ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

BUGATTI T13 BRESCIA 1921 FRANCE

BUGATTI T13 BRESCIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R040 1/43 75㎜

 

ブガッティ T13 ブレッシア フランス

 

 芸術家の家系に生まれ美術の教育を受けたエットール ブガッティが、自動車技術にその芸術的な才能をいかして作った自動車が独特の個性をもったブガッティです。1909年に工場を興し最初に作ったのがタイプ13で4気筒1.4Lエンジンを搭載した小型のスポーツカーでした。

 気筒あたり4バルブの高性能エンジンで1921年のイタリアのブレッシアで行われた小型車レースで1-4位を独占し、それ以後ブレッシアと呼ばれています。ブガッティの特徴はラジエータグリルでこの車は楕円形の独特な形をしています。

 

ミニカーはブルム製で、バリエーションがたくさんあります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 1368cc 30HP 4段変速
性能: 最高速110km/h (標準仕様)
データーベースでブガッティ T13のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=161

   

BUGATTI T35B 1927 FRANCE

BUGATTI T35B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1025 1/43 92mm

 

ブガッティ T35B フランス

 

 1922年に独自の3バルブの8気筒2Lエンジンを搭載したタイプ30が発表されました。この車をベースにしたレーシングカーがタイプ35で、当時のレースを席巻したブガッティで一番有名な車です。ラジエータグリルは馬蹄形となり、以後ブガッティのトレードマークとなっています。

 この車はレースカーとして優れているだけではなく、芸術的な美しさも兼ね備えています。芸術家でもあったエットールのセンスやこだわりがいたるところに感じられ、この車に魅せられている人が多いのもうなずかされます。なお35Bは2.3L過給機付エンジンを搭載した最強モデルです。

 

 ミニカーはエリゴール製で、発売された時は1/43では当時最高の出来栄えで、現在でも第一級品と言えるでしょう。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3690mm 全幅 1320㎜
エンジン 変速機: 8気筒 2.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速193km/h
データーベースでブガッティ T35Bのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=162

   

 

BUGATTI T35B 1928 FRANCE

BUGATTI T35B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1045 1/43 92mm

 

ブガッティ T35B フランス

 

 こちらはヘッドライトや泥よけが付いた公道バージョンです。当時のフランスではヘッドライトとホーンが付いていれば公道を走れたそうなのでレースの行き帰りの足にも使えた訳です。もちろん荷物を積んだりはできませんので日常の足にはなりません。

 

 ミニカーはエリゴール製で、上記のバリエーションです。前輪の車軸部分や細い泥よけなどが細かく再現されていて、1/43サイズでは第一級品の出来だと思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3690mm 全幅 1320㎜
エンジン 変速機: 8気筒 2.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速193km/h
データーベースでブガッティ T35Bのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=163

   

 

ページ 1