ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

BUGATTI T41 ROYALE COUPE DE VILLE 1931 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE COUPE DE VILLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT KF10 1/16 375㎜

 

ブガッティ T41 ロワイヤル クーペ デビル フランス

 

 ブガッティとしては1920年代のT35についで有名なのが史上最大の車といわれたロワイヤルです。この車は王侯貴族の為の超豪華車として開発されましたが、6台しか製作されず売れたのはたったの3台でした。

 

 当時のロールス ロイスの3倍もの高価格であったことと1929年の大恐慌などが原因ですが、この時代に咲いた最高級のあだ花として非常に興味深い車です。私の好きな車で様々なボディタイプがありますので、1号車から6号車までを以下に詳しく紹介します。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 12.7L 290HP 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

 
 

BUGATTI T41 ROYALE TORPEDO 1927 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE TORPEDO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 94 1/43 145㎜

 

ブガッティ T41 ロワイヤル トルペード (プロトタイプ) フランス

 

 1号車はプロトタイプで全長約6m重量約3tで(長さとしてはベンツのストレッチドリムジーンぐらい)でエンジンは直列8気筒14.7L 300HP この車はブガッティ家の自家用車として長い間使われていてボディは何回も載せ替えられています。最初のボディは当時のパッカードのオープンタイプ(トルペード)を流用したとのことです。したがって長いボンネットから後ろの部分は一般的なスタイルをしています。

 

 ミニカーはリオ製で、1992年に発売されました。同じボディで幌が開いたタイプ(塗装は黒1色)のものもあります。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 14.7L 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

BUGATTI T41 ROYALE COUPE FIACRE 1927 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE COUPE FIACRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 74 1/43 145㎜

 

ブガッティ T41 ロワイヤル クーペ フィアクル (プロトタイプ) フランス

 

 この車に関しては、実車の画像や情報がほとんどなくミステリアスなモデルですが、最近のWikipedia(フランス)の情報などから上記のパッカード ボディの1号車に短期間だけ架装されたクーペ ボディのようです。(仏語FIACREとは馬車の意) 

 

 リアには大きなトランクが積んであり、以下のダブル トルペードと共通するデザインとカラーリングでエットール ブガッティのデザインであることがわかります。これもリオ製でカタログでは1929年式となっていますが、1927年が正しいと思います。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 14.7L 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

 
 

BUGATTI T41 ROYALE DOUBLE BROUGHAM 1927 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE DOUBLE BROUGHAM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 54 1/43 145㎜

 

ブガッティ T41 ロワイヤル ダブル ブルーアム (1号車) フランス

 

 上記のボディはまもなく取り外されて、次にダブル ブルーアムという形式のボディとなります。(ブルーアムとは馬車の形式で本来は運転台が外にあるタイプのこと) フロントウインド上のカーブした張り出しとリアの楕円形の窓が特徴です。

 

 このような黄色と黒の塗り分けは他のロワイヤルにも有りますので、エットール ブガッティの好みだったのでしょうか?かなり人目を引く大胆な色使いです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 14.7L 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

BUGATTI T41 ROYALE WEYMANN 1929 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE WEYMANN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 96 1/43 145㎜

 

ブガッティ T41 ロワイヤル ウェイマン (1号車) フランス

 

 1929年に載せ替えられたボディはコーチビルダー(ボディ製造業者) C.T.ウェイマン製で2ドアでリアに革製のトランクを取り付けてあります。屋根が低くてスタイリッシュです。

 

 この車は製作された年にパリのデザイン コンクールで優勝しています。その後この車はエットール本人が運転中に事故に遭遇して火災を起こしてしまい長らく解体されたものと思われていたそうです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 14.7L 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索
 

 
 

BUGATTI T41 ROYALE COUPE NAPOLEON 1930 FRANCE

BUGATTI T41 ROYALE COUPE NAPOLEON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 136 1/43 138mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2m 車重約3t
エンジン 変速機: 8気筒 14.7L 4段変速
性能: 最高速180km/h?
データーベースでブガッティ T41のミニカー検索

 

ブガッティ T41 ロワイヤル クーペ ナポレオン (1号車) フランス

 

 上記で解体されたと思われていた車は実際には修復され、ロワイヤルのなかでも一番よく知られているクーペ ナポレオンと呼ばれるボディが載せられました。エットールの長男ジャンがデザインしたこのボディは後席の屋根がガラス張りになっていてフロントフェンダーが長く裾を引いた優美なスタイルをしています。

 

 グリル上のマスコットは前足を挙げて立っている象で、この車のコンセプトをよく象徴していると思います。第二次大戦中のパリでドイツ軍に見つからないように隠されていて、今はフランスの国立自動車博物館が保存しているそうです。

 

 

 ソリドは1/43、1/21、1/18でこの車をミニカーにしています。1/43は40年以上前からの超ロングセラーで型番136と4036の2つがあります。画像は型番136で新しい4036はボンネットが取り外せないなど簡略化されています。特徴的な象のマスコットが付いたフロント部分の拡大画像は1/21サイズのミニカーのものです。

 

ページ 1  2  3  4   次へ »