ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 642RN2 BARTOLETTI RACING CAR TRANSPORTER ’FERRARI’ 1956 ITALY

FIAT 642RN2 BARTOLETTI RACING CAR TRANSPORTER ’FERRARI’ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OLD CARS 56000 1/43 212mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約9.2m 全幅約2.5m
エンジン 変速機: 6気筒 6.6L ディーゼル 92HP 4X2段変速
性能: 最高速 不詳  
データーベースでフィアット 商用車 600シリーズのミニカー検索

 

フィアット 642RN2 バルトレッティ レーシングカー トランスポーター ’フェラーリ’ イタリア

 

 前述したフィットの大型トラック 682は1967年に683に、1970年には684に、さらに1975年にイベコ 160となりました。640/670は682よりも小型のトラックで1949年に登場し、6気筒6L(72HP)エンジンを搭載していました。640は1952年に642、1963年に643、1970年に673、さらに1975年にイベコ 160となりました。派生車の642RNは主にバスに使われたシャーシで、Rはトラック用よりシャーシ高が低いという意味で、Nはディーゼルエンジンを意味します。642RNには多くのコーチビルダーがバス車体を架装していました。

 

 バルトレッティ(BARTOLETTI)社はバス/トラック/救急車などのボディ製造会社でしたが、当時のフェラーリ、マセラティ、フォードなどのレーシングカー トランスポーターも作っていました。画像はフェラーリが使っていたレーシングカー トランスポーターで、642RN2をベースにしています。車体前半分はバスでサポートチームが乗るスペースがあり、後半分と屋根にレーシングカーの積載スペースが3台分あります。中央部分には工具や備品が積載され、サポート作業が出来たようです。

 

 

 ミニカーはイタリアのオールドカー製で、1993年に発売されました。オールドカーは1970年代後半に登場した老舗ブランドで、他のメーカーがあまり作らないフィアット/イベコ グループの農機/建機/バス/トラックなどをダイキャスト製でモデル化しています。1/43なので結構大きなサイズで、フロントの雰囲気や積載スペースの構造など非常によく出来ています。やや暗い赤のボディカラー、フェラーリのロゴや関連会社のデカールなども忠実にできています。当時のレーシングカー フェラーリ 250 テスタロッサ(ブルム製)を積載する様子を以下の簡易動画にしてみました。(画像のマウスオーバー又はタップでスタートします)

fiat 642 car transporter1
fiat 642 car transporter2

 オールドカーは同じ642RN2のマセラティ版や、170/190のセミトレーラー、OM 160のボックストラックのトランスポーターも作っています。またブルムがそれらのオールドカー製のトランスポーターとブルム製のレーシングカーをセットにしたトランスポーター セットを数種類発売しています。
データーベースでフィアット トランスポーターのミニカー検索

 余談ですが超精密ミニカーで知られるEXOTOもバルトレッティのトランスポーターを1/43で数種類モデル化しています。同じ1/43でもEXOTOが作るととんでもなく精密に仕上げられています。(ただし値段も約8万円とミニカーとはいいがたい金額ですが) どんな物かは以下のリンク先のサイトでみることができます、特にリアの積載用スロープの出来ばえは一見の価値があります。(1/18ではなく1/43ですよ)→EXOTO製バルトレッティ トランスポーター

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1904

   

FIAT 2300S CABRIOLET 1964 ITALY

FIAT 2300S CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 133 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 130HP 4段変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでフィアット 2300のミニカー検索

 

フィアット 2300S カブリオレ イタリア

 

 上述した6気筒エンジン搭載の高級車2100をベースにしてギヤがデザインしたクーペが、1960年のトリノショーで発表されました。美しいスタイルが好評で、翌年フィアットのカタログモデルとなりました。

 

 エンジンは105HPに強化され、最高速は175km/hと高性能で、4輪ディスク ブレーキを備えていました。1962年にセダン同様にエンジンが2.3L(130HP)に拡大され2300Sとなり、最高速は195km/hまで向上しました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、クーペではなく幌を立てたカブリオレとなっています。このカブリオレはプロトタイプが数台作られただけで、実際には生産されていないようです。何故ソリドがこのプロトタイプをモデル化したのかは分かりませんが、とにかくかっこいい車であったことはこのミニカーでよく分かります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=659

   

 

FIAT 850 1964 ITALY

FIAT 850 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 513 1/43 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.58m 全幅約1.43m
エンジン 変速機: 4気筒 843cc 34HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでフィアット 850のミニカー検索

 

フィアット 850 イタリア

 

 600と1100の間を埋める車種として1964年に850が追加されました。モダンな3ボックスセダンですが、その中身は600と同じ部品で構成されていて、まだリアエンジン車でした。

 

 843cc(34HP)エンジンを搭載し、37HPにパワーアップした上級仕様のスーパーは最高速126km/hの性能でした。1968年にはさらに上級のスペチアーレ(47HPで135km/h)も追加されました。600Dの後継上級車として大成功し、1974年まで生産されました。

 

 

 これはポリトーイの当時物で、初期のポリトーイはこのような実用車もまめにモデル化していました。当時のフィアットの小型車全体に共通する親しみやすく愛嬌のあるデザインが良く再現されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=660

   

FIAT 850 COUPE 1965 ITALY

FIAT 850 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 517 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.65m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 843cc 42HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフィアット 850のミニカー検索

 

フィアット 850 クーペ イタリア

 

 フィアットには昔からどの車種にもスポーティなモデルがありました。600ではまだその余裕がなかったようですが、850には1965年に自社デザインのクーペが追加されました。エンジンは42HPと少しチューンされていて、見た目だけでなく性能的にも少しスポーティでした。

 

 日本でもサニーとサニークーペ、カローラとスプリンターといった似たような車種展開がありましたね。1968年には排気量が906cc(52HP)に拡大され、最高速が150km/hに向上しています。1970年まで生産されました。

 

 

 これもポリトーイの当時物です。同じブランドで派生車をそろえて並べるのは結構おもしろいです。全長が3mm程長めに出来ているのは、かっこよくデフォルメしてあるのだと思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=661

   

 

FIAT 850 SPIDER 1965 ITALY

FIAT 850 SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 12 1/44? 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 843cc 47HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでフィアット 850のミニカー検索

 

フィアット 850 スパイダー イタリア

 

 850にはクーペだけではなく、2座のスパイダーまで追加されました。小さいながらもボディはベルトーネ製で、見た目は本格的なスポーツカーとして仕上げられています。性能的にも47HPにチューンされたエンジンで、最高速145km/hとなかなかのものでした。価格も安かったそうで、当然ながら大ヒットとなりました。

 

 クーペ同様1968年に906cc(52HP)エンジの後期型に切り替わり、最高速が150km/hに向上しています。その際にカバーの付いたヘッドライトがカバー無しの一般的なものに変わりました。1973年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはマーキュリーの当時もので、少し小さめに出来ています。昔のミニカーですからシンプルな作りでおもちゃぽい感じがしますが、実車も写真を見るとそのような感じの車です。なお後期型はミニチャンプスなどがモデル化していますが、初期型はほとんどモデル化されていません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=662

   

FIAT 124 1966 ITALY

FIAT 124 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A16 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.06m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 60HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでフィアット 124のミニカー検索

 

フィアット 124 イタリア

 

 1966年には1.2Lクラスの新型車として124が登場しました。従来の排気量を表す名前の付け方を変えたのは、新世代の車であることを示しています。新設計の4気筒1.2L(60HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速145km/hの性能で、4輪ディスクブレーキを装備していました。

 

 見た目もメカ的にもごく平凡な設計ながら、居住性、操縦性、経済性などが高水準に仕上げられ、フィアットとして初めてカー オブ ザ イヤーを獲得しています。1968年に1.4L(52HP)、1970年に1.6L(70HP)エンジンが追加され、1978年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物で、実車の雰囲気をよく表現しています。124のクーペやスパイダーは人気が高く、ミニカーがたくさんありますが、セダンは何故かこれとマーキュリー、エディルトイの物ぐらいしかありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=663

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »