ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1947? UK

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAKURA 7 1/43 134㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.36m 全幅約1.96m
エンジン 変速機: 6気筒 4.3L 125HP 4段自動変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー レイスのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー レイス イギリス

 

  戦時中ロールス ロイスは航空機用エンジン「マリーン」の量産にかかり切りで自動車生産は中断していました。「マリーン」エンジンは戦闘機のスピットファイアーなどに搭載され、「バトル オブ ブリテン」の勝利に寄与したのでした。

 

 戦時中に開発が進められていた戦後型のシルバー レイスが1947年に登場しました。シルバー レイスは戦前の小型車 レイスの改良型ですが、シルバー レイスの6気筒4.3Lエンジンは耐久性を向上させており、シャーシもエンジン搭載位置が前進するなど大幅な近代化が図られていました。排気量を4.6L、4.9Lに拡大しファントムVが登場する1959年までに約1700台が生産されました。

 なお最上級車ファントム IIIは生産中止となりました。ファントムIIIが生産中止となったのは、戦前の世界大恐慌と戦後の経済状況の悪化でファントムIIIのような運転手付高級車を購入する富裕層が減ったことでした。

 

 

 ミニカーは1970年代後半にスーパーカーシリーズを出したサクラが世界の名車シリーズとして出していたミニカーです。箱にシルバー レイスと書いてありますが、年式などははっきりしません。多分マリナー(コーチワーク)製のリムジーンのモデル化のようでサクラのオリジナル型と思われますが、フロント部分などはかなりいい加減な出来映えです。ただサイドビュはそこそこうまくモデル化しているので、この時代のシルバー レイスの雰囲気が感じられると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=787

   

ROLLS ROYCE SILVER DAWN 1949 UK

ROLLS ROYCE SILVER DAWN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD 43RSD001 1/43 113mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.88m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: 6気筒 4.3L 130HP? 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー ドーンのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー ドーン イギリス

 

 1946年に登場したベントレー MK VIは同時期に登場したロールス ロイス シルバー レイスのホイールベースを短縮したものでした。ベントレー MK VIにはメーカー標準のスチール製ボディが設定されていました。当時のアメリカ市場のコンパクトセダンの需要に対応して、ロールス ロイス初の標準ボディ設定で低価格化したMK VIのロールス ロイス版が検討され、ロールス ロイス シルバー ドーン(DAWN:夜明け)として1949年に発表されました。当初のシルバー ドーンは全てが左ハンドル(輸出仕様)でした。

 

 シルバー ドーンとベントレー MK VIはエンジンのチューンとグリルが異なるだけで基本的には同じ車でした。(ベントレーはツインキャブ、シルバー ドーンはシングルキャブで少しだけパワーが小さい) 当初のエンジンは直列6気筒4.3Lで、1951年にはシルバー レイスの変更に合わせて4.6Lに拡大されました。1952年には4段自動変速がオプションで設定されました。シルバー ドーンは1955年にシルバー クラウド Iに切替わって生産中止となり、生産台数は約760台でした。なお標準ボディではなく、従来通りのコーチビルダー製ボディのシルバー ドーンもあったようです。

 

 

 ミニカーはオックスフォード製で、2017年に発売されました。シルバー ドーンの標準スチール製ボディ仕様をモデル化しています。品の良いツートンカラー、良くできたフロントグリルとその上のマスコット、そこそこ再現された室内など、実車の雰囲気が良く再現されている非常に良い出来ばえです。ただ屋根のラジオのアンテナは、少し目立ち過ぎで目障りです。最近のオックスフォードは数年前より仕上げレベルが向上していますが、それでも値段は約6000円とそんなに高くはありません。以下はフロントとマスコットの拡大画像とリアと室内の拡大画像です(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER DAWN 1
ROLLS ROYCE SILVER DAWN 2

 シルバー ドーンのミニカーは最近までウエスタンモデル(ホワイトメタル製)の物しかなかったのですが、2014年にトゥルースケール(レジン製)でモデル化されました。このオックスフォードのシルバー ドーンはトゥルースケールの約半値ですが、出来ばえはほぼ同等です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1921

   

 

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1959 UK

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY 150 1/48 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約1.96m
エンジン 変速機: 6気筒 4.9L 140HP 4段自動変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー レイスのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー レイス イギリス

 

 標準ボディが設定されたシルバー ドーンとは違い、シルバー レイスはコーチビルダーが個別にボディを架装する伝統的な高級車でした。日本の皇室も1959年に天皇陛下の御料車として購入しています。排気量を4.6L、4.9Lに拡大し、ロールス ロイスの最上級車として後継車のファントム Vが登場する1959年までに約1700台が生産されました。なお1977年にシルバー シャドウがシルバー シャドウ IIにモデルチェンジした際に、そのロングホイールベース版がシルバー レイス IIと名付けられ、名前が復活しています。

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。1959年頃に発売されていますので、シルバー レイスの最終版をモデル化しています。室内が再現されていませんので中身は空っぽですが、実車の雰囲気がよく再現されたディンキーの傑作です。ちなみにミニカーで最初に室内を再現したのは同時期のコーギーで、1960年頃のミニカーには真空成型したプラスチックでシートを表現した室内が付いていました。

 

 

 シルバー レイスのミニカーはこれ以外ではスポットオンの当時物ぐらいしかなかったのですが、最近になってレジン製少量生産のトゥルースケールやマトリックスなどから数種類がモデル化されました。トゥルースケールのシルバー レイスには画像のような昭和天皇御料車仕様(1950年)があります。(画像はWEB上のカタログから流用しました)
ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1623

   

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 1959 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 115 1/43? 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.41m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド II イギリス

 

 1955年にシルバー ドーンはシルバー クラウド Iに、ベントレー R タイプはS1 タイプに発展します。これ以前のロールス ロイスとベントレーはホイールベースが異なるなどの明確な違いがありましたが、この時点で両車はグリルとエンブレムだけが異なるだけの同じ車になってしまいました。シルバー クラウドのエンジンは4.6Lのままながら大幅に改良され、シャーシは新設計で最高速は170km/hと、ロールス ロイスとしては初めて100mp/h(160km/h)を越えた車となりました。

 

 1959年に新設計のV型8気筒6.2Lエンジンが搭載され、シルバー クラウドはII型となりました。この変更は6気筒エンジンが排気量拡大の限界に達したことに加えて、V型8気筒エンジンが当たり前となりつつあったアメリカ市場をにらんだものでした。

 

 

 ミニカーはソリド初期の当時物です。50年以上も前の1960年に発売されたミニカーですが、プロポーションが正確でかつ実車の雰囲気を見事に再現した傑作ミニカーです。(ただ1/43より少し小さめ) ワイパーやマスコットなどの細かいパーツは付いていませんが、そのようなパーツが無くても素晴らしいミニカーが成立することが分かっていただけるでしょう。(昔のミニカーなので、基本的にボディは一体鋳造で、そのような細かい部分は再現できなかったということですが)

 古いソリドの型を流用してソリドとは一味違う物を作っていたブランドがベレムです。そのベレムがこのシルバー クラウドの型をリファインして1980年代にシルバー クラウドとベントレー Sを作っています。以下がその画像で、フロントグリル/ヘッドライト/バンパーがメッキされたプラスチック製パーツに変わり、ロールス ロイスとベントレーを作り分けています。なおシルバー クラウドのピンク色はエルトン ジョンの所有していたロールス ロイス ファントム(車種が違いますが)をイメージしているのではないかと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 2

 これ以外のシルバー クラウド I/IIの当時物ミニカーとしては、スポットオン、マッチボックス、マーキュリーなどがあります。最近の物ではミニチャンプス、マトリックスやトゥルースケールのレジン製などがあります。以下は2015年に発売されたミニチャンプスのシルバー クラウド IIの画像です。最近のダイキャスト製ミニカーの代表として、昔のミニカーと見比べてみてください。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します) 細かいところのリアルさでは最近のミニカーが優れているのは当たり前ですが、昔のミニカーにも捨てがたい味わいがあると思います。(そう思うのは私だけでしょうか?)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 3
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=789

   

 

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 1962 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLISTIL S634 1/30 181mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.34m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド III イギリス

 

 昔のロールス ロイスのエンジン出力は「enough(必要十分)」という表現で数値は公表されないのが伝統でした。(現在は公表してますが) シルバー クラウド IIに搭載された6.2Lエンジンのパワーは推定で200HP程だったそうで、4段オートマティック変速機を介して車重約2tの車体を最高速180km/hで走らせました。

 

 またシルバー クラウド IIから国内仕様でもパワステが標準装備となり、標準ではないもののエアコンが装着できるようになりました。1962年にシルバークラウドとベントレー SタイプはIII型となります。主たる改良点はエンジンのパワーアップ(214HP)とパワステの強化で、外観ではヘッドライトが4灯式となり顔付が変わりました。

 

 

 ミニカーはポリスティル(ポリトーイの改名)製で、1/30です。キャビン部分が小さめでプロポーション的にいまひとつですが、その分だけ大きな車に見えます。実車の画像ではあまり見かけないフェンダーミラーが付いているのが妙にリアルです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=791

   

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III COUPE 1962 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 127 1/43 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド III クーペ イギリス

 

 ロールス ロイスとベントレーにはスポーティ仕様として2ドア クーペやオープンのドロップヘッド クーペがありました。ベントレーにはファーストバックのコンチネンタルがありましたが、S2からは無くなりました。画像はデザインの奇抜さゆえによく知られているH.J.マリナー/パーク ウォード(コーチワーク)製の2ドア クーペです。つり上がったヘッドライトの印象から「チャイニーズ アイ(吊り目)」とあだ名されています。

 

 50年代のアメリカ車風のテールフィンが付いていて、このデザインは多分アメリカ市場に迎合した物ではないかと思います。ベントレー S3にも同じデザインのコンチネンタル ドロップヘッド クーペがありました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で、自国の誇りであるロールス ロイスですから、力が入った傑作ミニカーとなっています。全体のプロポーションが良く、特徴的なフロントの造形も良く再現されています。ドアとボンネットの開閉ギミックが付いています。以下はフロント/リアの拡大画像とドア/ボンネットを開いた拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III COUPE 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III COUPE 2

 これ以外のシルバー クラウド III ドロップヘッド クーペの当時物ミニカーとして、ポリトーイのMシリーズもあります。左ハンドル仕様をモデル化していて、こちらもかなり良い出来ばえです。同じ車ということもあってディンキーと非常によく似た感じで仕上がっています。(ひょっとするとポリトーイがディンキーをお手本にしたのかもしれません) ドア/ボンネット/トランクの開閉ギミック付きで、室内は起毛仕上げがされています。以下はそのポリトーイの画像です。なおフロントグリル上のマスコットは欠品ではなく、最初から付いてないようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III COUPE 3
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III COUPE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=792

   

 

ページ 1  2  3   次へ »