ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT PANDA II 2003 ITALY

FIAT PANDA II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 773084 1/43 82mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.54m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 60HP 5段変速
性能: 最高速155km/h  
データーベースでフィアット パンダのミニカー検索

 

フィアット パンダ II イタリア

 

 大ヒットしたパンダの2代目が2003年に登場します。当初は1998年に発売された600の後継車として開発され別の名前が付く予定だったようですが、結局パンダとなりました。車高の高いキャビン部分のデザインはムルティプラと似ており、フロント部分も2004年のマイナーチェンジ後のムルティプラとよく似ています。(大きな縦長のリアライトが異なりますが) 小さなボディながら5ドアハッチバックだけの構成で、先代同様に四輪駆動仕様の4X4も設定された前輪駆動車でした。当初のエンジンは4気筒1.1L/1.2L、4気筒1.3Lディーゼルがありました。2004年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 2005年のマイナーチェンジで、ABSや助手席エアバックが標準装備になりました。2007年にはDOHC 4気筒1.4L(100HP)エンジンをを搭載し足回りを固めた高性能版100HPが追加されました。2代目パンダは2005年までの2年間で50万台以上を生産する大ヒットとなり、財政状況の良くなかったフィアットを救いました。また2007年に発売された3代目500のベースにもなりました。2011年に3代目パンダにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはノレブ製で、値段の安い簡易版です。廉価版ゆえワイパーやミラーがスクリーン一体式で、トリムラインのペイントなどが省略されていますが、ミニカーとしてはこれで十分実車のイメージが分かります。これ以外ではノレブの標準仕様、ブラーゴの廉価版1/43、ソリドの4X4などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1364

   

FIAT GRANDE PUNTO 2005 ITALY

FIAT GRANDE PUNTO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MONDO MOTORS 53011 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.03m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 77HP 6段変速/5段半自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでフィアット プントのミニカー検索

 

フィアット グランデ プント イタリア

 

 プントの2代目が1999年に登場しました。初代 プントのグリルの無いフロントや縦長テールライトなどのデザインを踏襲した3/5ドアハッチバックでした。エンジンはDOHC 4気筒1.2L/1.4Lと4気筒1.3L/1.9Lターボディーゼルなどで、高性能版のアバルト仕様はDOHC 1.8L(130HP)が搭載されました。2003年のマイナーチェンジで、フロントにグリルが付きヘッドライトが大型化されました。2005年にグランド プントが登場しましたが、2010年まで併売されました。

 

 プントの3代目はグランド プントとして2005年に登場しました。(グランデ プントとは大きなプントの意でボディが大きくなっています) イタル デザインがデザインした3/5ドアハッチバックのボディは、従来のイメージを発展させた感じです。アルファ ロメオ ミトやオペル コルサと同じGM系のシャーシを使用する前輪駆動車で、エンジンは4気筒1.2L/1.4L(77HP)と4気筒1.3L/1.6L/1.9L(130HP)ターボディーゼルなどで、高性能版のアバルト仕様にはDOHC 4気筒1.4L(155-180HP)エンジンが搭載されました。2009年のマイナーチェンジでフロントの意匠を小変更し、名前をプント エヴォ(EVO)に変更しました。2012年のマイナーチェンジでフロントの意匠を小変更し、名前がプントに戻りました。

 

 

 ミニカーはモンドモータース製で、2008年に購入しました。モンド モータースはイタリアの玩具メーカーのブランドで、2006年頃から比較的安価な1/43、1/24、1/18のダイキャスト製ミニカーを発売していて、このプントも定価約1000円の安価なミニカーです。プロポーションは良く細部もまあまあなのですが、ドアミラーの取付け位置が実車と違っています。実車のドアミラーはサイドウインドウの前端ではなく、サイドウインドウ下のドア部分に付いています。ドアミラーの型を省略してコストダウンするという廉価版ミニカーで良く見られる手法ですが、実車と見た目が変わるのでやや興ざめです。モンドモータースは1/18と1/24でアバルト仕様もモデル化しています。これ以外のミニカーでは、ノレブの3/5ドアとエヴォ、イクソのS2000クラスのラリー仕様などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1539

   

 

FIAT 500 2007 ITALY

FIAT 500 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 770030 1/43 82mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.55m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L 100HP 5段変速/5段半自動変速
性能: 最高速182km/h  
データーベースでフィアット 500 3代目のミニカー検索

 

フィアット 500 イタリア

 

 名車フィアット 500の3代目が2007年に登場します。名前は500ですが500㏄のリアエンジン車というわけではなく、上述した2代目パンダをベースにした前輪駆動車です。ただ1950-60年代の500のフロント/リアをイメージさせるデザインになっており、このデザインが車の成功を約束したようなものでした。(イタリアだけではなく日本も含め世界的にヒットしています) 当初のエンジンは4気筒1.2L/1.4L、高性能版アバルト用のDOHC 4気筒1.4Lターボ(135HP)、4気筒1.3L(75HP)ディーゼルターボなどがありました。2008年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 2009年にソフトトップのカブリオレ 500Cが設定されました。2010?に新開発の2気筒875ccインタークーラー付ターボ(88HP)エンジンを搭載するツインエア(TWIN AIR)が追加されました。このエンジンは吸気バルブの開閉を油圧で無段階に制御するもので、極めて高性能/低燃費の画期的なエンジンです。これ以外にも160HPのアバルト 595、180HPのアバルト 695 トリブート フェラーリ(Tributo Ferrari)など多くのの限定仕様車が設定されました。2012年にムルティプラの後継車として3代目プントをベースにした5ドアハッチバックが500Lの名前で登場しています。

 

 

 ミニカーはノレブ製の廉価版です。標準版との違いはドアミラーの取付け位置が実車と違っている(実車はドアに付いている)、ワイパーがスクリーンと一体化されているなど仕上げが簡素になっています。ノレブは1/43のカブリオレ仕様や1/87や1/18もモデル化しています。それ以外ではモンドモータースのアバルト仕様や、ミニチャンプスの1/64、ブラーゴの1/18などがあります。 ちなみに当サイトのこちらも面白いです → 新旧500のサイズをミニカーで比較したページ

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1367

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10