセデス 35HPの後継車でした。全長約4.8mの大型車で、4段変速機を介して後輪をチェーン駆動し、最高速85km/hの性能でした。ジンプレックス シリーズは1910年まで生産され、途中で4気筒8L(50HP)と4気筒9.2L(60HP)エンジンが追加されました。なおこの時代の車名は課税馬力/実馬力を意味する表記で、例えば26/40HPとは課税上の馬力(排気量)が25HP(排気量262㏄程が1HPなので6800㏄に相当)で、実際の出力が40HPであることを意味します。(ただし課税馬力の定義や実馬力は変化しますので表記もそれに応じて変わっていました)

 

 

 ミニカーは1960年代に発売されたクラシックカーミニカーの老舗ブランドのリオ(RIO)製です。メルセデス ジンプレックスの最上級車である26/40HPをモデルしていると思われます。リオのミニカーは細部までリアルに再現されていて、当時のミニカーとしては別格の素晴らしい出来ばえでした。(値段もその分だけ別格でしたが) このジンプレックスもフロントグリル、灯火類などが実車に忠実に作りこまれていて、床下のフレーム構造やエンジン/変速機/サスペンションまで良く再現されています。リア フェンダーの前にある箱状の出っ張り部分は後輪駆動用チェーンのカバーで、床下をみるとチェーン駆動部が再現されてます。リオ以外のジンプレックスのミニカーはガマ、チィス(ZISS)、フランクリン ミントの1/24、イクソの2シータ60HP リムジンなどがあります。 以下はフロントの拡大画像とリア拡大/運転席周辺/床下部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
"

MERCEDES SIMPLEX 1
MERCEDES SIMPLEX 2

 以下は1960年代に発売されたツィス(ZISS)製のメルセデス ジンプレックス (1/43 型番21)の画像です。ZISSのミニカーの特徴はプラスチック部品の少ないがっしりとした作りで、これもシンプルな作りながらジンプレックスの特徴は良く捉えてあり、当時のクラシックカーのミニカーとしては良い出来ばえでした。ただし同時期に作られた上記リオ製に較べるとかなり見劣りします。当時のリオのミニカーの出来ばえが卓越したレベルであったことが分かると思います。なおフロントグリルにスリーポインテド スターのメルセデスのロゴマークが付いていますが、この当時の実車には付いていなかったと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES SIMPLEX 5
MERCEDES SIMPLEX 6

 以下は1964年に発売されたガマ製のメルセデス ジンプレックス (1/43 型番978)の画像です。ガマのクラシックカーのシリーズはボディがメタリック塗装されていたり、ライトにラインストーン(カットガラス)が組み込まれていたりしてやや玩具的な要素があります。ただこのジンプレックスは基本的な部分はきちんと押さえて作ってありますので、1960年代に作られたクラシックカーのミニカーとしては合格点の出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES SIMPLEX 3
MERCEDES SIMPLEX 4

 以下は1960年代に発売されたリオ製のメルセデス ツーリスト 1909 (1/43 型番17)の画像です。リオのカタログでは単にツーリストとなっていますが、エンジン排気量と年式からジンプレックスの後期型をモデル化したものと思われます。ジンプレックスのモデルとしては上記の型番29よりこの型番17のほうが先に発売されたものでした。型番29との違いはリアドアが追加されていて幌が付いていません。ドアが付いているのは年式が新しいからでしょう。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES SIMPLEX 26/40HP 5
MERCEDES SIMPLEX 26/40HP 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=21

   

MERCEDES SIMPLEX 60PS REISELIMOUSINE 1903 GERMANY

MERCEDES SIMPLEX 60PS REISELIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO PREMIUMX PRD592 1/43 115mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.73m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: 4気筒 9.2L 60HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速80km/h?
データーベースでメルセデス ジンプレックスのミニカー検索

 

メルセデス ジンプレックス 60PS リムジーン ドイツ 1903

 

 前述したジンプレックスは1903年に当時のダイムラー社の主任設計者であったヴィルヘルム マイバッハが設計した改良型60PSに変わりました。ジンプレックスでは一番大きな4気筒9.2L(60HP)エンジンが搭載され、名前の60PSは60HPの意味です。運転席も含めた密閉式のリムジーンボディ(3列シート 6-7人乗り)を架装したこの車は、長距離旅行用に使われたようです。ルーフラックにはスペアタイヤ(丸いカバーを被せてある)やスーツケースが積載されています。

 

 なおヴィルヘルム マイバッハは1909年にダイムラー社を退社して戦前の高級車メーカーであったマイバッハ社を設立しています。戦後マイバッハ社はダイムラー ベンツの傘下となり、現在はダイムラー ベンツの最上級ブランドとして存続しています。

 ミニカーはイクソ プレミアムX製で、2018年に発売されました。メルセデス ベンツ博物館に保管されている実車(参照画像)を忠実にモデル化しています。(ただしボディカラーは青に変えています) エッチング材で作られた精緻なルーフラックの枠、そこに積載したスーツケース、細い金モール(イクソ得意のメッキ調印刷で形成している)で飾られたボディ、そこそこ再現された室内などクラシックカーのミニカーとしてかなり良い出来ばえです。 以下はフロントの拡大画像と客室部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

 

 

 

MERCEDES SIMPLEX 60PS LIMOUSINE 1
MERCEDES SIMPLEX 60PS LIMOUSINE 2

 以下はルーフラック/室内の拡大画像と底板部分の拡大画像です。ルーフラックにはスーツケースが積まれています。底板部分にはサスペンション、エンジン/変速機/排気管などが再現されています。リアホイールを駆動するチェーンが塗装されていて結構リアルです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES SIMPLEX 60PS LIMOUSINE 1
MERCEDES SIMPLEX 60PS LIMOUSINE 2

 同時代のメルセデス車ではエドワード期のメルセデス 37/65HP 1908をリオがモデル化しています。(参照→リオの37/65HP) リオのメルセデス 37/65Hとこのイクソのジンプレックスを比較すると、イクソのエッチング材の枠や細かなメッキモールの出来ばえは最近の技術が採用されていて優れていますが、それ以外はあまりそん色がありません。逆にリオの底板部の別パーツで再現したエンジン等のメカ部は、一体成型で塗装したイクソより優れています。約40年も前に作られたリオのミニカーが素晴らしい物であったことが改めてわかります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1946

   

 

MERCEDES SIMPLEX COUPE DE VILLE 1905 GERMANY

MERCEDES SIMPLEX COUPE DE VILLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 40 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 9.2L? 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速 80㎞/h?
データーベースでメルセデス ジンプレックスのミニカー検索

 

メルセデス ジンプレックス クーペ デビル ドイツ 1905

 

 メルセデス ジンプレックスには様々なモデルがあったようで、これもその1台と思われます。後席が密閉式になっているのでクーペ デビルという名前になっています。モデルとなった実車が明確ではありませんが、年式から判断すると前述したジンプレックス 60PSと同じ4気筒9.2Lエンジンを搭載した高級車のモデルではないかと思われます。なおこの時代のメルセデス車は右ハンドルのはずなのですが、これは左ハンドルとなっていて、この理由はよくわかりません。

 

 ミニカーはがっちりした作りのチィス(ZISS)製ですが、このモデルはライトやランタンなどにプラスチック部品が使われており、チィスのなかでも高度な仕上げがされています。ジンプレックスの特徴である後輪のチェーン駆動もちゃんと再現されています。 以下はフロントの拡大画像と客室/チェーン駆動部の拡大画像です(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

 

 

 

MERCEDES SIMPLEX COUPE 1
MERCEDES SIMPLEX COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=24

   

 

  ページ  « 前へ 1  2   → エドワード期

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.