ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GM CHEVROLET CHEVELLE SS 454 1970 USA

GM CHEVROLET CHEVELLE SS 454 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YMC01-M 1/43 117mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.4L 450HP 4段変速
性能: 最高速229km/h
データーベースでシボレー シェベルのミニカー検索

 

GM シボレー シェベル SS 454 アメリカ 1970

 

 1950年代にヨーロッパ製の小型乗用車がアメリカに輸入され、セカンドカーとして使われました。この小型車需要への対応ではアメリカンモーターズ(AMC)の小型車(ランブラーなど)が先行していました。これに対してビッグ3(GM、フォード、クライスラー)も小型車(といっても3Lクラス)を登場させました。GMの小型車はコルベアやノバでしたが、1960年代中ごろになると小型車クラスとフルサイズのシボレーの間を埋める中型車としてシェベルやマリブが登場しました。(実車画像→ シボレー シェベル 1964)

 

 1964年に登場したシェベルはスタイルを見ても分かるように、元々はお買い得な6気筒エンジン搭載のファミリーカーといった位置付けでセダン、クーペ、コンバーチブル、ワゴンが揃っていました。しかしV型8気筒エンジンを搭載した高性能版のSSでシェベルはマッスルカーへの道を歩み始めました。特に1970年に登場したSS 454はV型8気筒7.4L(454CI(キュービックインチ) 450HP)エンジンを搭載し、クライスラーのヘミ エンジン搭載車(ダッジ チャージャーなど)に匹敵する当時最強のマッスルカーでした。マッスルカーの全盛期にシボレーはシェベルにその役割りを与えていたようです。1968年にはシェベル 2代目が登場し、1973年に登場した3代目は1978年に名前がマリブに変わりました。(実車画像→ シボレー シェベル SS 1968)

 

 

 ミニカーは1996年に発売されたマッチボックス製です。1960-1970年代のマッスルカーをモデル化したマッチボックスの「マッスルカー シリーズ」の1台で、高性能版のSS 454をモデル化しています。メッキパーツのヘッドライトがレトロな作風なのでフロント部分がややシャープさに欠けますが、全体的なプロポーションは良くマッスルカー シェベルの雰囲気がうまく再現されています。スポークホイールにホワイトレター付タイヤ、赤いボディに黒いストライプのカラーリングなどの細部は実車に忠実です。これ以外のシャベルのミニカーはフランクリン ミントの1/24、アーテルの1/18、ジョニーライトニングの1/64、グリーンライトの1/64、ホットホイールの1/64などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CHEVROLET CHEVELLE SS 454 1
GM CHEVROLET CHEVELLE SS 454 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=393

   

CHAPARRAL 2J 1970 USA

CHAPARRAL 2J 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOY 6628 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.6L 760HP 3段自動変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでシャパラル 2Jのミニカー検索

 

シャパラル 2J アメリカ 1970

 

 1968年にスポーツカー選手権はプロトタイプカーの排気量を3L、スポーツカーの排気量を5Lに制限したので、大排気量のフォード GT40やシャパラルなどは出場できなくなりました。そこでシャパラルはカンナムに専念することになり、1968年シーズンは1967年に投入した2Gの改良型で参戦しました。この年もマクラーレンが圧倒的に強く全勝しています。このシーズン最後にはJ.ホールがレース中の追突事故で重傷を負いました。 (実車画像→ シャパラル 2G 1967 )

 

 1969年に新開発したシャパラル 2Hが登場します。2Hは従来のスポイラーによる空力利用を見直して、ボディ全体を楔形にして空気抵抗を減らす新しいデザインを採用していました。このデザインは目論見どおりにいかなかったようで、シーズン終盤には異様なほど大きなスポイラーを付けた2Hが登場しました。(実車画像→ シャパラル 2H 1969 )

 

 

 1970年にはシャパラルで最も独創的な設計がされたシャパラル 2Jが登場しました。2Jは真空掃除機と呼ばれましたが、その名のとおり掃除機のように車体下部の空気をファンで後方に吸出すようになっていました。車体は地面に張り付くことになり(グランドエフェクト効果)、強力なダウンフォースが常時得られるのでした。ファン駆動は専用の小型エンジンで行い、地面との隙間を最小限にする為に車体下部にスカートと呼ばれる緩衝材が付いていました。この方式はシーズン後に禁止とされ、この決定に失望したJ.ホールはカンナムから撤退しました。結局シャパラルはカンナムではマクラーレンに一度も勝てませんでした。その後シャパラルはローラ T333で1977年から再開されたカンナムに参戦したり、シャパラル初のオープンホイールの2Kで1979年からCARTシリーズに参戦しました。最終的に1982年にシャパラルとしてのレース活動を中止しました。 (実車画像→ シャパラル 2K 1979 )

 シャパラルが先鞭をつけたレースカーにおける自動変速機、スポイラー、真空掃除機方式(グランドエフェクト)などの技術は、その後のレースカーで全て一般化されました。(ファンを使うグランドエフェクトは禁止されましたが) 独創的な発想で「白い怪鳥」と呼ばれたシャパラルは、その技術の熟成不足と不運であまり勝てませんでしたが、レースカーの歴史に偉大な足跡を残しました。

 ミニカーは1972年に発売されたメーベトイ(マテル グラントロス)製の当時物です。1970年頃にアメリカのマテル社に買収されたメーベトイのミニカーはマテルお得意のフリーホイールを採用するようになったのですが、それを除けばメーベトイらしいセンスの良さが残っていました。このシャパラル 2Jも、最大の特徴であるリアのファンやボディ下部のスカート(黒い部分)などが再現されていて、リアカウルを開くと簡単な造形ですがエンジンなどがメッキパーツで再現されています。全体的な出来ばえは当時のミニカーとしてはレベルの高い物でした。これ以外の当時物ではマーキュリーやポリトーイがありました。当時物以外ではミニチャンプスがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とコクピットの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CHAPARRAL 2J 1
CHAPARRAL 2J 2

 以下はフロント/リアのパネルの開閉ギミックとリアパネルを開いたエンジンルームの画像です。リア車軸の上にある金色の部分がファンを駆動する為の小型エンジンだと思われます。なお実車のエンジン部分はミニカーのような派手なカラーリングではありません。ファンもオレンジ色で目立つように誇張されていますが、実物は白か灰色の目立たない色でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CHAPARRAL 2J 3
CHAPARRAL 2J 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1788

   

 

CHRYSLER PLYMOUTH GTX 1970 USA

CHRYSLER PLYMOUTH GTX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YMC07-M 1/43 121㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 425HP 4段手動変速
性能: 
データーベースでプリムス GTXのミニカー検索

 

クライスラー プリムス GTX アメリカ 1970

 

 1967年に登場したプリムス GTXはベルヴェデアの流れをくむマッスルカーで、特別仕様のグリルやサスペンションを搭載したプリムス ブランドの最上級車でした。1968年にモデルチェンジし、V型8気筒7.2L(390HP)エンジンが標準搭載され、より高性能のV型8気筒7L(425HP)のヘミ エンジンも搭載できたようです。

 

 GTXと同じ高性能エンジンが搭載でき装備を簡素化した廉価版がロードランナーで、軽量故に最高速が高いロードランナーの方が人気が高かったそうです。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのマッスルカーシリーズです。ボンネットのエアスクープ、サイドのストライプなど実車に忠実です。ただフロントグリルの位置が高く全体的にやや平板な感じがします。

CHRYSLER PLYMOUTH GTX 1
CHRYSLER PLYMOUTH GTX 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=442

   

CHRYSLER DODGE DART 270 1970 USA

CHRYSLER DODGE DART 270 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC066 1/43 115mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.5L 180HP 3/4段手動変速/3段自動変速
性能: 
データーベースでダッジ ダートのミニカー検索

 

クライスラー ダッジ ダート 270 アメリカ 1970

 

 ダッジ ダートは1960年にプリムスの廉価版として登場しました。当初はフルサイズの大型車でしたが、徐々にサイズダウンされ1963年にはコンパクトカーになっていました。画像の車はタービンカーに似せた特徴的なライトの形状から1965年頃のダートなのですが、ミニカーは1970年式となっていて素性が分かりませんでした。

 

 ボンネット先端の左側に「Barreiros」というロゴが付いていたので、それを頼りに調べるとBarreiros(バレイロス)とはスペインの自動車会社で、クライスラー ヨーロッパの傘下でした。結局この車はスペインで生産されたヨーロッパ仕様のダートであると分かりました。270というモデルはアメリカではV型8気筒4.5Lを搭載していましたが、ヨーロッパ仕様も同じかどうかは不明です。この車はアメリカ車ではないのですが、当時のクライスラーの一般的なセダンということでここに載せています。

 

 

ミニカーは2006年に発売されたイクソ製で、イクソらしい手堅い出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=444

   

FORD MUSTANG I BOSS 429 1970 USA

FORD MUSTANG I BOSS 429 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YMC05 1/43 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.76m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.9L 290HP 3/4段手動変速/3段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでマスタング 初代(1970年以前)のミニカー検索

 

フォード マスタング I ボス 429 アメリカ 1970

 

 マスタングはコンパクトカーファルコン(初代 1963年型)をベースとしていたので当初はコンパクトカーでしたが、そのサイズは徐々に拡大され外観デザインも変わっていきました。外形寸法は1964年は全長4.61mX全幅1.73mでしたが、1967年に全長4.66mX全幅1.8m、1969年に全長4.76mX全幅1.82m、1972年には全長4.81mX全幅1.88mまで大きくなっています。フロントのデザインも1967年にノーズの奥行きが深くなり、1969年にグリル内にライトが追加されて4灯式となり、1970年には外側の2灯がインテークに代わり2灯式に戻り、1971年にはグリルが横幅いっぱいに広がりました。

 

 1969年のマイナーチェンジではボディがかなり大きくなり、よりスポーティな外観となりました。同時にファストバックにマッハ Iという高性能仕様が追加され、レース用のホモロゲーションモデルとしてボス(BOSS)シリーズも追加されました。ボス シリーズにはボス 302とボス 429の2タイプがあり、302はV型8気筒4.9L(302CI:キュービックインチ)(290HP)、429は7L(429CI)(375HP)エンジンを搭載していました。マスタングの高性能版としては、キャロル シェルビーがチューンしたシェルビー マスタング GT350/GT500もありました。

 

 

 ミニカーはマッチボックス コレクティブルのマッスルカーシリーズで、1997年頃に発売されました。マッスルカーシリーズは1960-1970年代のマッスルカー(高性能車)を十数種類ほどモデル化したもので、いずれも当時の1/43のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。このシリーズは後にマテルやアーテルが型を流用して、多少仕上げレベルを落とした再生産品を発売しています。このボス 429も灯火類がややレトロな作風ですが、実車の雰囲気がうまく再現されていて良い出来ばえだと思います。マスタング ボスのミニカーとしては、フランクリン ミントの1/24、ダンバリー ミントの1/24、アーテルの1/18、グリーンライトの1/64、ジョニーライトニングの1/64などたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD MUSTANG BOSS 439 1
FORD MUSTANG BOSS 439 2

 以下は2004年頃に販売された、マッチボックスのボス 302(B6921)の画像です。マスタング40周年記念モデルとして、上述したボス 429の型を変更して再生産されたものです。BOSS 302のモデルとして、ボンネット上のエアスクープが取り外され、ボンネットとそれに連なるサイドの黒いストライプが追加されています。また実車同様にフロント グリルとリア パネルが黒く塗装されているので、塗装されてない429よりも迫力のある仕上がりとなっています。このミニカーはだいたい2000円くらいの安価なミニカーでしたが、オリジナルの429の出来が良いのでこの302もかなり出来の良いミニカーとなっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD MUSTANG BOSS 302 1
FORD MUSTANG BOSS 302 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=432

   

 

AMC GREMLIN 1970 USA

AMC GREMLIN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLISTIL EL62 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3.3L 128HP 3/4段手動変速/3段自動変速
性能: 最高速166km/h

 

AMC グレムリン アメリカ 1970

 

 この車はセダン タイプのホーネットのテールエンドを斜めに切り落とした、当時としては極めて斬新なデザインのハッチバック車です。このデザインはさらに発展して、1975年のぺーサーという車に継承されています。

 

 AMCは1979年にルノーの傘下になり、1987年にクライスラーに買収されて消滅しました。なおAMCが買収していたカイザー ジープ社の「ジープ」はクライスラーの有力なブランドとして今も残っています。

 

 

 ミニカーはポリトーイ(ポリスティル)のEシリーズであまり出来は良くありません。ただグレムリンのミニカーはこれしかありませんのでその点で貴重です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=452

   

GM BUICK RIVIERA GS 1971 USA

GM BUICK RIVIERA GS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
YATMING 94252 1/43 125mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.5L 315HP 3段自動変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでビュイック リビエラのミニカー検索

 

GM ビュイック リビエラ  GS アメリカ 1971

 

 1970年代になるとまたデザインがダイナミックになってきます。このリビエラはその代表的なもので、フロントは63年式のモチーフを継承していますが、リアがV字型に突き出した不思議な造形となっています。(上からの画像で見ると良く分かります)

 

 このような形状にする必然性は無く単に奇をてらったデザインですが、非常にインパクトがありこれぞ昔のアメリカ車といったところです。

 ミニカーはヤトミン製です。ヤトミンの1/43のアメリカ車は安価ですが、プロポーションが良くお買い得です。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=374

   

CHRYSLER PLYMOUTH CUDA 440 1971 USA

CHRYSLER PLYMOUTH CUDA 440 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YMC02-M 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.2L 390HP 3/4段手動変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでプリムス クーダのミニカー検索

 

クライスラー プリムス クーダー 440 アメリカ 1971

 

 プリムス バラクーダは1964年に小型スポーティカーとして登場し、その後強力なエンジンを搭載するマッスルカーに発展していきました。クーダはバラクーダの高性能版で、ヘミエンジンを搭載したモデルはヘミ クーダと呼ばれました。バラクーダは1970年にモデルチェンジし、小型ながら幅の広いスタイルとなった3代目です。

 

 440はV型8気筒7.2L(440キュービック インチ)(390HP)ヘミエンジンを搭載したモデルです。なお上記のダッジ チャレンジャーは同じボディを使った姉妹車です。なおバラクーダーは1974年に生産中止となったので、これが最後のモデルでした。

 

 

 これもマッチボックスのマッスルカーシリーズです。派手な側面のロゴ、ボンネットのエアスクープ、リア スポイラーなどが忠実に再現されています。カラーリングのせいで幅広の車体がより際だって見えます。

CHRYSLER PLYMOUTH CUDA 440 1
CHRYSLER PLYMOUTH CUDA 440 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=441

   

 

CHRYSLER PLYMOUTH GTX 1971 USA

CHRYSLER PLYMOUTH GTX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
YATMING 94218 1/43 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.2L 390HP 4段手動変速
性能: 
データーベースでプリムス GTXのミニカー検索

 

クライスラー プリムス GTX アメリカ 1971

 

 このGTXは1971年にモデルチェンジした2代目です。エンジンはV型8気筒7.2L(390HP)とハイパワーでした。フロントのループ状のパンパーが実に印象的な迫力のあるデザインで、いかにも早そうです。1973年のオイルショックで販売台数が激減し、GTXは1974年に消滅しました。

 

 この手のハイパワー車はこんな具合にオイルショックと排ガス規制で消えていきました。このGTXあたりが最後のマッスルカーといえるでしょう。

 

 

 ミニカーはヤトミン製、全体的なプロポーションはいまひとつな気もしますが、特徴的なフロント部分はそこそこ再現されています。

CHRYSLER PLYMOUTH GTX 1
CHRYSLER PLYMOUTH GTX 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=443

   

FORD MUSTANG MACH I 1971 USA

FORD MUSTANG MACH I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400087121 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.81m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.8L 240HP 3/4段変速
性能: 最高速198km/h
データーベースでマスタング 初代(1971年以降)のミニカー検索

 

フォード マスタング マッハ I アメリカ 1971

 

 マスタングは1969年と1971年にボディが拡大され、1971年には全長4.81m(登場時4.63m) 全幅1.88m(登場時1.73m)となりました。それに伴いデザインは幅が広いフラットなスタイルになっていきました。特に緩やかに傾斜したルーフを持つ1971年式のファーストバック(SPORTSROOFと称する)は見た目は実にかっこいいのですが、室内は狭く後方視界は最悪だったようです。

 マスタングの高性能版としてはマッハ I(MACH I)やレースのホモロゲーション用のボスシリーズ(BOSS 302 /BOSS 429)がありました。特にマッハ Iは1971年の映画「007 ダイヤモンドは永遠に」で劇中車として使われたこともあって、1971年式のマスタング マッハ I は良く知られています。

 

 1969年と1971年にデザインも大幅に変更されていますが、1973年まで生産されたモデルを初代マスタング(マスタング I)と分類します。(1969年式を2代目とする分類もありますが) ボディの大型化やハイパワー化が、当初のマスタングの低価格コンパクトカーのコンセプトから外れるようになり、次第に販売は低迷していきました。また1970年代のオイルショックや排ガス規制が大型車やハイパワー車を駆逐するようになり、アメリカ車は次第に小型化されていきました。(この潮流にのって販売量を伸ばした代表が日本車でした)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製のマスタング マッハ Iで、2009年に黄色、2010年にこの緑色が発売されました。実車の平べったい感じが良く再現され、灯火類やストライプ/ロゴがリアルに再現された非常に良い出来ばえです。1/43の量産ミニカーではこれが最高傑作であると思います。ミニカーがあまりに平べったいので、これはデフォルメで強調されているのだろうと思っていました。しかし実車の側面画像とミニカーの画像を以下のように比べてみると、ミニカーは多少車高短ぎみですが、実車のプロポーションに忠実であることが分かりました。 以下はフロント/リアの拡大画像と実車との比較画像/室内拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD MUSTANG MACH I 1
FORD MUSTANG MACH I 2

 当時物ミニカーとしてはコーギーのマッハ I ボンドカー(型番391 1/43)がありました。本来はボンドカーとして作られたものではなかったのですが、映画の公開に合わせて、既に出来上がっていたマッハ Iの箱にボンドカーのラベルを貼付けて売り出されたものでした。したがって黒いボンネット部分は映画に出てくる車とは違っています。ただ当時は1/43のマッハ I のミニカーがこれしかなかったことから人気がありました。以下はコーギーのマッハ Iの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD MUSTANG MACH I 3
FORD MUSTANG MACH I 4

 最近のミニカーではオートアートの1/18、サンスターの1/18、グリーンライトの1/43と1/64、京商の1/64などがあります。
データーベースでマスタング 初代(1971年以降)のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1508

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.