ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

FIAT 131 ABARTH 1976 ITALY

FIAT 131 ABARTH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY F20 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 215HP 5段変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでフィアット 131のミニカー検索

 

フィアット 131 アバルト イタリア

 

 フィアットのスポーツイメージを高める為に、大衆車131をWRCカーに仕立て上げたのが131 アバルトです。フィアットのモータースポーツ部門となっていたアバルトが開発し1976年に登場しました。FRP製のフェンダー、ボンネットなどで軽量化したボディ、専用設計の後輪サスペンション、機械式燃料噴射エンジン(2L 215HP)搭載といったスペシャルマシンです。

 

 ベルトーネがボディ製作を担当し、WRCのグループ4に出場する為のホモロゲーションモデルとして400台のストラダーレ(ストリート仕様)を市販し、最終的には1000台以上が生産されました。戦歴はというと、1977、78、80年のシリーズ チャンピオンを獲得しています。(さすがはアバルト!)

 

 

 ミニカーはトミカ ダンディの外国車シリーズです。このシリーズは1/43で出来の良い物がたくさんありますが、この131 アバルトも迫力十分です。ラリー仕様ではなくストラダーレ(ストリート仕様)でモデル化しているのもユニークです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=674

   

FIAT 131 ABARTH RALLY 1976 ITALY

FIAT 131 ABARTH RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 54 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 215HP 5段変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでフィアット 131 アバルトのミニカー検索

 

フィアット 131 アバルト ラリー イタリア

 

 フィアット グループのラリーカーとして1974年からランチア ストラトスが活躍しましたが、ラリー専用車故にフィアットの乗用車販売には貢献しませんでした。そこで大衆車 131をラリーカーに仕立てることになりました。車両開発はアバルトが行いベルトーネがボディ製作を担当し、131 アバルト ラリーが1976年に登場しました。専用設計の後輪サスペンション、FRP製のフェンダー/ボンネットなどで軽量化したボディに機械式燃料噴射エンジン(4気筒2L 215HP)を搭載しています。グループ4の認証用に400台のストラダーレ(ストリート仕様)が市販され、総生産台数は1000台以上でした。

 

 初戦は1976年のモロッコ ラリーで結果は12位(#8)でした。1000湖ラリーで初優勝しますが、この年はランチア ストラトスがマニファクチャラータイトルを獲得しています。(グループ内でも競争していた) 1977年はポルトガル、ニュージーランド、サンレモなどで5勝し、マニファクチャラータイトルを獲得しています。1978年にはストラトスのワークス活動が終了し、131 アバルトがポルトガル、アクロポリス、1000湖などで5勝し、マニファクチャラータイトルを連覇しています。

 

 

 1979年は1000湖での1勝しかできず、マニファクチャラータイトルはフォード エスコート MK IIが獲得しています。1980年はモンテ カルロ、ポルトガル、1000湖などで5勝し、3回目のマニファクチャラータイトルを獲得しています。1981年はポルトガルの1勝しかできず、1982年にはWRCのレギュレーションに追加されたグループB(ラリー専用車)として開発されたランチア ラリー 037が後を引継ぎました。

 ミニカーはソリド製の当時物で、1977年頃に発売されました。1976年のモロッコ ラリー出場車(#5はリタイア)をモデル化しています。派手なオーバーフェンダーやスポイラーなど迫力のあるボディが良く再現されています。ただヘッドライトをメッキパーツで表現するやり方(この頃のソリド標準)は小さすぎるライトがいまひとつです。なおこのミニカーはデカールが最初から貼られていました。(この頃はまだ自分では貼るのが普通でしたが) 当時物ミニカーとしては、メーベトイ、ポリトーイ、Bブラーゴ、マッチボックス、トミカなど多くあり人気が高いです。最近のものではトロフューが約50種類もモデル化していて、イクソ、京商(1/18)などもあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1740

   

 

FIAT 128 1969 ITALY

FIAT 128 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A59 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.84m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速139km/h
データーベースでフィアット 128のミニカー検索

 

フィアット 128 イタリア

 

 128はフィアット初の前輪駆動車です。駆動方式は考案した技術者の名前でダンテ ジアコーサ方式と呼ばれ、ミッションを直列に接続したエンジンを横置き配置し不等長のドライブ シャフトで前輪を駆動します。これ以前の横置き前輪駆動方式はBMC ミニが採用したエンジンの下にミッションを配置するイシゴニス方式がありましたが、ダンテ ジアコーサ方式は通常のエンジンが使用できるといったメリットがあり現在の前輪駆動車では主流となっています。

 

 前輪駆動方式によるスペース効率の良いボディ、フェラーリから移籍してきたランプレディが設計した4気筒1.1L(55HP)エンジン、4輪独立サスペンションによる優れた操縦性などこの車は画期的な小型車でした。1970年のカー オブ ザ イヤーを受賞し、商業的にも大ヒットしました。1974年に1.3L(60HP)エンジンが追加され1983年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物です。この時期のメーベトイはシャープなモールドのミニカーを作っていました。 (この頃既にマテルに吸収合併されていましたが) この128もシンプルな3ボックス スタイルを忠実にモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=675

   

FIAT X1/9 1972 ITALY

FIAT X1/9 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 33 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.83m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 75HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでフィアット X1/9のミニカー検索

 

フィアット X1/9 イタリア

 

 上記128の駆動ユニットをリアにミドシップ配置したスポーツカーで、850スパイダーの後継車として1972年に登場しました。1969年に発表されたアウトビアンキ ランナバウトのコンセプトを発展させた車で、ベルトーネのマルチェロ ガンディーニが全体的なデザインを決定したそうです。シャーシやサスペンションが全て新設計され、本格派スポーツカーの能力がありました。

 

 1.3L(75HP)エンジンが搭載され、4段変速機で最高速170km/hと高性能でした。屋根を取り外してフロントのトランクに格納することが出来、荷物も詰めるなど実用的なこともあってこの車は大ヒットしました。1979年には1.5L(85HP)エンジンが追加され、1982年にはベルトーネが販売権を買い取りベルトーネ X1/9となり、1989年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドのシャープな作風はこの様な直線的デザインの車にマッチしています。ただこのミニカーの場合は塗装が少し厚ぼったい感じがします。メタリック塗装だともっと見栄えが良くなると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=676

   

 

FIAT 127 1971 ITALY

FIAT 127 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A54 1/43 84mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 903cc 45HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフィアット 127のミニカー検索

 

フィアット 127 イタリア

 

 上述したダンテ ジアコーサ方式前輪駆動車の第2弾として127が850の後継として1971年に登場しました。当時流行の直線を基調にしたコンパクトなボディに、850用エンジンを903cc(45HP)に拡大したエンジンを搭載し、4段変速機で最高速135km/hの性能でした。

 

 全輪独立懸架による優れた操縦性と実用性を兼ね備えた127は、128に続き1972年のカー オブ ザ イヤーを受賞し、商業的にも大ヒットしました。 1L(50HP)エンジン、1.3Lディーゼルエンジンが追加され、フロントグリルを2回ほど変更して、1983年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物です。角形ヘッドライトでちょっと変わった雰囲気を持つ初期の127のフロントグリルがうまく再現されています。他の当時物としてはポリトーイとマーキュリーが手がけています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=677

   

FIAT 126 1972 ITALY

FIAT 126 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS S17 1/25 139㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.38m
エンジン 変速機: 空冷2気筒 594cc 23HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフィアット 126のミニカー検索

 

フィアット 126 イタリア

 

 126は500の後継として1972年に登場しました。前輪駆動車が立て続けに発表されましたが、この126は空冷エンジンの後輪駆動車で500の構造を継承していました。エンジンは594cc(23HP)に拡大され、最高速は105km/hに向上し、上級車128のような角張ったボディデザインで居住性も改善されました。

 

 ただ126発売後も500の人気は衰えず、126はあまり500のユーザーには歓迎されなかったようです。500の実質的な後継車の役目は80年代になって登場したパンダが担いました。フィアットとして最後のリア エンジン車となった126は、1987年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物で1/25のSシリーズです。サイズが大きいので当然ですが、結構良くできてます。メーベトイとポリトーイの1/43もあるのですが今ひとつの出来です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=678

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »