ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

WILLYS MB JEEP 1942 USA

WILLYS MB JEEP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
国産名車コレクション 238 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.36 m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 60HP 3段手動変速(2段副変速付)
性能: 最高速105km/h
データーベースでジープのミニカー検索

 

ウィルス MB ジープ アメリカ 1942

 

 第二次世界大戦中のドイツ軍のキューベルワーゲンの活躍に注目したアメリカ陸軍は小型4輪駆動車の開発を自動車メーカーに依頼します。小型車開発経験がないGMやフォードは対応出来ず、小型車メーカーのバンタム社が設計した試作車が採用されることになりました。バンタム社の生産能力を危惧した陸軍は、2次試作車をバンタム社、ウィルス社、フォード社に設計させ、最終的に採用されたのがウイルス社のMA型でした。フロントグリルにフォード社のデザインを採用したMB型が量産仕様で、フォード社も生産能力を評価されてGPW型として生産を行いました。この車はジープと呼ばれ、1942年から実戦配備されました。

 

 はしご型フレームに前後ともリーフスプリングで吊ったリジットアクスルという頑丈な構造に、簡易なオープンボディを載せたジープのスタイルはその後のこの種の軍用車のお手本となりました。なおジープの4輪駆動は滑りやすい路面でのみ4輪駆動に切り替えるパートタイム方式でした。第二世界大戦中にウイルス MB型とフォード GPW型のジープは約60万台生産されました。戦後もアメリカでは後継のCJ型が生産され、フランスのオチキスや日本の三菱自工などでもライセンス生産されました。当初のジープという名前は俗称でしたが、後にウィルス社が商標登録し、現在はクライスラー社のブランドです。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションの物でメーカーはイクソだと思います。イクソは系列にVICTORIAという軍用車専門のブランドがあり、そちらのジープはウインドースクリーンが別パーツで、スコップやアンテナが付いているなど仕上げのレベルが上がっています。ジープのミニカーは多くのミニカーメーカーが手掛けていて、様々なバリエーションがあります。三菱のジープはトミカ、ダイヤペット、エーダイ、国産名車コレクションなどがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1342

   

CHRYSLER WINDSOR 1946 USA

CHRYSLER WINDSOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4513 1/43 125mm

 

クライスラー ウィンザー アメリカ 1946

 

 クライスラーの戦後型は1946年に登場しますが、戦前型とほとんど変っていません。当時のラインアップはローヤル、ウィンザー、サラトガ、ニューヨーカーの4つでどれも同じようなデザインです。このウィンザーはたぶん売れ筋だったモデルで、下から2番目ですがフルサイズのボディに6気筒 4.1L(120HP)エンジンを搭載していました。上位の2モデルは8気筒 5.3L(135HP)を搭載してました。

 

 ミニカーはソリド製 シンプルな作りですが、この時代のアメリカ車に特有な派手なメッキのグリルなどよく再現されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m 全幅約2m
エンジン 変速機: 6気筒 4.1L 120HP 4段手動変速
性能: 
データーベースでクライスラー ウィンザーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=433

   

 

FORD LINCOLN CONTINENTAL 1946 USA

FORD LINCOLN CONTINENTAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BUBY C1-6D 1/43 129㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.54m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: V型12気筒 4.8L 120HP 4段変速
性能: 最高速132km/h
データーベースでリンカーン コンチネンタルのミニカー検索

 

フォード リンカーン コンチネンタル アメリカ 1946

 

 1940年に登場した初代 リンカーン コンチネンタルは、1942年にフロントグリルとフェンダーが変更されましたが、太平洋戦争の勃発で生産台数は数百台と僅かでした。1946年から戦後型の製造が再開されました。フロントグリルなどが当時のアメリカ車に共通する派手な大型のものに変更され、初代の上品な雰囲気はなくなりましたが、基本的なスタイルはそのままでした。(初代を発案したエドセル フォードは1943年に若くして亡くなったので、この戦後型のデザインを見ることはなかったですが)

 

 戦後型は1948年までに約2800台が生産されて生産中止となり、初代リンカーン コンチネンタルの総生産台数は約5000台でした。V型12気筒エンジンを搭載したアメリカの量産車としてはこの車が最後となりました。(最近の車ではトヨタ センチュリー GZG50型やメルセデス ベンツ Sクラス W221型などが搭載しています) 1956年に後継車のリンカーン コンチネンタル MK IIが登場しました。

 

 

 ミニカーはアルゼンチンのブービー(BUBY)製で、2009年頃に入手しました。ブービーは1950年代から1/43や1/64のダイキャスト製ミニカーを製造していた老舗メーカーで、日本国内では流通しなかったのであまり知られていません。1990年頃に1950-60年代のアメリカ車を「COLLECTORS CLASSICS」と「BUBY'S CLASSICS」シリーズとして数十種類モデル化しています。このコンチネンタルもその「COLLECTORS CLASSICS」シリーズの1台で、フロントグリルやバンパーなどに金属製パーツを使っているのが特徴です。昔のアメリカ車のイメージを再現するのに金属製パーツは効果的で、重厚な雰囲気のミニカーに仕上がっています。スケールモデル的な観点で評価すると最近のミニカーは優れていますが、昔のミニカーも雰囲気や質感ではまだまだ捨てたものではありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD LINCOLN CONTINENTAL 1
FORD LINCOLN CONTINENTAL 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1705

   

CHRYSLER TOWN & COUNTRY 1947 USA

CHRYSLER TOWN & COUNTRY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 491 1/43 127mm

 

クライスラー タウン&カントリー アメリカ 1947

 

 ボディのキャビン部分に木材を使用したウッディ ワゴンで最初にスチール製の屋根を備えたのが、このタウン&カントリーの初代で1941年に登場しています。これはその戦後型で、画像のようなコンバーチブルやクーペもあったようです。この本物の木材を使ったモデルは1950年までしか作られず、現存するものが少ないことから現在では非常に人気があるそうです。(その為ミニカーも多い)

 

 ミニカーはビテスの初期モデルです。木材部分をプラスチックでそれらしく表現しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約2m
エンジン 変速機: 8気筒 5.3L 135HP 
性能: 
データーベースでクライスラー タウン&カントリーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=434

   

TUCKER 1948 USA

TUCKER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4524 1/43 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約2m
エンジン 変速機: 水平対向6気筒 5.5L 166HP 4段手動変速/3段自動変速
性能: 最高速192km/h
データーベースでタッカー のミニカー検索

 

タッカー アメリカ 1948

 

 フランシス コッポラが監督した1988年の映画「タッカー」でこの車は有名になりました。流線型のボディ、リアエンジン、全輪独立懸架、ハンドルに連動して向きを変えるセンターライトなど技術的に画期的な車でした。

 

 この車に脅威を感じたBIG3に政治的な妨害を受け(証拠などはないようですが)、結局51台を生産しただけで倒産してしまいました。この車が量産されていたとして、本当に売れたかどうかは疑問ですが技術的には非常におもしろい車です。

 

 

 ミニカーはソリド製です。ミニカーになったのは多分に映画のせいです。実車の車幅は2mほどですが、ミニカーでは何故か異様に幅広くなっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=459

   

 

GM CADILLAC SERIES 62 CONVERTIBLE 1950 USA

GM CADILLAC SERIES 62 CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 281 1/43 134mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 160HP 4段自動変速
性能: 最高速156km/h
データーベースでキャディラック 戦後 60系のミニカー検索

 

GM キャディラック 62 コンバーチブル アメリカ 1950

 

 キャディラックの1940年代のラインアップは戦前(1930年代)の60(シリーズ)が61(シリーズ)に、65が62に、70が60Sになり、その上にはリムジンの75がありました。62はキャディラック ブランドとしてはエントリーレベルのフルサイズの高級車で、初代は1940年に登場し、4ドアセダン、2ドアクーペ、2ドアコンバーチブルがありました。1942年に2代目にモデルチェンジしましたが、2代目でもまだヘッドライトを組込んだフェンダーがボディ側面から独立していて、1930年代のイメージを残していました。

 

 1948年にフェンダーがボディと一体化された戦後型のキャディラック(3代目62や3代目60S)が登場しました。1950年代に自動車デザインの流行となったテールフィンを最初に採用したのがこの車でした。テールフィンは双胴の戦闘機ロッキード P-38 ライトニングの垂直尾翼のイメージを自動車に取り込んだ物でした。この頃のアメリカ車はクロームメッキされた派手で巨大なバンパー、グリルが特徴で、美しいかどうかは別にしてそのダイナミックな迫力には魅了があります。1953年に2ドアコンバーチブルに特別仕様のエルドラドが設定され、1954年に60系は4代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテス製でビテスは1940-50年代のアメリカ車を1990年頃に数多くモデル化しています。このキャディラックもその一つで、派手なバンパーなどがよく再現されていて、当時としてはかなり良い出来ばえのミニカーでした。キャディラックのエンブレム/ナンバープレートのデカールやドアミラーなどの後付け用パーツが付属していて、それらを付けるとよりリアルになるのですが、取り付けはやっていません。バリエーションとして幌を下した仕様、映画女優のフィギュア付、アイゼンハワー大統領の就任式パレード仕様などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とテールフィン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC SERIES 62 1
GM CADILLAC SERIES 62 2

 以下はビテスのバリエーションで、幌を畳んだエルドラド(型番280)と映画女優(M.モンローかな?)のフィギュア付のエルドラド(型番288)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC SERIES 62 3
GM CADILLAC SERIES 62 4

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミントのキャディラック エルドラド 初代 1953年(型番RB68 1/24)の画像です。1/24のサイズを生かしてエンジン/シャーシ/室内などをリアルに再現していて、ドアやボンネットが開閉でき、発売当時は最も精密な量産ミニカーでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 1
GM CADILLAC ELDORADO 2

 以下はフランクリン ミントのキャディラック エルドラド 初代 1953年(型番RB68 1/24)のエンジン部分/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 3
GM CADILLAC ELDORADO 4

 以下はデルプラド 世界の名車シリーズ(No.63)のキャディラック エルドラド 初代 1953年の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 3
GM CADILLAC ELDORADO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=366

   

GM BUICK SURER 1950 USA

GM BUICK SURER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4511 1/43 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.3L 128HP 3段手動/自動変速
性能: 
データーベースでGM ビュイックのミニカー検索

 

GM ビュイック スーパー アメリカ 1950

 

 GMのキャディラックに次ぐ高級車ビュイックです。1949年に登場した戦後型はまだ独立したフェンダーが少し残っています。前フェンダーの後部にある3連の穴(ポートホール)はビュイックの象徴です。

 

 また特徴的な楕円形のフロントグリルは、正面から見ると歯をむき出しているような感じで、あまり上品なデザインではないですがインパクトがあります。この楕円形のグリルはビュイックの伝統として最近の車にも使..われています。V型8気筒 4.1~5.3Lのエンジンを搭載していました。

 ミニカーはソリド製 ソリドは1950-60年代のアメリカ車を1980年代に数種類モデル化しています。このビュイックもその一つで、特徴的な楕円形のフロントグリルがうまく再現されています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=370

   

GMC CHEVROLET 1950 USA

GMC CHEVROLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4508 1/43 115mm

 

GM シボレー アメリカ 1950

 

 GMの大衆車ブランド シボレーの戦後型は1949年に登場しました。ボディ形式としてはセダン(2/4ドア)、ファーストバックのセダン(2/4ドア)、クーペ、コンバーチブル、ワゴン、ウッディワゴンと、この頃のアメリカ車は何でもありだったようです。エンジンは直列6気筒 3.6L(90HP)で、オプションで3.9L(105HP)がありました。

 

 ミニカーはソリド製 オーソドックスなセダンのモデルです。アメリカ車のミニカーとしては地味ですが、端正な出来映えの秀作です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 3.5L 92HP 3段手動/2段自動変速
性能:  
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=384

   

 

FORD STATION WAGON 1950 USA

FORD STATION WAGON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIMINT KE17 1/43 125㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.9L 100HP 3段手動変速
性能: 最高速135km/h

 

フォード ステーション ワゴン アメリカ 1950

 

 フォードの戦後型は1949年に登場します。ボディは前後のフェンダーが完全に一体化したモダンなフラッシュ サイドとなり、V型8気筒とV型6気筒のエンジンを搭載するシャーシも全くの新設計でした。当時販売シェアでクライスラーより下であったフォードはこの新型で勢いを盛り返し、1950年代末にはトップのシボレーに肉薄するようになりました。

 

 ミニカーはフランクリンミントの50年代シリーズ 1/43です。ボディに木製パネルを貼ったワゴンで、フォードが得意としていた車種です。フロントグリル中央の丸いリングが当時のフォードの特徴です。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=413

   

CHRYSLER TOWN & COUNTRY 1950 USA

CHRYSLER TOWN & COUNTRY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT KE17 1/43 130mm

 

クライスラー タウン&カントリー アメリカ 1950

 

 クライスラーは1949年になってから戦後型に切り替わったので、他社に比べて時代遅れなデザインが売れ行きを落としていきました。1930年代には売上げでフォードを抜いていたのですが、1950年にはまた3位に落ちてしまいました。しかし1951年に半球(Hemisphere)型のシリンダーヘッドを持つことから後にヘミという名前で呼ばれるようになった、当時最強の新型V8エンジン(5.4L 180HP)を開発し巻き返しをはかっています。

 

 ミニカーはフランクリンミント製 1/43の50年代シリーズです。たった600台ほどしか生産されなかった最後のタウン&カントリーのハードトップ仕様をモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約2m
エンジン 変速機: 8気筒 5.3L 135HP 
性能: 
データーベースでクライスラー タウン&カントリーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=435

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...14 次へ »