ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE 25/30 THRUPP & MABERLY 1936 UK

ROLLS ROYCE 25/30 THRUPP & MABERLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD 43R25002 1/43 118mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 4.3L 115HP 4段変速
性能: 最高速128km/h
データーベースでロールス ロイス 20/25/30のミニカー検索

 

ロールス ロイス 25/30 スラップ & メイバリー イギリス 1936

 

 第1次大戦後の不況で高価なシルバー ゴーストだけでは販売が苦しくなったロールス ロイスは、1922年に「ベイビイ ロールス ロイス」の20HP(TWENTY)を発表します。価格はシルバー ゴーストの約半額で、同じ6気筒ですが半分の排気量の3150cc(約50HP)エンジンを搭載し3段変速機で約100km/hの性能でした。(注:名前の20HPは課税上の馬力を表示したもので、実際のエンジン出力は50HPということです) 外観的にはラジエータの前につくシャッターが横向きになっていることが特徴です。

 

 1929年に20HPはエンジン排気量を3.7L(75HP)に拡大した20/25HPとなりました。この車は自分で運転するユーザーに人気があり大ヒットし、1936年までに約3800台が生産されました。この成功はロールス ロイスの財政状況を改善しました。1936年に20/25HPはエンジン排気量を4.3L(115HP)に拡大した25/30HPとなりました。このパワーアップは20/25HPに大型ボディを架装した場合に問題となったパワー不足を解消するものでした。1938年までに約1200台が生産され、1938年に名前がレイス(WRAITH)に変わりました。なおこの当時の高級車はコーチビルダーがボディを架装していて、名前のスラップ & メイバリーは当時の有名なコーチビルダーの名前です。

 

 

 ミニカーはオックスフォード製で、2018年に発売されました。この車のリアのトランク部の形状はイギリスのこの時代の高級車によくみられる古典的なスタイルで、鋭いナイフで削ったような形状なので「ナイフエッジ」又は「レザーエッジ」と呼ばれます。そのレザーエッジがうまく再現され、フロントグリルの造形も良く出来ており、このオックスフォードの25/30HPは全体的にかなり良い出来ばえです。定価は5400円でしたが、この出来ばえを考えると妥当な金額だと思います。(オックスフォード製1/43ミニカーはお奨めです もっと輸入してもらいたいものです) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE 25/30 THRUPP & MABERLY 1
ROLLS ROYCE 25/30 THRUPP & MABERLY 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1959

   

ROLLS ROYCE PHANTOM III 1938 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DANBURY MINT 821M 1/24 243mmm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型12気筒 7.4L 160HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム III イギリス 1938

 

 1935年に新型のV型12気筒7.4Lエンジン(約160-180HP)を搭載し、前輪独立懸架サスペンションを採用したファントム IIIが発表されました。このV型12気筒エンジンは航空機エンジンで培った豊富な経験が生かしていて、非常に優れた静粛性を有していました。動力性能は車重約1.8tのボディを最高速160km/hで走らせ、しかもその速度で普通に話ができるほど静かだったそうです。ロールス ロイスとして初めて採用した前輪独立懸架サスペンションにより乗り心地がソフトになり、スピードに応じて減衰力が制御されるダンパーとも相まってスポーツカー並の操縦性でした。

 

 また前輪独立懸架サスペンションの採用で、ラジエーター位置が前進しエンジンを全車軸より前に配置できるようになり、その分室内の前後長を広くとることができるようになりました。この後1998年にシルバー セラフが登場するまで、V型12気筒エンジンを搭載したロールス ロイスはファントムしかありませんでした。ファントム IIIは1939年に第2次世界大戦の為に生産中止となり、総生産台数は約700台でした。後継車のファントム IV/Vは1950年に登場しました。

 

 

 ミニカーはダンバリー ミント製の1/24で、1994年に購入しました。ダンバリーミントはコレクター向けの商品を扱う会社で、同業のフランクリン ミントと同時期に同じような1/24の精密ミニカーを製作していました。どちらも当時は通信販売でしか購入できませんでした。両社の1/24のミニカーはプラスチック製パーツが少ない重厚な作りで、ドア/ボンネットなどが可動しエンジンやサスペンションなどもリアルに再現され、何れも素晴らしい出来ばえでした。このファントム IIIはロールス ロイスらしい古典的なスタイルが魅力でフェンダー下部につけられたモールが豪華さを感じさせます。12気筒エンジンや室内などがリアルに再現されています。 以下はフロント/リアの拡大画像とです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM III 1
ROLLS ROYCE PHANTOM III 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。12気筒エンジン、インパネのメーター類、足元のペダル、ドライバー用本革シート、オーナー用ファブリック シートなどリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE PHANTOM III 3
ROLLS ROYCE PHANTOM III 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=347

   

 

ROLLS ROYCE PHANTOM III COUPE DE VILLE 1939 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM III COUPE DE VILLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 71 1/43 129㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m
エンジン 変速機: V型12気筒 7.4L 160HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム III クーペ デビル イギリス 1939

 

 前述したようにファントム IIIには前輪独立懸架が採用されました。ロールス ロイスに限ったことではありませんが、前輪独立懸架の採用は車のスタイルを変えています。エンジンが前輪車軸上に搭載できるようになったことで搭載位置が前進し、ボンネットが短くなりラジエータが前車軸より前に移動しました。その分キャビン部分が大きくなり近代的なプロポーションとなりました。ファントム IIIのサイドビューをビンテージ期のファントム Iのサイドビューと較べてみるとそのことが良く分かります。

 

 1939年に第2次世界大戦が始まるとロールス ロイスは乗用車の生産を止め、その技術と生産力を航空機エンジン(ドイツ空軍とイギリス空軍の戦闘「Battle of Britain」に勝利したスピットファイアーのマリーン V型12気筒)に注ぎ込んだ為、ファントム IIIはたったの700台ほどしか作られていません。ファントム IIIは戦前の自動車技術の集大成をロールス ロイス社が丹念に作り込んだ素晴らしい車でした。後継車のファントム IV/Vは1950年に登場しました。

 

 

 ミニカーはソリド製で、1978年に発売されました。前述したダンバリー ミント製の1/24と同じクーペ デビル形式(運転席の屋根だけがオープンになっているフォーマルな用途に使われるセダン)のボディですが、リアのトランク部分の形状がイギリス車特有の鋭いナイフで削ったような形状の「レザーエッジ」デザインになっています。ソリドのクラシックカーは老舗故にプロポーションなど基本的な部分をきちんと押さえて作ってあるので、いずれも良い出来ばえです。(同時期のリオのクラシックカーに比べると、リオほど凝った作りではありませんが) このファントム IIIは渋いツートンのカラーリングで、実に良い雰囲気に仕上がっています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM III 1
ROLLS ROYCE PHANTOM III 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=348

   

ROLLS ROYCE PHANTOM III DROPHEAD COUPE 1939 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM III DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 46 1/43 129㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m
エンジン 変速機: V型12気筒 7.4L 160HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム III ドロップヘッド クーペ イギリス 1939

 

 前述したようにファントム IIIには前輪独立懸架が採用されました。ロールス ロイスに限ったことではありませんが、前輪独立懸架の採用は車のスタイルを変えています。エンジンが前輪車軸上に搭載できるようになったことで搭載位置が前進し、ボンネットが短くなりラジエータが前車軸より前に移動しました。その分キャビン部分が大きくなり近代的なプロポーションとなりました。ファントム IIIのサイドビューをビンテージ期のファントム Iのサイドビューと較べてみるとそのことが良く分かります。

 

 1939年に第2次世界大戦が始まるとロールス ロイスは乗用車の生産を止め、その技術と生産力を航空機エンジン(ドイツ空軍とイギリス空軍の戦闘「Battle of Britain」に勝利したスピットファイアーのマリーン V型12気筒)に注ぎ込んだ為、ファントム IIIはたったの700台ほどしか作られていません。ファントム IIIは戦前の自動車技術の集大成をロールス ロイス社が丹念に作り込んだ素晴らしい車でした。後継車のファントム IV/Vは1950年に登場しました。

 

 

 ミニカーはソリド製で、1976年に発売されました。前述した型番71のクーペ デビルより先に発売されたもので、ドロップヘッド クーペと称するイギリス式のオープンカーをモデル化しています。なおこのようなオープンカー形式はファントム IIIでは少なかったとのことです。ソリドのクラシックカーは老舗故にプロポーションなど基本的な部分をきちんと押さえて作ってあるので、いずれも良い出来ばえです。(同時期のリオのクラシックカーに比べると、リオほど凝った作りではありませんが) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM III 1
ROLLS ROYCE PHANTOM III 2

 以下は上記のバリエーションで幌を下したドロップヘッド クーペ(型番77)の画像です。ソリドのクラシックカー(オープンカー)にはこのようなバリエーションがあります。2台の室内のメーター表示が違っている理由が良くわかりませんが、実車はオーダーメイドで個別に違っていたので、単なるシールの貼り間違いということでもなさそうです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE PHANTOM III 31
ROLLS ROYCE PHANTOM III 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=349

   

 

BENTLEY 4.25L MULLINER PILLARLESS SALOON 1936 UK

BENTLEY 4.25L MULLINER PILLARLESS SALOON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WESTERN MODELS WMS34 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.42m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: 6気筒 4.25L 120HP 4段変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでベントレー 戦前のミニカー検索

 

ベントレー 4.25L マリナー ピラーレス サルーン イギリス 1936

 

 前述したようにベントレーは経営難から1931年にロールス ロイスの傘下となりました。それ以後もベントレーの名前は残りましたが、その実体は小型のロールス ロイスにスポーティな味付けをして、フロントグリルのマスコットをベントレーに変えたものでした。そんな訳で1933年に登場したベントレー 3.5Lは、ロールス ロイス 20/25HPのベントレー版でした。1936年に登場したベントレー 4.25L(4 1/4Lとも呼ぶ)はロールス ロイス 25/30HPのベントレー版でした。

 

 ベントレー 4.25Lはロールス ロイスよりホイールベースが6インチ(15㎜) 短く、6気筒4.25L(120HP)エンジンを搭載し、最高速154km/h(ロールス ロイスは128km/h)の性能でした。このマリナー ピラーレス サルーンはコーチビルダーのH.J.マリナーによる4ドアセダンで、ピラーレスとは観音開きするドアの中央に柱が無いという意味です。→ピラーレスサルーンの画像 1938年にロールス ロイス 25/30HPがレイスに切り替わった際に製造中止となり、総生産台数は約1200台でした。後継車はレイスをベースにしたマーク Vでした。

 

 

 ミニカーは1980年代に発売されたウエスタンモデル製です。ウエスタンモデルはイギリスのコレクター向けモデルカーのメーカーで、1970年代にホワイトメタル製モデルカーを最初に製造しました。ホワイトメタル製ボディだけではなくほとんどのパーツが金属なので、ずっしりと重く独特の味わいがあります。プラスチックを使わないのであまり細かいところは再現されていませんが、それでも1/43のミニカーとして十分に実車を再現しています。これ以外のベントレー 4.25Lのミニカーは、MATRIX(レジン製)のサルーンやミニチャンプスのエンビリコス クーペなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY 4.5L MULLINER PILLARLESS SALOON 1
BENTLEY 4.5L MULLINER PILLARLESS SALOON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=350

   

JAGUAR SS 100 1935 UK

JAGUAR SS 100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT JJ56N 1/24 165mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.81m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 6気筒 2.7L 104HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでジャガー SS 100のミニカー検索

 

ジャガー SS 100 イギリス 1935

 

 ウイリアム ライオンズがサイドカー製造を行う「スワロー サイドカー カンパニー」を1922年に興したのがジャガー社の始まりでした。スワロー サイドカー カンパニー社は自動車のボディ製造を手がけ、大衆車オースチン セブンにアルミ製ボディを換装したオースチン セブン スワローは大成功しました。1933年に専用設計のシャシーを持つSSシリーズ(S1、S2など)を発売しこの車がヒットし、社名を「SS カーズ リミテッド」と変更しました。1935年にはエンジン、シャシー、ボディを自社開発したジャガー SS 100を発売しました。

 

 ジャガー SS 100は6気筒2.7L(104HP)エンジンを搭載し、最高速は150km/hと高性能でした。なおSS 100の100には最高速が100mph(160km/h)という意味が込められていました。高級車ベントレーにも引けをとらない性能と見た目で、価格はその半額以下ということから高い人気を得ました。1937年には6気筒3.5L(125HP)エンジン搭載車が追加されて、この車は名前どうりの最高速100mphを達成しました。第二次世界大戦の勃発で1940年に生産中止となり、総生産台数は約300台と少数でした。

 

 

 ミニカーは1988年に発売されたフランクリン ミント製です。フランクリン ミントの1/24のミニカーとしては初期の物になりますが、当時の量産大スケールミニカーでこれ以上に精密なミニカーはありませんでした。(その分値段も18000円と高価でした) ボンネット/ドアが開閉し、エンジン/シャーシ/サスペンションなどのメカ部分や室内もリアルに再現されています。前輪はステアリングホイールと連動して操舵できます。それらのギミックは既にBブラーゴなどが1/24で実現していましたが、その仕上げレベルをもう一段階リファインさせたのがフランクリン ミントでした。このSS 100も最近の大スケールミニカーと比べてもあまり遜色がないほどの良い出来ばえです。これ以外のSS 100のミニカーはディンキー(英)のビンテージ物、マッチボックス、Bブラーゴの1/18、ウエスタン モデル(ホワイトメタル製)、デルプラドの世界の名車シリーズなどがあります。 以下はフランクリン ミント製のフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR SS 100 1
JAGUAR SS 100 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部分の画像と底板のシャーシ/前輪操舵ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR SS 100 3
JAGUAR SS 100 4

 以下は1980年に発売されたBブラーゴのジャガー SS 100 (1/18 型番3006)の画像です。Bブラーゴは1976年に登場した大スケールミニカーの先駆メーカーです。Bブラーゴは1/24が標準だったのですが、これはダイヤモンドシリーズと称する1/18で、1/24よりも仕上げレベルを上げたものでした。当時の値段は6800円で上記のフランクリン ミントの1/3ぐらいでしたが、フランクリン ミントに近いレベルの出来ばえになっています。(Bブラーゴはフランクリン ミントよりも大量に生産されていたので、その分安かったのです) 両者の違いはギミック的にはBブラーゴはフロントスクリーンとドアが可動しません。仕上げレベルではフランクリン ミントのほうが畳んだ幌やカーペットなど室内の造形がよりリアルで凝っています。全体的にはフランクリン ミントのほうが金属パーツが多くより頑丈にできています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR SS 100 11
JAGUAR SS 100 12

 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部分/室内の画像です。エンジン部分の造形はフランクリン ミントと同等レベルですが、縮尺が違うのでフランクリン ミントのほうが精密といえます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR SS 100 13
JAGUAR SS 100 14

 以下は1981年に発売されたソリドのジャガー SS 100(1/43 型番4002)の画像です。ヘッドライトが大き目で全体的に少しダイナミックにデフォルメされ、古典的なスポーツカーの美しさと力強さが強調されています。1/43では現在でもこのソリドが一番良い出来ばえだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR SS 100 5
JAGUAR SS 100 6

 以下は1977年に発売されたマッチボックスのジャガー SS 100(1/38 型番Y01)の画像です。サイズが中途半端なのが今一つですが、1970年代当時のミニカーとしては良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR SS 100 7
JAGUAR SS 100 8

 以下は2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズのジャガー SS 100 (1/43 No.68)の画像です。製作メーカーは不詳です。雑誌付きミニカーの走りであったこのシリーズとしては、まずまずの出来ばえだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR SS 100 9
JAGUAR SS 100 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=351

   

 

ページ 1  2  3   次へ »