ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

PANHARD 6CS FAUT-CABRIO 1935 FRANCE

PANHARD 6CS FAUT-CABRIO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS035 1/43 117mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.72m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 6気筒 2.9L 82HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでパナールのミニカー検索

 

パナール 6CS フォ カブリオ フランス

 

 旧式なスリーブバルブ方式ながら6気筒エンジンが新規開発され、1930年代にはパナールのエンジンはこの6気筒に統一されていきました。1929年に登場したDSシリーズは6気筒3.5Lエンジンを搭載し、4ドアセダン、クーペ、カブリオレなどがあり、ルノーの高級車よりも高価な車だったようです。DSシリーズの小型版がCSシリーズで、6気筒2.3Lエンジンを搭載していました。

 

 画像はCSの最終仕様で、フロントピラーを2本にして間に曲面ガラスを組み込んだ「パノラミク」と呼ばれるフロントウインドーが特徴です。(これは1936年登場のディナミクにも継承) この時代にはコーチビルダーによる華麗なボディもありましたが、この車は鋼鉄製のメーカー標準ボディでした。6気筒2.9L(82HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速120km/hの性能でした。名前のフォ カブリオレとは「偽物のカブリオレ」と言う意味で、見た目がカブリオレ風のハードトップという意味です。

 

 

 ミニカーはイクソ製で元々はフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズ用に作られた物です。フロントグリルのパナール ルバッソールとSIX(6気筒の意)のロゴ、ボンネット側面のスリット部分、グリル上のマスコットなど細かいところがきちんと再現されています。この時代のパナールは量産ミニカーとしてほとんどモデル化されていないので、貴重な存在のミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1110

   

PANHARD DYNAMIC 1937 FRANCE

PANHARD DYNAMIC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR  1/43? 125mm

 

パナール ディナミク フランス

 

 1936年のパリ サロンに登場したディナミクは名前どうりの革新的な造形で話題となりました。はやりの流線型を取り入れたボディ デザインはフェンダーの形状やフロント グリルにドライエなどと同じようなフランス的な感覚があり、個人的に好きなデザインです。

 グリルの形状に合わせたライトのカバーはガラスではなくグリルで構成されていて、プジョー402の格納ライトと同じ処理です。前輪独立懸架や油圧ブレーキなどメカ的に新しく、フロントシートが3人掛けで中央にステアリング ホイールがあるなどユニークな車でした。

 

 ミニカーはエリゴール製 コレクター向け特注品で、フェンダーのモール塗装など通常品より丁寧な仕上げとなっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 2.9L 82HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでパナールのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=284

   

 

 

ページ 1