ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 1925 FRANCE

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 140 1/43 120㎜

 

パナール ルヴァッソ-ル 35CV  (タイプ X42) フランス

 

 第一次世界大戦中に航空機エンジンを生産していたパナールは戦後型として1921年に静粛性に優れたスリーブ バルブ式エンジンを採用した4気筒3.2Lと8気筒6.4Lのモデルを発表します。この8気筒モデル(35CV)は前輪ブレーキを備えており当時のロールス ロイスなどと競合する高性能高級車でした。当時シトロエンなどは小型大衆車の量産体制に進もうとしていましたが、老舗のパナールはこのような大型高級車に社運をかけようとしていました。

 

 ミニカーはソリド初期のクラシックカーシリーズの一つです。古典的なデザインのボディでいかにもこの当時の高級車といった感じがします。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 8気筒 6.4L 
性能: 
データーベースでパナールのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=169

   

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 1927 FRANCE

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 39 1/43 90mm

 

パナール ルヴァッソ-ル 35CV  (タイプ X42) フランス

 

 上記のスリーブバルブ式エンジンとは吸排気バルブの代わりにシリンダーとピストンの間に設けた上下動するスリーブで吸排気をおこなうもので、バルブがないので動作がスムーズかつ静かで高級車に用いられていました。パナールも1922年には4気筒1.2Lの小型車を発表していますが、このモデルにも複雑で高価なスリーブバルブ式エンジンを採用しており安価なシトロエン 5CVなどとは勝負にならなかったようです。

 

 ミニカーはノレブのプラスチック製です。上記と同じ35CVですが、この車はホイールベースが短いスポーツタイプで低い車高のボディを載せています。プラスチック製ですが良く出来ているのであまり安っぽい感じはしません。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 8気筒 6.4L 
性能: 
データーベースでパナールのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=170

   

 

 

ページ 1