ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DUESENBERG SJ TORPEDO SEDAN 'TWENTY GRAND' 1933 USA

DUESENBERG SJ TORPEDO SEDAN 'TWENTY GRAND' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT PW73 1/24 237㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 320HP 3段変速
性能: 最高速208km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索

 

デューセンバーグ SJ トルペード セダン 'トゥエンティ グランド' アメリカ 1933

 

 前述したようにデューセンバーグ Jは1929年から始まった世界大恐慌の時代に成功しており、当時のユーザーはまだ不況とは無関係だったようです。このようなユーザーに向けてさらに高級な車が1932年に発表されました。スーパーチャージャーを追加して320HP 250km/hに性能を向上させたモデル SJです。スーパーチャージャーの追加で排気管がボンネット右側面から取り出されるようになり迫力のある外観となっています。

 ただデューセンバーグが輝いていたのはほんの数年でした。1932年にデューセンバーグ創始者のフレッドが、自分が開発したSJの自動車事故で死亡しています。これと呼応するかのようにデューセンバーグを有するコード帝国もL29の販売不振から崩壊し始め、1937年にデューセンバーグ社は倒産しました。

 

 この車は1933年のシカゴ万国博覧会に出品された、デューセンバーグとして一番豪華であった特別な車でした。当時の価格が2万ドル(現在に換算するとたぶん4000万円ぐらい)であったことからこの車は「トゥエンティ グランド」という名前で呼ばれました。またトルペード セダンとは、革張り風のファブリックで覆った屋根でフェートン(4座オープンカー)のように見せかけていることを意味します。室内には4つの肘掛け付シートがあり、ウォールナットのパネルを使った豪華な内装となっていました。モデル Jは約480台が製造されその中でSJは約40台、そのほとんどはロードスターやデュアルカウルフェートンで、この車のようなセダンはたったの数台だけでした。

 

 

 ミニカーはフランクリン ミント製の1/24で、1991年頃に通信販売で購入しました。フランクリン ミントは現在のオートアートなどの大スケールミニカーの先駆けで、シャーシ/エンジン/サスペンションなどのメカ部分が金属製パーツ主体で再現されドアやボンネットが全て可動する、当時としては最も精密なミニカーでした。当時の価格は25000円とかなり高価でしたが、その価格に見合った素晴らしい出来ばえです。細部のディテール再現が優れているだけではなく、実車が持つ周囲を圧倒する重厚な感じも見事に再現しています。これ以外のトゥエンティ グランドのミニカーでは、GREAT LIGHTNING(レジン製)があります。 以下はフロント/リアの拡大画像とドアの開閉と室内の画像です。室内の木目パネルはデカールを張ったプラスチックではなく本物の木目パネルが使われていて、フランクリン ミントならではのリアリティの追求がされています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 1
DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部と荷物ラック/トランクの開閉ギミックの画像です。エンジンルーム左側手前右下にハンドルに直結されたステアリングシャフトが見えますが、前述したコンバーチブル ビクトリアと同じくこのトゥエンティ グランドもハンドル操作で前輪の操舵ができます。このような可動部の作りが頑丈で、簡単には壊れないのもフランクリン ミントの良いところ(設計思想)です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 3
DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=328

   

 

ページ  « 前へ 1  2