ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

ISO GRIFO 7L 1968 ITALY

ISO GRIFO 7L 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436128220 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.4L 440HP 4段変速
性能: 最高速300km/h
データーベースでイソ グリフォのミニカー検索

 

イソ グリフォ 7L イタリア

 

 リボルタの販売が順調だったので、さらなる高性能モデルとしてグリフォが1965年に追加されました。リボルタをベースにしてホイールベースを短縮し、同じジウジアーロのデザインによる魅力的な2座クーペが架装されました。当初はシボレー製のV型8気筒5.7L(300HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速は250km/hでした。1968年にはコルベット用の7.4L(440HP)エンジンを搭載した高性能版が追加され、最高速は300km/hと当時の最速車でした。1970年にヘッドライトが半格納式となったシリーズIIに発展し、1975年までに約400台が生産されました。

 

 1967年にはリボルタのホイールベースを延長した4ドア セダンのS4 フィディア(FIDIA)、1969年にはリボルタのボディを一新したレーレ(LELE)が登場しました。ただこの頃からイソ社の経営は下り坂となり、オイルショックによる販売不振もあって1974年に倒産して自動車生産を終えました。

 

 

 S4 フィディアのミニカーはメーベトイ製で、この車のミニカーは多分これしかありません。グリフォのミニカーはミニチャンプス製で、ボンネット上のエアスクープが7Lエンジン搭載の証です。通常のプラ箱ではなく大きな紙箱に入った特別仕様品で、ボンネットを開くことが出来ます。(内部にエンジンが再現してありますが、あまりたいした出来ではない) グリフォは人気があって当時物としてはポリトーイ、エディルトイ、コーギーがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=760

   

DE TOMASO MANGUSTA 1967 ITALY

DE TOMASO MANGUSTA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 166 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.7L 305HP 5段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでデ トマソ マングスタのミニカー検索

 

デ トマソ マングスタ イタリア

 

 デ トマソ アウトモビリ社は、レーサーであったアルゼンチン出身のアレハンドロ デ トマソが1959年にイタリアのモデナに設立しました。当初はF1マシンのシャーシ製作を行っていましたが、1963年に2座の市販スポーツカー ヴァレルンガ 1500を発表しました。鋼管バックボーンフレームにチューンしたフォードの4気筒1.5L(102HP)エンジンをミドシップ搭載し、FRP製ボディを載せるというレーシングカー技術を盛り込んだ車で、最高速208km/hの性能でした。この車は50台ほど製作されました。

 

 1967年にはフォードと共同開発した2台目の市販車マングスタが登場します。シャーシはヴァレルンガをベースにして強化した物で、フォー ド製V型8気筒4.7L(305HP)エンジンを搭載し、全輪独立懸架、5段変速で最高速は250km/hでした。ボディはジウジアーロのデザインによる低い車高の迫力あるスタイルで、カロッツェリア ギアが製作しました。ランボルギーニやフェラーリなどより安価なスーパーカーとして人気を博し、約400台が生産されました。ただテールヘビーで操縦性には難があったようです。

 

 

  マングスタのミニカーとしては今でも当時物のソリド製がベストでしょう。迫力のあるスタイルを見事に再現し、さらに最大の特徴であるリア フードのガルウイング式開閉ギミックを極めて精密な鋳造技術で実現しています。ミニチャンプスのモデルでもソリド同様のギミックを付けていますが、プラスチック製のリア フードの出来映えはソリド以下で、なおかつ内部のエンジンがよく見えないという代物です。

 エンジンが見えにくいのは実車に即しているという理由がありますが、リア フードを開くのならソリドのようにエンジン(しょぼいですが)を見せるというのがミニカーとしては正解だと思います。マングスタの当時物としては、バックボーンフレームが取り外せるコーギー、1/25のポリトーイ、ディンキー、オートピレンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=761

   

 

DE TOMASO PANTERA 1971 ITALY

DE TOMASO PANTERA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS 6627 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.8L 330HP 5段変速
性能: 最高速265km/h
データーベースでデ トマソ パンテーラのミニカー検索

 

デ トマソ パンテーラ イタリア

 

 ミドシップを売り物にしていたデ トマソでしたが、ランボルギーニやフェラーリがミドシップを採用するようになったことで新しい戦略を打ち出します。それはフォードと提携しフォードの販売網を使ってミドシップ スポーツカーを量販するというものでした。この為に開発されたのがパンテーラで、1971年に登場します。量産性を考慮してバックボーンフレームがモノコックに変えられましたが、基本的なところはマングスタがベースとなっています。

 

 フォー ド製V型8気筒5.8L(330HP)を搭載し、5段変速で最高速は265km/hでした。やや大人しくなったデザインはジウジアーロの後任トム ジャーダーによる物で、カロッツェリア ギアが製作しました。1973年には350HPにチューンした最高速280km/hのGTSが追加されました。オイルショックの影響でフォードでの販売は1973年まででしたが、約6000台が販売されました。その後も1990年代まで長い間生産が続けられました。

 

 

 デ トマソ社は1975年にマセラティやイノチェンティを買収し、事業を拡大しています。デ トマソとしては高級4ドア サルーンのドーヴィル、2ドアクーペのロンシャンなど、マセラティではビトルボ、イノチェンティではミニ デ トマソなどを販売していました。2003年に創業者のアレハンドロが亡くなり、デ トマソ社は2004年に解散しました。

 ミニカーはマテル傘下のメーベートイ製で当時物です。当時のメーベトイの作風はシャープでなかなか良い出来映えです。走行性重視の初期のスピードホイールとなっていますが、そんなに見苦しいタイプではないのが幸いしています。パンテーラはスーパーカーブーム時代の車でしたので、ダイヤペット、サクラ、エーダイ(永大)、シンセイなど国産メーカーが多くモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=762

   

CISITALIA 202 COUPE 1948 ITALY

CISITALIA 202 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU M10 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速155km/h  
データーベースでチシタリアのミニカー検索

 

チシタリア 202 クーペ イタリア

 

 チシタリアはイタリアの実業家ピエロ ドゥジオが1946年に創立した、スポーツカーメーカーです。最初のモデルはフィアット 1100のパーツを使ったレーシングカー D46で、ダンテ ジアコーサ(フィアットの技術者) が設計しています。鋼管スペースフレーム構造による軽量化で高性能だったD46はレースで成功しました。その後もポルシェ設計事務所が設計した水平対向エンジンをミドシップ配置し4WDシステムを採用した極めて進歩的なGPカー タイプ 360を開発しています。ただ複雑な構造故に高価だったので、資金不足で活躍できなかったようです。

 

 チシタリアの名前を有名にしたのは、1947年に発表されたピニンファリーナ デザインの202 クーペでした。ボディとフェンダーが一体化したフラッシュサイドの美しいボディは、戦後の自動車デザインのスタンダードとなりました。現代を代表する優れたデザインとしてニューヨークの近代美術館に展示されています。202は手作業による少量生産車で、レース仕様が1947年のミッレ ミリアでクラス優勝しています。戦後の車に多大な影響を与えたチシタリアは1965年に市場から消えました。

 

 

 ミニカーはドゥグーの「Museo」シリーズの傑作で、トリノ自動車博物館所蔵の実車をモデルにしています。正確なプロポーションやフロントグリル造形など、約45年も前に製作されたとは思えないほどの素晴らしい出来映えです。チシタリアのミニカーはマーキュリーが初期のGPカーを作っていますが、202のミニカーは最近までこのドゥグー製しかありませんでした。最近になってスターラインがスパイダー仕様など数種類をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1351

   

 

BIZZARRINI MANTA 1969 ITALY

BIZZARRINI MANTA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 305 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 355HP 5段変速
性能: 最高速316km/h?
データーベースでビッザリーニ マンタのミニカー検索

 

ビッザリーニ マンタ イタリア

 

 アルファ ロメオやフェラーリの技術者であったジオット ビッザリーニは1962年に独立し、ランボルギーニの初期のV型12気筒エンジンやイソ グリフォなどの開発を行いました。1964年に少量生産スポーツカー A3C 5300 GT(イソ グリフォがベース シボレー V8エンジン搭載)を開発し、1965年にビッザリーニ プロトタイプ社(Societa Prototipi Bizzarrini)を興しました。その後5300 GTを小型化しオペル GTの1.9Lエンジンを搭載した1900 GT ヨーロッパが登場しました。ビッザリーニは財政的な問題で1969年に自動車生産を止めましたが、その後もランボルギーニなどの開発に携わったようです。

 

 ビッザリーニ マンタは1968年のトリノ ショーで公開されたコンセプトカーで、G.ジウジアーロが興したイタルデザインの最初の作品でした。ノーズ先端からリアエンドまで滑らかな曲線でつながった斬新なデザインが特徴で、G.ジウジアーロ流の美しさがあります。ベースはビッザリーニが設計したミドシップエンジン搭載のレーシングカーP538でした。大きく傾斜したフロントウインド下にあるシートは3人掛けで、ドライバーが中央に座るのでハンドルは中央にあります。上部をカバーしたヘッドライトや3人掛けシートなど、後の量産車デザインに影響を与えたコンセプトカーでした。

 

 

 ミニカーはマーキュリー製の当時物です。マーキュリーの後期のモデルでプロポーションは悪くないのですが、コストを下げる為に細部が簡略化された出来ばえになっています。(ただ当時はほとんどがこのような出来ばえでした) それでもハンドルが中央にある室内やリアカウル部のエンジンはそれなりに作ってあります。これ以外の当時物ミニカーとしては、コーギー ジュニア(1/55)とこのマーキュリーをコピーしたナコラルがあります。最近の物としてはスパークがモデル化しています。
データーベースでビッザリーニのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1833

   

PANTHER BERTONE 1968 ITALY

PANTHER BERTONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 564 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m? 全幅約1.7m?
エンジン 変速機: 6気筒3L? 
性能: 最高速 不詳
データーベースでパンサー ベルトーネのミニカー検索

 

パンサー ベルトーネ イタリア

 

 パンサー ベルトーネは1968年のジュネーブ ショーで公開されたコンセプトカーです。イタリアのレーシングチーム ブレッチア(SCUDERIA BRESCIA CORSE)の依頼で、グループ6のレーシングカーをベルトーネがデザインしました。ベルトーネらしい空力的に洗練されたデザインですが、当時のグループ6のレーシングカーとしては(例えばフェラーリ 312Pなど) 格別に変わったデザインではありません。ただボディ中央の高い位置にある油圧で角度を変えられる大きなスポイラーは、グループ6のレーシングカーとしては目新しいもので、この車の最大の特徴でした。(このような高い位置のスポイラーは1969年に禁止されましたが)

 

 この車にはサスペンション、チューブレスタイヤ、24V電装システムなど先進的なアイデアも盛り込まれていたようです。当初はBRMのV型8気筒3Lエンジンが使われる予定でしたが、後にマセラティの3Lエンジンが使われることになりました。ただし、ブレッチアはグループ6のレースに参戦する準備が整わず、結局この車がレースに出場することはなかったとのことです。

 

 

 ミニカーはポリトーイ製の当時物です。廉価版として作られたエクスポート(EXPORT)シリーズなので細部の仕上げは簡素ですが、プロポーションはまずまずで、初期型なのでリアルなメタル製ホイールが付いています。またドアが可動するギミックが付いています。これ以外の当時物としては、マーキュリー、マーキュリーをコピーしたナコラル、マジョレー(1/65)の物があります。なお実車がほとんど知られていないので、最近のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1835

   

 

 

ページ  « 前へ 1...30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40   次へ »