ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

TRIUMPH DOLOMITE DROPHEAD COUPE 1939 UK

TRIUMPH DOLOMITE DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY017 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 65HP 4段変速
性能: 最高速110km/h
データーベースでトライアンフ ドロマイトのミニカー検索

 

トライアンフ ドロマイト ドロップヘッド クーペ イギリス

 

 自転車販売から出発したトライアンフ サイクル社(Triumph Cycles company)は1901年にバイクを開発し大ヒットさせました。1923年に最初の4輪車10/20(1.4Lエンジン)を発売 1927年に発売したスーパー セブン(4気筒832㏄エンジン)は、オースチン セブンの成功に触発されて開発された小型車でした。この車がヒットしモンテ カルロ ラリーなどで活躍したことでトライアンフ社の名声が確立しました。1930年に社名をトライアンフ モーター社(Triumph Motor Company)に変えました

 1932年にスーパー ナイン(4気筒1Lエンジン)、1934年にグロリア(GLORIA 4気筒1L/6気筒1.5Lエンジン)が登場しました。1934年にDOHC 8気筒2L(140HP)スーパーチャージャーエンジンを搭載した高性能スポーツカー ドロマイトが開発されレースに出場しました。この車は市販化されませんでしたが、同じ名前で4気筒1.8Lエンジンを搭載するセダンが1937年に登場しました。1938年にオープンカーが追加され、4気筒1.5L/6気筒2Lエンジンも追加されました。

 

 トライアンフ モーター社は財政悪化で2輪車部門を身売りし、それは1936年に別会社のトライアンフ社(Triumph Engineering Co)となりました。残った4輪車部門も1939年には管財人管理下となり、戦後の1944年にスタンダード モーター社に吸収合併され、トライアンフ スタンダード社となりました。

 

 

 ミニカーはマッチボックス傘下で一時的に復活したディンキーブランドのもので、1993年頃に発売されました。独特の丸みのあるフロントグリルの造形などそこそこの出来ばえとなっています。戦前のドロマイトのこれ以外の量産ミニカーはないようですが、REPLICARS製などホワイトメタル製の少量生産ミニカーがあるようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1695

   

ERA R1B (GP2) 1935 UK

ERA R1B (GP2) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y14-4 1/35 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 6気筒 2L スーパーチャージャー 280HP 4段自動変速
性能: 最高速232km/h
データーベースでERAのミニカー検索

 

ERA R1B (GP2) イギリス

 

 ERAとはEnglish Racing Automobilesの略で、GPレースでイギリスの威信を高める為のレーシングカーを製作する会社として1933年に創立されました。創立者はレイモンド メイズとピーター パーソンで、レーサーのハンフリー クックが資金援助しました。本格的なGPマシン開発には莫大な資金が必要な為、現在のF2クラス相当のヴォアチュレットクラス(GP2)のマシン開発を行いました。

 

 最初のタイプAは1934年に登場しました。エンジンはライレーの6気筒を改造しスーパーチャージャー過給しており、排気量は1.1L/1.5L(180HP)/2L(250HP)がありました。タイプAはその後1938年までにタイプB、C、Dに発展しました。ERAは初期トラブルを解決し改良とパワーアップを行い、大戦前にはヴォアチュレットクラスで活躍しています。

 

 

 戦後 創立者のレイモンド メイズとピーター パーソンはERAを去り、新たにBRMを創立しました。ERAは1947年にレーサーのレスリー ジョンソンが買い取り、戦前に開発されていたタイプE(6気筒1.5Lエンジン)でレースを再開します。1952年からGPレースがF2規格となりました。ERAはブリストルの6気筒1.5Lエンジンを搭載した新開発のタイプGで参戦しますが、活躍できませんでした。結局資金不足でレスリー ジョンソンはブリストルにERAを売り払い、シーズン終盤にレースから撤退しました。

 ミニカーはマッチボックス製で、1986年頃に発売されました。タイプBの初期型R1Bをモデル化しています。縮尺1/35と中途半端なサイズですが、当時のミニカーとしてはそこそこの出来ばえです。ERAの量産ミニカーはこれしか無いようなので、その点では貴重なミニカーです。なおERAエンジンを搭載したドラージュをミニチャンプスがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1757

   

 

TALBOT 90 LIMOUSINE 1930 UK

TALBOT 90 LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1036 1/43 113㎜

 

タルボ (タルボット) 90 リムジーン イギリス(フランス)

 

 フランスのクレマン車をイギリスで輸入していたタルボット伯爵が1902年にクレマン-タルボ社を設立、イギリス製のタルボ一号車を1906年に製作しこの車はレースで活躍しました。タルボ社はその後サンビーム社、ダラック社と合併しSTDグループを形成します。

 1926年に発表された14/45HP(6気筒 1.7L)は技術的に優れた低価格の車でこの車は大ヒットします。この車はライトを使って矢印を表示する方向指示器を初めてリアに装備していました。

 

 ミニカーはエリゴール製 年式から14/45HPの高性能モデルで2.3Lのタイプ90と思われます。ただ方向指示器らしきものは再現されていません。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=357

   

AEC REGENT III RT LONDON DOUBLE DECKER BUS 1939 UK

AEC REGENT III RT LONDON DOUBLE DECKER BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY  DF19 1/43 185㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7.93m 全幅約2.44m 全高約4.3m
エンジン 変速機: ディーゼル 6気筒 9.8L 115HP 4段変速
性能: 最高速50km/h  定員56人?
データーベースでロンドン 2階建てバスのミニカー検索

 

AEC リージェント III RT ロンドン 2階建てバス イギリス

 

 ロンドンの公共交通として2階建てバスが有名です。最初の2階建てバスはディムラー製で1904年に登場しました。2階建てバスのメーカーはディムラー、AEC(Associated Equipment Company)、レイランドなど数社がありました。一番有名なのは戦後のAEC ルートマスターですが、AECの前身であるLGOC(LONDON GENERAL OMNIBUS COMPANY 1912年からAEC)は1909年から2階建てバスを製造していました。戦前の主要なモデルとしては1920年代のSタイプ、1930年代のQタイプ(エンジンを車体中央に配置)などがありました。

 

 1929年にリージェントが登場し、そのリージェントをベースにしてロンドン トランスポート(交通局)と共同で開発したリージェント III RTがロンドン バスとして採用され、1939年に登場しました。リージェント III RTは戦争で生産が中止されましたが、戦後の1946年から生産が再開されました。RTには全長が長いRTLや幅が広いRTW(レイランド タイタン仕様)などのバリエーションがありました。RTシリーズは1954年まで生産され、1970年代初めまで使われました。なおRTの改良型リージェント III(RTではなくロンドンでは背の低いRLHが使われた)も1947年に登場しています。リージェント III RTの後継がルートマスターで1958年に登場しました。なおRTシリーズの総生産台数は約7000台で、ルートマスターの2倍以上でした。

 

 

 ミニカーはトミカ ダンディ製で、1978年に発売されました。AEC リージェント III RTの戦前型を1/43でモデル化しています。大きなバスを1/43でモデル化したことにトミカ ダンディの意気込みが感じられ、当時はその大きさ(全長185㎜)に感心したものでした。当時のダンディとしては標準的な良い出来ばえでしたが、現在の感覚では室内の造形などの細部はやや物足りない感じがします。(ただし40年前のミニカーを現在の感覚で評価することに意味はありませんが) 運転席横のスライドドアとボンネットが開閉し、簡単ですがエンジンも再現されています。

 リージェント III RTの当時物ミニカーは古いマッチボックスぐらいしかありません。これ以外のリージェント IIIのミニカーは1980年代のソリド(1/50)や最近になって作られたコーギー(1/50や1/76)、オックフォード(1/148)、サンスター(1/24)などがあります。特にサンスターの1/24はかなり大きなミニカーで、大きいだけあって細部も良く再現されています。サンスターはルートマスターも1/24でモデル化していて、それも細部が良く再現されています。ちなみにルートマスターはスポットオンが1/42で、1960年代にモデル化しています。(レアなミニカーで、めったにお目にかかれませんが)

 以下 このミニカーの画像です。まずは前後の拡大画像と同じサイズのロンドン タクシーと並べた画像です。ロンドン バスの大きさが良くわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
AEC REGENT III RT LONDON DOUBLE DECKER BUS 1
AEC REGENT III RT LONDON DOUBLE DECKER BUS 2

 次は運手席のスライドドアとボンネットの開閉動作です。実際のスライドドアはもう少し下側から開くようですが、このドアから運転席に座るのは大変ではないかと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで簡易動画に変わります)
AEC REGENT III RT LONDON DOUBLE DECKER BUS 3
AEC REGENT III RT LONDON DOUBLE DECKER BUS 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1914

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3