ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

CORD 812 1936 USA

CORD 812 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 18 1/43 122㎜

 

コード 812 アメリカ

 

 コードはエレット ローバン コードが自身の名前を付けた車でデューセンバーグとオーバンの間をうめる車でしたが、その最初のL29は完全な失敗作でした。このL29の失敗がコード帝国の崩壊の始まりで、この危機を救うべく1935年に発表されたのが810です。従来とは全く違うフロントグリル、フェンダー埋込み式ヘッドライトなど斬新なデザインで、発表されるや大評判となりました。ただ前輪駆動機構などに信頼性がなくほとんど売れませんでした。812はスーパーチャージャーを追加した高性能版でボンネットの横から排気管が出ています。

 

 ミニカーはドゥグー製です。全体的なプロポーションが良くエンジン部分も精密に再現されている傑作です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.7L 146HP 4段変速
性能: 最高速177km/h
データーベースでコードのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=321

   

DUESENBERG J SEDAN 1931 USA

DUESENBERG J SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 156 1/43 130mm

 

デューセンバーグ J セダン アメリカ

 

 ドイツから移住してきたデューセンバーグ兄弟が1914年に設立したのがデューセンバーグ社で、レーシングカーを開発しインディ500に優勝するなど活躍しました。その後ビンテージ期で述べたエレット ローバン コードの「コード帝国」に組み込まれ、1928年に発表されたモデルJはデューセンバーグを一躍有名にしました。

 8気筒DOHC 6.9L 265HPの高性能エンジンで最高速186km/h 値段はT型フォードの50倍以上という超弩級の高級車はハリウッドの大スターや王侯貴族に愛用されました。

 

 ミニカーはソリド製で、1960年代に作られたクラシックカーシリーズの一つです。デューセンバーグとしてはおとなしいオーソドックスなセダンをモデル化していますが、非常に素晴らしい出来栄えです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=322

   

 

DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 1931 USA

DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO CS2 1/43 130mm

 

デューセンバーグ J ダブル カウル フェートン アメリカ

 

 デューセンバーグが輝いていたのはほんの数年程ですが、この車は1930年代の偉大な名車として自動車史上にその名前を残しています。そういう訳でミニカーもたくさん作られています。巨大で豪華なボディのこの車はミニカーとしてもずいぶん見栄えがするモデルとなります。

 

 ミニカーは上記ソリドのファンクラブ限定品で後席にもスクリーンが付いたダブル カウル フェートン(2つのスクリーンが付いた4座オープン)としてモデル化しています。キャビン部分が変更されリアに荷物棚が追加されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=323

   

DUESENBERG J SPIDER 1931 USA

DUESENBERG J SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 35 1/43 130mm

 

デューセンバーグ J スパイダー アメリカ

 

 モデル Jはエンジン、ボディスタイル、内装品など全てにおいて最高級を目指した車でした。エンジンはレーシングカー並ですし油圧ブレーキや全自動グリースアップ装置など最先端の装備が使われていました。ボディは有名なコーチビルダーが担当し華麗なデザインのボディが載せられました。特にフェートン(4座オープン)のボディは価格が2万ドルであったことから「トゥエンティ グランド」と呼ばれていました。

 

 ミニカーは上記ソリドのバリエーションです。2座オープンで大きなボディに小さなキャビンという贅沢なスペース配置で、いかにもアメリカ的なデザインです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=324

   

 

DUESENBERG J VICTORIA 1933 USA

DUESENBERG J VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT RU77 1/24 252㎜

 

デューセンバーグ J ビクトリア アメリカ

 

 この車は往年の名女優グレタ ガルボ(もう知らない人が多いでしょうが)が所有していたデューセンバーグです。全長が6mを越える長い車で少し奇抜なデザインですが、最も優美なデューセンバーグとも言われています。極端に低いウインドシールドと大きなドアを持ち、リアには巨大なトランクと2本のスペアタイヤを背負っています。

 

 ミニカーはフランクリンミント製で素晴らしい出来です。フロントグリルの上の尖ったマスコットは鷲をデザインしたもので「デューセンバード」と言われています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=325

   

DUESENBERG SJ  1934 USA

DUESENBERG SJ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 45 1/43 135mm

 

デューセンバーグ SJ アメリカ

 

 モデル Jは世界恐慌時代に成功しており 、ユーザーは不況とは無関係だったようです。このようなユーザーに向けてさらに高級な車が1932年に発表されます。スーパーチャージャーを追加して320HP 250km/hに性能を向上させたモデル SJです。スーパーチャージャーの追加で排気管がボンネット右横から取り出されるようになり迫力のある外観となっています。

 

 ミニカーはリオ製の傑作品です。特徴的な排気管とエンジンが再現されていて、いかにも速そうな感じが良く再現されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 320HP 3段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=326

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »