ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

FIAT 18BL TRUCK 1914 ITALY

FIAT 18BL TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO A4 1/43 140㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: 4気筒 5.6L 38HP 4段変速
性能: 最高速25km/h 積載量3.5t
データーベースでフィアット 18BLのミニカー検索

 

フィアット 18BL トラック イタリア

 

 1857年にイギリスで大砲を牽引する為の蒸気車が開発され、1870年の独仏戦争で初めて使用されました。19世紀末には馬に代わる輸送手段として、欧米各国でガソリン自動車による軍用車の開発が進められました。イタリアでも軍隊の要請で、フィアットが物資の運搬だけではなく多目的に使える軍用車フィアット 15を1909年に開発しました。15は積載量1.5tのトラックで、4気筒3L(16HP)エンジンを搭載していました。(1913年には4気筒4.4L(40HP)エンジン搭載の15Bに発展)

 1911年には積載量を3.5tに増やした18が開発されました。1914年に改良型の18BLが登場し、18BLの軍隊仕様(サスペンションなどを強化している)は同年に始まった第1次大戦で軍用車(兵員や物資の輸送車、野戦病院としての救急車、軽量戦車、大砲の牽引車など)として使われました。15Bと18BLの軍用車は当時のイタリア軍の作戦に不可欠な最新装備でした。

 

 軍用に開発されたトラックですが、それらはすぐに民間の流通サービスに普及していきました。またバスボディが架装され、路線バスなどの公共交通サービスにも使われました。この流れはイタリアだけではなくどの国も同じでした。18BLはイギリスやフランスなどでも使用され、約20000台が生産されました。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1980年代に発売されました。先に発売されていた型番20の18BL バスを流用してトラックに仕立てたものです。リオのクラシックカーに共通する長所ですが、リアルなフロントグリルと幌を補強する革バンド、チェーン駆動のリアドライブやサスペンションが再現されたシャーシなどかなり良い出来ばえです。18BLのミニカーはリオのものしかありません。軍用トラック、幌や灯火の無い建築資材トラックなどのバリエーションが十数種類あります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1881

   

FIAT 18BL OMNIBUS 'FIRENZE-POGGIBONSI-VOLTERRA' 1915 ITALY

FIAT 18BL OMNIBUS 'FIRENZE-POGGIBONSI-VOLTERRA' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 20 1/43 142㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m
エンジン 変速機: 4気筒 5.6L 30HP 4段変速
性能: 最高速30-40km/h
データーベースでフィアット 18BLのミニカー検索

 

フィアット 18BL バス ’フィレンツェ-ポッジボンシ-ヴォルテラ' イタリア

 

 ガソリンエンジンを搭載した最初のバスは1895年のベンツとされていて、馬車にエンジンを追加したものでした。同時期に当時のライバルのダイムラー社もバスを開発していました。ダイムラーのバス用シャーシはイギリスに輸出され、ミルネス-ダイムラー(MILNES-DAIMLER)社でバスボディが架装され、有名な2階建てロンドンバスの最初のモデルが1904年に登場しています。

 

 イタリアでも前述したフィアット 15や18BLなどのシャーシにバスボディが架装されました。標準ボディとして12-14人乗りと20-36人乗りの2タイプが準備されていたとのことです。実際にはバス会社の要望に応じて様々なボディが架装されたようです。バス会社としてはできるだけ乗客や荷物を載せたいという要望があり、屋根にも座席を設けた2階建てバス(フィアット 1906)がイタリアにもあったようです。(ただ座席が無くても屋根に人を載せていたようですが) 路線バスだけではなく、夏のバカンスでリゾートに行く現在の観光バスのような路線も運行されるようになりました。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1967年頃に発売されています。イタリア中部のフィレンツェと郊外のヴォルテラとの間をポッジボンシ経由で運行していた路線バスを再現しています。(屋根に行先が表示されてます) 50年前に作られたミニカーですが、現在のミニカーと比べてもあまり遜色がない非常に良い出来ばえです。画像では分かりにくいですが、室内もそこそこ再現されていて、中央に通路があり4座の座席が4列と荷物置き場があることが分かります。(室内のカーテンや屋根に上る梯子もついてます) リオはシャーシやサスペンションなどのメカ部も再現しているのが特徴で、この18BLもチェーン駆動の後輪がリアルに再現されています。18BLのミニカーはリオのものしかありません。他の路線バスや遊び心のあるJUST MARRIED(結婚しました)仕様などのバリエーションが数種類あります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1882

   

 

ITALA PEKING-PARIS  1907 ITALY

ITALA PEKING-PARIS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 1 1/43 105mm

 

イターラ 北京-パリ レース優勝車 イタリア

 

 フィアット設立以前からモーターサイクルを生産していたチェイラーノ社が1903年に設立したイターラ社を有名にしたのがこの車です。1907年に行われた世界最長の北京ーパリ間レースは文字どおり北京を出発してパリまでの16000kmを走るという壮大な冒険レースでした。このレースを44日間で走り優勝したのがこの車です。4気筒 7433cc 45HPエンジンで4段変速機仕様です。

 

 このミニカーはリオの最初のミニカーで、1961年に発表されました。2012年にリオの50周年記念としてこのミニカーの特別カラーが発売されたので、多分世界一息の長いミニカーであると思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 7433cc 45HP 4段変速
性能: 最高速100km/h?
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=100

   

ITALA 35/45HP 1909 ITALY

ITALA 35/45HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 16 1/43 105mm

 

イターラ 35/45HP イタリア

 

 レースで有名になったイターラは1910年頃にはイタリア第2の自動車メーカーになっており高級車を生産しています。この車はサヴォイア地方の女王の為に作られた特注のリムジーンということで、とても気品のある美しいデザインの車であると思います。エンジンは上記のレース仕様車と同じです。

 

 ミニカーはドゥグー製です。ドアの取っ手、足下のステップなど細かい部品が再現されていて、この車の高級で上品なイメージが見事に再現されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 7433cc 45HP 4段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=101

   

 

ITALA 25/35HP 1912 ITALY

ITALA 25/35HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 7 1/43 102㎜

 

イターラ 25/35HP イタリア

 

 このイターラは6座席のオープンタイプで、トリノのカロッツェリア(ボディ工房)がボディを架装しています。普通のオープンタイプよりもウインドスクリーンが低くなっていて、高級でスポーティな感じに仕立てられています。

 

 ミニカーはドゥグー製です。室内中央のウインドスクリーンや右側サイドに付いている竜の形をしたホーンなどが再現されていて、このミニカーも凝ったつくりになっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 5401cc 35HP 4段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=102

   

ALFA 24HP RACINGCAR 1910 ITALY

ALFA 24HP RACINGCAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R026 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 4084cc 45HP 4段変速
性能: 最高速110km/h

 

アルファ 24HP レーシングカー イタリア

 

 不振に陥ったフランスのダラック社のイタリア工場を買収して1910年に設立されたロンバルド自動車製造有限会社(A.L.F.A..:AnonimaLombardaFabbricaAutomobili)はその頭文字から製品をALFAと名づけました。その後ニコラロメオがA.L.F.A.の株を買い取り会社名がSocieta Anonima Italiana Ing. Nicola Romeo(ニコラ ロメオ技師株式会社)に代わり、さらに1930年にはS.A. Alfa Romeoに変更されています。

 

 最初のアルファは24HPというモデルで高性能な車でした。この車はすぐにレースに挑戦します。4気筒 4084cc 45HPエンジンで4段変速機を介して最高速度110km/hの性能でした。タンクに「ALFA」の文字があります。

 

 

 ミニカーはブルム(BRUMM)製です。ブルム初期の自動車初期のレーシングカーのシリーズものです。1910年ごろのタイヤはまだカーボンブラックが使われておらず、こんな風に白かったのです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=103

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3   次へ »