ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 1955 GERMANY

MESSERSCHMITT KABINENROLLER KR200 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 51008 1/43 67㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.8m 全幅約1.2m
エンジン 変速機: 2サイクル単気筒 200cc 10HP 4段変速
性能: 最高速90km/h

 

メッサーシュミット キャビンローラー KR200 ドイツ

 

 メッサーシュミットの名前は第二次大戦中の戦闘機として有名ですが、戦後同社がその技術を使って生産したのがこのキャビン付きスクーターです。敗戦後のドイツには、BMW イセッタ、ゴッゴモビルなどの超小型車がたくさん登場しましたが、このメッサーシュミットもその仲間です。

 

戦闘機のように開閉するキャノピーを持った、前後タンデム二人乗りの後輪駆動3輪車で、小さなタイヤは戦闘機の後輪を流用したといわれています。エンジンは2サイクル単気筒200cc(10HP)で、240Kgの軽量ボディ故、最高速90km/h(こんな車で怖い!)が可能だったようです。画像の幌仕様以外に透明プレクシグラス製のハードトップ仕様もありました。

 

 

 ミニカーは1995年頃に入手したドイツのガマ製です。実車が小さいのでずいぶんかわいいミニカーですが、小さいながらも凝ったつくりになっています。キャノピーが開閉し、室内のバーハンドルや小さなタイヤなどしっかり作り込まれています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=546

   

MESSERSCHMITT TIGER TG500 1958 GERMANY

MESSERSCHMITT TIGER TG500 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 684 1/43 70㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 2サイクル2気筒 500cc 20HP 4段変速
性能: 最高速130km/h

 

メッサーシュミット タイガー TG500 ドイツ

 

 メッサーシュミットは面白いのでもう一台紹介します。KR200は1955年からの約10年間で4万台ほど売れたそうです。これに気をよくしたのか、1958年に登場したのがこの4輪タイプのタイガーで、2サイクル2気筒500cc(20HP)エンジンを搭載した高性能版で最高速130km/hでした。ところがこのタイガーは数百台ほどしか、売れなかったそうです。

 

 同じような値段でもっとまともなスポーツカー(オースティン ヒーレー スプライトなど)が買えたそうですから、あえてこのユニークな車を買おうという人が少なかったのだと思います。

 

 

 ミニカーは1992年頃に入手したビテス製です。ガマのようなギミックは付いていませんが、これも細かいところまで良くできています。なおビテスにもKR200のモデルはあります。ビテスのメッサーシュミットは最近再生産されてサンスターのブランドで発売されているようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=547

   

 

BORGWARD ISABELLA 1954 GERMANY

BORGWARD ISABELLA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SE MODEL  1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h

 

ボルグワルド イザベラ ドイツ

 

 カール ボルグワルドが1920年に設立したボルグワルド社は、ハンザ(HANSA) ロイト(LLOYD)社、ゴリアート(GOLIATH)社などを合併し、ハンザ、ロイト、ゴリアーテを生産するボルグワルド グループを戦前に作り上げました。第二次世界大戦中は軍用トラックや爆薬運搬車(ゴリアート)などを製造していました。

 

 1949年には戦後型のボルグワルド ハンザ1500が登場しました。フラッシュサーフェスの最新デザインを採用したボディは当時としては斬新でした。1954年にはボルグワルドとしてもっとも有名な車イザベラが登場しました。モノコックボディに全輪独立懸架を持つ進歩的な車で、4気筒1.5L(60HP)エンジンを搭載し、最高速は135km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーはフランスのSE MODELというブランドの物です。作風や箱が最近のソリドに似ているのでソリドに関係するメーカーのようです。プロポーションがしっかりしていてなかなかの出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=548

   

BORGWARD ISABELLA COUPE TS 1954 GERMANY

BORGWARD ISABELLA COUPE TS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (FR) 549 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 75HP 4段変速
性能: 最高速150km/h

 

ボルグワルド イザベラ クーペ TS ドイツ

 

 イザベラにはクーペ、カブリオレ、ワゴンが追加され、また高性能版(75HP)のエンジンが搭載されるなどして、フォルクスワーゲンやオペルよりも高級な乗用車として人気があったそうです。1954年頃からレースに参入し、1955年のミッレ ミリアでクラス優勝するなどある程度の成果を上げました。

 

 さらに1955年には6気筒2.3Lエンジンを搭載する高級車ハンザ 2400まで登場させました。しかしボルグワルド車の躍進もここまでで、主力のイザベラが旧態化すると販売不振で資金繰りが悪化し、高級車路線も成功せず1961年に倒産しました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で高性能版クーペTSのモデルです。フォルクスワーゲンのカルマン ギア クーペのような古典的なスポーツカースタイルで当時はかっこよかったのでしょう。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=549

   

 

LLOYD 600 1953 GERMANY

LLOYD 600 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 02202 1/43 78mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.4m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 2気筒 600cc 19HP 3段変速
性能: 最高速97km/h

 

ロイト 600 ドイツ

 

 ロイトは1906年に設立されたドイツの自動車会社で、1914年にハンザ社と合併しハンザ ロイトとなり、1929年からはボルグワルド社の傘下となっています。ロイトの車としてよく知られているのは第二次大戦後の1950年から発売された超小型の前輪駆動車です。最初の2気筒300ccエンジン(10HP)を搭載した全長3.2mの300というモデルは、当時の社会情勢に見合った車だったのでよく売れたそうです。

 

 その後排気量が250、400、600ccのモデルが登場し、最終的には全長3.8m排気量900ccまで拡大したアラベラという小型車が1959年に発売されています。親会社のボルクワルト社は1961年に倒産しましたが、アラベラは在庫部品で1963年まで生産されたそうです。

 

 

 ミニカーはシュコー製で、上述のゴッゴモビル同様小さいながらも良くできてます。ボディが小さい分やたらにタイヤが大きく見えますが、全体のスタイルは普通の自動車の形をしています。日本でも昭和30年代は似たような感じの車が多かったようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=550

   

GLAS GOGGOMOBILE T250 1955 GERMANY

GLAS GOGGOMOBILE T250 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 02073 1/43 65㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.9m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2ストローク2気筒 247cc、14HP 4段変速
性能: 最高速72km/h

 

グラース ゴッゴモビル T250 ドイツ

 

 ドイツの農機具メー カーであったハンス グラース社は、1951年にスクーターの生産に乗りだし、1955年にはゴッゴモビルT250で超小型車市場に参入しました。全長3mほどのボディのリアに空冷2ストローク2気筒247cc 14HPエンジンを搭載した4座セダンのT250は大成功を収めました。グラースは1958年には600-700ccエンジンを搭載した上級のクラスへ進出し、さらに1962年にはS1004クーペによってリッターカー市場へも進出しました。

 

 その後もグラースの上級指向は続き、BMWクラスの中級車にまで進出しますが、さすがにそのクラスでは苦戦が続きます。1965年にはベンツに肩を並べる高性能GTカーの2600V8(V型8気筒2.6Lエンジン)まで発表しますが、これが最後の花となり結局経営が行き詰まり、絶好調であったBMWにグラースは吸収合併されました。

 

 

 ミニカーはシュコー製で、小さいながらも非常に凝った作りとなっています。ドアが開閉できますし、リアのフードを開けると簡単ながらエンジンも付いています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=506

   

 

ページ  « 前へ 1...33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  ...49 次へ »