ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA CELICA 1600GT (TA20) 1970 JAPAN

TOYOTA CELICA 1600GT (TA20) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV) 9 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.17m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.6L 115HP 4段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでトヨタ セリカのミニカー検索

 

トヨタ セリカ 1600GT TA20型 日本

 

 日本にスペシャリティーカーというジャンルを初めて持ち込んだセリカは1970年に登場しました。セリカのコンセプトは1964年に登場し大成功を収めたフォード マスタングと同じものでした。すなわちベースはスポーティな小型車で安価ながら、豊富な各種オプション装着でユーザーの好みに応じてパーソナライズできるというものでした。そんなわけでセリカは和製マスタングといえます。(デザイン的にも当時として格段にかっこいい車でした)

 

 4気筒1.4L(86HP)/1.6L(105/DOHC 115HP)T型エンジンを搭載し、3段AT/4段MT変速で、最高速190km/h(1.6L)の性能でした。1972年にマイナーチェンジし、リアライトが2分割された後期型になり、足回りを固めた硬派のGTVも追加されました。

 

 

当初はクーペだけでしたが、1973年にテールゲートの付いたリフトバックが追加され、その後2L(105/DOHC 135HP)R型エンジンも追加されました。 国内同様にアメリカやヨーロッパでも人気が高かったようで、大ヒットした車でした。

 人気車ゆえミニカーはたくさんあります。当時物としてはダイヤペット(クーペとリフトバック)、トミカ(クーペとリフトバック)、トミカ ダンディ(クーペ)があります。ダイヤペットはいまひとつの出来で、ダンディはなかなかの出来映えです。1980年頃にソリドからクーペのラリー仕様が出ていますが、これは外国のミニカーメーカーがモデル化した国産車として2000GT、フェアレディ Zに次ぐ快挙でした。最近ではエブロ(クーペとリフトバック)、その型を使ったトサコレクション(クーペ GTVとリフトバック)、リフトバック、国産名車(クーペとリフトバック)、ミニチャンプス(クーペとリフトバック)などがあります。画像は国産名車コレクションのもので、多分エブロの型がベースになっています。 (初代セリカのページもよろしければ参照下さい)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=978

   

TOYOTA CARINA 1600 (TA10) 1970 JAPAN

TOYOTA CARINA 1600 (TA10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV) 64 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 105HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでトヨタ カリーナのミニカー検索

 

トヨタ カリーナ 1600 TA10型 日本

 

 セリカと同じ車台を使った兄弟車がカリーナで、セリカと同時に登場しました。カリーナの狙いは、セリカのような派手な外観の車は困るけどカローラではいかにもファミリーカー臭いというユーザーでした。その為コロナ並みの大きさで、4ドアセダンも設定されていました。変わったデザインのフロントグリルと縦長のテールライトは少し変わっていましたが、基本は大人しいセダンスタイルです。

 

 セリカと同じ4気筒1.4L(86HP)/1.6L(105/DOHC 115HP)T型エンジンを搭載していて、動力性能はセリカと同等でした。1972年のマイナーチェンジで、フロントとリアのデザインが変更され、その後ピラーレスの2ドアハードトップが設定されました。このデザイン変更と「足の良いやつ」というCMコピーが効いたのか、カリーナは徐々に人気が出てきました。(実際にセリカより対象ユーザーが多いので、カリーナのほうがたくさん売れていたのですが) 後にセリカ同様2L(105/DOHC 135HP)R型エンジンが追加され、1.4Lは1.8Lに切り替わっています。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションのもので、初期型のカリーナはこれが最初のモデル化でした。特徴的なフロントグリルなど実車の雰囲気が良く再現されています。なお当時物としては人気のあった後期型ハードトップが1976年にダイヤペットからでていて、ピラーレスハードトップのデザインが良く再現されてます。なおトミカリミッテドでは初期型の2ドアセダンがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=979

   

 

TOYOTA COROLLA 1200SL (KE20) 1970 JAPAN

TOYOTA COROLLA 1200SL (KE20) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 206 1/40 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.95m 全幅約1.51m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 68HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでトヨタ カローラのミニカー検索

 

トヨタ カローラ 1200SL KE20型 日本

 

 2代目のカローラは1970年に登場しました。ボディは一回り大きくなり、先代のデザインをさらに洗練させたスタイルとなっていました。前輪サスペンションがストラット式に代わり、エンジンは先代の4気筒1.2L(68HP)K型を引き継いでいます。4段変速で最高速145km/hの性能でした。2/4ドアセダン、クーペ、バンが設定されていました。クーペは兄弟車として独立したスプリンターと同じボディでした。

 

 発売後直ぐに4気筒1.4L(86HP)T型エンジンを搭載する高性能版が追加され、1971年にマイナーチェンジされます。1972年にはDOHCの4気筒1.6L(115HP)2T-G型エンジンを搭載するスポーツ仕様のレビン(TE27)が登場します。 (レビンは英語で稲妻の意)

 

 

 1972年に2度目のマイナーチェンジが行われ、1973年にはややマイルドな性能のOHV1.6L(105HP)のレビンJも登場しています。2T-G型エンジンを搭載するレビンは今でも人気がありますが、当時もセリカは派手すぎて買えない車好きのあこがれの車でした。

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、グリルのプラ材の立て付けがいまひとつですが、プロポーションはかなり良いと思います。ラインストーンのヘッドライトも当時のミニカーらしいところです。2代目カローラのセダンのミニカーはどうやらコレしかないようで、その意味で貴重なミニカーです。(レビンはエブロ、京商(ポリストーン製)、コナミ(1/64)の物などがありますが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=980

   

TOYOTA SPRINTER TRUENO (TE27) 1973 JAPAN

TOYOTA SPRINTER TRUENO (TE27) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOSACOLLETION 237 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.95m 全幅約1.51m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.6L 115HP 5段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでトヨタ レビン/トレノのミニカー検索

 

トヨタ スプリンター トレノ TE27型 日本

 

 スプリンターの2代目は兄弟車として独立し、カローラと同時に登場しました。当初はクーペボディだけで、グリルやテールのデザインが異なっていました。カローラのスポーティ版といったところで、性能などは同じながら少しだけ高価だったようです。

 

 カローラ同様にエンジンの追加など変更が加えられ、1971年には4ドアが追加され、この辺りからカローラの上級車としてスプリンターの別格化が始まったようです。カローラ レビン同様トレノ(スペイン語で雷鳴の意)という名前で2T-G型エンジンを搭載する高性能版も追加されました。この頃のレビンとトレノは見た目が少し違うだけです。5段変速で最高速190km/hと高性能でした。

 

 

 ミニカーはトサコレクション製で、2002年頃に発売されました。なお同時期に発売されたエブロのレビンの型を使って、トレノに仕立ててあります。どちらも当時の実車を思い起こさせる良い出来映えです。他には国産名車コレクションからも2010年に出ました。なおスプリンターのセダンのミニカーはなく、クーペが当時物のトミカから出ていました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=981

   

 

TOYOTA TOYOPET CORONA 1700SL 1970 JAPAN

TOYOTA TOYOPET CORONA 1700SL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 215 1/40 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.17m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 95HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索

 

トヨタ トヨペット コロナ 1700SL RT80型 日本

 

 4代目コロナは1970年に登場しました。4代目コロナとして開発された車がコロナ マークIIとなってしまったので、新たに開発されました。カローラを大きくしたような、全体的に丸みをおびたデザインになっています。当初は4気筒1.5L(70HP)/1.6L(85HP)R型エンジンを搭載し、3段AT/5段MT変速で、最高速155km/h(1.6L)の性能でした。

 

 直ぐにマーク IIと同じ1.7L(95HP)/1.9L(100HP)R型エンジンを搭載した2ドアハードトップが追加され、セダンにもこのエンジンが追加されました。1971年のマイナーチェンジでフロントグリルが角張ったデザインに変更され、1972年には2LR型エンジンが追加されました。ライバルのブルーバード 510型が先進的な技術を採用した歴史的な名車であったこともあり、この大人しい4代目コロナは華やかなマーク IIの影に隠れてあまりぱっとしない存在でした。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、セダンのミニカーは今でもこれしかありません。フロントとリアのプラスチックパネルの出来が良く、プロポーションも良いので当時としてはかなり良い出来映えのミニカーに仕上がっています。実車の人気を反映しているのか、ハードトップの当時物でトミカがありますが、それ以外のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=982

   

TOYOTA HIACE VAN (H10) 1971 JAPAN

TOYOTA HIACE VAN (H10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 300 1/40 110mm

 

トヨタ ハイエース 商用車 H10型 日本

 

 トヨエース トラックの小型版 ハイエース 初代(H10型) 1967年 登場
 1967年 ワンボックスタイプの3列シート9人乗りワゴン追加
 1968年 スライドドアを持つ2列シート6人乗りデリバリーバン追加
 1971年 マイナーチェンジでフロントグリル変更

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物 マイナーチェンジ後の商用車をモデル化 内装は商用車の2列シートとなっています。(リアドアがヒンジ式なのは?) 消防車やポリスのバリエーションがあります。車高が高くなっているのは、経年変化で底板が変形して下側に反っているのが原因です。(底板の変形の原因は→こちらを参照)  

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速110km/h
データーベースでトヨタ ハイエースのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1655

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...22 次へ »