ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PORSCHE 912 1965 GERMANY

PORSCHE 912 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 527 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.6L 90HP 4段変速
性能: 最高速185km/h

 

ポルシェ 912 ドイツ

 

 高性能の本格派スポーツカーとなった911は、当然ながら高価格の車となってしまいました。(当時のアメリカで7500$、同時代の初代マスタングのベーシックモデルの3台分ぐらい) そこで廉価版として356C用の4気筒1.6L(90HP)エンジンを搭載して室内を簡素化した912が1965年に設定されました。

 

 価格は911の2/3で、最高速185km/h、0-400加速18秒台と356C並みの性能でした。ポルシェのエントリーモデルとして約3万台が1969年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはポリトーイ初期のMシリーズです。外観が同じなのにあえて912とした理由が不明ですが、何故か同時期のメーベトイも912をモデル化しています。キャビン部分が大きめでプロポーションが今ひとつなので、Mシリーズとしてはやや不人気のモデルです。(個人的には好きなミニカーですので紹介してます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=541

   

PORSCHE 914/6 1969 GERMANY

PORSCHE 914/6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 179 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 空冷水平対向6気筒 2L 110HP 5段変速
性能: 最高速200km/h

 

ポルシェ 914/6 ドイツ

 

 ポルシェのエントリーモデルとして912の後継として、1969年に登場したのが914でした。914はフォルクスワーゲンのパーツを流用することで低コスト化を計った車でしたが、エンジンとトランスミッションを前後逆に配置 したミドシップ方式エンジン レイアウトやそれを生かしたボディ デザインはポルシェらしいユニークなものでした。フォルクスワーゲン 411の4気筒1.7L(80HP)エンジンを搭載した914と、911の6気筒2L(110HP)エンジンを搭載した914/6の2タイプがあり、それぞれ最高速177km/h、200km/hといった性能でした。

 

 タルガと同じ構造のトップを持つ2シーターのスポーツカーで、重量配分が良いので操縦性にも優れていました。また価格も912よりも安かったので、約12万台が1975年までに生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ユニークなスタイルが良く再現されています。リトラクタブルのヘッドライトが可動するギミックが付いています。914の当時物ミニカーとしては、ディンキー、ガマ、シュコーなどがあります。最近の物では、ミニチャンプス、オートアート、シュコーなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=542

   

 

PORSCHE 924 TURBO 1978 GERMANY

PORSCHE 924 TURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1051 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 170HP 5段変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでポルシェ 924のミニカー検索

 

ポルシェ 924 ターボ ドイツ

 

 ミドシップの2シータというピュアなスポーツカーであった914は、実用的な使い勝手が良くありませんでした。その点を考慮して1975年に914の後継となったのが924でした。924も低コストの為にフォルクス ワーゲンやアウディの部品を流用していましたが、ポルシェの設計によりFR方式で実用性と操縦性を両立させたスポーツカーに仕上げられました。

 

 なおFRといっても後輪トランスアクスルを採用して理想的な重量配分を達成していました。アウディ100用の4気筒2L(125HP)エンジンを搭載し、最高速200km/h、0-400加速17秒台の性能でした。ボディ デザインはポルシェ独自のユニークなもので、リアの大型グラスハッチは他社のスポーツカー(2代目RX-7など)にコピーされています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、1978年に追加されたターボ仕様をモデル化しています。924のミニカーとしてはプロポーションは今でも一級品の出来だと思います。それ以外の当時物としては、シュコー、ガマ、メーベトイ、ポリトーイなどがあります。最近の物では、ミニチャンプス、オートアートなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=543

   

PORSCHE 930 TURBO 1975 GERMANY

PORSCHE 930 TURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NZG 266 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 空冷水平対向6気筒 3L 260HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでポルシェ 930のミニカー検索

 

ポルシェ 930 ターボ ドイツ

 

 911の排気量は1970年に2.2L、1972年に2.4L、1974年に2.7Lと大きくなっていきました。1974年にアメリカの保安基準に準じた大型の5マイルバンパーが装着されたことで、911の外観は大きく変わりました。このスタイルの911は930型と呼ばれ、1989年まで続きました。

 

 本来930型というのは1975年に追加されたターボ仕様3L(260HP)エンジンを搭載したモデルを示していましたが、1978年に全車の排気量が3Lになってからは全てを930型と呼ぶようになったようです。930型のなかでも、大きなテールフィンと張り出したフェンダーを持つ930 ターボは現在でも人気のあるモデルです。

 

 

 ミニカーはNZG製です。NZGは建設機械のミニカーメーカーですが、1985-90年頃にポルシェばかりを10種類ほどモデル化しています。出来映えは当時としては最高で、ミニチャンプスなどのマニア向けモデルが出てくるまではベストのミニカーでした。NZGはタルガカブリオレもモデル化しています。930のミニカーは非常にたくさんあります。(左の諸元下のリンクで検索可)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=544

   

 

PORSCHE GT LE MANS (718 RS61 GTR) 1963 GERMANY

PORSCHE GT LE MANS (718 RS61 GTR) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 134 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 空冷水平対向8気筒 2L 210HP 5段変速
性能: 最高速255km/h
データーベースでポルシェ 718/787/804のミニカー検索

 

ポルシェ GT ルマン (718 RS61 GTR) ドイツ

 

 前述した550は550RS、550RSKと発展し、1957年に後継車の718RSK(RSはレースカー Kはショートホイールベースの意)が登場しました。718RSKは空冷水平対向4気筒1.5L(142HP)エンジンをミドシップ搭載した2座スパイダーで、5段変速 最高速250km/hの性能でした。デビュー戦の1957年ルマンではリタイアしていますが、1958年ルマンではクラス優勝(総合3位)するなど各種レースで活躍しています。

 

 1960年のレギュレーション変更でウインドー面積を広げ、リアサスペンションを改良しエンジンを1.6L(160HP)に拡大した718 RS60が登場しました。1961年のレギュレーション変更でリアにトランクが追加され、718 RS61となりました。RS61からクーペ仕様が設定され、4気筒2L/8気筒2L(210HP)エンジンが追加されました。ルマン、タルガ フロリオ、ヒルクライムなど各種レースで活躍しています。1996年に登場した初代ボクスターは718 RS60 スパイダーをイメージしたデザインだとされています。

 

 

 ポルシェは718RSKを単座に改造した718F2で、1957年からフォーミュラ2に参戦しました。1960年には改良型の787が登場し、同年にF2のコンストラクターズ チャンピオンを獲得する活躍をしています。1961年にF1が1.5Lエンジンに変わったことでF1に参戦し、1962年には新開発の804(水平対向8気筒1.5L(180HP)エンジン)が登場します。804は1962年フランスGP(ドライバー D.ガーニー)で優勝しています。

 ミニカーはソリドの当時物で、1964年の発売です。1963年のルマンに出場した718 RS61 GTRをモデル化していると思われます。ソリドは当時からセンスの良いリアルな造形が特徴で、50年前のミニカーとしては非常に良くできています。(少しサイドラインの抑揚がオーバーですが、これがソリド流のデフォルメです) ソリドはF2(787)もモデル化しています。718/787/804のミニカーはカルツォ、ミニチャンプス、スパークなどでモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1760

   

PORSCHE 904 CARRERA GTS 1964 GERMANY

PORSCHE 904 CARRERA GTS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE V98069 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.09m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: DOHC 空冷水平対向4気筒 2L 155HP 5段変速
性能: 最高速252km/h
データーベースでポルシェ 904のミニカー検索

 

ポルシェ 904 カレラ GTS ドイツ

 

 レースカー 718の後継車として904が1964年に登場しました。GT2クラスのホモロゲーション取得のため、100台以上が生産されて市販されました。バックボーンフレームにFRP製ボディを載せる構造のGTカーで、サーキットまで自走していく程度の実用性がありました。標準のエンジンはDOHC 空冷水平対向4気筒2L(180/155HP)で、ワークス用の904/6は911用の6気筒2L(210HP)、904/8は804F1用をベースとした8気筒2Lでした。

 

 904のデビュー戦は1964年セブリング 12hで、クラス優勝(総合9位) しています。その後タルガ フロリオ優勝、ルマン クラス優勝などで活躍し、国際マニュファクチャラーズ選手権 GT2クラス チャンピオンを獲得しています。1964年の第2回日本GPでもクラス優勝(ドライバー 式場壮吉)しています。1965年にはプロトタイプクラスの904/6 904/8が主力となり、タルガ フロリオ GTクラス優勝、ルマン プロトタイプクラス優勝などで活躍し、GT2クラス チャンピオンを連続して獲得しています。後継車は1966年登場の906です。

 

 

 ミニカーはビテス製で、2001年頃の発売です。倒産する前のビテス絶頂期のもので、精密に再現されたエンジン/サスペンションが見えるようにリアカウルを外して配置したディスプレイケースに収められています。ワイパーやリアカウル上の排気グリルにエッチングパーツを使うなどレベルの高い仕上げで、とても良くできています。(このように内部構造を細かいパーツで再現してあることを私は'精密'だと考えますので、最近の乗用車の新興レジン製ミニカーを'精密'だとは表現しません。なお'精密'と'出来の良し悪し'は別の評価です) ビテスはルマン仕様などバリエーションを数種類出しています。それ以外ではポリトーイの当時物、ミニチャンプス、シュコー、スパークなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1761

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6   次へ »