ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

ALFA 40/60HP RICOTTI 1914 ITALY

ALFA 40/60HP RICOTTI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 55 1/43 127mm

 

アルファ 40/60HP リコッティ イタリア

 

 1913年に発表された4気筒6Lの大型高性能車40/60HPは主にレーシングカーとして活躍しますが、そのシャーシに空力的な実験でリコッティ伯がカロッツェリアに架装させた流線型車 オリジナルは最高速125km/hしか出なかったのですが、この車は139km/hを記録しその効果を証明したとのことです。

 

 ミニカーはリオ製です。リオはちょっと変わった形をした自動車初期の速度記録車をいくつかモデル化しています。これもそのひとつで、流線形のボディをよく再現しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 4気筒 6082cc 70HP 4段変速
性能: 最高速139km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=104

   

LANCIA THETA 1914 ITALY

LANCIA THETA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU M11 1/43 97㎜

 

ランチア テータ イタリア

 

 フィアットのレーシングドライバーであったヴィンチェンツォ ランチアが1906年に設立したランチア社は技術的に進歩性のある車を作っています。ランチアはギリシャ文字を車名にしていますが、最初の成功作がこのテータ(シータ)です。この車は電装品がシャーシに組込まれた最初の車だそうです。(当時電装品はボディが完成してから組み付けていた)

 

 ミニカーはドゥグー製です。ビスカレッティ自動車博物館に保存されている実車を忠実にモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 4940cc 70HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=105

   

 

LEGNANO 6/8HP 1908 ITALY

LEGNANO 6/8HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU M07 1/43 68mm

 

レニャーノ 6/8HP イタリア

 

 レニャーノは1906年に設立され2年後には消滅したごく短命の自動車メーカー 円筒形のボンネットには2気筒 1135cc 8HPエンジンが収まっています。このようなマイナーなメーカーですがイタリアのビスカレッティ自動車博物館に実車が展示されています。

 

 ミニカーはドゥグー製です。丸いグリルが特徴的でユーモラスなミニカーです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 車重 420㎏
エンジン 変速機: 2気筒 1135cc 8HP 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=106

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3